iPhone 11登場!新型iPhoneについてはこちら

iPad Pro 11インチレビュー!2018年モデルを今更買った理由と使った感想・評価

Apple製品は発売した直後に購入するのが一番良いです!

それはわかっていたのですが、ついにiPad Pro 11インチを発売後から1年たった2019年11月に買ったのでレビューします。

今更買った理由なども紹介するので是非ご覧ください。

iPadをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPad Pro 11インチのスペックと価格

iPad Pro 11インチは2018年に発売したモデルで、ホームボタンが廃止され大きくデザインが変わった最初のiPadです。

画面が大きくiPhoneより操作性に優れており、Apple Pencilが使えるのでクリエイティブな作業も可能。

iPhoneとMacの中間に位置するiPadですが、iPadにしかできないことも多く、iPhoneを持っている人にもおすすめできます。

iPad Pro 11インチのスペック

iPad Pro 11インチのスペックを簡単に紹介します!

11インチiPad ProiPad Air
発売日2018年11月2019年3月
ディスプレイサイズ11インチ10.5インチ
ディスプレイLiquid RetinaディスプレイRetinaディスプレイ
ロック方式Face IDTouch ID
CPUA12X BionicA12 Bionic
ベンチマーク
(シングル)
50204820
ベンチマーク
(マルチ)
1821711488
Apple Pencil第2世代第1世代
キーボードSmart Keyboard Folio
Bluetoothキーボード
Smart Keyboard(10.5インチ)
Bluetoothキーボード
バッテリーネット利用最大10時間ネット利用最大10時間
スピーカー4スピーカー2スピーカー
Wi-Fi802.11a/b/​g/n/ac802.11a/b/​g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
センサーFace ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
Touch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
カラーシルバー
スペースグレー
シルバー
スペースグレー
ゴールド

iPad Pro 2018の特徴

  • Apple Pencil第2世代に対応
  • Smart Keyboard Folioに対応
  • 横向きでも可能なFace ID搭載
  • USB-Cコネクタ搭載
  • 4Kビデオ撮影が可能

以上のように『Pro』の名に相応しいスペックとなっており、他のiPadとは一味違うモデルとなっています。

iPadの選び方!iPad Proとの違いを比較!どちらが良いのかまとめ

iPad Proの価格

iPad Proには12.9インチと11インチのモデルがあり、ストレージは以下の4種類があります。

  • 64GB
  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB

それぞれの価格はこんな感じ。

Wi-Fiモデル(税別)

容量12.9インチ
iPad Pro
11インチ
iPad Pro
64GB111,800円89,800円
256GB128,800円106,800円
512GB150,800円128,800円
1TB172,800円150,800円

Wi-Fi + Cellularモデル(税別)

容量12.9インチ
iPad Pro
11インチ
iPad Pro
64GB128,800円106,800円
256GB145,800円123,800円
512GB167,800円145,800円
1TB189,800円167,800円

iPad Proは価格もプロですね!容量とモデル(Wi-Fiモデル or Wi-Fi + Cellularモデル)はしっかりと考えて選びたいですね。

iPadをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

ライター
僕は11インチ Wi-Fiモデル 256GBを購入しました!その理由についても後ほど紹介します。

iPad Proを今更購入した理由

iPad Proは購入した時点で1年が経過しており新型の発売も噂されていました。

あと半年程待てばほぼ確実に新型が登場する時期でしたが、待てずに購入。その理由を紹介します!

待てずに買った理由
  • 2018年モデルが完成されすぎていた
  • 次期モデルは大きく変わらないと予想
  • 用途的に現時点でこれ以上のスペックは必要ない

以上です。ホームボタンが廃止されたことにより、画面配置が均一化されたので縦でも横でも同じ感覚で使えます。

さらに性能はMacBook Proに迫るベンチマークを記録しており、Apple Pencilを使ったデザイン画作成や、画像の編集であればサクサク動きます。

極め付けはUSB-Cの採用!

今までのiPadはiPhone同様にLightning端子が採用されていましたが、2018年モデルのiPad ProはUSB-Cを採用しています。

これでMacBook Proと同じ周辺機器が使える他、外付けSSDなどの外部ストレージも使用可能。

iPadの魅力を活かしつつ、パソコンに近い作業ができるのでかなり理想に近いタブレットです。

iPad OSによってさらに進化

iPadOSの特徴をまとめるとこんな感じ。

iPadOS
  • ホーム画面が刷新(アプリとウィジェットが共存)
  • コピー、ペースト、取り消しがジェスチェー操作で可能に
  • 外付けドライブ対応
  • Safariがデスクトップ版に対応(Macのように作業できる!?)
  • マウスに対応
  • ファイルアプリケーションがよりパソコンの様に

もともとパソコン仕様に近いiPad Proは「iPadOS」の登場により、さらに進化しました。

さらに標準機能でiPadをMacのサブディスプレイとして使えるようになりました。

iPadでペンタブの代わりにすることが標準機能でできるようになり、ミラーリングして両方のデバイスに同じコンテンツを表示させることも可能。

ライター
ここまで完成されているので、もし近いうちに新しいiPad Proが登場しても後悔しないと感じたので購入しました!

実際に使った結果も買って良かったと感じました。

iPad Pro開封レビュー

それでは早速開封の様子からレビューしていきます。

まずパッケージはこんな感じ。クリエイター感溢れるデザインが自然と意識を高くさせてくれます。

これを見ればiPadでどんな作品でも作れそうな気がしてきます。絵心は全くないですが…

外装はApple製品恒例の矢印で簡単に剥がすことが可能。

この瞬間がほんと最高です!!

外装を気持ちよく剥がすといよいよ開封。

外蓋を外すと早速iPad Proの登場です。

Apple製品はパッケージも共通部分が多いですが、箱にピッタリと詰まった感じが最高ですよね。

iPad Proは取り出すと説明書類が収納されている箱が登場。

恒例の「Designed by Apple in California」が書かれたボックスです。

ボックスの中身はこんな感じ。簡単な説明書とAppleマークシールが付属されています。

その下には付属品が収納されています。

付属品
  • USB-C充電ケーブル
  • 18W USB-C電源アダプタ

iPad ProはコネクタがUSB-CなのでケーブルはUSB-C。そして電源アダプタはiPhone 11 Proと同じ18W USB-C電源アダプタが付属されています。

iPad Pro 11インチレビュー

ライター
使った感想などをレビューしていきます!!

カラーやシルバーを選択!最初に買ったiPhoneがホワイトだったということもあり、基本的に白系統のカラーを選択しています。

カメラ部分はこんな感じ。

iPad Proにカメラ機能は求めていませんが、スマートHDRに対応し、4Kビデオ撮影まで可能。

カメラはかなり高画質に写真を撮ることができます。

iPhone 11 Proと並べるとこんな感じ。

やっぱり11インチは大きいなーと思いましたが厚みが薄く意外としっくりきました。

iPhone 11 Proと厚みを比べると2.2mmも薄いです。

大きさが大きくても厚みが薄いとかなり持ちやすいので、今までiPadを買ったことがない方でも安心して良いです。

iPhoneのコンパクトさに慣れているので「あまり持ち出さないかなー」と思っていましたが、全くはそんなことはなく、iPhone以上にiPadを使うことが多くなりました。

Apple Pencilは必須

iPadの魅力はApple Pencilを使えることですが、Apple Pencilは必須です!

iPad Proの醍醐味はペンを使って絵を描けること。

絵心がまるでない私でも、直線やカーブを自動補正してくれるので紙に書くより簡単に絵が描けます。

愛用のカメラをiPad Proで描いてみました。

Apple Pencilは強弱具合などもしっかりと反映され、本物のペンを使っているのと変わりません。

ライター
インクが切れて段々薄くなっていく様子まで再現されててビックリしました。
Apple Pencil(第2世代)レビュー!iPad Proの可能性が広がる必須の周辺機器

iPad Proは写絵も楽々

Procreateを使用

さらに写真を透過させることができるので写絵も可能

自分が撮った写真を元に絵を描くことができるので、絵心がなくても絵を描くことを楽しめます!

ペンや指先以外反応しないのでタブレットに手を置いても反応しません。

普通の紙と同じ感覚で描くことができ、加工や編集も簡単。そして手が汚れないという最強ツールです。

ライター
絵が下手でも楽しめるって最高じゃないですか。

Apple Pencil第2世代はかなり便利

iPad Proのみ第2世代のApple PencilとSmart Keyboard Folioを使うことが可能。

Apple Pencil第2世代

・磁力で装着して充電可能

・ダブルタップでペンの切替が可能

第1世代のApple PencilはLightning端子で充電する必要があるので、かなりダサい格好になることが話題になりました。

iPad Pro 11インチは第2世代のApple Pencilに対応しているので側面に引っ付けるだけで充電が可能。

さらに磁石でしっかりと引っ付くので持ち運びにも便利です。

iPad Proは高いですが第2世代のApple Pencilを使えるという理由だけでも買う価値があります!

直感的に操作できるのが良い

iPadはiPhoneが大きくなっただけで、しっかり調べ物をする時はMacを使うから要らないと感じていましたが、全然そんなことなかったです。

iPadは画面が大きくなっただけではなく、画面が大きくなって情報量と操作性が最強になったというのが正解でした。

パソコンより簡単に素早くネットサーフィンすることができ、iPhoneとは全く違う情報量でかなり快適です。

特別なことをしなくてもiPadはネットを見るだけでも最強のツールだと感じました。

iCloudドライブで完全同期が可能

iCloudドライブを使えばiPadで作成したメモや写真をiPhoneやMacですぐに使えます。

iPhoneで撮った写真をiPadに手書き編集→Macでデータ管理など、iPadはApple製品にすぐに連携できるノートだと思えばかなりイメージしやすいです。

iPhoneとMacにiPadが加わればできないことは無いと言っても過言ではありません。

iPadは中途半端な存在になるかなと心配していましたが、しっかりと存在感を放ってくれます。

横向きでも使えるFace IDが超便利

iPad ProはFace IDに対応していますが、iPhoneとは違い横向きでもロックを解除することが可能です。

iPadは横向きで使うことも多く、横の状態でロック解除する機会が多々あります。

iPhoneは横向きで使っている時にロックを解除する時はいちいち縦向きに変える必要がありますが、iPadはそんな手間必要ありません。

認証してくれる範囲も広いので机の上に置いていてもロック解除が可能。かなり便利です!

注意

横向きで使用する際はカメラが左側に来るので手で隠さないようにする必要があります。

ストレージは256GBモデルを選択

iPad Proは外部ストレージを使うことができるので、多くのストレージ容量は必要ありません。

しかし、できることが多いiPad Proには動画や写真をたっぷり入れたいですよね。

出先にストレージを持っていくのも面倒なので64GBでは少し物足りないと感じたので256GBを選択しました!

ライター
外部ストレージを使う方がお得なので、無理して大きな容量のモデルを買う必要はないです。

レビュー記事はこちら

迷った結果Wi-Fiモデルを選択

iPad Proを購入するにあたり、Wi-FiモデルとWi-Fi + Cellularモデルのどちらを購入するか迷いました。

できることが多いiPad Proだからこそ、外出先でも自由にネットが使えるWi-Fi + Cellularモデルが良いのかなと思いましたが、結局Wi-Fiモデルを選択。

Wi-Fiモデルを選んだ理由
  • WiMAXで対応できる
  • テザリングで対応できる

結局、普段からモバイルルーター(WiMAX)を持ち歩いているのでWi-Fiモデルを選択しました。

携帯回線を使えるWi-Fi + Cellularモデルは魅力的ですが、価格が高く、別途通信キャリアと契約も必要なので

外出先で他の端末も接続するのであればWiMAXやポケットWi-Fiの利用がおすすめです。

WiMAX長期使用レビュー!実際に使った評判はどう?つながりやすさと速度を徹底紹介 キャリアのiPadは高い!?3社の比較と安く使う方法を徹底紹介【iPad pro】

iPad Pro 11インチまとめと評価

iPhoneがあればアプリやWi-Fi・Apple IDの設定を簡単に行える

今までiPadを敬遠していましたが、iPhoneにもMacにも無い魅力が詰まった最強のデバイスでした。

Apple製品の中でもネットを見るのが一番快適で、Apple Pencilによってできることの幅がかなり広いです。

絵を描く人はもちろん、私のように絵が苦手でクリエイター向きでは無い人でも簡単にクリエイティブな作品を作ることができる楽しさがあります。

これ1台でなんでも楽しめるので日々の生活が向上することは間違いありません。

特に完成されたモデルなのでApple製品の中でもかなりおすすめできる1台です!!

良かった点
  • 簡単にクリエイティブな作品が作れる
  • ネットサーフィンが超簡単
  • 写真の編集が楽々できる
  • 紙より綺麗に描けるノートとしても最適
  • 処理性能はMacBook Proにも劣らない
気になった点
  • 長時間使うと首が疲れる
  • 価格が高い

まとめるとこんな感じです。少し価格が高いのは気になりますが満足度から言えば納得の価格です。

ライター
iPadに消極的な私でしたが今は用事がなくても外出時には持ち出してしまうぐらい気に入ってます。

以上。「iPad Pro 11インチレビュー!2018年モデルを今更買った理由と使った感想・評価」でした。

Apple Pencil(第2世代)のレビューはこちら

Smart Keyboard Folioのレビューはこちら

セルラーモデルはこちら

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPadの選び方はこちら

iPadの選び方!iPad Proとの違いを比較!どちらが良いのかまとめ

iPad miniとiPad Proの違いと比較

iPad miniとiPad Proどちらを選ぶ?迷う理由やスペックの違いを徹底紹介

iPad AirとiPad Proの違いと比較

最新iPad徹底比較!iPad ProとAirはどちらを買うべき?違いを紹介!【iPadPro・iPadAir】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です