iPhone 13発売日・スペックまとめ 

AirPods(第3世代)レビュー!Proや第2世代との差額分の価値はあるのか?

デザインが変わった新型AirPods(第3世代)がようやく発売されました。

デザインがスリムになり空間オーディオにも対応していますが、価格が23,800円と若干高いのが気になるところです。

この記事ではAirPods(第3世代)をレビュー!

AirPods ProやAirPodsとの差額分の価値はあるかなどをチェックしていきたいと思います。

購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • AirPods(第3世代)を使った感想
  • AirPods(第3世代)の評価
  • 他のAirPodsとの差額分の価値はあるのか

AirPods(第2,3世代)とAirPods Proの違いを比較した記事はこちら

AirPods(第3世代)の特徴・評価

まずはAirPods(第3世代)の特徴から紹介します。

大きく変わったのはやはりデザインでAirPods Proのようなイヤーチップはありませんが、AirPods Proに似たデザインとなっています。

AirPods(第3世代)の特徴
  • AirPods Proのようなデザイン
  • イヤーチップはなし
  • アクティブノイズキャンセリングは搭載しない
  • 外部音の取り込みモードもなし
  • 1回の充電で最大6時間再生可能(第2世代より1時間アップ)
  • 音質向上
  • 空間オーディオ再生に対応
  • 耐汗耐水性能
  • MagSafe充電ケース
  • 価格は税込23,800円

特徴をまとめてみましたが、既にAirPodsを持っている方が買い替えるほど魅力的な機能はないと感じました。

ただ、使い方によってはそろそろバッテリー持ちが悪くなっているなどの不調が出ていてもおかしくない頃合いなので、買い替えには適したタイミングです。

先に評価をまとめるとこんな感じ。

良かったところ
  • インナーイヤー型で着け心地が良い
  • デザインが小さくなって目立たない
  • 1回の充電での最大時間が長い
  • ケースがMagSafeに対応
気になったところ
  • 価格がちょっと割高

かなり良い進化で満足度も高いですが、AirPodsは他のモデルも魅力的なので、どのモデルを選ぶかが迷うと思います。

AirPods(第3世代)を比較レビュー

AirPods(第3世代)をAirPods ProやAirPodsと比較しながらレビューしていきます。

外観をチェック

まずは外観からチェックしていきます。

パッケージはAirPodsでは同じみの正方形のパッケージでAirPods(第3世代)がデザインされていました。

箱を開けるとこんな感じ。

いつもの説明書が入ったボックスと本体が収納されています。

少しわかりにくかったですが、充電用のLightningケーブルは箱の下に収納されています。

矢印の部分を持ち上げると取り出すことが可能。

LightningケーブルはUSB-Cになっていました。

付属品はこんな感じ。残念ながらAppleマークのシールは付属されていませんでした。

外観はAirPods Proにかなり似ていますが、AirPods Proよりコンパクトで可愛らしいイメージ。

シリーズ全体を並べるとこんな感じです。

左からAirPods、AirPods(第3世代)、AirPods Proです。

従来のAirPodsと比べるとかなりコンパクトになっており、今までのAirPodsが急に古く感じてしまいますね。

ただし、重量は見た目に反して重たくなっています。

付けた感じは特に変わらないので気にする必要はないですが。

またAirPods(第3世代)のケースはMagSafeに対応したのも新たなポイントですが、特に外観状で違いはありませんでした。

音質はProと同じレベル

もともと僕は音の違いがわかる程ではなく、特に音質にこだわるという訳ではありません。

そんな僕が聞き比べた結果だとAirPods(第3世代)はAirPods Proと同じレベルだと感じました。

初代AirPodsでも十分すぎる音質だったので、大きな違いはわかりませんが音質に不安を持つ心配は全くないと言えます。

MEMO
  • 初代AirPodsよりは低音が良くなっていると感じた
  • AirPods Proとの違いはわからなかった
  • 音質はめちゃくと良いと感じるので満足度は高い

MagSafe対応充電ケースが良い

最近はワイヤレス充電を使うことも多くなっているので、MagSafeに対応した充電ケースはかなり嬉しい仕様。

現在はAirPods ProでもMagSafe対応充電ケースとなっているので、今から検討する際には差はありませんが、

発売当初に購入したAirPods ProはMagSafeには対応していないので、AirPods(第3世代)の方が好きになりました。

AirPodsはサイズが小さいこともあり、ワイヤレス充電をする時の位置がうまくいかないことが多かったです。

MagSafeなら磁力の力で位置が固定されるので調整する必要がなく、まさに置くだけで充電できる点が最高です。

iPhone以上にMagSafeによる充電の便利さ向上を感じました。

空間オーディオに対応

AirPods(第3世代)は空間オーディオに対応しています。

再生できるコンテンツを再生すると、より迫力のある音で聞くことができます。

特にヘッドトラッキングを選択すると頭の向きを変えると聞こえ方が変わるので凄いです。

コントロールはiPhoneのコントロールセンターで音量バーを長押しすると簡単に聞こえ方を変えられます。

インナーイヤー型が良い

完全に好みが分かれるところですが、僕はAirPods Proのイヤーチップに違和感を感じたり、長時間付けているとかゆくなったりすることがありました。

インナーイヤー型は直ぐに外れるイメージもあると思いますが、僕はインナーイヤー型の方が耳が楽で特に落ちそうになった経験もないので、インナーイヤー型が向いていると思います。

AirPods(第3世代)はAirPods Pro同様にカナル型になると言われていましたが、インナーイヤー型とカナル型を選べる選択肢として残したあたり、さすがAppleさんです。

選ぶポイントを表にまとめました。

AirPods(第3世代)AirPods Pro
デザインの良さ良い良い
タイプインナーイヤー型カナル型
メリット・電池持ちが良い
・着け心地が良い
・アクティブノイズキャンセリングが使える
・外部音取り込みモードがある

AirPods(第3世代)はAirPods Proのエントリー版という訳ではなく、好みで選べる選択肢として優秀なので更にAirPodsのラインナップが広がったと感じました。

また、静かな自宅や長時間着用するときはAirPods(第3世代)を使って、音が気になる場所やカフェなどではAirPods Proを使うという贅沢な使い分けも良いと思います!

ワイヤレスイヤホンとしての基本性能は全く問題なし

初代AirPodsでもワイヤレスイヤホンとして高い完成度があったので、それから何年も経ったAirPods(第3世代)はもちろん機能性も全く問題ありません。

MEMO
  • 音飛びしない
  • 電池持ちも十分
  • 接続は一瞬で簡単
  • 不思議と耳から落ちにくい
  • 音質は十分すぎる
  • マイクも良いので電話も問題なし
  • Apple製品の安心感と充実したサポート

特にApple製品ならではの安心感とiPhoneとの相性の良さ。

そして万が一不具合があったときのサポート体制は他のワイヤレスイヤホン以上です。

実際にAirPods Proを買った時に不具合がありましたが、直ぐに対応して頂いのでさすがAppleさんと言う感じでした。

ワイヤレスイヤホンとしての基本的な部分もAirPodsなら安心なので、やはりiPhoneで使うワイヤレスイヤホンはAirPodsが良いと感じます。

他のAirPodsとの差額分の価値はある?

他のAirPodsとの差額分の価値があるかについてもレビューしたいと思います。

簡単に違いを表にまとめるとこんな感じ。

AirPods(第2世代)AirPods(第3世代)AirPods Pro
重さ4g4.28g5.4g
バッテリー(ケース)24時間30時間24時間
バッテリー(単体)5時間6時間4.5時間
装着部分ワンサイズのみワンサイズのみ3種類から選べる
アクティブノイズキャンセリング✔️
外部音取り込み✔️
耐汗耐水性能✔️✔️
ケースのワイヤレス充電✔️✔️
価格16,800円(税込)23,800円(税込)¥30,580 (税込)

AirPods(第3世代)を基準にすると差額はこんな感じ

  • AirPods(第2世代)との差額:7,000円
  • AirPods Proとの差額:6,780円

すごく迷う価格差だと思いますが、僕は見た目を重視しないのであればAirPods(第2世代)で十分だと思います。

ただし、Apple製品は使うのが楽しいという他にはないブランド価値があると思うので、

毎日使う物は良い物が欲しいという場合はAirPods(第3世代)は差額分の価値があります。

人によって分かれるところだと思うので、一概には言えませんが参考にしてください。

また、カナル型の方が好みでインナーイヤー型が合わないという方はAirPods Proが絶対的におすすめ。

ノイズキャンセリングが6,780円の差額で手に入ると思うと安いです。

カフェなどのガヤガヤしたところで、まるで防音室に入ったような感覚になるので、アクティブノイズキャンセリングは本当に凄いです。

そう考えるとAirPods(第3世代)はちょっと割高なのかもしれないですね。

AirPods(第3世代)レビューまとめ

この記事ではAirPods(第3世代)をレビューしました。

もっと使ってわかったことがあれば追記していきますが、現時点ではかなり良いと感じました。

やっぱりインナーイヤー型の手軽さというか、耳が楽な感じが好きです。

また、常に外部音取り込みモードを使っているみたいな感じなので、音楽をしっかり聞きつつ周囲の音も聞こえるので僕は安心感があります。

デザインも良くなって、音質も向上、そしてバッテリー持ちも良くなっているのでかなり良い進化をしていると思います。

ぜひ参考にしてください。

以上。「AirPods(第3世代)レビュー!Proや第2世代との差額分の価値はあるのか?」でした。

どっちが良い?AirPodsとAirPods Proを5ヶ月使った感想と違いを比較【レビュー】 AirPods Proレビュー!Proの名にふさわしい最強完全ワイヤレスイヤホン。AirPodsとの比較あり iPhoneの完全ワイヤレスイヤホンはAirPodsがおすすめ!選べば間違いない理由を紹介 AirPods Proが片方聞こえない!アップルストアで修理した体験談を紹介 【レビュー】AirPodsは超便利!使ってわかったポイントまとめて紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。