どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

AirTagレビュー!購入する価値はあるのか実際に使った評価まとめ

最近のAppleの新製品で特に楽しみにしていたのがAirTagです。

AirTagは忘れた物や無くした物を見つけることができる「紛失防止タグ」と呼ばれる物でポイントはAppleが開発したこと。

iPhoneを簡単に接続でき、信頼性があるだけでなく、多くのファンを持つApple純正キーホルダーとも言えるブランドアクセサリーとしての側面もあります。

この記事ではAirTagをレビューします。

購入するか迷っている方はぜひ参考にしてください。

AirTagとは

まずは簡単にAirTagについて紹介します。

ポイントをまとめると以下の通り。

ポイント
  • iPhoneとiPadで簡単にペアリングが可能
  • Bluetooth圏内であれば細かい位置を特定
  • Bluetooth圏外だと近くにあるApple製品の位置情報から場所を特定
  • 防水・防塵
  • 約1年間使える電池持ち
  • 電池は簡単に交換可能

家の中でAirTagを取り付けた鍵などを失くした場合はすぐに見つけることが可能です。

特に超広域無線に対応したiPhone(今であればiPhone 11シリーズとiPhone 12シリーズ)であれば距離と方向もiPhoneに表示されるので、簡単に見つけることができます。

また、どこかに忘れてしまった場合でも、付近にあるApple製品の位置情報から場所を特定できるようになっているので、もし失くしてしまった場合に見つかる可能性が高まります。

何ができる?Appleの紛失防止タグAirTag(エアタグ)の情報まとめ

AirTagをレビュー

早速、AirTagを使って感じたことなどをレビューしていきます。

結論から紹介すると、iPhoneを持っている方なら絶対に1個は買うべきと言える商品です。

難しい設定は一切不要

Apple製品はApple製品同士の連携が魅力ですが、AirTagも設定はめちゃくちゃ簡単です。

AirTagを取り出してフィルムを剥がしてiPhoneに近づけると、iPhoneに接続の画面が表示されるので、接続をタップするだけで設定が完了します。

面倒な設定一切不要で買ってすぐ使えるのはさすがです。

デザインがとにかく良い

AirTagは機能も精度が高く優れているのですが、正直、そんなに物を失くすことって無いです。

なのでこの手の商品は邪魔になるのがオチなんですが、AppleのAirTagは違います。

デザインがとにかくカッコいいのでキーホルダーなどの小物アクセサリーとして良いです。

HERMESモデルが発売されていることからも、Apple Watch同様にAppleがアクセサリーとして認めている証拠だとも思います。

純正のアクセサリーも複数あり、他のメーカーのケースなども多く発売されています。

鍵やバッグにキーホルダーを付けたい場合はアクセサリーとしてもおすすめです。

何がある?AirTagで使えるおすすめケース・アクセサリーまとめ

電池交換が簡単なのが良かった

AirTagは電源を切ることができないので、電池持ちが気になるところです。

公式サイトによると電池は約1年ぐらい持つとのことで、電池がなくなるとiPhoneに通知が届きます。

電池が切れるとAirTagを買い直さないといけないのかと、心配していましたが電池は簡単に取り替えることができ、市販品のコイン電池なので簡単に購入できます。

ケチな性格だと電池が気になって使わなくなりそうでしたが、これなら安心して使うことができます。

電池の交換方法は動画の方がわかりやすいので動画で紹介しています。


近距離だと探せる精度が凄い

iPhone 11やiPhone 12に搭載されているU1チップを搭載したiPhoneであれば、大体の場所がわかるだけでなく、正確な距離と方向がわかります。

AirTagで物を探す方法
  1. iPhoneの探すアプリを開く
  2. 持ち物を探すの項目をタップ
  3. AirTagが表示される
  4. 探すをタップすると正確な場所がわかる

iPhoneを持って少し動かすと写真のような表示になり、距離と方向で失くした場所を探すことが可能。

僕の場合だと実家に帰った時によくあるのですが、くつろいでいる間にポケットから鍵が落ち、ソファの隙間やコタツの中にある場合はなかなか見つからなくて探すのが大変です。

そんな時もAirTagがあれば簡単に見つけることができます。

外出先でも落としたことに早く気づいて、Bluetoothの範囲内であれば探すのが楽ですね。

iPhoneから音を鳴らすこともできるので、近くまでいけば気づきます。

MEMO

Bluetoothの有効範囲は10mと言われています

また、もし探すという項目が出ない場合はプライバシー設定で探すアプリの位置情報を有効にしてください。

設定アプリ→プラバシー→位置情報サービス→探すの順番で設定を変更することができます。

追跡用には使えない

AirTagは取り付けた物を探すことはできますが、AirTagを使って追跡することはできません。

取り付けた物を落としたので探すできる
取り付けた物が盗まれたので追跡したいできない
AirTagを使って子供やペットの位置情報を確認したいできない

僕の場合はバイクや自転車に忍ばせておいて、盗まれた時に追跡できるようにしたかったのですが、それはできません。

逆に言うと他人を追跡する為に使用される恐れがあるので、そのほうが安心ですね。

どうやらペアリングしたiPhoneが止まっている状態で、AirTagが動き出すと最新の位置情報を取得できないようになっているみたいです。

普通に考えると落とした物が動くのはおかしいですよね。

なので、健全な使い方だとしても子供やペットの見守りには使えないので、絶対に落とし物をしないという自信がある場合は不要な物となります。

一応紛失モードもあるけど使うかは微妙

AirTagを自分のiPhoneの電波が届かないところに忘れてきてしまった場合は、近くにいる他人のiPhoneを自動的に使用して位置情報を取得するようになっています。

あなたのAirTagは、近くにある「探す」ネットワーク上のデバイスが検知できるように、安全なBluetooth信号を送信します。すると、信号を受け取ったデバイスは、AirTagの位置情報をiCloudに送信。あなたは「探す」アプリを開いてマップ上で確認できるというわけです。このプロセスは完全に匿名で行われ、情報は暗号化されるので、あなたのプライバシーは守られたまま。効率も良いので、バッテリー残量やデータ使用量を心配する必要はありません。

引用:https://www.apple.com/jp/airtag/

その際に取得したプライバシーデータはAppleを含めて誰も知ることはできません。

しかし、探すアプリの中にある紛失モードを使えば、他のiPhoneユーザーが見つけてくれた時に自分の電話番号を表示することができます。

もし拾ってくれた人が良心的な人であれば連絡をしてくれるはず。

ただ、知らない人に電話番号を教えることになるので不安でもありますよね。

この機能は初期設定では無効になっているので、有効にする場合は自分で設定する必要がありますが、有効にするかは微妙なところです。

傷は付きやすいけど気にしない

AirTagはこんなに輝いているので傷は目立ちます。

特に鍵と一緒にポケットに入れれば一瞬で傷だらけになるでしょう。

輝きが綺麗なだけに傷を付けたくないという気持ちになりますが、付ける場所的に傷は避けられないので気にしないのが一番だと思います。

最初は抵抗感がありますが使っているうちに傷には慣れます。

磁力があるので財布には入れないほうがいいかも

あと気になったのはAirTagには磁力があります。

なので、クレジットカードやキャッシュカードが入っている財布の中に入れておくのは辞めておいた方が良いかもしれません。

僕自身も磁気データが壊れていて、カードが使えず不便な思いをした経験があるので、AirTagを財布に入れるのは辞めました。

まとめ:買う価値はある

この記事ではAirTagをレビューしました。

AirTagは発売されるかなり前から発売が噂されていただけに、僕としては待ちに待った製品という感じで、期待感も強かったですが期待通りの良い買い物になりました。

当初使い道として考えていたバイクや自転車を守るという使い道はできませんが、鍵に1個付けておくと安心感があるので1つ購入するのはおすすめです。

価格も品質の割に税込3,800円と手頃で4つ入りだと税込12,800円になるのでお得です。

何がある?AirTagで使えるおすすめケース・アクセサリーまとめ 何ができる?Appleの紛失防止タグAirTag(エアタグ)の情報まとめ 【2021年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較 何がある?iPhoneのMagSafe対応おすすめアクセサリーまとめ! 【高速充電対応】絶対に買うべきiPhoneのUSB充電器おすすめ10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。