新型iPhone SEの価格を比較 

2022年新型iPad Proはいつ発売?スペック・デザインなど最新情報まとめ

よりMacに近づいてきていると話題のiPadですが、新型のiPad Proは2022年秋に発売されるとの情報があります。

この記事では2022年新型iPad Proの発売日、スペック、デザインなどの最新情報を紹介します。

新型iPad Proがどうなるか興味がある方はぜひ参考にしてください。

iPad Proの最新情報
  • M2プロセッサを搭載
  • 11インチモデルにもミニLEDディスプレイを搭載
  • MagSafeに対応する可能性がある

2022年新型iPad Proはいつ発売?

まずは気になる発売日について紹介します。

iPad Pro(2022)の発売日は2022年9月から10月となると伝えられています。

Appleは春と秋に新製品を発表することが多く、春の発表会ではiPad Proが発売されなかったことからも、秋に発売される可能性が高いです。

歴代のiPad Proの発売日をまとめると以下の通り。

発表日予約開始日発売日
iPad Pro 12.9インチ(第5世代)
iPad Pro 11インチ(第3世代)
2021/4/222021/5/142021/5/21
iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
iPad Pro 11インチ(第2世代)
2020/3/182020/3/182020/3/25
iPad Pro 12.9インチ(第3世代)
iPad Pro 11インチ
2018/10/302018/10/302018/11/7
iPad Pro 12.9インチ(第2世代)2017/6/52017/6/52017/6/14
iPad Pro 12.9インチ2015/9/92015/11/11

歴代のiPad Proの発売を見てみると、iPad Proはほぼ毎年発売されており、ここ最近は春に発売されることが多いことがわかります。

周期的には1年〜1年半の周期で新型が登場しているので、iPad Pro 2022が秋に発売されるという情報も頷けます。

iPad Pro(2022)の最新情報とスペック

iPad Pro(2022)の最新情報とスペックをまとめます。

最新情報
  • 発売は2022年9月〜10月
  • M2チップを搭載
  • 11インチモデルもミニLEDディスプレイになる
  • MagSafeに対応する可能性がある
  • iPadOS 16のステージマネージャでMacに近い使い方ができる

最新の情報からだとiPad Pro 2022はM2チップ搭載によるスペックアップがメインで、大きく変わることは無さそうです。

しかし、iPadOS 16で使えるようになる「ステージマネージャ」という機能によって、ウィンドウのサイズを変更できるようになり、よりMacに近い使い方が可能になります。

ステージマネージャはM1チップを搭載したiPadでしか使えないので、iPadOS 16とM2チップを搭載したiPad Proは使い勝手が大きく変わるかもしれません。

iPad Proのスペックを表にまとめると以下の通りです。(予想スペック)

iPad Pro 12.9インチ
(第6世代)
iPad Pro 11インチ
(第4世代)
発売日2022年9月or10月2022年9月or10月
ディスプレイサイズ12.9インチ11インチ
ディスプレイLiquid Retina XDRLiquid Retina XDR
ロック方式Face IDFace ID
CPUM2チップM2チップ
Apple Pencil第2世代第2世代
キーボードMagic keyboard
Smart Keyboard Folio

Bluetoothキーボード
Magic keyboard
Smart Keyboard Folio

Bluetoothキーボード
バッテリーネット利用最大10時間ネット利用最大10時間
スピーカー4スピーカー4スピーカー
Wi-Fi802.11a/b/​g/n/ac/ax
Wi-Fi 6対応
802.11a/b/​g/n/ac/ax
Wi-Fi 6対応
5G対応対応
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
コネクタUSB-CUSB-C
センサーFace ID
LiDARスキャナ

3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
Face ID
LiDARスキャナ
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
カラースペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
シルバー

iPad Proは既に完成された感じがあるので、チップの進化だけでも十分と言えそうです。

iPad Pro(2022)のデザイン

iPad Proのデザインは2018年から大きな変更はなく、角ばった板のようなデザインとなっています。

2022年も全体的なデザインは変わらない可能性が高いです。

その他のデザイン面での情報としては素材の変更があるとの情報があります。

ポイント
  • ボディがチタンになる可能性がある
  • ワイヤレス充電に対応する為Appleロゴ部分のみガラス素材になる
  • ボディ全体がガラス素材になる

個人的には素材も含めて変わらないと思っていますが、ワイヤレス充電に対応するのであれば何かしらの変更があると思われます。

iPad Pro(2022)のシステムオンチップ

iPad Pro(2022)はほぼ確実にM2チップが搭載されます。

M2チップはM1チップと比較してビデオ編集は1.4倍パフォーマンスが向上しているとのことです。

M1チップを搭載しているiPad Proと比較して、実際の体感速度が変わるかは微妙ですが、iPad Pro(2022)の大きな注目ポイントと言えます。

また、従来同様に搭載されるメモリ量はストレージ容量によって異なると思われます。

iPad Pro 2022iPad Pro 2021
チップM2M1
メモリ8GB・16GB8GB・16GB
ストレージ128/256/512GB・1TB/2TB 128/256/512GB・1TB/2TB

128GB、256GB、512GBモデルが8GBのメモリ。

1TB、2TBモデルが16GBのメモリです。

iPad Pro(2022)はMagSafeに対応か

2022年新型のiPad ProはMagSafeに対応するとの情報もあります。

MagSafeに対応することで、iPadのスタンドへの取り付けなど、便利なアクセサリーが多数登場するので楽しみです。

現時点では本当に搭載されるかは微妙なところで、iPad Proの重さをこれまでのMagSafeで支えられるのかの不安もあるので、これは発表までの楽しみという感じですね。

iPad Pro(2022)はステージマネージャで大きく進化

出典:Apple

iPad ProはM2チップとiPadOS 16によって、よりMacに近い使い方ができるのが楽しみなポイントです。

iPadは年々Macに近づいていますが、これまでは複数のウィンドウを使うのが苦手でした。

iPadOS 16で可能になるステージマネージャでは以下のことが可能。

できること
  • ウィンドウサイズを変えられる
  • 重なり合うウィンドウを一目で確認できる
  • アプリの切り替えがより簡単
  • 外部ディスプレイの両方にアプリを表示、画面間でドラッグ&ドロップもできる

これまでのiPadはiPadに表示されている画面をそのままディスプレイに映すことしかできませんでした。

ステージマネージャでは、もう一つの画面として外部ディスプレイを使うことができ、本当にMacに近い使い方ができるようになっています。

まつりくん
iPadはデバイスの進化よりソフトの進化が楽しみです

iPad Pro(2022)の価格

iPad Pro(2022)の価格についてですが、価格は大幅な値上げが予想されます。

2022年6月に発表されたM2 MacBook Airは前モデルと比較して5万円も価格が高くなりました。

また、旧モデルとなったM1 MacBook Airも発表後に約2万円も価格が上がり、円安による影響が大きくなっています。

iPad Proが発売されるタイミングでも円安傾向が続いていれば、確実に価格は上がると言えます。

今のうちに現行モデルを購入するのも良いかもしれません。

現行モデルの価格は以下の通りです。

Wi-Fiモデルの価格

容量11インチiPad Pro12.9インチiPad Pro
128GB117,800円(税込)159,800円(税込)
256GB132,800円(税込)174,800円(税込)
512GB162,800円(税込)204,800円(税込)
1TB222,800円(税込)264,800円(税込)
2TB282,800円(税込)324,800円(税込)

Cellularモデルの価格

容量11インチiPad Pro12.9インチiPad Pro
128GB139,800円(税込)181,800円(税込)
256GB154,800円(税込)196,800円(税込)
512GB184,800円(税込)226,800円(税込)
1TB244,800円(税込)286,800円(税込)
2TB304,800円(税込)346,800円(税込)

今でもかなり高いのに更に値上がりするとなればProモデルはなかなか買えそうにないです。

iPad Pro(2022)を待つべきか

新製品が噂されると待つべきか、それとも現行モデルを買うべきか迷いますよね。

2022年のiPad ProはM2チップ搭載と11インチがミニLEDディスプレイになるかもしれないというのが注目のポイントです。

iPad Proは毎年大きく変わっている製品ではなく、どちらかという完成された製品なので、上記ことにこだわりがない場合は現行モデルを買うのもおすすめ。

ポイント
  • 現行モデルを買っても良い
  • 現行モデルは2021年発売でM1チップを搭載
  • 2022年モデルは値上げの可能性が高い
  • デザインなどが大きく変わる可能性は低い

2021年新型iPad Proに買い替えるべき?旧モデルとスペックを比較

まとめ

この記事では2022年新型のiPad Proについて紹介しました。

iPad ProはM2チップ搭載によって、更にProモデルらしいスペックになります。

一般的な用途だとここまでのスペックは必要なく、iPad Proは本当に価格が高いので、普通に使う分にはM1チップを搭載したiPad Air(第5世代)もおすすめです。

公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインなら手数料が無料

web割で最大22,000円割引

よろしければ関連記事もチェックしみてください。

関連:最新iPad徹底比較!iPad ProとAirはどちらを買うべき?違いを紹介!

関連:iPadを買うならどれ?おすすめ機種は?全モデルの選び方と機能を比較

以上。「2022年新型iPad Proはいつ発売?スペック・デザインなど最新情報まとめ」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。