新型iPhone SEについてはこちら

ドコモのおすすめ料金プランは?月額料金を安くする方法を徹底解説

ドコモ料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」になりシンプルでかなり分かりやすくなりましたが、その内容まで把握するのは大変ですよね。

しかし、スマホは自分の使い方に合う料金プランを選ぶことが重要です。

この記事ではドコモの料金プランについて紹介します。

おすすめの料金プランと月額料金を安くする方法を解説しているので、ドコモの料金プランで迷っている方はぜひ参考にしてください。

公式サイト
ドコモオンラインショップ(https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp

ドコモのスマホ料金の仕組み

まずはドコモのスマホ料金の仕組みについて紹介します。

ドコモの料金プランは以上のようになっています。

最近はどの携帯会社も料金構造がシンプルで、データプランを選択し、オプションを必要に応じて選択、最後に端末代金が加わって月額料金が完成します。

ドコモの場合は「ギガホ」と「ギガライト」に基本プラン・ネット基本料金・データ容量の3つが組み込まれているので、「ギガホ」と「ギガライト」のどちらかを選ぶだけです。

ドコモ料金の仕組み
  1. 「ギガホ」「ギガライト」のどちらかを選ぶ
  2. 必要に応じてオプションを追加
  3. 端末代金
  4. 各種割引適用

以上4つの構成で料金が決定します。これを知っていれば料金プランを考えやすくなるのでぜひ参考にしてください。

料金を安くするためには1〜3番の料金を減らし、4番の割引をいかに多く適用させるかがポイントです。

注意
5G対応スマホの場合は料金プランが異なります。

5G対応スマホは「5Gギガホ」もしくは「5Gギガライト」を契約する必要があります。

ドコモの料金プランを比較

ドコモの料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」の2択なのでかなり選ぶやすいです。

プランデータ量月額料金
ギガホ30GB7,150円(定期契約なし)
6,980円(定期契約あり)
ギガライト1〜7GB3,150〜6,150円
(定期契約なし)
2,980〜5,980円
(定期契約あり)
5Gギガホ100GB
(キャンペーン中無制限)
7,650円
5Gギガライト1〜7GB3150〜6,150円

ギガホは定額で毎月30GBまで利用可能。容量超過後は送受信最大1Mbpsの速度で利用可能です。

ギガライトは使ったデータ量に応じて段階的に料金が上がります。

最大7GBまででそれを超過すると料金は増えず、通信速度は128kbpsまで低下します。

5Gも同じ感じで5Gギガホは使える量が大幅に上昇。5Gギガライトは料金も含め変わりません。

定期契約とは

ドコモは定期契約かそうでないかで料金が異なります。

MEMO
  • 定期契約(2年契約)→更新月以外は違約金が掛かる
  • 定期契約なし→いつ解約しても違約金なし

定期契約ありとなしの場合の料金差は170円(税抜き)。

定期契約ありの場合の違約金は1,000円なので6ヶ月以上使うのであれば定期契約ありの方がお得です。

ライター
すぐに解約する予定のない方は定期契約ありがおすすめ!
ポイント
  • 定期契約(2年契約)ありとなしの差は月額170円
  • 定期契約ありの更新月以外の違約金は1,000円
  • dカードまたはdカードGOLDで支払いであれば定期契約なしの場合でも170円割引

通話オプションを比較

ドコモの通話オプションは2つから選ぶことが可能。

毎月の通話量に応じて適切なオプションを選択してください!

電話を全くしないという方はオプション加入の必要はありません。

通話プラン料金
通話オプションなし
・家族間通話:無料
・家族以外への通話:20円/30秒
0円
5分通話無料オプション
・1回5分以内無料
700円
かけ放題オプション1,700円

ドコモの料金プランを解説

ドコモの料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」を分かりやすく詳しく紹介します。

たっぷり使えるギガホ

まずはたっぷり快適に使える「ギガホ」から紹介します。

外出先でネットを快適に使いたい方はギガホがおすすめ。

今なら毎月30GB増量のキャンペーン中なのでかなり魅力的です。

月額料金(税抜)
2年契約あり
6,980円
月額料金(税抜)
2年契約なし
7,150円
データ量30GB(テザリング無料)
解約金
(定期契約なしの場合)
1,000円

ギガホは定額料金なので毎月の料金が一定です。

使用可能通信量は30GBと多く、今ならキャンペーンで60GBまで増量されています。

また、データを使い切った後も1Mbpsで利用できるのが大きな特徴です。

MEMO

1MbpsはYouTubeの480p画質の動画であればストレス無く見れるレベルです。

ギガホの特徴

  • たっぷり使える
  • データの繰越はできない
  • 使い切った後も1Mbpsの通信が可能
  • 7GB以下しか使わないのであればギガライトがお得

Check Now

ドコモ公式サイトで詳細をチェック

使った分で料金が変動するギガライト

ギガライトは使ったデータ量に応じて段階的に料金が上がってきます。

最大は7GBまでで、それ以降は通信速度制限(128kbps)が掛かります。

2年契約あり(税抜)2年契約なし(税抜)
1GBまで2,980円3,150円
〜3GBまで3,980円4,150円
〜5GBまで4,980円5,150円
〜7GBまで5,980円6,150円
違約金1,000円0円

段階的に金額が変わるのでほとんどデータを使用しない人はギガライトを選択しましょう。

また、格安SIMを使った方が割安になりそうですが、割引が全て適用できると格安SIM並に安くなるのも特徴です。

家族みんなでドコモを使っていて、毎月使用するデータ量が少ない人におすすめです。

ギガライトの特徴

  • 段階的に料金が変わる
  • 7GBを超えると速度制限(128kbps)
  • データの繰越はできない
  • 7GB以上使うのであればギガホがお得

Check Now

ドコモ公式サイトで詳細をチェック

5Gギガホ

月額料金(税抜)7,650円
データ量100GB
(テザリング無料)
解約金
(定期契約なしの場合)
必要なし

ドコモで5Gを利用するには、ドコモで販売されている5Gスマホ使用することと、5Gプランを契約することで利用可能です。

5Gギガホはドコモの5G対応スマホを持っている方のみ契約できるプランで、今までよりデータ通信量が大幅にアップ。

月額料金は500円高くなっていますが、5Gに対応していないエリアでも大容量の通信ができます。

Check Now

ドコモ公式サイトで詳細をチェック

5Gギガライト

5Gギガライトは「ギガライト」の5G版です。

こちらも5Gに対応したスマホを使用することで契約が可能。また5G対応スマホを購入する場合は「5Gギガホ」か「5Gギガライト」のどちらかを選択する必要があります。

5Gギガライトはギガライトと同じ料金で、料金が段階的に増えていく量も同じです。

5Gギガライト
1GBまで3,150円
〜3GBまで4,150円
〜5GBまで5,150円
〜7GBまで6,150円
違約金0円

ただし、定期契約ありのプランが選べなくなっているので、違約金は必要ありませんが月額料金が定期契約ありの場合と比べて170円高くなっています。

支払方法をdカード/dカード GOLD(家族カード含む)に設定することで、月額料金が170円引きとなり、従来の定期契約ありの料金と同じにすることが可能です。

ドコモの割引を解説

大手キャリアの料金は格安SIMと比べると高いですが、割引が豊富なのがポイントです。

割引を使わないと本当に高くなるので、月額料金を安くする為にはいかに多くの割引を適用させるかが重要です。

それぞれの割引について紹介します。

みんなドコモ割

みんなドコモ割は家族割のことで、割引の中でも割引額が大きく絶対にチェックしたい割引です。

対象プランは先ほど紹介した「ギガホ」と「ギガライト」です。

ドコモの家族割

  • 各回線ごとに割引
  • 2回線:500円割引
  • 3回線:1,000円割引

家族割の適用範囲は同一「ファミリー割引」グループ内(基本的に三親等)です。

出典:docomo公式サイト

ライター
離れた家族も対象になるので家族割の範囲は要チェックです!

また、みんなドコモ割は申し込み不要なので1,000円割引を目指して家族で協力するようにしましょう!

注意

対象は「ギガホ」もしくは「ギガライト」の回線数です。

キッズケータイなどはカウント対象外となるので注意しましょう。

例えば家族4人全員がギガホもしくはギガライトを使用している場合は全員毎月1,000円引きとなります。

ドコモ光セット割

家族割と合わせて絶対に適用したい割引が「ドコモ光セット割」です。

他の期間限定の割引とは違い、家族割と光セット割は半永久的に割引が適用されるので毎月のスマホ料金に大きく影響します。

ドコモを使っている方で、自宅でネット回線を利用している方は絶対にドコモ光を利用しましょう!

ドコモ光セット割の割引額

ギガホ毎月1,000円引き
ギガライト 〜7GB毎月1,000円引き
ギガライト 〜5GB毎月1,000円引き
ギガライト 〜3GB毎月500円引き
ギガライト 〜1GB割引なし

みんなドコモ割(家族割)と併用することができるので、この2つを組み合わせるだけで最大2,000円が半永久的に割引されます。

光セット割も家族全員に適用されるので、4人家族だと月額4,000円も割引されます。

さらに離れた家族にも適用(適用範囲はみんなドコモ割と同じ)されるのでかなりお得です!

ドコモを使っている方でネット回線を契約している方は絶対にドコモ光を使うようにしましょう。

おすすめ料金プランと料金を安くする方法

ここまでドコモの料金プランと割引について紹介しました。

最後におすすめの料金プランと料金を安くする方法について紹介します。

おすすめの料金プランは自分にあうプラン

料金プランは無駄なく使うのが料金を安くする為に重要です。

例えば、毎月5GBしか使わないのに30GB使えるギガホを契約するのは無駄ですよね。

また、毎月7GBの制限が掛かっているのならギガホを契約する方が快適に使えて割安です。

ポイントはギガあたりの料金をチェックすること!

ドコモの料金プランは2つしかないので、自分の毎月のデータ使用量をチェックして、最適なプランを選ぶようにしましょう。

家族割をチェック

料金を下げる為に割引は欠かせません。

特に大手キャリアの魅力は家族割があることです。

家族が使っているキャリアに合わせることで料金を下げることができるので、家族割が適用されているかチェックしましょう。

また、1人で使っている方は家族割引がないと割高になってしまうので、格安SIMを使うと節約効果が高いです。

自宅のネット回線をチェック

多くの割引は数ヶ月間限定なので、継続的な料金下げには不向きです。

割引があればラッキーというぐらいに考えておいた方が良いですが、先ほどの「家族割」と「光セット割」は別物。

併用して割引が適用され、割引額が大きく、永久的に割引されるので効果が非常に大きいです。

家族全員に適用され、家族の誰か1世帯がドコモ光を使っていると良いので、自宅のネット回線をチェックしましょう。

今ならキャッシュバックなどのキャンペーンも開催されているので、ネットを契約しようとしている方や、変更を検討している方はぜひチェックしてみてください。

支払いはdカードを使用する

ドコモはdカードで支払いを行うとお得になります。

まず公式オンラインショップでdカードを使ってスマホを一括払いすると2倍のdポイントが貰えます。

その他のポイントもまとめるとこんな感じ。

dカードのポイント
  • オンラインショップのポイントが2倍
  • ドコモ・ドコモ光の利用料金から10%ポイント還元(dカードGOLDのみ)
  • ケータイ補償が付帯(dカード1万円/dカードGOLD10万円)
  • 利用額に応じて最大2万円のクーポン(dカードGOLDのみ)
  • dカードお支払割で実質解約料無料

以上のような様々なメリットがあります。

時にdカードGOLDはメリットが大きく年会費は必要ですがお得度が高いです。

通常のdカードでもオンラインショップのポイントが2倍になったり、dカードお支払割が使えるのでお得。

通常のdカードだと年会費が必要ありません。

ぜひチェックしてみてください

新規契約・MNPのりかえ・機種変更はオンラインがお得

ドコモの新規契約・MNPのりかえ・機種変更は公式オンラインショップがお得です。

ドコモのオンラインショップは料金的にも時間的にもお得です。

オンラインは難しいのでは?と感じるかもしれませんが、画面の指示に従って必要な項目を埋めていくだけなので難しいことはありません。

スマホは自宅に届けてくれるので、休日に混雑するショップに出向くことなく、平日夜に注文して休日に受け取るということもできます。

オンラインショップ限定の割引が開催されていることもあるので、お得に契約する為にも公式オンラインショップを利用しましょう!

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

オンラインショップのメリット・デメリットについてはこちら

ドコモの機種変更はオンラインショップがおすすめ!メリット・デメリットを徹底解説

ドコモのおすすめスマホランキング

【2020年最新】ドコモおすすめスマホランキング!今買うべきスマホを性能・価格で徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。