iPhone 11登場!新型iPhoneについてはこちら

iPhoneのバッテリー交換費用は?交換と買替どちらがお得かを徹底比較

大手キャリアの通信プランが通信費用と端末代金が分離された分離プランとなったので端末価格の高いiPhoneは月額料金がかなり高くなります。

正直、Androidスマホだと安くて性能が良いスマホも多いので、お得度を考えると次の買い替え時はiPhoneを辞めてAndroidに乗り換えるというのも一つの方法です。

関連iPhoneは高い!代わりになるおすすめAndroidスマホとコスパの良いiPhone紹介

しかし、長年iPhoneを使ってきた人であればこのままiPhoneを使い続けたいと思いますよね。

iPhoneを安く使う方法は『同じ端末を長く使う』です。

この記事では同じ端末を長く使うと気になるバッテリーについて

  • iPhoneのバッテリー交換費用
  • iPhoneのバッテリー交換方法
  • バッテリー交換と新品購入どちらがいいのか!?

以上の内容を中心に紹介します。

ライター
スマホを長年使うと絶対にバッテリーは気になってくるので買い換えるときに参考にしてください。

iPhoneのバッテリー交換費用

現在のiPhoneバッテリー交換に掛かる費用は以下の通りです。

モデルApple 製品限定保証
または

AppleCare+の保証対象
保証対象外
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone X

iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
0円7,400円
iPhone SE
iPhone 6、iPhone 6 Plus
iPhone 6s、iPhone 6s Plus
iPhone 7、iPhone 7 Plus
iPhone 8、iPhone 8 Plus
その他のモデル
0円5,400円

料金は以上です。端末によって料金が異なりますが思ったより安いのではないでしょうか。

修理代金がビックリするぐらい高額なのでそれに比べると手軽に行うことができます。

関連iPhoneにAppleCare+は必要か!?保証内容と損得を徹底解説!

Apple製品限定保証のバッテリー交換

Apple製品限定保証はiPhoneを購入すると無料で付いてくる1年保証のことです。

ただし、製品上の欠陥によるバッテリー不具合は無料交換の対象となりますが、通常使用による劣化は保証対象外です。

保証状況やサービス期間についてはこちらで確認が可能です。

参考 保証状況の確認Apple公式

バッテリー交換の申し込みはこちら

AppleCare+の保証対象のバッテリー交換

AppleCare+はiPhoneの購入日から30日以内で購入できる有料の保証サービスです。

AppleCare+に入会すると以下のサービスを受けることができるようになります。

AppleCare+保証サービス

  • ハードウェア製品限定保証が1年から2年に
  • 無償電話サポートが90日から2年に
  • 画面修理が1回3,400円(税別)※2回まで
  • 画面以外の修理は1回につき11,800円(税別)※2回まで
  • Apple専任スペシャリストへのチャットまたは電話による優先アクセス
  • エクスプレス交換サービス

関連iPhoneにAppleCare+は必要か!?保証内容と損得を徹底解説!

AppleCare+に加入しているとバッテリーの蓄電容量が本来の80%未満に劣化した場合に無料で交換してもうらうことができます。

ライター
バッテリーの蓄電容量は次項の方法で確認できます。

バッテリー状態の確認方法

iOS 11.3からiPhoneの設定アプリでバッテリー状態を確認できるようになっています。

バッテリー交換の目安になるので是非確認してみてください。

STEP.1
設定アプリを開く

設定アプリを開きます

STEP.2
バッテリーをタップ

STEP.3
バッテリーの状態をタップ

STEP.4
最大容量を確認

最大容量を確認するとバッテリーの状態を確認することができ、これが80%以下であればAppleCare+のバッテリー無料交換に該当します。

通常の利用方法だとフル充電を500回繰り返すと最大容量が80%になるように設計されています。

iPhoneのバッテリー交換方法

iPhoneのバッテリー交換は正規サービスを利用する場合以下の2つの方法があります。

  • 持ち込み修理
  • 配送修理

それぞれ特徴があるので自分に合う方を選択してください。

ライター
おすすめは持ち込み修理です。公式ページで交換可能なショップが確認できます。

持ち込みの特徴

  • Apple StoreまたはApple正規サービスで交換可能
  • バッテリーの在庫があれば当日1時間程で交換可能
  • 在庫がない場合は5日ほど掛かる

持ち込み修理の場合はApple Store直営店や正規サービスプロバイダーへ直接持ち込んで交換してもらいます。

持ち込みだとその場ですぐに交換が可能な場合と後日になる場合があります。事前に確認しておくと良いです。

必要な準備
  • iPhoneをバックアップする

バッテリー交換時に初期化する為バックアップは必ず必要です。iTunesに接続して『今すぐバックアップ』を行いましょう。

配送修理の特徴

  • 自宅で全てが完結する
  • 時間は申し込みから5日程
  • 初期化やSIMカードの取り外しが必要など手間が掛かる

持ち込みと違ってSIMカードの取り外しを行う必要があるなど手間が掛かります。

バックアップ、iPhoneの初期化、SIMカードの取り外し、ケースの取り外しを行う必要があり、近くにApple Storeやサービスプロバイダがない場合は有効ですが、持ち込みの方がメリットが大きいです。

必要な準備
  • iPhoneをバックアップする
  • Apple Watchをペアリングしている場合はペアリングを解除
  • Suicaを登録している場合はWalletアプリから削除
  • iPhoneを初期化
  • SIMカードの取り外し
  • ケースを取り付けている場合はケースを外す

iPhoneを取り替えるという意識で準備する必要があります。iPhoneが手元にない期間が増えるのでできる限り持ち込みでのバッテリー交換がおすすめです。

バッテリーが低下すると買い替えるべき?

先ほども紹介しましたが現在は通信と端末価格の分離プランなのでスマホを2年で買い替えるという使い方は終わりました。

今までと同じ料金でiPhoneを使うのであれば4年周期での買い替えがポイントになるのです。

バッテリーが低下すると起こること

バッテリーが低下すると主に以下のことが起こります。

  • 充電の持ちが悪くなる
  • CPU性能にも影響がある

スマホを使う人にとってはかなり不便な思いをすることになり、私はiPhone 6を4年間使った経験がありますが、バッテリーの持ちとアプリの動作の重さがかなり目立つようになりました。

実際にバッテリー交換前とバッテリー交換後のCPUベンチマークを比較するとバッテリー交換後の方がスコアが上がっているので、バッテリー性能はCPUにも影響を及ぼすことがわかります。

iPhoneを4年間使うのであればバッテリーは無視できない問題なのです。

おすすめのバッテリー交換時期は2年

今までは大きな端末割引があったので他のスマホと比べてiPhoneが特別高く感じませんでしたが、端末割引がほぼ無いと言える現在はiPhoneはかなり高いです。

以前のように毎年格段に性能が上がる訳では無いので、iPhoneは4年周期で買い替えるのがおすすめです。

関連iPhoneの買い替えはいつがお得?ベストなタイミングと寿命まとめ

例えばiPhone 6sに搭載されているA9チップと比較すると以下の通りになります。

CPU性能グラフィック性能
A10 Fusion
(iPhone 7)
40%向上(1.4倍)50%向上(1.5倍)
A11 Bionic
(iPhone 8)
75%向上(1.75倍)95%向上(1.95倍)
A12 Bionic
(iPhone XS)
100%向上(2倍)193%向上(2.93倍)

グラフィック性能は年々50%程向上していますが、CPU性能に関してはそこまで変わりません。

性能面に関しては4年周期の買い替えでも十分に使えるので購入後2年でバッテリーの交換をするのがおすすめです。

iPhone 11 Proを2年で買替る場合と
2年でバッテリーを交換し4年使う場合の比較
2年で買替4年で買替
2年でバッテリー交換
端末価格
(iPhone 11 Pro 64GB)
106,800円106,800円
バッテリー交換0円7,400円
月々支払額4,450円/月
(24ヶ月)
2,379円/月
(48ヶ月)

もちろん2年周期で買い替える方が快適なのは間違い無いですが金額がこれだけ違います。

金額面で考えると4年周期で端末を買い替えて、2年でバッテリー交換をするのが快適に使えてお金も節約できる最善策と言えます。

ライター
節約するなら4年使う前提で購入し、バッテリー持ちがが厳しいと感じたらバッテリー交換を行うのがお得!

まとめ

バッテリーの交換費用と方法、新品を買い替えるのとバッテリー交換するのどちらがお得かを紹介しました。

まとめ
  • バッテリー交換→持ち込みがおすすめ
  • 交換周期→2年がおすすめ
  • 買替と交換→4年で買替、2年でバッテリー交換がおすすめ

以上です。

2年周期で端末を買い替える場合はバッテリー交換は不要だと思いますが、4年で買い替えるなら購入から2年程バッテリー交換を検討してみてください。

その際の目安はバッテリー状態の確認を行い容量が80%付近になって入れば検討するのが良いです。

また、バッテリーは正規サービス以外での交換も可能ですがiPhone 7以降のiPhoneは防水となっているので正規サービスを利用するのが安心です。価格もかなり高いということではないので正規サービスがおすすめです。

参考 保証状況の確認Apple公式

バッテリー交換の申し込みはこちら

また、大手キャリアでスマホを新規契約・機種変・MNP乗換する時は各キャリア公式のオンラインショップが便利でお得です。

頭金がないので手数料が安く、ショップで長時間待つ必要がなく、24時間手続きが可能と良いことづくしです。

不安なことやわからないことはチャットサポートや電話で聞くことができるので誰でも安心して簡単に契約ができます。

各キャリアの公式オンラインショップ

格安SIMを使うと更に月額料金を下げることができます。興味がある方はこちらの記事もご覧ください。

格安SIMと併用!おすすめポケットWi-Fi・モバイルルーターを厳選紹介【通信量節約】 iPhoneでIIJmioを4年使った感想!評判やデメリットを徹底紹介【格安SIMレビュー】 【最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較【XS/XR/X/8/7/6s】

iPhoneを使用している方はこちらの記事がおすすめ!

【2019最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ 【2019年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!スペックの比較と選び方【11 Pro/11/XS/XR/X/8/7】

iPhoneが高いと感じればこちらの記事を参考にしてみてください。

iPhoneは高い!代わりになるおすすめAndroidスマホとコスパの良いiPhone紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です