新型iPhone SEについてはこちら

【2020】どれがおすすめ?ドコモの5G対応スマホをわかりやすく比較

ドコモでは2020年3月25日より5Gの商用サービスが開始!

それに合わせて5Gに対応したスマホが登場しています。

この記事ではドコモの5Gスマホを比較!ブロガーの僕がおすすめの5Gスマホを紹介します。

これからスマホの購入を考えている方はぜひチェックしてみてください!

ちなみにスマホをキャリアで購入する場合は公式オンラインショップがオススメです。

手数料が完全無料(ドコモ)で料金が安く、24時間いつでも注文することができ、待ち時間もありません。

オンラインショップ限定のキャンペーンを開催していることもあるのでぜひチェックしてみてください。

ドコモの5G対応スマホまとめ

まずはまとめから。

ドコモの5G対応スマホをまとめるとこんな感じです。

機種名発売日価格
Galaxy S20 5G2020年3月25日102,960円
(2,860円×36回)
AQUOS R5G2020年3月25日111,672円
(3,102円×36回)
Xperia 1 II2020年6月18日123,552円
(3,432円×36回)
LG V60 ThinQ 5G2020年5月11日118,008円
(3,278円×36回)
Galaxy S20+ 5G2020年6月18日114,840円
(3,190円×36回)
arrows 5G2020年7月30日112,508円
(3,125円×36回)

当初は発売時期が未定の機種も多かったですが、現在は全てのモデルを購入可能。

5Gスマホはこちら

ドコモでチェック

結論から言うと「Galaxy S20」と「Xperia 1 Ⅱ」がおすすめです。

それぞれにしかない特色があり、デザインも良く機能も良いです。

ミラーレス一眼カメラで培った技術を使っているスマホが欲しい方は「Xperia 1 Ⅱ」がおすすめ。

コスパが良くAndroidを代表するスマホが欲しい方は「Galaxy S20」がおすすめです。

どっちを買う?Xperia 1 IIとGalaxy S20の違いをわかりやすく比較

5Gは具体的に何が違うの?

5Gについて簡単に紹介すると5Gは次世代の通信規格で現在主流の4Gよりも以下のポイントがあります。

5Gポイント
  • データの通信速度が速い(約20倍)
  • 低遅延でリアルタイム操作が可能(10分の1)
  • 多数同時接続(10倍)

5Gが本格的にスタートすると今までより高速の通信が可能。

それだけでなく、低遅延によってロボットの遠隔操作や自動運転が飛躍的に伸びると言われています。

また多数同時接続が可能なので混雑する場所や時間帯でも速い通信が可能。

スマホだけでなくあらゆる家電がネットに繋がり連携されます。

ライター
5Gの完全普及にはまだ時間が掛かりますが最先端技術を一足先に体験したい方におすすめです!

5Gスマホは新料金プランを契約

ドコモで5Gを利用するには、ドコモで販売されている5Gスマホ使用することと、5Gプランを契約することで利用可能です。

従来のプランを比較するとこんな感じ。

5Gギガホギガホ
料金7,650円7,150円
データ容量100GB
キャンペーンで無制限
30GB
キャンペーンで60GB
dカードお支払い割-170円-170円
家族割2回線:-500円
3回線:-1,000円
2回線:-500円
3回線:-1,000円
光セット割-1,000円-1,000円

各種割引は同じなので単純に比較すると従来の料金プランよりプラス500円で5Gが利用可能。さらにデータ容量が大幅アップされます。

5Gに恩恵を受けるにはかなり魅力的なプランではないでしょうか。

価格は高いですがネットを良く使う方におすすめです。

また、使ったデータ量に応じて料金が変わる5Gギガライトは従来のギガライトと同じ金額です。

ギガライトの料金プラン

1GBまで3,150円
〜3GBまで4,150円
〜5GBまで5,150円
〜7GBまで6,150円
dカードお支払い割-170円
家族割2回線:-500円
3回線:-1,000円
光セット割-1,000円
MEMO

テザリングも従来通り無料で利用可能で無制限キャンペーン終了後は100GBを超えると3Mbpsの制限となります。

4Gのギガホは制限後の速度が1Gbpsだったので制限後も速く利用できます。

ドコモの5G対応スマホを比較

ドコモの5G対応スマホをわかりやすく比較します。

まず一覧で比較するとこんな感じ。

機種Galaxy S20Galaxy S20+Xperia 1 IIAQUOS R5GLG V60 ThinQ 5Garrows 5G
本体サイズ約151.7×69.1×7.9(mm)約161.9×73.7×7.8(mm)約166x72x7.9(mm)約162x75x8.9(mm)約166x177x15(mm)約164x76x7.8(mm)
画面サイズ6.2インチ6.7インチ6.5インチ6.5インチ6.8インチ6.7インチ
重量約163g約186g約181g約189g約353g約180g
CPUSnapdragon 865Snapdragon 865Snapdragon 865 5GSnapdragon 865 5GSnapdragon 865Snapdragon 865
メモリ/ストレージ12GB/128GB12GB/128GB8GB/128GB12GB/256GB8GB/128GB8GB/128GB
メインカメラ1200万画素:超広角
1200万画素:広角
6400万画素:望遠
1200万画素:超広角
1200万画素:広角
6400万画素:望遠
ToFカメラ
1220万画素:超広角
1220万画素:広角
1220万画素:望遠
ToFカメラ
4800万画素:超広角
1220万画素:広角
1220万画素:望遠
ToFカメラ
6400万画素
1300万画素
ToFカメラ
1630万画素:超広角
4800万画素:広角
800万画素:望遠
インカメラ1000万画素1000万画素800万画素1640万画素 1000万画素3200万画素
バッテリー4000mAh4500mAh4000mAh3730mAh5000mAh4070mAh
防水/Suica対応/未確認対応/対応対応/対応対応/対応対応/対応対応/対応

違いのポイントはToFカメラを搭載しているかどうかです。

MEMO
ToFカメラは三次元情報を読み取ることができるカメラです。

主に3Dスキャナなどに使用されており、スマホではより精度の高いポートレートモード(背景がボケる)写真が撮影可能なると期待されています。

その他にARなどにも使用されます。

ToFカメラを使うことによりARなどの最先端の体験が可能に。

精度の良いポートレートモード(背景がボケた)写真にも期待できます。

CPUスペックについては大きく変わらないので、あとはデザインと大きさで選ぶのがおすすめです。

それぞれの特徴について紹介します。

Galaxy S20


出典:ドコモオンラインショップ

機種名Galaxy S20
本体サイズ約151.7×69.1×7.9(mm)
画面サイズ6.2インチ
重量約163g
CPUSnapdragon 865
メモリ/ストレージ12GB/128GB
メインカメラ1200万画素:超広角
1200万画素:広角
6400万画素:望遠
インカメラ1000万画素
バッテリー4000mAh
防水 / Suica対応/対応

Galaxy S20のポイント

  • 5G対応
  • 光学3倍ズームの約6400万画素カメラ
  • トリプルカメラ搭載
  • 優れた手ブレ補正機能
  • 指紋認証と顔認証の両方を搭載

Galaxy S10の後継モデルにあたるスマホで、5Gに対応したのが大きな特徴。

画面内に指紋認証を搭載しているのでマスクを良く使う方にも便利。顔認証も搭載しているので使い分けることができます。

最大30倍の超解像ズームが魅力なので、ズーム機能にこだわりたい方におすすめです。

Galaxy S20の評価
コスパ
(4.5)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
電池持ち
(4.0)
総合評価
(4.5)
どっちを買う?Xperia 1 IIとGalaxy S20の違いをわかりやすく比較

レビュー記事はこちら

Galaxy S20の比較レビューと評価!S10との違いと口コミ・評判を解説

Galaxy S20+

出典:ドコモオンラインショップ

機種名Galaxy S20+
本体サイズ約161.9×73.7×7.8(mm)
画面サイズ6.7インチ
重量約186g
CPUSnapdragon 865
メモリ/ストレージ12GB/128GB
メインカメラ1200万画素:超広角
1200万画素:広角
6400万画素:望遠
ToFカメラ
インカメラ1000万画素
バッテリー4500mAh
防水 / Suica対応/対応

Galaxy S20+のポイント

  • 5G対応
  • ToFカメラ搭載
  • トリプルカメラ搭載
  • 優れた手ブレ補正機能
  • 指紋認証と顔認証の両方を搭載

Galaxy S20のサイズが大きいモデルでバッテリーが4500mAhと大量です。

Galaxy S20よりサイズが大きいスマホが欲しい方におすすめです。

Galaxy S20+の評価
コスパ
(4.5)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
電池持ち
(4.0)
総合評価
(4.5)

Galaxy S20+のレビューはこちら

Xperia 1 II

出典:ドコモオンラインショップ

機種名Xperia 1 II
本体サイズ約166x72x7.9(mm)
画面サイズ6.5インチ
重量約181g
CPUSnapdragon 865 5G
メモリ/ストレージ8GB/128GB
メインカメラ1220万画素:超広角
1220万画素:広角
1220万画素:望遠
ToFカメラ
インカメラ800万画素
バッテリー4000mAh
防水 / Suica対応/対応

Xperia 1 IIのポイント

  • 5G対応
  • ソニー製のスマホ
  • 高性能センサーを使ったトリプルカメラ搭載
  • 被写体の瞳に正確にピントを合わせる瞳AF搭載
  • 21:9シネマワイドディスプレイ

少し出遅れた感のあった日本製スマホですが、Xperiaは格段に進化しています。

ソニーはミラーレス一眼カメラでかなりの高性能を誇っていますが、そこで培った技術をスマホに投入。

カメラ好きが魅力に感じる機能が詰め込まれています。

今まで以上に本格的なプロクオリティーの写真を撮れることに期待。カメラが好きな方におすすめです。

Xperia 1 IIの評価
コスパ
(3.5)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
電池持ち
(4.0)
総合評価
(4.5)

Xperia 1 Ⅱのレビューはこちら

AQUOS R5G

出典:ドコモオンラインショップ

機種名AQUOS R5G
本体サイズ約162x75x8.9(mm)
画面サイズ6.5インチ
重量約189g
CPUSnapdragon 865
メモリ/ストレージ12GB/256GB
メインカメラ4800万画素:超広角
1220万画素:広角
1220万画素:望遠
ToFカメラ
インカメラ1640万画素
バッテリー3730mAh
防水 / Suica対応/対応

AQUOS R5Gのポイント

  • 5G対応
  • 10億色のPro IGZOディスプレイ
  • 強い日差しの下でも見やすい高輝度1,000cd/m²
  • 8K画質で撮影できる超広角カメラ

AQUOS R5Gの強みはディスプレイです。

10億色の美しさだけでなく、強い日差しの下でも見やすい高輝度1,000cd/m²とかなり明るいディスプレイで、他のスマホと比較してもディスプレイ性能がかなり高いです。

また、他のスマホにはない超広角カメラが高画素で8K画質で撮影可能。

性能も高くディスプレイと超広角カメラにこだわりたい方におすすめです。

AQUOS R5Gの評価
コスパ
(3.5)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
電池持ち
(4.0)
総合評価
(4.5)

AQUOS R5Gのレビューはこちら

LG V60 ThinQ 5G

出典:ドコモオンラインショップ

機種名LG V60 ThinQ 5G
本体サイズ約166x177x15(mm)
画面サイズ6.8インチ
重量約353g
CPUSnapdragon 865
メモリ/ストレージ8GB/128GB
メインカメラ6400万画素
1300万画素
ToFカメラ
インカメラ 1000万画素
バッテリー5000mAh
防水 / Suica対応/対応

LG V60 ThinQ 5Gのポイント

  • 5G対応
  • 2画面としても使える
  • 重量は他のスマホより重い

ケースから取り外すと普通のスマホとして使えて、ケースを取り付けると2画面のスマホとして使えます。

2画面を使用することで、動画を見ながらSNSができたり、ゲームをしながら攻略情報を見ることが可能。

タブレットではなく、2つのスマホを並べて使うというイメージです。

2画面ながら価格は他のスマホより安いのでコスパが良くなっています。

LG V60 ThinQ 5Gの評価
コスパ
(4.5)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
電池持ち
(4.0)
総合評価
(4.5)

arrows 5G

出典:ドコモオンラインショップ

機種名arrows 5G
本体サイズ約164x76x7.8(mm)
画面サイズ6.7インチ
重量約180g
CPUSnapdragon 865
メモリ/ストレージ8GB/128GB
メインカメラ1630万画素:超広角
4800万画素:広角
800万画素:望遠
インカメラ3200万画素
バッテリー4070mAh
防水 / Suica対応/対応

arrows 5Gのポイント

  • 5G対応
  • 4800万画素の広角カメラ搭載
  • トリプルカメラ
  • 熱拡散構造でゲームに強い

arrows 5Gは富士通製のスマホです。ハイエンドスマホはしばらく登場していませんでしたが復活する形で登場。

カメラやCPUスペックも高くエンタメを快適に楽しむことが可能。

さらに6.7インチの大型画面と薄いベゼルで迫力あるゲームを楽しめます。熱に強い拡散構造を採用しているので、スマホで良くある一部分のみ熱くなるということを防げます。

今ままで富士通のスマホを使っていた方やゲームをする方におすすめです。

発売は5Gスマホの中では1番遅い6月下旬以降の発売を予定しています。

arrows 5Gのレビューはこちら

ドコモの5G対応スマホはどれがおすすめ?

これだけ5Gに対応したスマホがあると、どのスマホを選ぶのか迷いますよね。

最初にも紹介しましたがおすすめは「Galaxy S20」と「Xperia 1 Ⅱ」です。

Galaxy S20のおすすめポイント

最先端の機能を搭載したスマホと言えばGalaxyシリーズが有名です。

Galaxy S20の注目ポイントは光学3倍ズームの約6400万画素カメラです。

望遠カメラに高画素センサーを搭載することによって、最大30倍のズームを実現。

さらにアクションカメラのようにブレない手ブレ補正を搭載しているので、旅行先の動画も綺麗に撮影できます。

1番スペックが良いスマホが欲しいと言う方はGalaxy S20がおすすめです。

おすすめポイント
  • 30倍ズームのカメラ
  • 8K動画から高画素画像を切り出せる
  • アクションカメラのようにブレない手ブレ補正

Galaxy S20のレビューはこちら

Xperia 1 Ⅱのおすすめポイント

スマホでエンタメを楽しみたいと言う方はXperia 1 Ⅱがおすすめです。

個人的にも一番興味があるのはXperia 1 Ⅱで各分野で培ったソニーの技術が一つに集合したような魅力があります。

特にカメラ機能はソニーが得意とするミラーレス一眼カメラの技術が使われており、素早いAFや解像度の高い高画質な写真が撮影可能です。

カメラにはZEISS Lensを搭載。プロカメラマンも愛用する本格的なレンズです。

カメラの構成は以下の通りで全てのカメラのセンサーサイズまで公表されています。

超広角レンズ
・F値
・画素数
・焦点距離
・センサー
F2.2
1200万画素
16mm
1/2.55
広角レンズ
・F値
・画素数
・焦点距離
・センサー

F1.7
1200万画素
24mm
1/1.7
望遠レンズ
・F値
・画素数
・焦点距離
・センサー

F2.4
1200万画素
70mm
1/3.4

さらに全てのカメラを同じ画素数で統一することにより、レンズ交換をする一眼カメラのように使えると言うのも好印象です。

新しく搭載された3D ToFカメラによって被写体までの距離を瞬時に測定し高速AFも実現。

瞳AFを搭載するなどカメラ好きの為のスマホと言っても過言ではありません。

Xperia 1 IIのカメラ機能
  1. 60回/秒のAF/AE演算を行うコンティニュアスAFに対応
  2. 最高20コマ/秒の高速連写
  3. ZEISSレンズを新たに採用したトリプルレンズカメラと3D iToFセンサー
  4. 1/1.7大判センサー搭載で暗所での高速AFと高感度撮影を実現
  5. リアルタイム瞳AF
  6. ハイブリッド手ブレ補正

イヤホンジャックが復活し、シネマワイドディスプレイによってスマホでゲームも映画も思う存分楽しめます。

5G対応スマホの中でも特に魅力のある1台です。

おすすめポイント
  • 映画を楽しめるシネマワイドディスプレイ
  • カメラ好きも興奮する魅力的なカメラ
  • 高級感のあるデザイン
  • ソニー・ピクチャーズエンタテイメントと共同開発した独自サウンドチューニング
  • ダイナミックサウンドのフロントステレオスピーカー
まつりくん
僕の中の1番はXperia 1 Ⅱです。

Xperia 1 Ⅱのレビューはこちら

予約と購入はオンラインショップがおすすめ


この記事では「ドコモの5Gスマホ」について紹介しました。

5Gの対応エリアはまだ少ないですが、今までとあまり変わらない料金で使えるデータ量が格段に多くなっています。

さらにドコモでは5Gに関する割引を実施中です。

実施中の割引

・5Gギガホ割
5Gギガホを契約すると最大6ヶ月間、月額1,000円引き

 

・5Gギガホ音声割
5Gギガホの契約で音声オプションが月額700円割引されます。

 

・5G WELCOM割
対象機種へ契約変更なら最大13,200円、新規/MNPなら最大22,000円割引

また、ドコモスマホの予約・購入は公式オンラインショップがお得なのでおすすめです。

ドコモのオンラインショップは料金的にも時間的にもお得。

さらに手数量も無料。

手数料店舗オンライン
新規・MNPのりかえ3,240円0円
機種変更2,160円0円
契約変更3,240円0円

このように手数料にこれだけの差があります。

オンラインは難しいのでは?と感じるかもしれませんが、画面の指示に従って必要な項目を埋めていくだけなので難しいことはありません。

スマホは自宅に届けてくれるので、休日に混雑するショップに出向くことなく、平日夜に注文して休日に受け取るということもできます。

オンラインショップ限定の割引が開催されていることもあるので、お得に契約する為にも公式オンラインショップを利用しましょう!

公式サイトをチェック

※オンラインショップへのリンクです

スマホがネットでカエル!ドコモオンラインがお得な7つの理由を徹底紹介

キャンペーン情報はこちら
ドコモオンラインショップのキャンペーンまとめ

オンラインショップのメリット・デメリットについてはこちら

ドコモの機種変更はオンラインショップがおすすめ!メリット・デメリットを徹底解説

クーポンについて知りたい方はこちら

ドコモオンラインで使えるお得な機種変更クーポンまとめ!入手方法や使い方を紹介

以上。「どれがおすすめ?ドコモの5G対応スマホをわかりやすく比較」でした。

是非参考にしてください!

【2020年最新】ドコモおすすめスマホランキング!今買うべきスマホを性能・価格で徹底比較 2020年最新!学生におすすめのドコモスマホランキングと選び方【料金が安い】 ドコモの安いスマホはどれ?値下げでお得に買える機種情報まとめ ドコモのシニア向けおすすめスマホランキング!らくらくホンを買うべきでない理由 ドコモオンラインショップと店頭はどっちがお得で安い?機種変更料金を比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。