どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

【CLCKR レビュー】もう落とさない!スタンドにもなるグリップ付きiPhoneケース

iPhoneを衝撃から傷を守る為にケースに入れて使う人も多いですよね。

しかし、ケースを付けていてもiPhoneの画面が割れたり、壊れてしまう可能性はあります。

iPhoneを確実に保護するのであれば、落とさないことが最重要です。

最近はスマホの落下を防止するスマホリングが人気ですが、グリップ一体型のケースも人気があります。

この記事ではヨーロッパ発のブランドCLCKR (クリッカー)のiPhoneケースをレビューします。

グリップ一体型のiPhoneケースを探している方はぜひ参考にしてください。

CLCKRグリップ一体型ケースの特徴

CLCKR (クリッカー)iPhoneケースは多様な用途で使えるグリップ付きのケースです。

グリップがあることにより、持った時に安定するだけでなく、落下防止対策になるので本当の意味でiPhoneを保護することが可能。

さらにクリッカーのグリップは縦置きと横置きで使うことができるのでかなり便利です!

スマホリングをスタンドに使える場合は多いですが、縦置きが可能なタイプは珍しく、折り畳むと平置きできるのがポイントです。

特徴
  • グリップ&スタンド一体型ケース
  • 折り畳んだ状態の厚みは2.6mm
  • 縦置きと横置きで使える
  • 2mからの落下テストクリア

このクリップ・グリップシステムはクリッカーが特許取得済みなので、グリップとしてもスタンドとしても使えるiPhoneケースを探している方におすすめです。

CLCKR iPhoneケースレビュー

CLCKR (クリッカー)iPhoneケースをレビューしていきます。

僕は基本的にはケースを付けずにiRingを使っていたので、久しぶりにiPhoneにケースを付けて使ってみました。

まつりくん
使った感想はとにかく縦置きが便利でした

折り畳めるグリップが使いやすい

クリッカーの特徴はグリップ部分を折り畳むことができるので、iPhoneを机に置いた時もガタツクことなく操作が可能。

スマホリング付きだと、机の上に置いた時にガタガタするのがストレスになっていましたが、このケースなら平置きでも快適に使えます。

デザインはシンプル

ケースのデザインはシンプルでクリアケースのタイプなど種類は多いです。

カラフルな色はありませんが、クリアケースがあるのでiPhoneのどのカラーにも合わせやすくなっています。

カラーバリエーションはこちら

専用設計なのでピッタリフィット

CLCKR (クリッカー)iPhoneケースは多くのiPhoneシリーズ専用のケースが用意されているので、サイズがピッタリです。

ケースの中には装着するのがめちゃくちゃ固いケースや、取り外す時にケースが壊れるんじゃないかと思うぐらい取り外せないケースがありますが、スムーズに装着と取り外しができました。

サイレントスイッチ部分は余裕を持って切り抜かれているので、スイッチの切り替えも楽です。

ケースの厚みが薄くワイヤレス充電にも対応

グリップ付きのケースですが、ワイヤレス充電にも対応。

ケースを取り付けたままでも問題なく、ワイヤレス充電ができました。

CLCKR (クリッカー)iPhoneケースはグリップがあるのにも関わらず、折り畳んだ時の厚みが2.6mmとかなり薄いので、ワイヤレス充電が可能となっています。

グリップ付きは分厚くなるから嫌だという方にもおすすめです。

【Anker PowerWave II Pad レビュー】ワイヤレス充電器を初めて購入してみた

縦置きスタンドがかなり便利

このiPhoneケースの特徴はしっかり折り畳むことができ、グリップとしても使えて、縦置き、横置きスタンドにもなることです。

スタンドにする時はグリップ部分を少し折り曲げて出っ張りがある部分をカチッと押し込むことが固定。

縦置きでしっかり自立することができます。

iPhoneは縦置きで使うことが多いので、机に縦に置いた状態でSNSを見ると手が疲れないので楽です。

もちろん横置きもしっかり固定できるので、iPhoneの重さで倒れることもありません。

動画を見るときは横置きスタンド必須。

一つのケースで「保護」「グリップ」「縦置き」「横置き」と4つの機能を使うことができるのでかなり機能的です。

スピーカー部分もしっかりと切り抜かれたデザインなので、音質も問題なしです。

グリップでiPhoneを落とさない

グリップ部分は指を4本入れることができ、両手持ちの時の安定感が凄いです。

グリップがあることで片手操作もできるようにはなりますが、ちょうど真ん中にグリップがあるので、少し指が届きにくい感じはあります。

僕はスマホリングを付けるときは真ん中ではなく、指が画面の端に届きやすくなるように本体の端に取り付けています。

CLCKR (クリッカー)iPhoneケースはグリップの位置を変えることができないので、片手操作重視の場合は自由な位置に取り付けができるスマホリングがおすすめです。

【2020最新】おすすめのスマホリング5選!落下防止に役立つバンカーリングを厳選紹介

ガラスフィルムを付けていても問題なし

僕は全面保護タイプのガラスフィルムを使っていますが、ケースと干渉することはありませんでした。

ピッチリしすぎているケースだと、全面保護タイプのガラスフィルムを取り付けれない物もありますが、CLCKR (クリッカー)iPhoneケースは程よいフィット感なのでガラスフィルムも安心して使えます。

まとめ:グリップ付きケースは薄型が良い

この記事ではヨーロッパ発のブランドCLCKR (クリッカー)のiPhoneケースをレビューしました。

使った感想をまとめると以下の通り。

メリット
  • 縦置きスタンドとしても使える
  • グリップを折り畳んだ時の厚みが薄い
  • グリップ部分の素材が鉄ではないので重量が軽い
デメリット
  • 価格が高い(約3,700円)

価格が少し高いのは気になるところですが、品質がよく様々な用途で使えるので便利です。

グリップ付きのiPhoneケースを探している方はぜひ参考にしてください。

【2020年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較 【高速充電対応】絶対に買うべきiPhoneのUSB充電器おすすめ8選 【2020最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ 2020年最新!iPhoneに最適な本当におすすめのモバイルバッテリー厳選6選 iPhoneにおすすめの充電器!iPhoneを高速充電する方法とアダプタ・ケーブルを徹底紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。