どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

どう変わった?Apple Watch Series 6とSeries 5の違いを比較

2020年に発売されたApple Watch Series 6とその前年に発売されたApple Watch Series 5。

違いは多くなく、今からSeries 5を購入するのも悪くはです。

Series 6が発売されたことにより、Apple Storeで購入することはできなくなりましたが、Amazonなどでは現在も購入可能。

価格も少し安くなっているので、どちらを購入するか迷っている方や、Series 6との違いを知りたい方はぜひ参考にしてください。

Series 5を今から買うのはあり?

まずはApple Watch Series 6とSeries 5の特徴を簡単に紹介。

Series 6とSeries 5を比較した場合のメリット・デメリットについてまとめます。

Apple Watch 6のメリット・デメリット

Apple Watch 6はデザインは変わっていませんが、新たに血中酸素濃度測定が可能になっています。

大きな変更点はありませんが、着実に進化している感じ。

近距離の位置情報を正確に知ることができる、U1チップを搭載しているので、新たな拡張性も期待できます。

Series 5から買い替える必要はないですが、今から購入するのであればSeries 6がおすすめ。

メリット
  • バッテリーが搭載量が若干多い
  • 血中酸素濃度を測定可能
  • 常時表示の高度計
  • Series 5より性能が20%向上
  • U1チップ搭載
デメリット
  • 価格が高い

セルラーモデルをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Apple Watch 5のメリット・デメリット

出典:Apple公式サイト

2019年に発売されたApple Watch Series 5は常時表示ディスプレイや転倒検出など魅力的な機能が満載で、Apple Watchの完成形とも言えるモデルです。

正直、現状ではこれ以上のApple Watchは必要ないと言えるので、在庫処分で安くなっている場合はSeries 5がおすすめ。

旧機種ながらこれ以上の機能は必要ないと言えます。

現状は差額が約6,000円なのでSeries 6を買う方がおすすめです。

メリット
  • 価格が6,000円安い
  • 常時表示もできる
デメリット
  • 血中酸素濃度は測れない
  • U1チップ非搭載

セルラーモデルをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

機能の違い

Series 5

Apple Watchを選ぶ時に気になるのが機能の違いですよね。

Series 6とSeries 5の機能の違いはこちら

Series 6のみ搭載の機能
  • 血中酸素濃度測定機能
  • 常時表示可能な高度計
  • U1チップ

全ての機能を比較すると以下の通りです。

series 6series 5
GPS搭載搭載
コンパス搭載搭載
気圧高度計搭載搭載
耐水性能50m50m
血中酸素濃度センサー搭載非搭載
電気心拍センサー搭載搭載
心拍センサー第2世代搭載第2世代搭載
加速度センサー最大32G
転倒検出可
最大32G
転倒検出可
ジャイロスコープseries 3より進化series 3より進化
スピーカーseries 3より50%upseries 3より50%up
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
マイク搭載搭載
Apple Pay対応対応
ストレージ32GB32GB

機能に関しては大きく変わりませんが、アクティブな方は常時測定可能な高度計はかなり魅力的だと思います。

ディスプレイ

ディスプレイはSeries 6・Series 5共に常時表示に対応。

Series 6Series 5
44mm
368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
Series 3より30パーセント以上大きいディスプレイ
44mm
368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
Series 3より30パーセント以上大きいディスプレイ
40mm
324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
Series 3より30パーセント以上大きいディスプレイ
40mm
324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
Series 3より30パーセント以上大きいディスプレイ
感圧タッチ対応
LTPO
OLED常時表示Retinaディスプレイ
1,000ニトの輝度
感圧タッチ対応
LTPO
OLED常時表示Retinaディスプレイ
1,000ニトの輝度

違いを比較すると差は全くありません。

細かい機能については正直は何を言っているのかわからないですよね。

ディスプレイに性能については以下にまとめました。

MEMO

LTPO→ディスプレイ書き換え時の消費電力を大幅に削減

OLED→有機ELディスプレイ

LTPO技術と有機ELディスプレイを組み合わせることで消費電力を大幅に削減することが可能。

さらに有機ELディスプレイは個々の素子が発光する為、ディスプレイの薄型化が可能で、完全な黒を表現することができます。

その為、暗い場所で画面全体が光ことなく、文字盤のみを光らせることができるので時計として最適です。

デザイン

Series 5では新たにチタニウム素材のモデルが登場しました。

デザインに関しては大きな変化はありませんが、Series 6ではセラミックモデルが廃止されています。

また、素材を除く外観状の違いは全くありませんが、Series 6はアルミモデルにブルーとレッドの新色が登場。

アルミモデルを選ぶ際の選択肢が広がりました!

ブルーのモデルはアルミモデルの中でも独特の輝きを放っており、高級感は高いです。

新色を選びたい方はSeries 6がおすすめです。

series 6series 5
材質・ステンレス
・アルミニウム
・チタン
・ステンレス
・アルミニウム
・チタン
・セラミック
ブランド ・Nike
・HERMES
・Nike
・HERMES
Apple Watchのアルミとステンレスの違いを比較!高級感で選ぶならステンレスモデルがおすすめ

サイズ

サイズに関してはSeries 6もSeries 5も違いはありません。

どちらとも40mmと44mmケースが用意されているので、自分の腕に合う方を選ぶことができます。

また、バンドも共通して使うことが可能。

40mmに対応したバンドは40mmケースと38mmケースに使用できます。

44mmに対応したバンドは44mmケースと42mmケースに使用可能です。

series 6series 5
サイズ44mm・40mm44mm・40mm
モデル

(mm)

(mm)

厚さ

(mm)

重量

(g)

series 6 40mm GPS403410.430.5
series 6 40mm Cellular403410.430.5
series 6 44mm GPS443810.436.5
series 6 44mm Cellular443810.436.5
series 5 40mm GPS403410.730.1
series 5 40mm Cellular403410.730.1
series 5 44mm GPS443810.736.7
series 5 44mm Cellular443810.736.7
サイズで迷う方必見!Apple Watchは40mmと44mmどっちがおすすめ?両方使った感想と比較

チップ

出典:Apple公式サイト

Apple Watchの動作速度に大きく影響するCPUチップの違いについてですが、実際使った際の動作速度は変わりませんでした。

スペック的には20%向上しているとのことなので、大きな差はないですね。

ただ、今後長く使うことを考えると少しでも性能が良い方がいいです。

また、今後の可能性が広がるU1チップもSeries 6のみ搭載しているので、Series 6の将来性は大きいです。

series 6series 5
チップ64ビットデュアルコア
S6プロセッサ
64ビットデュアルコア
S4プロセッサ
ワイヤレスチップW3W3
U1チップ搭載非搭載

バッテリー

バッテリーに関してはApple公式の公表値は変わりませんが、Series 6の方が少し容量の大きいバッテリーが搭載されているようです。

また、常時表示も僅かに改善されているようでSeries 6よりバッテリー持ちは良いです。

ただし、劇的な差はなく12時間で5%程の違いなので、ほとんど差はないです。

バッテリー持ちが気になる方は常時表示をオフにする方が効果的です。

あとは付属している充電器には違いがあり、Series 6はUSB電源アダプタが付属されていません。

環境に配慮した対応ということですが、本体が収納されてるカバーなどもSeries 6の方がコストカットされている感じがしました。

series 6series 5
バッテリー最大18時間(常時表示)最大18時間(常時表示)
充電磁気充電ケーブル
磁気充電ケーブル
USB電源アダプタ
【Apple Watch 6レビュー】新色が素晴らしい!外観・機能・評価まとめ

価格

Apple Watch Series 6登場によってApple Watch Series 5はApple Storeで購入できなくなりました。

Apple Storeで販売されていた時の価格の違いはありません。

また、現在Series 5を購入できるAmazonでの価格を比較すると、Series 6よりも約6,000円Series 5の方が安くなっていました。

差額6,000円であればSeries 6を購入した方がお得ですが、少しでも安く常時表示機能があるApple Watchが欲しい方はぜひチェックしてみてください。

GPS + セルラーモデルGPSモデル
Apple Watch series 653,800円42,800円
Apple Watch series 553,800円42,800円

セルラーモデルをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

まとめ:今購入するならSeries 6がおすすめ

左:Series 5、右:Series 6

この記事ではApple Watch 6とApple Watch 5の違いを比較しました。

機能差は多くはありませんが、やはり差額を考えると新機能が搭載されたSeries 6がおすすめです。

今後、AmazonのセールなのでSeries 5が1万円ほど安く購入できるのであれば、Series 5をおすすめできますが、現状ではSeries 6を買った方が良いです。

また、Series 5からSeries 6に乗り換えを検討している方は、使っていて劇的に変わるということはないので、余程必要がない限り乗り換える必要はないと思います。

ぜひ参考にしてください。

また価格が安いApple Watchが欲しい方はApple Watch SEがおすすめです。

買うならどっち?Apple Watch SEとApple Watch 6の違いを比較 【2020年】Apple Watchのおすすめは?選び方とモデルの違いを徹底比較 【Apple Watch】セルラーモデルとGPSモデルの違いを比較!それぞれのメリットを紹介 サイズで迷う方必見!Apple Watchは40mmと44mmどっちがおすすめ?両方使った感想と比較 Apple Watchのアルミとステンレスの違いを比較!高級感で選ぶならステンレスモデルがおすすめ Apple Watch Series 5 レビュー!エルメスモデルの魅力とSeries 4との違い・使用した評価を紹介 【Apple Watch 6レビュー】新色が素晴らしい!外観・機能・評価まとめ Apple Watchはどこで買うのがお得?6つの販売店の特徴まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。