iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ!

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

年々進化するiPhoneですが最新のiPhoneではビデオカメラや一眼レフカメラに匹敵するほどカメラ性能が進化しました。

このようにCPUスペックだけでなく、付属機能もどんどん進化しておりiPhone1台あればなんでもできる時代になってきています!

そんなiPhoneを購入したら欲しくなるのが周辺機器ではないでしょうか。

iPhoneをさらに便利にパワーアップすることができます。

また、iPhoneを購入後に何か買わないといけない物があるのではと気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では保護ガラスなどの必須のモノから、あればさらにiPhoneを楽しめるという便利なモノまでまとめて紹介します。興味のある方はぜひ参考にしてください。

ガラスフィルムは必須アイテム!

私は以前保護フィルムは必要ないと考えており、実際に保護フィルムを使わずにiPhoneを使用していたのですが、今はガラスフィルムは必要だと感じています。

iPhoneに保護フィルムは必要ない!その理由と貼らないメリット紹介

巷ではiPhone Xから画面に傷が入りやすくなったと言われており、私は俄かに信じがたいと思っていましたが実際にiPhone XS Maxを数週間使っただけで見事に傷が入りました。

傷がつくようなことをした覚えもなく、ポケットに小銭や鍵と一緒に入れたこともありません。

単純にポケットの出し入れだけで傷がついたように感じています。

ガラスは自分より硬い物質が当たらない限り傷はつかないので、普通に使っていれば傷はつかないはずです。

心当たりのないところで傷がついてしまった以上、ガラスフィルムは必須だと思います。

こちらが写真なのですが、光を当てないとわからないレベルではありますが、しっかりと傷が入っています。

iPhoneは端末料金が高く、2年前の機種でも数万円で売ることができる人気機種です。

傷がつくと当然査定額は下がるので、先のことも考えてガラスフィルムは貼る方が良いかと思います。

保護フィルムとガラスフィルムどちらが良い?

ガラスフィルムがおすすめです!

ガラスフィルムは名前の通りガラスを素材にしたフィルムで保護フィルムに比べると厚みは増しますが、強度が強く見え方もクリアです。

もし落とした時も、ガラスフィルムのガラスが割れることにより、衝撃を吸収し、フィルムの下のディスプレイは無事であることも多いです。

価格は若干高くなりますが、保護フィルムの購入はガラスがおすすめです!

おすすめガラスフィルムはコレ!!

画面全面を保護する全面タイプのガラスフィルムで日本製素材の旭硝子製です。

国内でもベストセラーになるなど多くの販売実績があるので安心して購入することができます。

また硬度はフィルムでは最高レベルの『9H』ということで傷はつきにくくなっています。

光沢グレア
素材強化ガラス(9H)
特徴高透過率、全面カバー
対応モデルiPhone X/XS

関連記事はこちら
迷わず選べる!おすすめ iPhone XS Max/XS/XR保護・ガラスフィルム!

余裕があればAppleCareは入るべき!

『AppleCare+ for iPhone』に最大のメリットは修理を特別料金で受けることが出来るということです。

もしAppleCareに加入していない場合、画面を割った時や、自分の過失によりiPhoneを壊した時に多額に修理代金が必要となります。

こちらが2018年現在のApple正規サービスによる修理価格表です。

画面のみ

画面およびその他の損傷

iPhone XS Max

37,400円

67,400円

iPhone XS

31,800円

62,400円

iPhone X

31,800円

62,400円

iPhone 8 Plus

19,400円

45,400円

iPhone 8

16,800円

39,800円

iPhone 7 Plus

19,400円

39,800円

iPhone 7

16,800円

36,400円

iPhone 6s Plus

19,400円

37,400円

iPhone 6s

16,800円

33,800円

iPhone 6 Plus

16,800円

37,400円

iPhone 6

14,800円

33,800円

iPhone SE/5s/5c/5

14,800円

30,400円

ライター

新品のiPhoneのほぼ半額…これは高い…

急にこんなお金が必要になったら間違いなくショックを受けますよね。『AppleCare+ for iPhone』に加入していない場合は上記表の金額が必要になります。

AppleCare+に加入していると

  • 画面の修理は一律3,400円(税別)※2回まで
  • 画面以外の修理は一律11,800円(税別)※2回まで

AppleCare+に加入していれば格安で修理を受けることができるので、もしiPhoneを落として壊してしまっても出費を最小限に抑えることができます。

ただ注意が必要なのが特別料金で修理できるのは購入から2年以内で最大2回までとなっています。

加入料金はコチラ!

端末料金
iPhone SE12,800円(税別)
iPhone 7・814,800円(税別)
iPhone 7 Plus・8Plus・XR16,800円(税別)
iPhone XS・XS Max 22,800円(税別)

端末価格に比例してAppleCareの加入料金も高くなっています。

入るかどうか微妙なところですが、今までにiPhoneを落として壊した経験がある方は入ることをおすすめします。また、iPhone XSなど修理代金が特に高い機種も入った方が安心と言えます。
関連記事はこちら
iPhoneにAppleCare+は必要か!?保証内容と損得を徹底解説!

画面以外の傷を防ぎたい方はケースが必須

ケースはiFaceがおすすめ

created by Rinker
Hamee(ハミィ)
¥3,877 (2018/11/17 23:41:50時点 Amazon調べ-詳細)
なめらかな形状が特徴的なiFaceのケースですが、その独特な形状が手にフィットし、とても持ちやすく操作時の安定感が増します。

また、ポリカーボネートとTPU、2つの素材の特徴を生かし、傷や衝撃からiPhoneを保護してくれます。ストラップホールも付いているのでストラップを取り付けることができるのも良いポイントです。

iPhoneのスマホケースを探す

Amazon

ぜひお気に入りのケースを見つけてください

ワイヤレス充電は便利で快適

2017年に登場したiPhone 8からiPhoneもQi規格によるワイヤレス充電に対応しました。

「Qi(チー)ワイヤレス充電器」を使うことでワイヤレス充電が可能なので、スタンドに設置するだけで充電が可能なのでスマートに充電することができます。

7.5W高速ワイヤレス充電対応がおすすめ

「Qi対応の充電器」ならiPhoneで使用することができますが、7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応していれば早く充電を完了させることができます。

通常のワイヤレス充電は5WでiPhoneに同梱されている充電器と同じです。

これでも十分なのですが、最近は高速充電が主流となっています。ワイヤレスでも高速充電が可能なので、充電速度を求めるなら7.5W高速ワイヤレス充電対応の充電器がおすすめです。

ワイヤレス充電器はスタンド型がおすすめ

ワイヤレス充電器はスタンド型がおすすめです。

ワイヤレス充電は使用しながらの充電を想定していない方が多いと思います。せっかくワイヤレス充電を使用するなら充電する場所もオシャレにしたいですよね。

スタンド型なら場所を明確に決めることができ、立て掛けるだけなので充電中も邪魔になりません。

また、iPhoneはFace IDでロックを解除するので、マットタイプだとわざわざ覗き込む必要があります。スタンド型ならiPhoneを見るだけでロックを解除することができるので、iPhoneを見るだけで通知の確認が可能です。

急速充電器もおすすめ

バッテリー容量の大きいiPhoneだと付属の5W充電器だと充電完了に時間がかかります。

この充電器なら24Wなので付属の充電器より早く充電することが可能で、2ポート搭載しているので旅行など出かけた時にも便利です。

容量の大きなモバイルバッテリーも素早く充電することができるので、iPhoneを購入するととりあえず購入したいモノです。

落下防止・操作性向上にはスマホリングがおすすめ

iPhoneを購入したらぜひおすすめしたいのがスマホリングです。

このリングをつけるだけで絶対に落とさないという安心感と、画面の端までスムーズに操作できる操作性の良さが本当によく、テーブルの上ではスタンドに早変わりします。

ただリングに指を通すだけで、驚くほど操作性が向上しますので、ぜひ一度試して見ることをおすすめします。

また、スマホリングは多くの種類がありますが、安いが質の悪い製品が多いのも事実です。

スマホリングを購入される時は『BUNKER RING』か『iRing』がおすすめです。

レビュー記事はこちら
人気スマホリング『iRing』レビュー!操作性向上で落下防止にも最適
ライター
価格は少し高くなりますが、毎日使うものなので、高級感のある外観がiPhoneによく合い、質感も良い『iRing Limited Edition』がおすすめです。

AirPodsは必ず買うべきイヤホン

iPhone 7以降にiPhoneにはイヤホンジャックがありません。

iPhone XSからはLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタも付属されなくなったので、純正のイヤホンを使うか、アダプタを購入するか、ワイヤレスイヤホンと使うかになります。

付属にイヤホンでも十分なのですが、一度ワイヤレスイヤホンを使うともう手離せなくなるほど快適です!

せっかくiPhoneを利用するならAirPodsを使うことを強くおすすめします!!

おすすめポイント簡単に紹介するとこのような感じになります。

とにかくコンパクト

全く線がないイヤホンを完全ワイヤレスイヤホンと言いますが、AirPodsはその中でもさらに完璧です。

完全ワイヤレスイヤホンだと少しサイズが大きくなるのが常識ですが、AirPodsは普通のイヤホンとほぼ同じ大きさです。

このコンパクトのイヤホンに単体で5時間も再生できるバッテリーと、耳につけた状態の離れた場所から声を拾うことができるマイク、そしてCPUチップが内蔵されているという驚きのイヤホンです。

充電ケースが完璧

AirPodsの充電ケースはとにかくコンパクトで高性能です。

蓋部分はかなり柔らかく、軽く指で触れるだけで開閉することが可能です。

そして、イヤホンは強力な磁石により引っ付いているため、蓋を開けた途端に落ちることはなく、ケースにしまうときも『スッと』収納することができます。

こればかりは実際に試してみないと伝わり難いと思いますが、本当に素晴らしいです。

ケースから取り出して収納するという動作を繰り返したくなるほど、完成されたケースとなっています。

さらに充電ケースはLightningケーブルで簡単に充電することができ、AirPodsを24時間再生可能なまで充電することができます。

ケースもシンプルでかっこいいし、さすがAppleさんです!

充電が早くて長持ち

特徴でも紹介しましたが、とにかく充電が早く、長持ちです。

完全ワイヤレスイヤホンでは『再生可能時間』が重要なポイントとなりますが、AirPodsの再生時間は現在販売されている完全ワイヤレスイヤホンの中でもトップクラスの性能です。

再生可能時間
  • イヤホン単体で5時間
  • 充電ケースで24時間
  • 実際は単体で4時間ほど、ケースで20時間ほど

さすがにカタログ性能より使用可能時間は短いですが、これだけ持てば十分すぎるほどです。

私の使い方なら1週間に1,2回の充電で十分です。

マイクの性能が良い

AirPodsの根元にある銀色の部分が『マイク』です。

他のワイヤレスイヤホンとの大きな違いでもありますが、AirPodsはマイクにかなり力を入れています。

口元から離れているので、声を上手く拾ってくれるのか心配でしたが、集音性能が高く、電話の時も相手にクリアに伝わります。

Siriや電話も問題なく使用することができるので、手元にiPhoneがなくてもSiriで遠隔操作をすることが可能です。

例えば音楽を聴きながら料理をしているときに、AirPodsをトントンとタップしてSiriを起動し、タイマーのセットをお願いすることが多いです。

音質も悪くはない

AirPodsは生活の利便性をよく考えられている完全ワイヤレスイヤホンなので、音質をそこまで重視するモノではないと思っています。

しかし、AirPodsの音質は十分です。

よくワイヤレスイヤホンは音質がイマイチじゃないのと言われますが、全くそんなことはなく、iPhoneの付属の純正イヤホンと比較しても全く音質は変わりません。

フィット感が良い

発売した当初は完全ワイヤレスイヤホンを不安視する人も多かったです。

今はかなり完全ワイヤレスイヤホンもかなり浸透してきましたが、やはり落とさないかが心配ですよね。

AirPodsの形状はiPhoneに付属しているイヤホンとほぼ同じ形状です。iPhoneに付属しているイヤホンはフィット感があまりよくないので、落とさないか心配でしたがAirPodsのフィット感は良かったです。

感じとしては、コードがない分下に引っ張られる感じがしないので、耳につけていても落ちる気はしません。

人によるかもしれませんが軽めの運動なら落ちることなく装着することができます。

ただし、服を着る時と脱ぐ時はイヤホンが引っかかり落下してしまうので注意が必要です。

小型で持ち運びが便利

イヤホン本体もコンパクトですが、充電ケースもかなりコンパクトです。

他の完全ワイヤレスイヤホンはケースが大きいことが多いので、小型でポケットにも簡単に入るAirPodsの充電ケースはかなり便利です。

持ち運んで使用するものは、コンパクトさが重要なのでAirPodsはかなり魅力的です。

ペアリングが簡単

iPhoneとのペアリングは蓋を開けた充電ケースをiPhoneに近づけるだけで完了です。

iPhoneにこのような画面が表示されるので接続をタップすると接続が完了します。

このシンプルな連携こそApple製品同士の魅力ですよね!

Apple製品で統一するとガジェット関係の生活が劇的に変わります。

さらに魅力を知りたい方はぜひレビュー記事をご覧ください。

レビュー記事はこちら
【レビュー】AirPodsは超便利!使ってわかったポイントまとめて紹介 AirPodsの専用ケースも豊富にあります
AirPodsはケースが必要!?理由とおすすめケースまとめ!

Apple Watchがあればさらに快適に!

iPhoneにおすすめの周辺機器は?と尋ねられると、やはり『AirPods』か『Apple Watch』が最強と答えます。

そして『AirPods』と『Apple Watch』が揃えばiPhoneは無敵になると思っています。

まずApple Watchはすぐ電池がなくなると言われていましたが、全くそんなことはありません。1日気を使うことなく使い倒しても残量が60%ほど残っていました。

そして、通知機能と音楽のリモコンとしての利用がヤバイです。

LINEなどの通知がくると、手首に振動で教えてくれ、そのままApple Watchを覗く動作をするとメッセージ内容を表示してくれます。すぐに返すべき返事か、後でも良い返事かを手首で判断できるのは想像以上に便利です。

また、音楽をコントロールするのにもかなり便利で、Apple Watchのレリーズ部分を回すだけで音量の調整ができます。曲を気分に合わせて飛ばしたりする人にはかなり便利で、音楽プレイヤーのリモコンとして便利な使い方ができます。

心拍数測定などの健康関連機能も優れているので、心拍数やアクティビティで健康意識を高めることも魅力的です。

レビュー記事はこちら
Apple Watch Series 4 レビュー!生活が変わる最先端腕時計

1台は欲しいモバイルバッテリー

iPhoneに限ってことではありませんが、やはりモバイルバッテリーは用意したい物です。

モバイルバッテリーがカバンにあるだけで、安心感があり、iPhoneをどんどん使うことができます。中には災害用にモバイルバッテリーを2個持ち歩いている人もいるぐらいです。

モバイルバッテリーの選び方

チェックポイント
  • バッテリー容量
  • 大きさ
  • 重さ
  • スマホへの充電時間
  • モバイルバッテリーの充電時間
モバイルバッテリーの容量や大きさ・重さも大切ですが一番大切なのは充電時間です。

購入時には充電性能についてもチェックしましょう。

性能見方
  • スマホへの充電=出力アンペア
  • モバイルバッテリへの充電=入力アンペア
出力と入力の違いですが、上記のようになっています。スマホへの電スピードを表しているのが出力で、モバイルバッテリー本体への充電スピードが入力です。

表記は『5V/2A』のような感じで表記されていて、この値が高ければ高い程充電スピードが早くなります。

容量が10000mAhのモバイルバッテリーだと入力『5V/1A』で約10時間、『5V/2A』で約5時間かかります。

入力・出力とも5V/2A以上の物を選びましょう!

蓄電池(セル)は信頼性のあるモノを選ぶ

モバイルバッテリーのはこのような『内臓セル』と呼ばれる蓄電池が入っています。このセルはモバイルバッテリーを販売しているメーカー製のモノとは限りません。

日本で有名なメーカーだと『Panasonic』のセルを使用しているモバイルバッテリーが多いです。

最近はバッテリー発火の事件もよく聞くようになりましたが、エネルギーを蓄えているバッテリーは危険なモノであるという認識はまだ薄いです。

バッテリーは一歩間違えると危険なモノなので安全性の高いメーカーのものを選ぶようにしましょう。容量と価格は比例するので、買いたい容量のモノが値段相応か確認すると良いです。

iPhoneのバッテリー容量はこちら

iPhone X2,716mAh
iPhone 8 Plus2,691mAh
iPhone 81,821mAh
iPhone 7 Plus2,900mAh
iPhone 71,960mAh
iPhone 6s Plus2,750mAh
iPhone 6s1,715mAh
iPhone 6 Plus2,915mAh
iPhone 61,810mAh

注意点としてはモバイルバッテリーはロスがあるので、スペックに記載がある容量がそのまま充電できるわけではありません。

電力ロスの目安は3割程度と言われているので、10,000mAhのモバイルバッテリーであれば、実際に充電できるのは7,000mAh程度になるということです。

おすすめモバイルバッテリー

Anker PowerCore 10000

POINT
  • 価格:2,399円(掲載当時)
  • iPhone 8に約3.8回充電可能
  • iPad Proに約1回充電可能
  • 高信頼の18ヶ月保証
  • クレジットカードとほぼ同じ大きさ
  • 重量:約180g
  • 出力:5V/2.4A、入力:5V/2A
  • 容量:10,000mAh
モバイルバッテリーと言えばコレ!

Amazonベストセラー1位を獲得しているモバイルバッテリーで10000mAh以上のモバイルバッテリーで世界最小&最軽量です。

そして実績と信頼が高い『Anker』製なので安心して使用できます。

充電器として使用できるタイプもあります

関連記事はこちら
2018年最新版!iPhoneにおすすめの最適モバイルバッテリー厳選6選

Amazonプライム会員もおすすめ

こちらは物ではなくサービスですが、iPhoneにプライム会員は最高のサービスです!

プライム会員になると年間¥3,900円(月換算 ¥325/月)で様々な特典を受けることができるのですが、Amazonでの買い物だけではなく、動画や音楽など様々なメリットがあります。

プライム会員になるとiPhoneでたくさんの音楽を聞けたり、iPhoneにダウンロードした映画やドラマ、アニメを通勤途中の電車など隙間時間で見ることができます。

人生が豊かになるレベルのサービスを月額数百円で受けることができるのでかなりオススメです!

サービス内容
  1. 送料、お急ぎ便、時間指定が全て無料
  2. Prime Musicで音楽聴き放題
  3. プライム・ビデオで映画・ドラマ・アニメが見放題
  4. Prime Readingで無料で本を読める
  5. プライムラジオが聴き放題
  6. Kindleが4000円引きに
  7. Kindle本が毎月1冊無料で読める
  8. Amazonパントリーで日用品を安く購入
  9. プライムデーに参加できるように
  10. プライム・フォトで写真を無制限で保存
  11. Prime Nowで1時間で商品が届く
  12. Amazonフレッシュで生鮮食品が買える
iPhoneを使う上で特におすすめなサービスを抜粋して紹介します。

Prime Musicで音楽聴き放題

100万曲の以上の曲が無料で聴き放題です。

さすがに他のサービスほどの充実はしていませんが、十分です。

特に海外のアーティストの曲がとても充実しています。きっとお気に入りの音楽が見つかるはずです。

もちろんスマホにダウンロードすることもできプレイリストを作成することができるので外出時に音楽を聞くことが可能です。

詳しくは実際のページで見てみてください!

Prime Musicを見る

プライム・ビデオで映画・ドラマ・アニメが見放題

これは本当にすごい!

動画配信を専門にしているサービスにも引けをとっていません。プライム会員のサービスが『プライム・ビデオ』だけだったとしても入る価値があるほどです。

『プライム・ビデオ』があれば毎日の生活が充実すること間違いです!

他サービスと比較
  • Hulu:月額933円
  • U-Next:月額1990円
  • dTV:月額500円
  • プライムビデオ:月額325円

料金は圧倒的に安いく、これに他の便利でお得サービスがてんこ盛りと考えると圧勝です!

人気アニメや、最新映画もいち早く見ることができ『量より質』という感じです。専用アプリも使いやすく、Fire TV Stickを使えばテレビでも快適に視聴できます。

様々な端末で見られる

パソコンやスマホ、テレビでも見ることができます!

created by Rinker
Amazon
¥4,980 (2018/11/18 15:05:58時点 Amazon調べ-詳細)

これをテレビのHDMIにつなぐだけでインターネットに繋がれていないテレビでもAmazonプライム・ビデオが視聴できるようになります。

パソコンで見る場合はソフトなしでプライムビデオのページから閲覧でき、スマホなら専用アプリで快適な視聴することが可能です。さらに専用アプリを使えばダウンロードすることができ、お出かけ先でオフラインで動画を楽しむことが可能です。

スマホのアプリにダウンロードしておけばいつでも見られるのが本当に便利です!!

無料の体験期間が30日あるのでサービスの使い勝手も十分体験することができます。その後に辞めることももちろん可能です。

Amazonプライム30日間の無料体験を試す

紹介記事はこちら
Amazonプライム会員がおすすめ!特典・年会費・メリット紹介

まとめ

iPhoneユーザーにぜひ紹介したいモノやサービスを紹介しました。

定番のiPhoneの保護用品をはじめ、iPhoneを便利にする周辺機器はかなり多いです。

この他にもiPhoneの機能を拡張させることができる周辺機器はたくさんあるのでおいおい紹介していきたいと思います。

便利な周辺機器やアクセサリーを使用して快適なiPhone生活を送りましょう!

以上。最後までお読みいただきありがとうございました。

iPhoneの予約はオンラインストアがおすすめです!待ち時間もなく、プランなどもじっくり考えて検討することが可能です。

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

おすすめ格安SIMはこちら!
2018年最新!iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介・価格・プランで比較! iPhoneのおすすめ記事はこちら
遂に登場2018新型iPhone XS/XSMax/XRスペック・価格・発売日まとめ! 一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です