新型iPhone SEについてはこちら

2020新型iPad Proはどう進化した?性能・発売日・スペックまとめ

2018年にリニューアルされ大人気となったiPad Proですが、最新モデルを期待する声も大きいです。

iPadで唯一のベゼルレスデザインが採用され、Apple Pencil(第2世代)が使えることや、USB-Cに対応しているなどクリエティブな作業を行う上で魅力的な機能がタップリ詰まったiPad Pro。

この記事では2020年3月18日に登場した2020年新型iPad Proについて紹介します。

ぜひ参考にしてください。

進化ポイント
  • A12Z Bionicチップに進化
  • 最低ストレージが128GBにアップ
  • 10MP超広角カメラが新たに追加
  • LiDARスキャナ搭載
  • トラックパッドを搭載したMagic Keyboard登場
  • 重量は11インチWi-Fiモデルで3gアップ
  • サイズは変更なし
  • Wi-Fi 6に対応
  • 5Gには非対応

各キャリアで発売が決定しています。オンラインショップであれば待ち時間も必要ないのでぜひチェックしてみてください。

価格をチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

新型iPad Proの発売日

一番気になる発売日について紹介します。

2020年の新型iPad Proは2020年3月25日発売です。

歴代のiPad Proの発表日はこんな感じです。

歴代iPad Pro発表日(12.9インチ)
  • iPad Pro(第1世代)・・・2015年9月9日
  • iPad Pro(第2世代)・・・2017年6月5日
  • iPad Pro(第3世代)・・・2018年10月30日
  • iPad Pro(第4世代)・・・2020年3月25日

現在のベゼルレスデザインとなったのは第3世代のiPad Proからです。周期的には約1年半で新型登場しています。

新型iPad Proの進化ポイント

iPad Proのカメラ

新型iPad Pro(第4世代)の進化ポイントをまとめます。

iPad Pro(第4世代)
  • A12Z Bionicチップに進化
  • 最低ストレージが128GBにアップ
  • 10MP超広角カメラが新たに追加
  • LiDARスキャナ搭載
  • トラックパッドを搭載したMagic Keyboard登場
  • 重量は11インチWi-Fiモデルで3gアップ
  • サイズは変更なし
  • Wi-Fi 6に対応
  • 5Gには非対応

進化ポイントは以上です。

事前の噂通りカメラが進化したのが大きな特徴ですね。

そして、サプライズ的で1番魅力的なのがトラップパッドを搭載した専用キーボードが登場したことです。

それぞれについて詳しく紹介します。

iPad Proのデザインは大きく変わらない

2018年に発売されたiPad Pro(第3世代)で大きなデザイン変更があったということもあり、iPad Pro(第4世代)は外観デザインはカメラ以外変化がありませんでした。

サイズについては11インチも12インチも前モデルと全く一緒。

重量のみ異なっています。

11インチ
(第1世代)
11インチ
(第2世代)
12.9インチ
(第3世代)
12.9インチ
(第4世代)
高さ247.6 mm247.6 mm280.6 mm280.6 mm
178.5 mm178.5 mm214.9 mm214.9 mm
厚さ5.9 mm5.9 mm5.9 mm5.9 mm
重量
(Wi-Fi)
468 g471 g631 g641 g
重量
(Cellular)
468 g473 g633 g643 g

新型iPad ProはA12Z Bionicプロセッサ搭載

プロセッサはまだどれくらいの性能になるかは不明ですが、iPad Pro(第3世代)に搭載されている「A12X」の性能を考えるとかなり期待できます。

名称は全く予想していなかったネーミングとなりました。

iPad Pro 2018iPad Pro 2020
CPUA12X Bionic A12Z Bionic
RAM4GB6GB
CPUコア8コア8コア
GPUコア7コア8コア
ニューラル
エンジン
8コア 8コア
マルチスコア
(Geekbench)
約17,900

10MP超広角カメラが新たに追加

2020年新型iPad Proは今までの1200万画素広角カメラに加えて新たに1000万画素の超広角カメラを搭載。

なぜ画素数が違うのかは不明ですが、どちらのカメラも4K動画撮影が可能です。

F値は広角がF1.8、超広角がF2.4となっており広角カメラのF値は前モデルと同じ、レンズ構成も変わっていません。

画質に関しては今まで大きな差はないと思われます。

LiDARスキャナ搭載

そしてトリプルカメラのように見えるのは新たにLiDARスキャナを搭載している為です。

LiDAR(Light Detection and Ranging:光検出と測距)は、光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定して距離を割り出します。

引用:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

このセンサーが加わることによって拡張現実の可能性を大きく広げるとのこと。

深度測定の精度も向上するのでより現実に近いARを体験できるかもしれません。

まだ馴染みがありませんが今後に大きく期待できるデバイスです。

トラックパッドを搭載したMagic Keyboard登場

iPadOSによって待望のパソコンのように使えるタブレットに進化したiPadですが、さらに上をいくトラックパッドを搭載したMagic Keyboardが登場しました。

今までのキーボードとは違いiPadが浮いている状態なので見易い角度にスムーズに調整可能。

iPad ProのMagic Keyboard

さらにバックライトキーまで搭載しています。

iPadをMacのように使いたいという声は今まで多かったですが、iPadOSと加えてどんどん魅力的になっていますね。

今までキーボードはそのデバイスにしか対応していませんでしたが、このMagic Keyboardは前モデルである11インチ(第1世代)にも使えます。(12.9インチモデルも同様)

ライター
前のモデルでも使えるのが本当にありがたいです!

Magic Keyboardは5月発売予定となっています。

MEMO
  • 11インチ用→31,800円 (税別)
  • 12.9インチ用→37,800円 (税別)

Wi-Fi 6に対応

iPhone 11シリーズは一足先に対応していましたがiPad ProもWi-Fi 6に対応しました。

正式名称は「802.11ax」となっており「Wi-Fi 6」はキャンペーン的名称です。Wi-Fiの6世代であることも意味しています。

Wi-Fi名称
  • 802.11ax・・・Wi-Fi 6
  • 802.11ac・・・Wi-Fi 5
  • 802.11n・・・Wi-Fi 4

今話題の5Gと同じように人が集まるイベント会場でも、多数接続による安定性が向上されており、通信速度は従来のWi-Fi規格より2倍程速くなります。

  • Wi-Fi 6 理論理論最大速度9.6Gbps
  • Wi-Fi 5 理論理論最大速度6.9Gbps

まだまだ普及されていない「Wi-Fi 6」ですがこれからどんどん普及されていくと思われるので、対応して良かったです。

ライター
iPadで高速通信ができると便利ですよね。

最小ストレージが128GBになり価格が安く

iPad Pro(2020)は最小ストレージが64GBから128GBにアップしていますが価格は下がっています。

11インチ(第2世代)
Wi-Fiモデル
11インチ(第2世代)
Wi-Fi + Cellularモデル
128GB84,800円101,800円
256GB95,600円112,800円
512GB117,800円134,800円
1TB139,800円156,800円

11インチの価格は以上です。前モデルのiPad Pro 11インチ(第1世代)と比べると1万円近く価格が下がっています。

高いiPad Proですが全体的に買いやすくなっているのが良いですね。

特に最小モデルが128GBにアップしているのが最高です。

12.9インチ(第4世代)
Wi-Fiモデル
12.9インチ(第4世代)
Wi-Fi + Cellularモデル
128GB104,800円121,800円
256GB115,600円132,800円
512GB137,800円154,800円
1TB159,800円176,800円

12インチの方も前モデルの第3世代と比べると5,000円〜11,000円安くなっています。

iPad Proは本体も高いですが、Smart Keyboard FolioやApple Pencilなどの周辺機器を購入するとパソコン並の価格になってしまうので注意が必要。

しかし、iPad Proは全体的に価格が安くなっているので、周辺機器も含めて購入しやすくなっています。

11インチ(第2世代)12.9インチ(第4世代)
Magic Keyboard 31,800円37,800円
Smart Keyboard Folio18,800円20,800円
Smart Folio8,500円10,500円
Apple Pencil(第2世代)14,500円

周辺機器の価格をまとめるとこんな感じ。

ぜひ参考にしてください。

iPad Pro(2020)まとめ

2020年新型のiPad Proについて紹介しました。

2018年に発売されたiPad Proを使っている方は、トラックパッドを搭載したMagic Keyboardにも対応しているので乗り換えるほどではないと考えます。

しかし、それ以前のiPadを使っている方はデザインを含めてホームボタンを搭載していないiPadは使いやすくて、便利なのでこの際に買い替えるのがおすすめです。

キャリアでの購入はこちら。予約はオンラインショップが待ち時間もなく、ドコモであれば手数料が無料なのでおすすめです。

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

また、iPadは2019年の秋に登場した特化した新たなOS『iPad OS』がパソコンのように使えて本当に便利です。

iPadOSの特徴をまとめるとこんな感じ。

iPadOS
  • ホーム画面が刷新(アプリとウィジェットが共存)
  • コピー、ペースト、取り消しがジェスチェー操作で可能に
  • 外付けドライブ対応
  • Safariがデスクトップ版に対応(Macのように作業できる)
  • マウスに対応
  • トラックパッドに対応
  • ファイルアプリケーションがよりパソコンの様に

iPadはiPhoneの画面が大きくなっただけと言われていましたが、iPadOSではパソコンの様に扱うことができるようになるのです。

iPadOSホーム画面

ホーム画面を見ると一目瞭然ですが、ウィジェットを配置できるなど今までとは全く異なります。

さらに標準機能でiPadをMacのサブディスプレイとして使えるようになりました。

iPadでペンタブの代わりにすることが標準機能でできるようになり、ミラーリングして両方のデバイスに同じコンテンツを表示させることも可能。

今まで以上に便利な使い方ができるようになります。

新たなMagic Keyboardの登場によってますます魅力的なタブレットになっているので、ぜひチェックしてみてください。

以上。「2020新型iPad Proはどう進化した?性能・発売日・スペックまとめ」でした。

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPadの選び方はこちら

iPadの選び方!iPad Proとの違いを比較!どちらが良いのかまとめ

iPhone 11のレビューはこちら

【iPhone 11レビュー】安くて高性能なコスパ最強iPhoneを使ってみた評価・口コミを紹介

iPhone 11 Proのレビューはこちら

iPhone 11 Proレビュー!iPhone XSとの違いを比較・実際に使った評価・口コミを紹介

Apple Watch Series 5のレビューはこちら

Apple Watch Series 5 レビュー!エルメスモデルの魅力とSeries 4との違い・使用した評価を紹介

Apple製品の新型についてはこちら

2019年新型iPhone 11 Pro登場!発売日・スペック・評価まとめ!最新モデルは買うべきか 2020年最新!新型アップルウォッチ5の発売日・スペックまとめ!Series 3/4との違いを比較

4 COMMENTS

ta7ka

iPad Proの世代について
第1世代:12.9inc
第2世代:12.と9.7inc
第3世代:10.5inc
第4世代:11inc(2018年10月30日発売

じゃないですかね?

返信する
イマジネーション編集部

コメントありがとうございます。
発売順で考えるとそのようになりますが、最新の12.9インチiPad Proが第3世代であること。
12.9インチiPad Pro(第1世代)と9.7インチiPad Proが同じA9Xチップを搭載していることから、
第1世代:12.9(2015年)と9.7(2016年) A9Xチップ
第2世代:12.9(2017年)と10.5(2017年) A10X Fusionチップ
第3世代:12.9(2018年)と11(2018年) A12X Bionicチップ

以上の並び順になると考えています。

返信する
ta7ka

なるほど、CPUで見るとそうなりますね
大きい方と小さい方で世代がずれていると認識していました

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です