iPhone 13発売日・スペックまとめ 

2021年最新!20GB以下のスマホ料金プランはどこがお得?わかりやすく比較してみた

続々と発表される新プランですが、結局どこが良いのかわからないですよね。

この記事では各社が2021年より提供する新プランをわかりやすく比較。

各社のオンライン専用プランを含めて月々のデータ量が20GB以下の場合はどこがお得なのかを紹介します。

通信料金を下げたいけど、難しいことは考えたくないという方はぜひ参考にしてください。

各社の新プラン提供開始日等まとめ

まずは発表された各社の新プランを提供開始日を含めて簡単にまとめます。

プランデータ最安料金(税込)提供開始日
ドコモ 5Gギガホプレミア無制限4,928円2021年4月1日
ドコモ ahamo20GB
5分以内国内通話無料
2,970円2021年3月26日
SoftBank メリハリ無制限無制限4,928円2021年3月
LINEMO20GB
LINEは無制限
2,728円2021年3月17日
Y!mobile シンプルS3GB1,628円2021年2月
Y!mobile シンプルM10GB2,728円2021年2月
Y!mobile シンプルL20GB3,608円2021年2月
povo on au20GB2,728円2021年3月23日
 au 使い放題MAX 4G/5G無制限4,928円2021年3月
UQ mobile くりこしプランS3GB1,628円2021年2月
UQ mobile くりこしプランM15GB2,728円2021年2月
UQ mobile くりこしプランL25GB3,608円2021年2月

各社の新プランの特徴はこれまで以上に料金がわかりやすくお得になっているということです。

今までは最安料金は条件の厳しい割引や、期間限定の割引が多く含まれていましたが、今回は光回線と家族割を意識するだけで最安料金を達成可能。

新料金プランに乗り換えることで料金がお得でわかりやすくなります。

さらに注目なのがこの記事で詳しく紹介する20GB以下のプラン。

ドコモのahamoやソフトバンクのLINEMO、auのpovoなど使い勝手の良い中容量のプランが安く使えます。

これからはますます自分が毎月使うデータ量の把握が大切になり、それに見合うプランを選ぶことで、お得なスマホ料金を実現することが可能です。

まつりくん
ほとんどの人は20GBもあれば十分に快適に使えます!

この記事では20GBプラン以下はどこがお得なのかを紹介していきます。

大容量プランの比較はこちら

1番安いのはどこ?各社の5Gプランをわかりやすく比較【ドコモ・au・ソフトバンク・楽天】

20GBあればどれくらい使えるのかを知りたい方はこちら

20GBはどれくらい使える?使い方別のデータ量を解説【プラン選びに最適】

20GB以下の料金プランはどこがお得?

20GB以下のプランでお得なのは3GB以上使うか、そうでないかで分かれます。

ドコモの「ahamo」やSoftBankの「LINEMO」、auのpovoがコスパ最強なのは間違いありませんが、毎月3GBも使っていないのに20GBのプランは必要ないですよね。

その場合はY!mobileやUQ mobileの3GBプランの方がお得です。

プランを選ぶ時は自分が使用するデータ量の把握が本当に大事なので、これを確認してからプランを選んでください。

現状での最適プランをまとめると以下の通り。

MEMO
  • 3GB以上データを使う→ahamoもしくはLINEMO、povo
  • 3GB以下しか使わない→Y!mobileのシンプルSもしくはUQ mobileの繰越プランS
  • 光回線セット割と家族割があるならY!mobileが凄い

Y!mobileは2021年8月から余ったデータ量を繰り越せるようになるので、お得感が高まります。

公式サイトをチェック

・特典が多い
・ソフトバンクのサブブランド

CHECK NOW

・とにかく安く使える
・auのサブブランド

ahamoはこちら

オンラインでも簡単です

ahamoとLINEMOを比較

まずはahamoとLINEMOの違いを比較します。

ソフトバンクはSoftBank on LINEと発表された時はahamoと横並びの状態でしたが、LINEMOではauのpovoを後追いするプランへと変更されました。

5分間の通話無料がオプションとなり、その分月額料金が安くなっています。

全て税込表記ahamoLINEMO
料金2,970円2,728円
回線ドコモSoftBank
データ量20GB20GB
LINEは無制限
超過後1Mbps1Mbps
追加データ1GBあたり550円1GBあたり550円
ネットワーク4G/5G4G/5G
割引なしなし
申し込みオンラインのみオンラインのみ
LINEでの申し込み可
通話国内通話5分無料20秒/30円
かけ放題プラス1,100円プラス1,650円
回線品質多分ドコモと同じSoftBankと同じ
海外82の国と地域で別料金不要アメリカ放題
eSIM未定対応

現時点では海外利用が多い方はahamoeSIMを使いたい方や少しでも料金を抑えたい場合はLINEMOがおすすめです。

あとは特にこだわりがない方もLINEは無制限で使えるLINEMOが良いのかなと思います。

提供開始はどちらも2021年3月です。

オンライン専用プランの比較はこちら

どれを選ぶ?ahamoとLINEMOとpovoを比較

ahamoはこちら

オンラインでも簡単です

LINEMOはこちら

オンラインでも簡単です

低容量プランはUQ mobileがおすすめ

ahamoなどのオンライン専用プランは海外利用をする場合などのお得感が強いですが、そもそもほとんどデータを使わない方はUQ mobileがおすすめです。

大容量プランと比べるとギガあたりのコスパは悪くなりますが、使わないのに高い料金を払う方が節約面ではよくありません。

Y!mobile
シンプルS
UQ mobile
くりこしプランS
料金2,178円1,628円
回線SoftBankau
データ量3GB3GB
余ったデータを翌月に繰越可能
超過後300Kbps300Kbps
ネットワーク4G/5G4G/5G
割引おうち割光セット
1,188円引き
家族割(2回線以降)
1,188円引き
併用不可
なし
申し込みオンライン
店舗
オンライン
店舗
通話30秒/22円30秒/22円
かけ放題10分以内無料:770円
かけ放題:1,870円
月60分以内無料:550円
10分以内無料:770円
かけ放題:1,870円
海外追加料金追加料金
eSIM未定未定

また、Yahoo系のサービスをよく利用する方やSoftBank光等を使っている方はY!mobileがおすすめです。

Y!mobileの良いところはSoftBank光が対象のおうち割光セットを受けることができるので、割引が適用されるとソフトバンクの高品質な回線を安く使うことができます。

既に家族の誰かがおうち割光セットを受けている場合で、外出先であまり通信をしない方はY!mobileがお得で、安心して使うことが可能です。

どっちがおすすめ?UQモバイルとワイモバイルの料金・特典・速度を徹底比較

Y!mobileとLINEMOを比較

ソフトバンクのオンライン専用プランとサブブランドのY!mobileを比較すると以下の通り。

Y!mobile
シンプルS
Y!mobile
シンプルM
LINEMO
料金2,178円3,278円2,728円
回線SoftBankSoftBankSoftBank
データ量3GB15GB20GB
LINEは無制限
超過後300Kbps1Mbps1Mbps
ネットワーク4G/5G4G/5G4G/5G
割引おうち割光セット
1,188円引き
家族割(2回線以降)
1,188円引き
併用不可
おうち割光セット
1,188円引き
家族割(2回線以降)
1,188円引き
併用不可
なし
申し込みオンライン
店舗
オンライン
店舗
オンラインのみ
LINEでの申し込み可
通話30秒/22円30秒/22円30秒/22円
かけ放題10分以内無料:770円
かけ放題:1,870円
10分以内無料:770円
かけ放題:1,870円
プラス550円で
5分以内無料
プラス1,650円で
かけ放題
海外追加料金追加料金アメリカ放題
eSIM未定未定対応

凄いのがY!mobileで割引が適用されるとめちゃくちゃ安くなります。

家族がSoftBank光やSoftBank Airを使っている方、または2回線目以降が対象になりますが家族でY!mobileを使おうと考えている方はかなりお得です。

Y!mobileの割引適用時の価格は以下の通り(税込)

プランデータ量料金
シンプルS3GB990円
シンプルM15GB2,090円
シンプルL25GB2,970円

シンプルLで割引が適用されるとahamoやSoftBank on LINEより使えるデータ量が多いのに安くなります。

まつりくん
実はY!mobileがダークホースなのかもしれません。

公式サイトをチェック

・特典が多い
・ソフトバンクのサブブランド

UQ mobileとpovoを比較

auのオンライン専用プランとサブブランドのUQ mobileを比較すると以下の通り。

UQ mobileは余ったデータを翌月に繰り越せるのがポイントです。

UQ mobile
くりこしプランS
UQ mobile
くりこしプランM
povo(au)
料金1,628円2,728円2,728円
回線auauau
データ量3GB15GB20GB
超過後300Kbps1Mbps1Mbps
ネットワーク4G/5G4G/5G4G/5G
割引なしなしなし
申し込みオンライン
店舗
オンライン
店舗
オンラインのみ
通話30秒/22円30秒/22円30秒/22円
かけ放題月60分以内無料:550円
10分以内無料:770円
かけ放題:1,870円
10分以内無料:770円
かけ放題:1,870円
5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
eSIM非対応非対応対応

UQ mobileの方がデータ量が少ないですが、余ったデータを翌月に繰り越すことができるので、安心感があります。

povoは簡単にオプションをトッピングできるのが魅力ですが、データ量が少ない方はUQ mobileの方がおすすめです。

CHECK NOW

・とにかく安く使える
・auのサブブランド

povoならずっと安く使える

公式サイトをチェック

povoとUQ mobileはどっちがおすすめ?選ぶポイントは料金と容量

3,000円以下のプラン比較まとめ

これからお得な料金プランの中心となる中容量プランを表にまとめました。

各社ほぼ横並びですが参考にしてください。

全て税込ドコモ
ahamo
LINEMOau
povo
楽天モバイル
Rakuten UN-LIMIT V
料金2,970円2,728円2,728円3,278円
回線ドコモSoftBankau 楽天とau
データ量20GB20GB
LINEは無制限
20GB 無制限
パートナーエリア:5GB 
超過後1Mbps1Mbps1Mbps 1Mbps
パートナーエリア 
追加データ1GB/550円1GB/550円1GB/550円
24時間無制限/220円
1GB/550円 
ネットワーク4G/5G4G/5G4G/5G4G/5G 
割引なしなしなし なし
申し込みオンラインのみオンラインのみ
LINEでの申し込み可
 オンライン店舗とオンライン 
通話国内通話5分無料国内通話5分無料 30秒/22円 アプリ利用で無料
かけ放題プラス1,100円国内5分以内 :50円
国内かけ放題:1,650円
国内5分以内 :550円
国内かけ放題:1,650円
国際通話かけ放題
1,078円 
海外82の国と地域で別料金不要アメリカ放題 確認中66カ国で別料金不要 
eSIM未定対応 対応対応 

以上。「20GB以下のスマホ料金プランはどこがお得?わかりやすく比較してみた」でした。

スマホをキャリアで購入する場合は公式オンラインショップがオススメです。

キャリアによっては手数料が無料で、料金が安く、24時間いつでも注文することができ、待ち時間もありません。

公式オンラインショップについて紹介した記事はこちら

スマホがネットでカエル!ドコモオンラインがお得な7つの理由を徹底紹介 auの機種変更はオンラインショップが安い!メリットとポイントを徹底解説 ソフトバンクはオンラインショップがお得!特徴・限定キャンペーンを紹介

料金のシミュレーションを行うことや、端末についても見ることができます。

是非覗いてみてください!

公式サイトをチェック

ドコモはこちら

公式サイトへ

auはこちら

公式サイトへ

SoftBankはこちら

公式サイトへ

iPhone 12取扱開始

低容量プランがおすすめ

iPhone 12取扱開始

低容量プランがおすすめ

iPhone 13取扱

公式サイトへ

ドコモの5Gスマホはこちら

【2021】どれがおすすめ?ドコモの5G対応スマホをわかりやすく比較

Androidスマホおすすめ機種はこちら

【2021年最新】Androidスマホおすすめランキング!性能と価格をわかりやすく比較

ドコモのおすすめスマホはこちら

【2021年最新】ドコモおすすめスマホランキング!今買うべきスマホを性能・価格で徹底比較

iPhoneのおすすめ機種はこちら

【2021年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較

AndroidとiPhoneの違いについて

どっちが良い?AndroidスマホよりiPhoneをおすすめする理由と比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。