掃除が楽しくなるおすすめコードレス掃除機【クリック】

新型iPhone SE2は登場するのか?最新情報と新型に期待することを徹底紹介

2016年に発売されたiPhone SEですが未だに根強い人気があります。

流石にスペックが低いと思う人でもiPad miniと併用するなど、小さいiPhone SEは本当に大人気です。

新型を期待する声は多く、毎年新型の噂はありますが一向に発売される気配は無い状態。

2019年3月に発売が噂されましたが、結局発売せず現在に至ります。

しかし、Appleは2018年のiPhoneを販売不振によって業績予想を下方修正しました。業績を回復させるためにiPhone SEの新型を発売する可能性は十分あります。

ライター
この記事ではiPhone SE2の最新情報と期待することを紹介します

発売を期待して現在出ている情報を楽しみましょう!

新型iPhone SE2の最新情報


噂が出る度がっかりさせられていますが、最近になりまたしても『新型iPhone SE』に関する情報が出ています。

上のようなコンセプト動画も出ており、もし出るならこんなデザインになって欲しいと思えるコンセプトです。

気になるiPhone SE2の名前は『iPhone XE』と呼ばれており4.8インチの有機ELディスプレイで、現在のiPhone同様ベゼルレス仕様になると噂されています。

新型iPhone SEの噂
  • 4.8インチ有機ELディスプレイ搭載
  • ホームボタンが廃止されFace ID搭載
  • アルミ素材を採用したボディ
  • カメラはシングルレンズ
  • 価格は約600ドル(日本円:約65,000円)

新型iPhone SE2のスペック

iPhone SE

新型iPhone SE2の気になる噂を詳しく紹介します。

新型iPhone SE2は有機ELディスプレイ採用

新型iPhone SEは液晶ディスプレイを搭載するとも言われていますが、有機ELディスプレイを搭載する可能性が高いとも言われています。

最近のスマホは有機ELが主流となっており、Google Pixel 3aは廉価版ながた有機ELディスプレイを搭載しています。

この流れだとiPhone SE2も登場すれば有機ELとなりそうです。

ホームボタンが廃止されたベゼルレスデザイン

新型iPhone SEはホームボタンが廃止されたベゼルレスデザインになるのが有力です。

2018年に発売されたiPhoneは全てホームボタンが廃止されたデザインだったので新型iPhone SEもベゼルレスになることは間違いないでしょう。

多くのコンセプトイメージがiPhone SEのデザインを受け継いだデザインとなっています。

コンパクトなボディを受け継いでベゼルレスデザインだと最高ですね。

新型iPhone SEはシングルレンズなのか!?

新型iPhone SEはシングルレンズとの見方が強いです。

多くのコンセプトモデルもシングルレンズになっていることから、もし発売されるのであれば新型iPhone SEのカメラはシングルとなりそうですね。

近年のスマホはカメラ機能が大幅に進化しており、最近ではトリプルカメラが主流になりつつあります。

2019年新型iPhoneもほぼ確実にトリプルカメラを搭載します。

2019年新型iPhone XIの性能・発売日・スペックまとめ!次期XSはどうなる

iPhoneは立派なカメラとしても使えるので、カメラ好きにとってはカメラ機能が本当に大事です。

iPhoneがあれば一眼レフカメラに匹敵するほどの高画質な写真が簡単に撮れるので、小型な新型iPhone SEもカメラ機能は高性能であって欲しいところ。

iPhone XRはシングルカメラですがスマートHDRが使えて画質が良いので、新型iPhone SEも、もしシングルカメラでも高画質な写真を撮れるスマホであって欲しいです。

新型iPhone SE2はいつ発売される?

過去のiPhoneの発表日は以下の通りです。

歴代iPhone発表日
  • iPhone 6s/6s Plus・・・2015年9月9日
  • iPhone SE・・・2016年3月26日
  • iPhone 7/7 Plus・・・2016年9月7日
  • iPhone 8/8 Plus/X・・・2017年9月12日
  • iPhone XS/XS Max/XR・・・2018年9月12日

新型のiPhone SEは2019年3月に発売されるとの見方がかなり有力でした 。

しかし、2019年3月はAirPods(第2世代)iPad mini(第5世代)が発売されましたが新型のiPhone SEが発売されることはありませんでした。

2019年3月の発売が有力視されていただけに「もう発売しないのでは?」などども言われていましたが、最新の噂では2019年内に発売されるとの見方が強いです。

正直、あまり期待はできませんが2019年中に発売されることを期待しましょう!

iPhone SEが2016年に販売されているので、3年後の今年に発売される可能性は十分あります。

iPad miniも約4年ぶりのリニューアルとなったので、iPhone SEの新型も楽しみです。

新型iPhone SE2に期待すること

新型のiPhone SEに期待されていることや、私自身が期待していることを紹介します。

まとめるとこんな感じです。

  • 端末の価格を下げて欲しい
  • 有機ELディスプレイを搭載して欲しい
  • USB-Cを採用して欲しい
  • 端末を薄型化・軽量化して欲しい
  • カメラ機能は最新iPhoneと同等にして欲しい

iPhone SEも軽くてコンパクトなだけではなく、安いiPhoneという側面もありました。

最近のiPhoneは価格が高く、2018年モデルが発売されても販売数ランキングでは1世代前のiPhone 8がよく売れていました。

やはり価格を気にする人が多くなっているのは間違いないので、新型のiPhone SE2は価格を7万円以下、できれば5万円台にして欲しいです。

iPhoneの端子に関しても、新型iPhoneがどうなるのか気になるところです。

これまでLightningケーブルが主流で使われていたので、USB-Cに変わると今まで使っていたケーブル類が使えなくなるのが不便ですが、将来的にUSB-Cになるのであれば早く統一して欲しいと思います。

iPad ProはすでにUSB-Cポートを搭載しているので、Mac等のアクセサリーが使えるのであればUSB-C搭載を期待します。

また、新型iPhone SEはシングルカメラになると言われていますが、カメラは高性能であることを期待しています。

Google Pixel 3はシングルカメラですが、ポートレートや望遠に関してもデュアルカメラのスマホ以上に高画質です。

最近はカメラ単体の性能向上ももちろんですが、高性能CPUを使ったソフト面で画質が綺麗になっています。iPhoneもスマートHDR機能が搭載されてから格段に画質が向上しました。

新型iPhone SEはシングルカメラであっても高画質の写真が撮れるカメラであって欲しいです。

一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較
ライター
結論としてiPhone 8がかなり売れていることを踏まえると、安いiPhoneというのが一番期待されているポイントです。

スマホを安くするならオンラインか格安SIM

スマホ料金を少しでも安くするには、大手キャリアの公式オンラインショップを使うか、格安SIMを使うのがおすすめです。

キャリアがおすすめ
  • 電話をよく掛ける
  • 通信の品質にこだわりたい
  • 家族で使っている
格安SIMがおすすめ
  • 少しでも料金を安くしたい
  • 混雑時に通信速度が遅くなっても良い
  • 端末は一括払いで買うのが良い

それぞれ、良いところと悪いところがありますが、通話をよくする人と、家族で使っている人、通信の品質にこだわりたい方は大手キャリアがおすすめです。毎月使うデータ量が多いという方もキャリアがおすすめです。

一方で、少しでも料金を安くしたい方や、外出先ではあまりデータ通信を行わないという方は格安SIMがおすすめです。

格安SIMは混雑時や混雑する場所で通信速度が遅くなるというデメリットはありますが、毎月の料金はかなり安いです。

格安SIMのおすすめや選び方などはこちら
【最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較【XS/XR/X/8/7/6s】

まキャリアで機種変更・MNP乗換・新規契約をする場合は絶対に各キャリアの公式オンラインショップでの購入がおすすめです。

知らないと損することになるのでオンラインショップについてのメリットもあわせて紹介します。

オンラインショップのメリット

ショップで並ぶ必要がない

iPhoneの予約はソフトバンク・au・ドコモの各キャリアのショップのほか、家電量販店などの店頭でも予約・購入ができますが、店頭は常に混雑しており待ち時間も長いです。

オンラインならパソコンやスマホからどこからでも予約・購入が可能で24時間手続きができ、予約・購入にかかる時間は15分程です。

待ち時間がなく24時間注文できるのはかなりのメリットです。

手数料が無料

通常ショップで新規契約・機種変・MNPをすると手数料が2,000円〜3,000円必要になりますが、オンラインショップで新規契約・機種変・MNPをすると手数料は無料です!

待ち時間もなく、手数料が安いのでオンラインショップはかなりメリットが大きいのです。

頭金が必要ない

キャリアのショップや家電量販店では店頭ごとに金額の違いがありますが購入時に3,000円〜10,000円の頭金が必要です。

頭金の注意ポイント

頭金は分割払い時に先にある程度先に払うものと思ってしまいますが、ここでの頭金はショップの手数料として取られてしまうお金なのです。

これは本当に勘違いしやすいのですが、端末によって金額が異なりますが3,000円〜10,000円の余分なお金が必要なのです。

オンラインショップだと頭金が必要ないので、端末によりますが3,000円〜10,000円もお得に契約することができます。

受け取り方法は以下の選択肢があります。

受取方法
  • 自宅受け取り
  • ショップでの受け取り

ドコモ・au・ソフトバンクともに選択方法を選ぶことができます。

公式オンラインショップはこちら

オンラインショップ限定のキャンペーンが開催されていることもあるので、ぜひ覗いてみてください。

カラーのチェックや料金のシミュレーションも簡単にできます。

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

おすすめ関連記事
2019年新型iPhone XIの性能・発売日・スペックまとめ!次期XSはどうなる 【2019年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!スペックの比較と選び方【XS/XR/X/8/7/6s】 最新版!携帯キャリア安いのはどこ?料金プランを徹底比較【ドコモ ・au・ソフトバンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です