新型iPhone SEの価格を比較 

iPhone SE(第3世代)はバッテリー持ちが悪い?気にしない為の対策まとめ

2022年3月18日に2年ぶりとなる新型のiPhone SE(第3世代)が発売!

バッテリー持ちは前モデルより僅かに良くなっていますが、バッテリー持ちはあまり良く無さそうです。

iPhone SE(第3世代)のデザインはiPhone 8やiPhone SE(第2世代)と全く同じなので、搭載できるバッテリー容量も多くはないはず。

5G通信を行うとバッテリー消費が速くなるので、従来のモデルと同じバッテリー容量の場合、iPhone SE(第3世代)のバッテリー持ちは悪いということになるでしょう。

この記事ではiPhone SE(第3世代)のバッテリー持ちと、バッテリー持ちが悪いのを気にしない為の対策について紹介します。

iPhone SE(第3世代)のバッテリー持ちが気になっている方はぜひ参考にしてください。

iPhone SE(第3世代)のバッテリー持ち

まずはiPhone SE(第3世代)のバッテリー持ちについて紹介します。

バッテリー持ちのポイントについてまとめると以下の通り。

バッテリー持ち
  • バッテリー容量はiPhone SE(第2世代)から大きくは変わっていない
  • 5G対応で電池持ちが悪くなる
  • A15 Bionicを搭載することで省エネになっている
  • iPhone SE 2よりは2時間ぐらい電池持ちが良くなっている
  • iPhone 13 miniと比べると2時間短い
  • iPhone 13と比べると4時間短い

Appleが公表している電池持ちを参考にするとiPhone SE(第3世代)は電池持ちが悪いと言われていたiPhone 12 miniと同じバッテリー持ちとなっています。

iPhone 12 miniはバッテリー持ちが悪いけど気にしなくて良い5つの理由

iPhone SE(第3世代)のバッテリー容量

iPhone SE(第3世代)のバッテリー容量はPBKreviewsが公開した分解動画によると、2,018mAhとなっています。

iPhone SE(第2世代)は1,821mAhなのでバッテリー容量は12%ほど向上していることになりますが、2022年に登場するスマートフォンとしてはかなり容量が小さいです。

他の小さいiPhoneのバッテリー容量をまとめると以下の通り。

小さいiPhoneのバッテリー容量
  • iPhone 13 mini:2,406mAh
  • iPhone 12 mini:2,227mAh
  • iPhone SE 2:1,821mAh
  • iPhone SE 3:2,018mAh

Appleはバッテリー容量を公開していませんが、分解動画などからわかっている容量は、iPhone SE(第3世代)はiPhone 12 miniより僅かにバッテリー容量は小さいということになりました。

A15 Bionicの省電力性能により、iPhone 12 miniと同等のバッテリー持ち時間を実現しているものと思われます。

他のiPhoneとの電池持ちの差

他のiPhoneとの電池持ちの差も気になるところですが、時間にしてどれぐらいの差があるのかを紹介します。

機種ビデオ再生ビデオ再生
ストリーミング
オーディオ再生
iPhone SE 3最大15時間最大10時間最大50時間
iPhone 13最大19時間最大15時間最大75時間
iPhone 13 mini最大17時間最大13時間最大55時間
iPhone 12 mini最大15時間最大10時間最大50時間
iPhone SE 2最大13時間最大8時間最大40時間

iPhone SE(第3世代)はiPhone 12 miniと同じバッテリー持ちになっており、iPhone 12 miniはバッテリー持ちが悪いと評判が良くなったので、電池持ちは悪いと言えます。

せめてiPhone 13 miniと同じバッテリー持ちだと良かったです。

バッテリー持ちの悪さを気にしない為の対策

残念ながらiPhone SE(第3世代)のバッテリー持ちは悪そうですが、バッテリー持ちの悪さを気にしない為の対策もあります。

気にしない為の対策
  • USB PDを使って高速充電する
  • モバイルバッテリーを持ち運ぶ

高速充電をする

バッテリー容量が少ないということはそれだけ充電が短時間で完了します。

また、ちょっとした隙間時間などに高速充電を行うだけで、多くバッテリーを消費した日でもストレスなくiPhoneが使えます。

充電開始9%
開始4分後16%
開始15分後36%
開始25分後56%
開始35分後71%
開始45分後82%
開始55分後88%
開始1時間5分後93%
開始1時間15分後97%

上の表はiPhone 12 miniを高速充電した時の電池残量と充電時間をまとめたものです。

30分ぐらい充電するとかなりの容量まで回復させることができます。

最近のiPhoneは充電器が付属していないので、USB PDに対応した充電器を購入しましょう!

iPhoneにおすすめの充電器!iPhoneを高速充電する方法とアダプタ・ケーブルを徹底紹介

モバイルバッテリーを持ち運ぶ

iPhone SE(第3世代)はバッテリー持ちが悪いですが、他のiPhoneも必ず1日バッテリーが持つという訳ではありません。

結局、絶対に安心するためにはモバイルバッテリーが必要です。

モバイルバッテリーを常に持ち歩けばそもそもバッテリー持ちを気にしなくて良いですし、USB PDに対応したモバイルバッテリーは高速で充電することもできます。

今のモバイルバッテリーはかなり優秀で価格も手頃なのでバッテリー持ちが気になる方はモバイルバッテリーを買って持ち運ぶのがおすすめです。

片手に収まる10,000mAhクラスのモバイルバッテリーだとiPhone SEを約4回フル充電することができます。

【Anker PowerCore 10000 PD Redux レビュー】iPhoneを高速充電できるおすすめモバイルバッテリー 2022年最新!iPhoneに最適な本当におすすめのモバイルバッテリー厳選6選

iPhone SE(第3世代)のバッテリー持ちを気にしなくて良い理由

iPhone SE(第3世代)の購入をバッテリー持ちの悪さが原因で迷っている方向けに、バッテリー持ちを気にしなく良い理由について紹介します。

理由をまとめるとこんな感じ。

気にしないくて良い理由
  • 高速充電ができる
  • モバイルバッテリーがあれば解決する
  • バッテリーが少ない分軽い
  • 普通に使えば1日使える
  • 電池が切れてもSuicaが使える

高速充電とモバイルバッテリーについて前項で紹介した通りですが、その他について詳しく紹介します。

バッテリーが少ない分軽い

バッテリー容量が少ないということはその分軽いというメリットがあります。

例えばiPhone 13を1日使っても70%以上残っていることがほとんどです。

iPhone SE(第3世代)でも毎日残量が空になるまで使うという方はほぼいないはず。

ということは、多くの日ではバッテリー容量が大きくことよりも、重量が軽くて持ちやすいという恩恵の方が多く受けているということになります。

バッテリー持ちが悪い分、他で得しているというのがバッテリー持ちの悪さを気にしなくて良い理由の一つです。

まつりくん
iPhone SE 3は重量が144gと軽いです

普通に使えば1日使える

バッテリー持ちが悪いと言っても普通に使えば1日使うことができます。

iPhoneを日常で使っていて、バッテリーギリギリだったという経験は少ないのではないでしょうか。

よくあるパターン
  • 使いすぎて空になる
  • 60%以上残って1日を終える

バッテリーは完全に無くなって空になるか、60%以上残っているかのどちらかであるパターンが多いと思います。

iPhone SE(第3世代)の使い方的に旅行などや、めちゃくちゃゲームをしたという時を除けば電池持ちの良し悪しは特に気にしなくて良いです。

旅行の時はiPhone SEに限らずモバイルバッテリーを持っておくのがおすすめです。

電池が切れてもSuicaが使える

iPhone SEはエクスプレスカードに登録した1枚のみバッテリーが切れても一定時間使用することができる予備電力機能付きです。

Suicaなどの交通系ICカードをエクスプレスカードに指定しておけば、電池が切れても使えるので電池持ちが悪くても安心できます。

利用時間は最大5時間となっており、充電がなくなってしまっても認証なしでそのままiPhoneをタッチしてお店で買い物したり改札を通ることが可能です。

左の状態が充電が切れた後もSuicaが利用可能な状態で、右の画面は使用できない場合の表示です。

充電が切れた状態でサイドボタンを押すことで確認することができます。

エクスプレスカードの設定は、設定アプリ→ウォレットとApple Pay→エクスプレスカードで登録ができます。

Suicaが使えればモバイルバッテリーがない場合もコンビニなどで買うことができるので万が一の時に安心です。

まつりくん
バッテリー持ちを過度に気にする必要はありません!

購入・予約は便利なオンラインがおすすめ

ドコモはこちら

公式サイトへ

auはこちら

公式サイトへ

SoftBankはこちら

公式サイトへ

新型iPhone SE販売

低容量プランがおすすめ

新型iPhone SE取扱

低容量プランがおすすめ

iPhone SE取扱

公式サイトへ

iPhone SE(第3世代)の電池持ちまとめ

この記事ではiPhone SE(第3世代)の電池持ちについて紹介しました。

バッテリー容量が無駄に多いと必要ない時も重たい本体を持つ必要がありますが、バッテリー容量が少ないと軽くて持ちやすくなります。

モバイルバッテリーだと必要に応じて持ち出すだけで良いので、自分で持ち出す重量を変えられるのも良いですね。

iPhoneを買うときにバッテリー持ちが悪いと迷う気持ちもわかりますが、バッテリー持ちを気にするのは他のスペックの二の次で良いと思います。

よろしければ参考にしてください。

公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインなら手数料が無料

web割で最大22,000円割引

楽天モバイルはこちら

キャリアで1番安く買えます

以上。「iPhone SE(第3世代)はバッテリー持ちが悪い?気にしない為の対策まとめ」でした。

関連記事:iPhone SE 3(第3世代)のサイズ・大きさ・重さを歴代iPhoneと比較してみた

関連記事:iPhone SE(第3世代)はどのカラーがおすすめ?新色情報と人気の色を解説

関連記事:iPhone SE(第3世代)はどこで買うのが安い?価格の比較とお得な購入方法を解説

関連記事: iPhone SE 3とiPhone SE 2の違いを比較!どう進化?買い替えるべき?

買い替えるべき?iPhone SE 3とiPhone 8の違いを比較 iPhone SE 3とiPhone SE 2の違いを比較!どう進化?買い替えるべき? どっちを買うべき?iPhone 12 miniとiPhone SEの違いを比較 どっちがおすすめ?新型iPhone SEとiPhone 11の違いを価格・スペック・サイズで比較 新型iPhone SE(第3世代)はいつ発売?新機能・スペック・デザインまとめ 【2022年5月】iPhoneを買うならどれ?買うべきおすすめ機種を徹底比較 【2022年最新】iPhoneの一番安い機種はどれ?安く買うなら型落ちモデル断然お得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。