掃除が楽しくなるおすすめコードレス掃除機【クリック】

最新iPad徹底比較!iPad ProとAirはどちらを買うべき?違いを紹介!【iPadPro・iPadAir】

2019年3月にiPad Airが復活したことにより現在のラインアップは『iPad Pro』『iPad Air』『iPad』『iPad mini』と4種類にもなりました。

その中で普通サイズのiPadとということになれば『iPad Pro』と『iPad Air』が該当します。

iPad Proは価格が高いですがiPad Airにはない機能を搭載しておりせっかく購入するのなら『iPad Pro』が魅力的です。

この記事ではiPad ProとiPad Airを比較しどちらが買うのが良いのか考えてみます。

iPad選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。

iPadのラインナップ

まずはiPadにはどんなモデルがあるのかを紹介します。

2019年3月に『iPad Air』が復活してからiPadのラインアップは複雑化されています。

iPadのラインアップと価格

現在のiPadのラインアップは以下の通りです。

  • 12.9インチiPad Pro
  • 11インチiPad Pro
  • iPad Air(10.5インチ)
  • iPad(9.7インチ)
  • iPad mini(7.9インチ)

ディスプレイサイズはなんと5種類もあります。

端末Wi-FiモデルWi-Fi + Cellularモデル
12.9インチiPad Pro111,800円(税別)から128,800円(税別)から
11インチiPad Pro89,800円(税別)から106,800円(税別)から
iPad Air54,800円(税別)から69,800円(税別)から
iPad37,800円(税別)から52,800円(税別)から
iPad mini45,800円(税別)から60,800円(税別)から

価格はこのようになっています。iPad Proが飛び抜けて高いですね。その分機能でも差別化されていますがiPad Proの購入はMacBook Airも選択肢に入ってきます。

この記事では『11インチiPad Pro』と『iPad Air』を比較します。

iPad ProとiPad Air比較

価格の違い

まず一番のポイントとなってくるのが価格だと思います。

Wi-Fiモデルの価格を比較

容量11インチiPad ProiPad Air
64GB89,800円(税別)54,800円(税別)
256GB106,800円(税別)71,800円(税別)
512GB128,800円(税別)
1TB172,800円(税別)

Wi-Fiモデル 64GBの差額は35,000円と大きな違いがあります。

35,000円の差額があればApple WatchやAirPodsの購入が可能です。

Cellularモデルの価格を比較

容量11インチiPad ProiPad Air
64GB106,800円(税別)69,800円(税別)
256GB123,800円(税別)86,800円(税別)
512GB145,800円(税別)
1TB189,800円(税別)

Cellularモデル 64GBの差額は37,000円です。Wi-Fiモデルより差額が大きくなるのがポイントです。

機能・スペックの違い

主な違い
  • デュスプレイサイズが違う
  • iPad ProはFace ID、iPad AirはTouch ID
  • 対応しているApple Pencilが違う
  • iPad ProはUSB-C、iPad AirはLightning

違いは多くありますが主な違いは以上のようになっています。

11インチiPad ProはiPhone XSと同様にベゼルレスデザインとなっており、Touch IDではなくFace IDに対応しています。

また、従来のLightning端子ではなく、汎用性の高いUSB-Cを搭載しています。

そして最も大きな違いは対応しているApple Pencilの違いです。11インチiPad ProはApple Pencil(第2世代)に対応していますが、iPad Airは第1世代のApple Pencilに対応しています。

Apple Pencil 第2世代は今までに弱点を克服されているので使い勝手が大幅に向上しています。

第2世代Apple PencilはiPad Proの側面に磁石でくっつけることができるようになり、持ち運びも便利になっています。またワイヤレス充電に対応しているのでコネクタに接続する必要が無くなりました。

▲Apple Pencil 第2世代はiPadの側面に磁石で付けるだけで充電可能。

第1世代のApple Pencilは上のキャップを外してiPadのLightning端子に接続して充電する必要がありかなり不便です。

そして第2世代 Apple Pencilは側面をタップすることで、カラーや太さなどを変えることができるようになり、よりスムーズにクリエイティブな作業が可能です。

一部平らな部分があるので転がりを防止できるなど大きな違いがあるのです。

Apple Pencil 2の魅力
  • 充電が簡単で持ち運びが便利
  • タップでツールの切替が可能(ペン→消しゴムなど)
  • ペンの側面が一部平らなので転がりが防止される

Apple Pencil 第1世代は充電方法に難ありとの口コミも多く、iPad Airの方が新しく発売されたにも関わらずApple Pencil 第2世代に対応させなかったのはiPad Proとの大きな差別化があるのでしょう。

詳細スペックを比較

次は詳細にスペックの比較をします。

11インチiPad ProiPad Air
発売日2018年11月2019年3月
ディスプレイサイズ11インチ10.5インチ
ディスプレイLiquid RetinaディスプレイRetinaディスプレイ
ロック方式Face IDTouch ID
CPUA12X BionicA12 Bionic
ベンチマーク
(シングル)
50204820
ベンチマーク
(マルチ)
1821711488
Apple Pencil第2世代第1世代
キーボードSmart Keyboard Folio
Bluetoothキーボード
Smart Keyboard(10.5インチ)
Bluetoothキーボード
バッテリーネット利用最大10時間
スピーカー4スピーカー2スピーカー
Wi-Fi802.11a/b/​g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0
センサーFace ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
Touch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
カラーシルバー
スペースグレー
シルバー
スペースグレー
ゴールド

スペックを含めてiPad Proが大きく優れています。

上位機種と差別化するのは当然ですがiPhone XSとiPhone XRの違いに比べてかなり大きな差を付けているの印象的です。

ライター
少しiPad Proに遠慮しすぎのような気がします。

iPad Proを購入するべき理由

「どちらを買うべき?」ということでしたが私は購入するなら『11インチiPad Pro』をおすすめします。

Wi-Fiモデルの価格差は35,000円ですがここまでの性能差や機能差があるのでiPad Pro 11インチが決して高いという訳ではないのです。

iPad Proを買うべき理由を紹介します。

ホームボタン廃止でベゼルレスデザイン

最新の流れですが2019年3月現在でiPadでベゼルレスデザインが採用されているのはiPad Proだけです。

今回のiPadもベゼルレスデザインになるのでは?との噂がありましたが従来のホームボタンを搭載したモデルとなりました。

ホームボタンが無いiPhoneを使っているということもあり、もうホームボタンには戻れません。

ホームボタンを搭載しているiPadでもジャスチャー操作は可能ですが、やはりホームボタンが無いiPad Proの方が使いやすいです。

第2世代Apple Pencilが良すぎる

先ほども紹介しましたが、Apple Pencil 第1世代は色々と使いにくいポイントがあります。

第1世代は充電をする際にキャップを外して、Lightning端子に差し込む必要があるのでかなりかさばります。

その点第2世代は本体横に引っ付けるだけで持ち運びも簡単になり、充電もできるので何も苦になることがありません。

Apple Pencilの違いだけで差額35,000円が許せそうな気持ちになります。

USB-Cポートを搭載

11インチiPad Proは今まで使用されていたAppleの独自規格Lightningコネクタが廃止され、Macでも使用されている『USB-Cポート』が搭載されています。

USB-C搭載でできること
  • iPad ProでiPhoneを充電することが可能
  • 標準機能で4Kディスプレイへの外部出力が可能
  • カメラとの高性能接続も可能に

少し非力なLightningコネクタとは違いUSB-Cは給電機能も使用することができ、高速充電にも対応します。また外部ディスプレイやカメラなどの機器と高性能な接続が可能になり、よりプロ向けになりました。

今後さらに可能性が広がっていくと思われるので今後にも期待できます。

また以前はモニタへの外部出力はサードパーティ製のアプリが必要でしたが、今回からは標準機能でデュアルモニター環境を構築できるようになっています。

Smart Keyboardが新型

iPad ProはSmart Keyboardが新型となり『Smart Keyboard Folio』となっています。

POINT
  • 画面だけでなく背面も保護
  • 2段階に角度調整が可能

以前のSmart Keyboardからデザインが刷新され、使い勝手、デザインともに大きく向上しました。また背面も保護できるのでカバーとしての魅力も増しています。

iPad Pro本体へは本体の背面に磁力でつくようになっており、接続は本体背面下に移動された、Smart ConnectorがiPad ProとSmart Keyboard Folioの間でデータと電力の両方をやり取りします。

バッテリーの充電も必要ありません。

Smart Keyboard Folioは価格が高く11インチモデルが19,800円(税別)と簡単に手が出せる金額ではありませんが、かなり魅力的です。

長く使える可能性が高い

iPad Air(2019)はiPad Proよりも新しく発売されましたが、旧世代の機能、デザインが採用されています。

次期モデルがどうなるかはわかりませんが、最新iPhoneは全てベゼルレスが採用されるなどTouch IDは過去のものとなりつつあります。

iPadも次期モデルではホームボタンが廃止される可能性が十分あるので、そうなると一気に古く感じてしまうのではないでしょうか。

私はiPadの買い替え周期は少し長めでも全く問題ないと考えます。

すぐに買い替える予定があるのなら安いiPadが良いと思いますが、ある程度長い期間の使用を考えているなら技術や機能、デザインが新しいiPad Proの方が長い目で見てお得なのです。

まとめ

iPad ProとiPad Airを比較しました。私個人的にはiPad Proがおすすめですが、自分の使い方に合わせて選ぶのが最も良い選択方法だと思います。

機能に差はありますが価格差も大きいのでぜひ自分にあったiPadを選んでください。

iPad Proがおすすめ
  • Apple Pencilを多用する方
  • 写真の編集などクリエイティブな作業をしたい方
  • 長く使うことを想定している方

Proという名前が付いてだけあって、iPad Proはクリエイティブな作業に向いています。Apple Pencilを多用する場合タップでペンを切り替えたり充電方法が簡単な第2世代を使えることが大きいので、Apple Pencilを多用する方は絶対にiPad Proがおすすめです。

キャリアで購入する場合は手数料がなく、待ち時間が必要ないオンライショップがおすすめです。

各キャリア公式オンラインショップ
iPad Airがおすすめ
  • 動画やネットサーフィンをメインに使う方
  • とにかく安くiPadを購入したい方

iPad ProとiPad AirはCPUに差はあるものの、それほど大きな差ではありません。

iPad Airに搭載されているA12はiPhone XSに搭載されているチップと同様でかなり高スペックなのでスペック差は大きな違いではありません。

クリエイター向けの使用方法より、ネットサーフィンや動画、本やゲームを楽しみたいという方は安くて高性能なiPad AirやiPad miniがおすすめです。

第1世代ではありますがApple Pencilも使用できるので絵を描くことも十分に可能です。

各キャリア公式オンラインショップ

以上。iPad徹底比較!iPad ProとAirはどちらを買うべき?違いを紹介!でした。

ぜひ自分にピッタリのiPadを選んで素敵なiPadがある生活を送ってください。

また、iPad ProもiPad AirもApple Pencilは別売りということに十分注意してください。

Apple Pencilは安くはないのでApple Pencilを購入される方はApple Pencilも予算に組み込んで検討するのがおすすめです。

周辺機器価格

モデル価格
Apple Pencil(第2世代)14,500 (税別)
Apple Pencil(第1世代)10,800 (税別)
11インチiPad Pro用Smart Keyboard Folio19,800 (税別)
10.5インチiPad Air用Smart Keyboard17,800 (税別)

iPadの周辺機器は高いです。予算オーバーにならないように必要な物は最初から予算に組み込んでおく必要があります。

iPadを安く使いたい方はこちらの記事も参考にしてください。

キャリアのiPadは高い!?3社の比較と安く使う方法を徹底紹介【iPad pro】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です