【通信料節約】iPhoneで使える格安SIMはこちら

iPadはいつまで使える?お得な買い替えタイミングと寿命まとめ

iPadの買い替えタイミングって難しくないですか?

CPU的にはiPhoneとほぼ同じなのでiPhoneと同じタイミングで買い替えになるかと思いますが、iPhoneとiPad両方を買い替えるとなるとかなりの金額が必要になってしまいます。

この記事ではiPadを買い替えるタイミングと寿命について紹介します。

買い替えを迷っている方はぜひ参考にしてください。

iPhoneの買い替えタイミングはこちら

iPadの寿命はいつなのか

買い替えるタイミングを知るには、まずiPadの寿命について考える必要があります。

実は製品の寿命についてAppleがライフサイクル評価の質問で公式に回答しています。

1人目の所有者を基準にした使用年数を、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年にするモデルを採用しています。ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長く、多くの場合1人目の所有者から別のユーザーに譲渡または転売されるか、Appleによって回収されます。

引用:https://www.apple.com/jp/environment/answers/

以上をまとめるとこんな感じ。

Apple公式見解
  • 1人目の所有者を基準にした使用年数は、iOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年
  • ほとんどのApple製品は耐用年数が3年よりも大幅に長い
  • 定期的なソフトウェアアップデートによって常に最新の状態に保たれる

このように書かれています。

つまりApple公式のiPadの寿命は3年だけど、ほとんどが3年よりも長く使えるということです。

iPadの寿命は何で決める?

使えなくなるまで使えるのが寿命という場合もありますが、使っていてストレスが溜まるのは良くないですよね。

そこで「それなりに使える寿命はいつまで?」という基準でiPadの寿命を紹介します。

iPadの寿命

  • 最新のOSにアップデートできない
  • 動作が遅くてストレスを感じる
  • 自分の使いたい用途で使えない
  • 外出先で充電しないとまともに使えない

以上のいずれかに当てはまると寿命と考えて良いです。

それぞれについて紹介します。

最新のOSにアップデートできない

最新のOSが使えないと新たに追加された機能が使えないだけでなく、セキュリティ面でも問題があります。

OSはアップデートによって脆弱性(ぜいじゃくせい)への対応をしているので、アップデートができないとウイルスからの脅威が増します。

大切な情報を守る為にも最新のOSにアップデートできなくなったiPadは、メーカーからのサポートが終了したと考えるのが妥当です。

2019年10月現在の最新OSが使える最も古いiPadは2014年10月に発売された「iPad Air 2」です。

OSアップデートから考えるとiPadの寿命は5年と言えます

動作が遅くてストレスを感じる

iPadで画像の編集や動画の編集・文章の作成・ゲームなどある程度のスペックが必要な使い方をしている場合は、

動作が遅くてストレスを感じるようになれば買い替えるタイミング(寿命)だと思います。

しかし、iPhoneと違ってiPadは動作が遅くなっても画面の大きさを活かし、動画を見る専用の端末や、写真を見るアルバム代わりなど様々な用途で使用できます。

iPhoneと違って買い替えた後も使い道がある製品と言えるでしょう。

快適に使えるという目線であればiPadの寿命は4年だと考えます。

自分の使いたい用途で使えない

iPadで大きな魅力と言えばApple製品で唯一Apple Pencilが使えることです。

Apple Pencilが使えるiPadは最近登場したモデルのみで、全てのiPadが使える訳ではありません。

このように自分の使いたいと感じる用途で使えない場合は、新しいiPadに買い替えるのがおすすめです。

Apple Pencilが使えるiPad

Apple Pencilが使える各モデルの一番古いiPadはこちら

  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • 11インチiPad Pro
  • iPad(第6世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad Air(第3世代)

iPadのお得な買い替えタイミング

iPadのお得な買い替えタイミングについて紹介します。

Apple製品は基本的に価格が変わらないので、発売した瞬間に買うのが最もお得なタイミングです。

しかし、iPhoneの場合は毎年発売時期が決まっており、新型が発売すると旧型が安くなるのでタイミングもわかりやすいですが、

iPadは種類も多く、発売時期もバラバラで、旧型と比べると性能も変わるのでタイミングが難しいです。

iPadの選び方はこちら

ライター
現在のiPadは大きく分けて4種類と種類が多いです。

お得な買い替えタイミングのポイントをまとめるとこんな感じ。

ポイント
  • 自分が欲しいiPadの新型発売時期を調べる
  • 新型発売時期が近そうであれば待つ

以上です。

とにかく「自分が買って1ヶ月後に新型が登場してしまった」という状況になることだけ避けるようにしましょう。

ライター
新品のApple製品は新型発売直後が一番お得というのが基本です。

iPadの買い替えは何年周期がお得?

次にiPadは何年周期で買い替えるのがお得なのかを紹介します。

例えばiPad miniを使っている場合で考えると、iPad miniの発売周期はこんな感じ。

MEMO

iPad miniの発売日

  • iPad mini(2012年11月)
  • iPad mini 2(2013年11月)
  • iPad mini 3(2014年10月)
  • iPad mini 4(2015年10月)
  • iPad mini 5(2019年3月)

ここで注目なのがiPad mini 4が発売されて次のiPad mini 5が発売されるまで3年7ヶ月も経過しています。

このようにiPadは種類が多いこともあり、各モデルの新型がいつ発売できるの予想しにくいのです。

毎年同じ時期に新型が発売されるiPhoneとは違って、iPadは周期的に買い替えるのが難しいのが特徴。

パソコンと同様の考え方で3〜5年の間で新型が発売されれば買い替えるのがおすすめです。

ライター
いつ発売されるのかわからないので、周期を気にせず気長に使うのが良さそうです。

スペック的に不満であれば上位モデルに買い替えるのがおすすめ。(iPad AirならiPad Proに買い替える等)

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

まとめ

まとめ
  • iPadの寿命目安は4年
  • お得な買替タイミングは新型が発売直後
  • 買替周期は3〜5年の間で新型発売に合わせる

iPadの買替タイミングと寿命をまとめると以上です。

iPadは一度買ってしまうといつ買い替えるか迷うと思うので、参考になれば幸いです。

また、iPadのセルラーモデル購入は各キャリアの公式オンラインショップが便利でお得!!

公式オンラインショップならではのわかりやすさでサポートも手厚く、待ち時間なしで24時間いつでもどこでも注文可能です。

オンライン限定のお得なキャンペーンを開催していることもあるのでぜひチェックしてみてください。

iPadをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です