新型iPhoneの情報 

買い替えるべき?iPhone SE 3とiPhone 8の違いを比較

2022年3月9日にiPhone SE(第3世代)が発表されました。

iPhone SE(第3世代)はiPhone 8とデザインは変わっていませんが、チップセットがiPhone 13と同じ物に変わり、5Gにも対応。

今後長く使えるようにアップデートされています。

そしてiPhone 8は発売から4年が経過しているので、長く使っている方もそろそろ買い替え時と言えます。

この記事ではiPhone 8からiPhone SE(第3世代)に買い替えるべきかや、iPhone SE 3とiPhone 8の違いについて比較します。

買い替えを検討している方はぜひ参考にしてください。

【関連】iPhoneを買うならどれ?買うべきおすすめ機種を徹底比較

iPhone SE 3とiPhone 8の違いを比較

早速iPhone SE 3とiPhone 8との違いを比較します。

デザインは変わっていませんがiPhone SE 3はiPhone 8と中身が大幅にアップデートされており、このデザインが気に入っている方には特におすすめ。

主なスペックを比較表にまとめてみました。

iPhone SE
(第3世代)
iPhone 8
ディスプレイ4.7インチ
LCD
4.7インチ
LCD
チップA15 BionicA11 Bionic
RAM4GB2GB
ストレージ64/128/256GB64/128GB
バッテリー
ビデオ再生時間
最大15時間最大13時間
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
耐水性能IP67
1m耐水
IP67
1m耐水
認証方法指紋(Touch ID)指紋(Touch ID)
ワイヤレス充電対応対応
3D Touch触覚タッチ 対応
カメラシングル
1200万画素
シングル
1200万画素
カメラ機能スマートHDR 4
ポートレートモード
フォトグラフスタイル
Deep Fusion
写真の自動HDR
5G対応非対応
おサイフケータイ対応対応

iPhone SE 3はiPhone 8の約4年後に発売された機種なので、デザインを除くと結構変わっています。

流石にiPhone 8だとアプリを使うときなど、もたつきを感じるので、iPhone SE 3に乗り換えると性能の高さに驚くでしょう。

iPhone SE 3が優れているところ
  • iPhone 13と同じCPUでサクサク快適に動く
  • OSアップデート長く受けられる(長く使える)
  • 5Gに対応(今後数年間快適に使える)
  • カメラ機能がアップで綺麗な写真が撮れる
  • バッテリー持ちが2時間アップ

iPhone 8と比べてiPhone SE(第3世代)が優れているところをまとめました。

iPhone 8からの乗り換えだとサイズ・持ちやすさは同じで、使いやすさが大きく向上しているので乗り換えにおすすめ。

特にiPhone 8を買ってから4年以上が経過している方はそろそろiPhoneの寿命に近づいているので買い替えるのをおすすめします。

購入は便利でお得なオンラインショップがおすすめです。

iPhone SEをチェック

ドコモはこちら

公式サイトへ

auはこちら

公式サイトへ

SoftBankはこちら

公式サイトへ

新型iPhone SE販売

低容量プランがおすすめ

新型iPhone SE取扱

低容量プランがおすすめ

iPhone SE取扱

公式サイトへ

iPhone SE(第3世代)はどこで買うのが安い?価格の比較とお得な購入方法を解説

iPhone 8からiPhone SE 3に替えるのがおすすめな人は?

iPhone 8からiPhone SE 3に買い替えるのがおすすめなのはどんな人かについて紹介します。

iPhone 8からの乗り換えにおすすめの機種は

  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 11
  • iPhone SE(第3世代)

以上の機種があげられます。

性能やカメラ、最新のデザインが良いという方はiPhone 13やiPhone 12がおすすめ。

iPhone SE(第3世代)がおすすめなのは、ホームボタンのデザインが気に入っている方と価格を安くしたい方です。

ホームボタンのデザインが好きな人

iPhoneのラインナップで唯一ホームボタンが搭載されているのでiPhone SEです。

見方によっては古いデザインですが、連絡手段をメインとして使う場合は物理ボタンがあるのは使いやすいです。

またホームボタンがないiPhoneはジェスチャー操作と呼ばれる操作方法になりますが、慣れ親しんだホームボタンの方が使いやすいという方もいます。

iPhone 8から乗り換えをおすすめする機種は他にもありますが、ホームボタンが欲しい方はiPhone SE(第3世代)への乗り換えがおすすめです。

価格が安いiPhoneが欲しい方

iPhoneをがっつり使いたいという方でなければ、それほどiPhoneにお金を掛けるのは勿体無いですよね。

iPhone SE(第3世代)は2022年の現行モデルで最も価格が安い機種です。

たまにiPhone 12などが格安のセールで売られていることがありますが、キャンペーンを狙うのが苦手という方はiPhone SE(第3世代)に機種変更するのも良いと思います。

iPhone SE(第3世代)は別の記事で価格を比較しています。

iPhone SE(第3世代)はどこで買うのが安い?価格の比較とお得な購入方法を解説

iPhone SE 3の進化ポイントをiPhone 8と比較

iPhone 8と比較した時にiPhone SE(第3世代)が進化しているポイントを詳しく紹介します。

これを知るとiPhone SE(第3世代)に乗り換えたくなるかも!?

プロセッサ・メモリ・通信性能が進化

iPhone SE(第3世代)とiPhone 8で大きな違いとなるのがプロセッサと通信性能です。

最近では5Gに繋がる地域が増えてきており、iPhone SE(第3世代)も5Gに対応。

5Gに繋がるからと言ってまだ大きな変化はありませんが、数年使うことを考えてそろそろ5Gに対応した機種に買い替えるのも良いと思います。

また、iPhone SE(第3世代)のチップセットはiPhone 13と同じA15 Bionicを搭載!

iPhone 8と比べると2倍近く速くなっているので体感でも違いを感じます。

iPhone 8と比較するとメモリ容量も3GBから4GBにアップしているので、iPhone 8を使っていて少し遅いなぁーと感じる方は買い替えると快適です。

iPhone SE 3の性能があれば今後4年以上は快適に使えるので長く使いたいと思っている場合にも良いと思います。

iPhone SE 3iPhone SE 2
CPUA15 BionicA11 Bionic
メモリ4GB3GB
シングルスコア1724900
マルチスコア45872300
Metal / GPU11024
5GSub 6対応なし
まつりくん
処理性能が向上することで使えるカメラ機能も増えています!

バッテリー持ちが2時間向上

iPhone SE(第3世代)はiPhone 8よりバッテリー持ちが2時間良くなりました。

最近の機種としてはバッテリー持ちは良い方ではありませんが、ゲームを数時間プレイするという訳でなければ1日は十分持ちます。

iPhone 8と同じサイズで僅かに重量は軽くなっているのに2時間もバッテリー持ちがアップしているのは良い進化ポイントです。

iPhone SE(第3世代)iPhone 8
ビデオ再生15時間13時間
ビデオ再生
ストリーミング
10時間約8時間
オーディオ再生50時間40時間
充電機能高速充電
ワイヤレス充電
約30分で最大50%
高速充電
ワイヤレス充電
約30分で最大50%
iPhone SE(第3世代)はバッテリー持ちが悪い?気にしない為の対策まとめ

カメラの機能が向上

最新のiPhoneは暗い場所でもかなり綺麗な写真を撮ることができるなど、カメラ性能が大きく進化しています。

iPhone SE(第3世代)はiPhone 8と比較すると劇的に綺麗に撮れる機能が追加されています。

おそらくカメラの外観が全く変わっていないので、センサーサイズなどは変わっていないと思われますが、

iPhone SE(第3世代)はiPhone 13と同じ「スマートHDR 4」や「フォトグラフスタイル」「Deep Fusion」に対応しています。

ナイトモードがないのは残念ですがiPhone 8より間違いなく綺麗な写真は撮れるようになっているので、そこそこのカメラ性能で良いという方にはiPhone SE 3のカメラでも十分です。

iPhone SE 3iPhone 8
カメラシングルシングル
広角レンズ
・F値
・画素数

F1.8
1200万画素
F1.8
1200万画素
光学ズーム
デジタルズーム5倍5倍
機能スマートHDR 4
ポートレートモード
光学式手ブレ補正
Deep Fusion
フォトグラフスタイル
次世代スマートHDR
ポートレートモード
光学式手ブレ補正
動画4K4K

iPhone SE 3とiPhone SE 2のカメラスペックを比較表にまとめました。

大きな違いとなる「スマートHDR 4」「フォトグラフスタイル」「Deep Fusion」の3つについて紹介します。

iPhone SE 3はスマートHDR 4に対応

iPhone 8のHDR撮影機能は写真の自動HDRとなっていましたが、iPhone SE(第3世代)ではスマートHDR 4に進化。

スマートHDRだけでも凄いのにiPhone SE 3はスマートHDR 4が搭載されています!

スマートHDR 4では複数人の顔を認識しそれぞれに最適な補正を行ってくれます。

カメラは明暗差のあるシーンが苦手で明るすぎると白飛びになりますが、iPhoneはスマートHDRの機能によって自動補正され綺麗な写真が撮れます。

iPhone SE(第3世代)は高画質な写真を撮るための重要な機能が進化しているのでiPhone 8より高画質な写真を撮ることが可能です。

iPhone SE 3はDeep Fusionに対応

iPhoneで綺麗な写真を撮るのに欠かせない機能はスマートHDRだけではありません。

iPhone SE(第3世代)では第2世代でも搭載されていなかったDeep Fusionに対応。

Deep Fusionは瞬時に複数枚の写真を合成、ピクセル単位の調整が行われ、より高精細なきめ細やかな高画質な写真が撮れる機能です。

高性能のチップを搭載することによって実現できる機能でこの機能が搭載されたのは嬉しいポイントです。

iPhone SE 3はフォトグラフスタイルに対応

iPhone 13シリーズに新機能として搭載されたフォトグラフスタイルがiPhone SE(第3世代)にも搭載されています。

フォトグラフスタイルは通常のフィルターとは違い、写真全体ではなく適正な場所だけが調整され、肌の色合いなどはそのまま撮影することができます。

iPhoneは高画質な写真が撮れますが誰が撮っても同じような写真になっていました。

フォトグラフスタイルを使うことで写真にオリジナリティーを加えることができます。

iPhoneのカメラにもっとこだわりたい方はiPhone SEより良い機種があるので、こちらの記事を参考にしてください。

iPhone 14、14Pro 、13、SEのカメラ性能を比較!カメラと価格で選ぶなら14がおすすめ

まとめ

この記事では2022年3月18日発売のiPhone SE(第3世代)と2017年に発売されたiPhone 8の違いについて比較しました。

iPhone 8も完成度が高く優れた機種ですが、4年の差は大きいですね。

iPhoneは毎日使う物なので僕は長くても4年ぐらいでの買い替えをおすすめしています。

実際に僕も4年ぐらい同じ機種を使った経験がありますが、iPhoneをよく使っていたということもあり4年目はかなりストレスを感じていました。

iPhone 8から乗り換えるには良いタイミングでiPhone SE 3が発売されるのでぜひチェックしてみてください。

また、機種変更は便利でお得なオンラインショップがおすすめです。

オンラインだとじっくりと検討することができ、自宅て全て完結できるので一度覗いてみてください。

iPhone SE(第3世代)は通信料金が安いサブブランドでも取り扱っています。

iPhone SEをチェック

ドコモはこちら

公式サイトへ

auはこちら

公式サイトへ

SoftBankはこちら

公式サイトへ

新型iPhone SE販売

低容量プランがおすすめ

新型iPhone SE取扱

低容量プランがおすすめ

iPhone SE取扱

公式サイトへ

iPhone SE(第3世代)はどこで買うのが安い?価格の比較とお得な購入方法を解説

以上。「買い替えるべき?iPhone SE 3とiPhone 8の違いを比較」でした。

iPhone SE 3とiPhone SE 2の違いを比較!どう進化?買い替えるべき? どっちを買うべき?iPhone 12 miniとiPhone SEの違いを比較 どっちがおすすめ?新型iPhone SEとiPhone 11の違いを価格・スペック・サイズで比較 iPhone SE 3とiPhone 13の違いを比較!選ぶならどちらがおすすめ? 【2022年9月最新】iPhoneを買うならどれ?おすすめ機種の違いを比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。