掃除が楽しくなるおすすめコードレス掃除機【クリック】

増税前に買っておきたいおすすめ家電ベスト5!家電を増税前に購入すべき理由

2019年10月1日より消費税が8%から10%に引き上げられます。

増税前に買っておきたい商品といえば家電が思い浮かぶのではないでしょうか。

軽減税率制度も同時に始まりますが家電は対象外となっているので10月から10%の消費税が掛かります。

参照軽減税率制度とは(リーフレット等)

現在の8%から10%になると10万円の物であれば2,000円も高くなってしまいます。

少しでも安く買う為にぜひ参考にしてください。

ライター
家電はすぐ消耗する物ではないのでせっかく買うなら増税前がおすすめです。

増税前に家電を購入すべき理由

増税前に購入するのがおすすめの物は高額商品です。

108円が110円になっても大きく変わる実感がわきにくいですが、108,000円が110,000円になると大きな違いですよね。

車の購入になると10万円もの差があります。

ただし車や家の購入はタイミングの問題なので「増税があるから買う」という判断はなかなかできません。

しかし家電であれば多少の買い替えタイミングは自分で調整することができ、買うかどうか迷っている家電もいくつかあると思います。

金額が高く高額商品の中では比較的買いやすい家電は増税前に購入すべき物なのです。

ライター
この機会に欲しい物を買ってしまいましょう!

増税前に買っておきたいおすすめ家電

増税前に家電を買いたいと思っても、いまいち何を買えば良いの思い浮かびませんよね。

増税前に購入すべき家電の優先順位は以下の感じです。

優先順位
  1. 壊れそうな家電は最優先
  2. 10年以上経っている家電
  3. 絶対必要ではないが欲しい家電
ライター
この記事では買い替えたくなる家電やこの機会に欲しい家電を紹介します

5位 iPad

iPadは欲しいけど中々手が出ない商品の一つではないでしょうか。

おすすめは「iPad mini」と「iPad Pro」です。

iPadがあれば動画や雑誌、ネットサーフィンを快適に行うことができ、高性能CPUを使ったゲームも楽しめます。

またiPad mini(第5世代)からはApple Pencilが使えるので、絵を描くなどクリエイティブな作業もできます。

iPadがあると日々の生活が向上しますので、動画や雑誌、ネット閲覧が好きな方はぜひこの機会に購入してiPadがある生活を楽しんでください。

コスパを求めるなら『iPad mini』、性能や機能に妥協したくないのであれば『iPad Pro』を選択するのが良いです。

iPad miniがおすすめ
  • サイズ感にこだわりがある
  • 価格の安さを重視する
  • ネットや動画などエンタメ関係がメイン
iPad Proがおすすめ
  • デザイン系の作業をする
  • Apple Pencilを重視する
  • USB-Cが必要な方
  • iPad Proをメインに使う頻度が高い

また、キャリアで契約する場合はお得なオンラインショップの利用がおすすめです。

オンラインショップを利用すると、待ち時間がなく、24時間いつでも注文することができます。

わからないことは電話やチャットで簡単に教えてもらうことができ、ドコモであれば事務手数料が掛かりません。

オンラインショップ限定のお得なキャンペーンを実施していることもあるので是非覗いてみてください。

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPad miniとiPad Proどちらを選ぶ?迷う理由やスペックの違いを徹底紹介

4位 キヤノン EOS Kiss M

最近はスマホでも綺麗な写真が撮れますが、スマホのカメラと比べるとかなり大きなセンサーを搭載している一眼カメラでは高画質の写真を簡単に撮影することができます。

せっかくの思い出を残すなら高画質な写真を残したいですよね。

一眼カメラは高画質で綺麗な写真が撮れるだけでなく、カメラを使って撮る楽しさを感じることもできます。

旅行やお出掛けがますます楽しくなるカメラは増税前におすすめできる家電です。

『キヤノン EOS Kiss M』は初心者向けカメラとして人気のある『キヤノン Kissブランド』から初めて登場したミラーレス一眼カメラです。

精度の高いオートフォーカスも魅力的で、初心者向けのカメラではありますが視認性の良い電子ビューファインダーを搭載しています。

ファインダーがあると、カメラを構えた時に脇が締まり手ブレを防止できるだけでなく、ファインダーを使うと写真を撮るのがとにかく楽しいです。

買って損の無い今一番おすすめできる初心者向けミラーレス一眼カメラなので是非参考にしてください。

有効画素数2410万画素
センサーサイズAPS-C
マウントキヤノンEF-M
AF測距点最大143/99点
シャッター速度・連射撮影速度1/4000・10コマ/秒
ISO100~25600
ボディ内手ブレ補正デュアルセンシングIS
モニター3インチ・104万ドット・タッチパネル・バリアングル液晶
ファインダーEVF
Wi-Fi対応
重量約387g
2019年最新!初心者におすすめの人気一眼レフカメラと失敗しない選び方を徹底紹介

3位 ブルーレイレコーダー DMR-BRW1050

レコーダーがあると生活が変わると言っても過言ではない程、生活が豊かで便利になります。

忙しくてドラマが見れない方や映画が見れない方も多いと思いますが、やはりドラマはかなり面白いです。

私自身も仕事の都合で毎週欠かさずドラマを見ることができなくなり、しばらくドラマを観ていなかったのですが、レコーダーを買ってからは毎クール必ず見るようになりました。

やはりドラマは面白いですね!

ブルーレイレコーダーは他社との互換性が良いパナソニック製が人気です。その中でコスパ抜群なのがこの『DMR-BRW1050』です。

2番組録画対応で1TBの容量にもかかわらず価格は3万円台と手頃な価格ではありますが十分な機能が搭載されています。

また、4Kアップコンバート・ノイズ除去といった各種補正機能を搭載しているため、映像が綺麗です。

ベーシックなモデルが欲しい方におすすめのモデルです。

ブルーレイレコーダーはテレビと同じメーカーで無くても問題ありません。

ブルーレイレコーダーのような物こそ、後悔しない為にも増税前に買いたいですね。

ポイント
  • 2番組同時録画
  • 外付けHDD・SeeQVault対応
  • Wi-Fi対応
  • 4K対応
  • HDD容量 1TB
  • Blu-ray、DVD再生可能
【2019年最新版】テレビと同じメーカー?ブルーレイレコーダーの選び方とおすすめ!

2位 Dyson Cyclone V10

第2位はダイソンのコードレス掃除機 V10です。

Dyson Cyclone V10」は毎分最大125,000回転のV10モーター搭載しており、「Dyson V8 Fluffy」よりバッテリー性能が大幅に向上しています。

そしておすすめするダイソン公式オンラインストアのみで購入できる直販限定セットは、既にV8を持っている私が買い替えたいと思うほど魅力的なセットなっています。

というのも、ダイソンのコードレスクリーナーには便利なアタッチメントが多く付属しているのですが、それを上手く収納する場所がありません。

いざアタッチメントを使おうと思っても「どこに置いたっけ?」となることが多く、せっかくオシャレな家電なので綺麗に片付けたいと思うのです。

そんな要望を叶えてくれるのがこのセットです。

全ての付属品が備えられており、一つの場所で全てを保管できる優れものです。

ダイソン用のスタンドはメーカー以外からも様々なスタンドが販売されていますが、これほど完成されたスタンドは他にありません。

ダイソンのアタッチメントは本当に便利なものが多く、掃除場所によって使い分ける楽しみがあるので、このようなスタンドがあれば嫌な掃除がますます楽しくなります。

フロアドックにはお掃除ツールを収納できる引き出しが付属しています。

既に掃除機を使っている人でもコードレス掃除機ならサブの掃除機にもメインの掃除機にもなり、軽くて小回りが効くので掃除が快適になります。

V10はよりゴミ捨てが簡単になった新しいゴミ捨て機構を搭載しているのもポイント。

モードもスイッチで楽々変えることができます。

キャンペーン中で価格が安くなっているので今買うなら間違いなくこれです!

増税前の機会におすすめできる家電です。

公式ダイソン公式オンラインストア

ライター

今なら価格¥56,983(税込)なのでガチでおすすめです。
Dyson Cyclone V10
重さ2.58kg
充電時間3.5時間
最長使用時間60分
ミニモーターヘッド
フトンツール
専用ドックが付属したセットは公式オンラインストア限定です。

公式ダイソン公式オンラインストア

ダイソンコードレス掃除機の選び方はこちら

2019年最新ダイソンのコードレス掃除機を比較!おすすめや違いを徹底紹介 ダイソンコードレス掃除機V11とV10の違いは?進化した機能やポイントを徹底比較

1位 iPhone

増税前に買いたい家電第1位はiPhoneです。家電とは少し違う気もしますが10万円近くもするスマホは是非とも増税前に買っておきたいところ。

特に毎年9月に新型が発表されているiPhoneは増税前ラストチャンスです。

そろそろスマホを買い替えたいと考えている方はできる限り新型発売直後に購入するようにしましょう!

新型発売直後がおすすめの理由
  • 旧型になるiPhoneの価格が下がる
  • 価格が下がらないので買うなら発売直後がおすすめ

新型iPhoneの情報はこちら
2019年新型iPhone XIの性能・発売日・スペックまとめ!次期XSはどうなる

現行iPhoneのおすすめこちら
【2019年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!スペックの比較と選び方【XS/XR/X/8/7/6s】

ちなみにキャリアでの新規契約・機種変更・MNP乗換は公式オンラインショップがおすすめです。

オンラインショップであれば待ち時間がなく、24時間どこでも購入ができます。また手数料が無料になるキャリアもあり、ショップで購入するよりも金額的にお得です。

公式なのでサポート体制も安心でわからないことを質問することもできます。待ち時間が掛からないというだけでも大きなメリットなのでぜひ検討してみてください。

ドコモの契約・乗換・機種変はオンラインショップがおすすめ!その理由を徹底解説 auの機種変更はオンラインショップが安い!メリットとポイントを徹底解説 ソフトバンクはオンラインショップがお得?特徴・限定キャンペーンを紹介

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

まとめ

増税前に買っておきたい家電を家電大好きブロガーの私がランキング形式で紹介しました。

まだ十分使える家電であれば無理に買い替える必要はありませんが、持っていない物や、そろそろ買い替えを検討している家電は増税前がチャンスです。

性能が大きく進化している家電もあるので、是非参考にしてください。

以上。「増税前に買っておきたいおすすめ家電ベスト5!家電を増税前に購入すべき理由」でした。

ライター
増税前は言い訳に爆買いしたいですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です