新型iPhone SEについてはこちら

どっちが良い?iPad Air(第4世代)とiPad(第8世代)の違いを比較

iPadはAndroidスマホを使っている人にも愛用されており、タブレットはiPadと一択と言っても過言ではありません。

そんなiPadシリーズの中で大きさ・価格共に手頃なのが「iPad Air」と「iPad」です。

この記事では2020年9月16日(日本時間)に同日発表されたiPad Air(第4世代)とiPad(第8世代)の違いを比較。

それぞれのメリットとデメリットも紹介していますので、どちらを購入するか迷っている方はぜひ参考にしてください。

iPad Air(第4世代)とiPad(第8世代)はどっちが良い?

左:iPad Air、右:iPad

まずは結論から紹介します。

価格差は約3万円ですが今購入するのであれば絶対にiPad Air(第4世代)がおすすめです。

将来的に見てもiPad Airの方が長く快適に使うことができるので、価格差はあるものの長い目で見るとお得感があります。

さらにiPadでイラストなどを書きたいと思っている方にもiPad Airがおすすめ。

iPad ProとiPad Airの違いはこちらの記事で解説しています。

最新iPad徹底比較!iPad ProとAirはどちらを買うべき?違いを紹介!【iPadPro・iPadAir】

iPad Airのメリット・デメリット

出典:Apple公式サイト

iPad Air(第4世代)は長年の要望が全て詰まったようなスペックです。

今まではこのデザインのiPadはiPad Proにしかなく、価格が高いので中々買うことができませんでしたが、iPad AirはiPad Proとほぼ同じ機能で登場。

待望のApple Pencil(第2世代)に対応し、本当に魅力的なiPadとなって登場しました。

メリット
  • USB-C搭載
  • Apple Pencil(第2世代)が使える
  • Magic Keyboardにも対応
  • A14 Bionicで快適に動作
  • 一枚板のデザイン
デメリット
  • 128GBモデルがない

iPadのメリット・デメリット

出典:Apple公式サイト

iPadはスペックを少し落としているものの価格が安く、ネット閲覧や文章作成メインに使いたいという方におすすめです。

もちろんApple Pencilを使うこともできるので、iPadに直接書き込むことも可能。

Appleは学生向けとしてアピールしていることもあり、教育現場で使用したい方にも良いです。

メリット
  • 34,800円(税抜き)と価格が安い
  • Apple Pencil(第1世代)を使える
  • 使いやすい128GBモデルがある
デメリット
  • 使えるApple Pencilは第1世代
  • デザインが古い

キャリア版はこちら

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

サイズを比較

まず気になるのはサイズですよね。

サイズはiPad Airの方が僅かに高さが短く、幅大きいという感じですが、ほぼ大きさは変わりません。

また厚みはiPad Airの方が小さく、重量も軽いので全般的にiPad Airの魅力が大きいですね。

iPad AiriPad
高さ247.6mm250.6mm
178.5mm174.1mm
厚さ6.1mm7.5mm
重量
(Wi-Fi)
458g490g
重量
(Cellular)
460g495g

ディスプレイ

出典:Apple公式サイト

iPad AirとiPadは筐体サイズはほぼ同じですが、デザインが異なる為ディスプレイサイズには違いがあります。

iPad Airは10.9インチと少し広がった感じですね。

ディスプレイサイズ以上にデザインによる違いによって大きく見えると思います。

iPad Airの方が高画質なディスプレイを搭載。特にフルラミネーションディスプレイを搭載しているので、ディスプレイとガラスの隙間が限りなく小さく、Apple Pencilでの描き心地が異なります。

一見同じように見えますがディスプレイ性能はiPad Airが大きくリード。

iPad AiriPad
画面サイズ10.9インチ10.2インチ
種類Liquid RetinaRetina
解像度2,360 x 1,640ピクセル
264ppi
2,160 x 1,620ピクセル
264ppi
輝度500ニト(標準)500ニト(標準)
機能耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
広色域ディスプレイ(P3)
True Tone
耐指紋性撥油コーティング
MEMO

フルラミネーションディスプレイ

ガラスと液晶がほぼ一体化しておりディスプレイとガラス間の隙間を感じにくい(イラストを書く時に便利)

広色域ディスプレイ

広色域の表示に対応したディスプレイでより色鮮やかに表示される

True Tone

周囲の光に合わせてディスプレイの色温度や輝度を自動調整してくれる

デザイン・カラー

デザインはホームボタンの有無によっても異なりますが、カラーバリエーションも大きく異なります。

iPad Airは「シルバー」「スペースグレイ」「ローズゴールド」「グリーン」「スカイブルー」の6色から選ぶことが可能。

iPadでこんなにカラーバリエーションがあるのは凄いです。

iPad AiriPad
カラー・シルバー
・スペースグレイ
・ローズゴールド
・グリーン
・スカイブルー
・シルバー
・スペースグレイ
・ゴールド

CPUスペック

アプリを起動する速度やネットやゲームをサクサク動かす為に必要なCPUスペックは僅かな違いがありますが、どちらも快適に使うことができるので、体感速度で違いは感じないと思います。

ただ、iPad Airの方が2世代も新しく登場したCPUチップが搭載されているので、スペックにこだわる方はiPad Airの方がおすすめ。

AppleによるとCPUスペックは40%、グラフィック性能は30%向上しています。

iPad AiriPad
CPUA14 BionicA12 Bionic
メモリ未確認未確認

対応する機器の違い

iPad Aie(第4世代)とiPad(第8世代)で大きく異なるのは対応している機器の違いです。

iPadを選ぶ時にも特に重要になるポイントで、特にApple Pencilは第1世代と第2世代で充電のやり方などが大きく異なります。

購入を考えているiPadに対応している機器は必ずチェックしましょう。

iPad Air
  •  Apple Pencil(第2世代)
  • Smart Keyboard Folio
  • Magic Keyboard
iPad
  •  Apple Pencil(第1世代)
  • Smart Keyboard

第2世代Apple PencilはiPad Proの側面に磁石でくっつけることができるようになり、持ち運びも便利。

またワイヤレス充電に対応しているのでコネクタに接続する必要が無くなりました。

▲Apple Pencil 第2世代はiPadの側面に磁石で付けるだけで充電可能。

第1世代のApple Pencilは上のキャップを外してiPadのLightning端子に接続して充電する必要がありかなり不便です。

そして第2世代 Apple Pencilは側面をタップすることで、カラーや太さなどを変えることができるようになり、よりスムーズにクリエイティブな作業が可能です。

一部平らな部分があるので転がりを防止できるのもポイント。

Apple Pencil 2の魅力
  • 充電が簡単で持ち運びが便利
  • タップでツールの切替が可能(ペン→消しゴムなど)
  • ペンの側面が一部平らなので転がりが防止される

Apple Pencil 第1世代は充電方法に難ありとの口コミも多く、イマイチな仕様なのでApple Pencilにこだわりがある方はiPad Airがおすすめです。

また、iPad AirはMagic Keyboardに対応しているので、よりパソコンらしく使うことも可能。

できることの幅が大きく広がるので、価格差を考えてもiPad Airを選ぶべきだと思います。

カメラ

iPadのカメラはあまり気にしないことも多いと思いますが、一応紹介します。

メインカメラ

iPad AiriPad
カメラシングルレンズシングルレンズ
広角レンズ
・F値
・画素数

F1.8
1200万画素
F2.4
800万画素
機能写真のスマートHDR写真のHDR
動画4KHD

メインのカメラは画素数の違いとスマートHDRが使えるのがポイント。

画質はかなりの差でiPad Airが綺麗です。

また、動画に関してもiPad Airは4Kに対応していますが、iPadはHD画質となっています。

フロントカメラ

iPad AiriPad
フロントF1.8
700万画素
F2.4
1200万画素
アニ文字
ミー文字
非対応非対応
機能写真とビデオのスマートHDR
写真のHDR
動画HDHD

フロントカメラに関してはiPadの方が画素数は上ですが、iPad AirはスマートHDRに対応しているので、画質はiPad Airの方が上。

iPadのフロントカメラはビデオ通話をする時に使用するので、ビデオ通話時の画質が気になる方はiPad Airがおすすめです。

通信性能

通信性能に関しても違いがあり、iPad Air(第4世代)はWi-Fi 6に対応しています。

Wi-Fi 6に対応したルーターを使用することで高速通信が可能。

正直、必要性は微妙なところなので通信性能に関してはそこまで拘る必要はないです。

iPad AiriPad
Bluetooth5.04.2
Wi-Fi
Wi-Fi 6Wi-Fi 5

バッテリー

バッテリー持ちに違いはありませんが、受電方法が異なっています。

iPad(第8世代)は従来通りLightningケーブルでの充電になりますが、iPad Air(第4世代)はUSB-Cに対応。

USB-Cケーブルで充電を行うようになります。

また、付属の充電器は両方とも20Wの充電器が付属さえれているので充電速度に関してはどちらも高速で充電することができます。

iPad AiriPad
Wi-Fi使用時10時間10時間
モバイル回線
使用時
9時間9時間
付属充電器20W20W
 コネクタUSB-CLightning

価格の違い

気になる価格の違いについてですが、1番安いモデルを比較すると差額は28,000円(税別)

iPad Air(第4世代)の価格は税込69,080円と決して安くはありませんが、デザイン・機能・スペックを考えるとかなりコスパが良いと言えます。

もちろんiPad(第8世代)も3万円台でA12 Bionicを搭載しているのはかなりコスパが良いと言えますが、せっかく購入するなら差額以上の価値があるiPad Airがおすすめ。

特にUSB-CとiPad Proと同じデザイン、そしてApple Pencil(第2世代)に対応したiPad Airは本当に魅力的です。

iPad Air
(税別)
iPad
(税別)
Wi-Fiモデル↓
32GB
34,800円
64GB62,800円
128GB44,800円
256GB79,800円
512TB
Cellularモデル
32GB
49,800円
64GB77,800円
128GB59,800円
256GB94,800円
512TB
まつりくん
iPad Airが凄すぎてiPad Proを持っている僕は少し寂しいです。

まとめ

この記事では同日発表されたiPad Air(第4世代)とiPad(第8世代)を比較しました。

iPad(第8世代)は価格が安いのに十分使えるスペック。

iPad Air(第4世代)はiPad Proとほぼ同等のスペック・機能を安く使えるのが魅力的です。

どちらもかなり優れているiPadなので、どちらを購入しても後悔することはありませんが、僕はiPad Airがおすすめ。

ただし、iPadで創作活動をしないのであればiPadで十分です。

ぜひ自分に合うiPadを選んでください。

以上。「どっちが良い?iPad Air(第4世代)とiPad(第8世代)の違いを比較」でした。

キャリア版をチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

【2020年最新】用途別のiPadおすすめ機種は?全モデルの選び方と機能を比較 最新iPad徹底比較!iPad ProとAirはどちらを買うべき?違いを紹介!【iPadPro・iPadAir】 iPadの選び方!iPad Proとの違いを比較!どちらが良いのかまとめ iPadはどこで買うのが良い?安く買えるお得な購入方法まとめ 新型iPad Air第4世代はProのようなデザインで登場!発売日・サイズ・スペックまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。