新型iPhone SEについてはこちら

Nimaso iPad Pro ガラスフィルムレビュー!高硬度・高透過率のコスパ最強フィルム

iPadを購入すると必ず気になるのが画面の保護フィルムですよね。

iPadのフィルムには主に2種類のタイプがあります。

フィルムの種類
  • ガラスフィルム
  • ペーパーライクフィルム

ガラスフィルムはiPhoneでもお馴染みのフィルムですが、タブレットならではフィルムとしてペーパーライクフィルムと言う物があります。

ペーパーライクフィルムApple Pencilを使う際に紙に描いているような描き心地になる保護フィルムです。

Nimaso iPad Proペーパーライクフィルムレビュー!紙のような保護フィルムの感触とは?

この記事ではコスパが良いと大人気のNimaso iPad Pro ガラスフィルムをレビューします。

数多くあるiPad用のフィルムでどれにするか迷っている方は是非参考にしてください。

Nimaso iPad Pro ガラスフィルムの評価

まずは結論から紹介します。

私はiPhoneでもNimasoのガラスフィルムを使っていますが、iPadでも最強のガラスフィルムと言える高品質なフィルムでした。

ライター
価格も安いのでコスパ最強です!
特徴
  • 本製素材旭硝子製
  • 高感度/高硬度/高透過率
  • ガイド枠を使って誰でも簡単に綺麗に貼れる
  • シリコン自己吸着層で気泡なし
  • 1,499円と価格安い

主な特徴は以上です。

ガラスフィルムとしての品質も良く、価格も安いのが魅力的。

さらにNimasoのガラスフィルムはガイド枠が優秀で誰でも簡単に綺麗に貼り付けることができます。

ライター
不器用な僕でも位置がズレないので毎回ありがたいです。

今回の評価もこれを買っておけば間違いないと言える最高レベルの評価でした。

過去のレビュー記事はこちら
Nimaso iPad Proペーパーライクフィルムレビュー!紙のような保護フィルムの感触とは? iPhoneガラスフィルム比較レビュー!全面保護と通常タイプはどっちが良い?両方使った感想を紹介【Nimaso】 コスパ最強iPhone用ガラスフィルム「Nimaso」レビュー!大人気の理由が丸わかりの凄さとは

Nimaso iPad Pro ガラスフィルム開封レビュー

それでは早速レビューしていきます!

まずは開封の様子から。

パッケージは他のNimasoフィルムと同じ外観になっています。

毎回Amazonで注文していますが、パッケージの外観では何用のフィルムかわからないですね。

箱を開けると3点の物が同梱されていました。

左上が清掃道具一式が入った封筒、右上がガラフィルム、下側がガイド枠です。

清掃道具一式はこんな感じ。

Nimasoのガラスフィルムはフィルムを貼る為に必要な道具が全て同梱されています。

ライター
フィルムを付ける前にどれだけ画面が汚れていてもNimasoの清掃道具でピカピカになります!

フィルムの貼り方は同梱されている説明書を見れば簡単にわかります。

YouTubeでも貼り方の手順が紹介されているので、説明書だけでは不安な方も安心です。

Nimaso iPad Pro ガラスフィルム使用レビュー

続いてはガラスフィルムを取り付ける様子や、実際に取り付け後に使った感じをレビューしていきます。

ガラスフィルム装着

まずは付属のアルコールパッドとマイクロファイバークロスを使って画面を綺麗にします。

アルコールパッドを使えば画面についた指紋などの皮脂汚れがかなり綺麗になります。

マイクロファイバークロスを使って仕上げると、新品の時の輝きを取り戻しました。

ライター
画面清掃道具だけで販売して欲しいレベルです。

画面をピカピカにしたら、次は画面についたホコリを埃取りシールで除去します。

埃取りシールはこの後にも使うので貼り終わるまでは捨てないように注意しましょう。

一通り画面の清掃が終わればガイド枠を取り付けます。

写真のiPadはiPad Pro 11インチです。

ライター
ガイド枠は精密に作られており、ピッタリとはまります。

ガイド枠をしっかりと装着できれば、最後に先ほどの埃取りシールを使って、徹底的に埃を除去します。

ガイド枠があるので位置ズレは起こりませんが、埃が中に入ってしまうと浮かび上がってしまうので、埃が入らないように細心の注意を払いましょう。

枠にガラスフィルムを押し当て徐々に貼っていきます。

埃さえ入らなければ完璧な仕上がりでガラスフィルムを装着可能です。

貼り終わるとまるで何も付けていないかのような透明度の高さで、iPadの綺麗な画面をそのまま体感できます。

ライター
ペーパーライクフィルムは少し濁った感じになるので、画質重視の方は絶対にガラスフィルムが良いです。

装着したガラスフィルムを使った感想

ガラスフィルム取り付け後に感じたのは、画面が透明でめっちゃ綺麗ということです。

Apple製品は画面の繊細さが魅力の一つで、特にiPad ProはLiquid Retinaディスプレイが搭載されており、限りなく現実に近い色が映し出されると言われています。

iPadの画面の綺麗さを損なうことなく、何もつけていないように感じるのは素直に驚きました。

サイズもピッタリで画面の隅々までしっかりとガラスフィルムで覆われています。

これだけしっかりと覆われているのに、ズレずに貼れるのが凄いですね。

他の製品にもガイド枠が付属している場合が多いですが、Nimasoほどしっかりしたガイド枠が付属している物は少ないです。

さらに価格が安いので人気の理由がすぐわかります。

ガラスフィルムなのでApple Pencilで絵を描く時は滑る感じがします。

少しデメリットですが、ガラスフィルム貼る前と描き心地は変わりません。

紙のようにある程度摩擦力がある方が描きやすいので、絵を描くことに特化したい方はペーパーライクフィルムがおすすめです。

レビュー記事はこちら

Nimaso iPad Proペーパーライクフィルムレビュー!紙のような保護フィルムの感触とは?

まとめ

この記事ではNimaso iPad Pro ガラスフィルムをレビューしました。

iPhoneやiPadを買った時はNimasoのガラスフィルムを購入すれば、迷うことなく、高品質で貼りやすいフィルムを使うことができます。

毎回どのフィルムを買おうか迷う場合もあると思うので、是非参考にしてください。

良かった点
  • 透明度が高く画面が綺麗
  • ピッタリ覆えるサイズ感
  • 誰でも簡単に貼れる優秀なガイド枠
  • 価格が安くコスパ最強
気になった点
  • Apple Pencilは少し滑る

良かった点と気になった点をまとめるとこんな感じです。

これを買えば間違いないと言えるレベルなので、気になった方は是非チェックしてみてください。

以上。「Nimaso iPad Pro ガラスフィルムレビュー!高硬度・高透過率のコスパ最強フィルム」でした。

Nimaso iPad Proペーパーライクフィルムレビュー!紙のような保護フィルムの感触とは? iPad Pro 11インチレビュー!2018年モデルを今更買った理由と使った感想・評価 iPadの選び方!iPad Proとの違いを比較!どちらが良いのかまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。