どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

【2020年最新】失敗しないダイソン掃除機のおすすめ5選!人気モデルを比較

掃除機と言えば「ダイソン」を思い浮かべますよね。

吸引力の高さで有名なダイソンの掃除機は性能面だけでなく、印象的なデザインが特徴。

洗練されたデザインが使うだけで面倒な掃除機を楽しくさせてくれます。

しかし、ダイソンの掃除機は種類も多くどれを選べば良いのか迷いますよね。

ライター
この記事ではダイソン愛用者の私が失敗しないダイソンのおすすめ掃除機を紹介します。

ぜひ自分の使い方に合う掃除機を選んでください!

公式サイトはこちら

・オンラインは価格が安い!
・オンライン限定のセットあり!

ダイソン掃除機の種類と選び方

ダイソンの掃除機は大きく分けて4つに分類されます。

MEMO

ダイソン掃除機の種類

  • キャニスター型
  • コードレスクリーナー
  • ハンディクリーナー
  • ロボット掃除機

それぞれの特徴を紹介するとこんな感じ。

キャニスター型

吸引力が高く、駆動時間を気にしなくて良いのが特徴。

「ダイソンBall」を搭載した物であれば機動性が高く、キャニスター型の弱点である方向転換などもスムーズに行える。

コードレスクリーナー

これ1台で何でもでき、手軽に使えるのが魅力的。

バッテリー式だがメインで使える程の駆動時間・吸引力があり、キャニスター型の代わりも十分果たせる。

ヘッドを取り替えるとハンディクリーナーとしても利用可能。

今掃除機を買うなら絶対にコードレスがおすすめ

ハンディクリーナー

小型なハンディクリーナーは車内の清掃や、布団クリーナーとして最適。

ダイソンであればコードレスクリーナーで代用できるので、コードレスクリーナーを購入するのがおすすめ。

ロボット掃除機

自動的に掃除をしてもらいたい方はロボット掃除機がおすすめ。

ダイソンのロボット掃除機は他社の4倍のパワーがあり、スマホアプリでスケジュール管理することも可能。

デザインもダイソンらしい洗練されたデザインです。

ダイソン掃除機の選び方のポイント

ダイソンの掃除機は用途に応じた幅広いモデルがあります。

ダイソンの掃除機を選ぶポイントをまとめると以下の通り。

選び方のポイント
  • 用途に応じてキャニスターかコードレスかを選ぶ
  • モデルによって付属品が違う
  • コードレスは駆動時間を要チェック
  • 吸引力は気にしすぎる必要なし

まず、用途に応じてキャニスター型かコードレスクリーナーかを選びましょう。

大きい部屋を隈なく掃除したい方はキャニスター型がおすすめですが、

コードレスクリーナーでも十分メインの掃除機として使えるので、まだコードレス掃除機を使ったことがないと言う方はコードレスクリーナーがおすすめです。

ダイソンはモデルによって付属品が異なる

ダイソンは同じシリーズでも複数のモデルがありますが、その違いは「付属品の数」の違いです。

たくさんの掃除ツールがあれば便利ですが、使わない物も多くあるので、必要最低限で十分です。

付属品が多くなると価格も高くなるので、自分が必要だと思う物がセットになっているモデルを選びましょう!

ライター
僕はダイソンのコードレス掃除機を長年愛用していますが、使っているアタッチメントは「隙間隙間ノズル」と「ミニモーターヘッド」の2つだけです。

コードレス掃除機は駆動時間をチェック

ダイソンのコードレスクリーナーはシリーズによって駆動時間が異なります。

種類充電時間最長使用時間
V113.5時間60分
V103.5時間60分
V85時間40分
V73.5時間30分

上のシリーズになるほど価格が高いので、部屋の広さ的に長い駆動時間が必要なければ安価な「V8」や「V7」がおすすめです。

ダイソンコードレス掃除機の違いと比較はこちら

【2020年最新】ダイソンコードレス掃除機のおすすめは?全モデルの違いを徹底比較

吸引力は気にしすぎる必要なし

掃除機の吸引力についても気になるポイントだと思いますが、ダイソンの掃除機であれば吸引力を気にしすぎる必要はありません。

ダイソンの掃除機はシリーズによって吸引力が異なりますが、吸引力が弱いモデルでも普通に使うには十分すぎるレベルです。

最新モデルになるほど吸引力は高くなりますが、その分価格も高くなるので無理に最新モデルを購入する必要はありません。

ライター
ダイソンは最新モデルが登場しても過去モデルを価格を下げて併売しています。

失敗しないダイソンのおすすめ掃除機5選

私は「Dyson V8 Fluffy」を利用しています。

初めて購入したコードレス掃除機だったので、本当にメインとして使えるのか心配でしたが、これを購入して以来キャニスター型の掃除機は一度も使っていません。

コードレス掃除機は気になった時に「さっと机を拭く感じ」で掃除機を掛けることができる手軽さが魅力です。

また、ミニモーターヘッドを使えば布団クリーナーとしても使用できるので一台あると掃除がかなりはかどります。

それでは数あるダイソンの掃除機から、失敗しないおすすめを紹介します!

1. Dyson V11 Fluffy

まずおすすめするのがダイソンコードレス掃除機の最新モデル「ダイソン V11 Fluffy」です。

Dyson Cyclone V10」の次世代モデルで違いをまとめるとこんな感じ。

  • V10より25%吸引力アップ
  • V10より運転音が11%静かに
  • 重量は2.58kgから2.72kgと僅かに重たく

充電時間と最長運転時間は変わらずに運転音と吸引力がアップしているのがすごいですね。

運転音は「Dyson V8 Fluffy」でもさほど気になりませんが小さいに越したことはありません。重量が僅かに重たくなっているのは少し残念なポイントですが、それでも申し分ない性能です。

また初となる液晶ディスプレイとV10から採用された新しいゴミ捨て機構を搭載しています。

液晶ディスプレイではバッテリーの残り時間を秒単位で表示されます。掃除時間の目安にもなるのでこれはありがたい機能ですね。

付属内容はこのようになっており、フトンツールは付属していませんがミニモーターヘッドで代用することができます。

また「Dyson V11 Fluffy+」であれば専用の充電ドックが付属しています。

ダイソンはこのように製品名の最後の名前によって付属品が異なるので購入時の参考にしてください。

ダイソン V11 Fluffy」は必要最低限のアタッチメント類がセットになったベーシックモデルとなっています。

液晶ディスプレイを搭載した先進的なデザインが気に入った方におすすめです。
ダイソン V11 Fluffy
重さ2.72kg
充電時間3.5時間
最長使用時間60分
ミニモーターヘッド
フトンツール
ダイソン 掃除機 コードレス Dyson V11 Fluffy SV14 FF
Dyson(ダイソン)

公式ダイソン公式オンラインストア

ダイソンコードレス掃除機V11とV10の違いは?進化した機能やポイントを徹底比較

2. Dyson V8 Fluffy

私も愛用している「Dyson V8 Fluffy」はとにかく安く、コスパが良いやつが欲しいという方におすすめです。

現在は旧モデルということで価格が安いですが普通に掃除をするのに困ることは一つもありません。

ゴミ捨て機構が旧型ですが、こちらのゴミ捨て機構でも不便に思うことはないです。

V10から採用されているゴミ捨て機構はゴミ捨てを垂直に行えるのでより簡単ですが、価格差を考えると「Dyson V8 Fluffy」でも十分と言えます。

吸引力、バッテリー共に不満はなく、付属品に関してもフトンヘッドは付いていませんが、ミニモーターヘッドで十分フトンを掃除できるのでフトンクリーナーの役割も果たしています。

付属のアタッチメントも必要以上に揃っているので、価格を抑えたい方はぜひこのモデルを検討してみてください。

ダイソン V8 Fluffy
重さ2.61kg
充電時間5時間
最長使用時間40分
ミニモーターヘッド
フトンツール

※キャンペーン中で公式オンラインショップが最も安く購入できます。

公式オンラインストアは高い印象がありましたが、ダイソンはキャンペーンも多く他より安いのでおすすめです。

公式ダイソン公式オンラインストア

現在はV8に変わってSlimモデルが販売されています。

Dyson V8 Slim」はV8をベースにクリーナーヘッドが小さく、パイプの長さが短くなったSlimモデルで、一人暮らしの方に特におすすめできるコードレス掃除機です。

V8 Slimについてはこちら

【Dyson V8 Slim】進化点とV8・V11の違いを比較!購入するべきか評価まとめ

3. Dyson Cyclone V10 直販限定セット

次におすすめするのが「Dyson Cyclone V10 直販限定セット」です。

「V10」は充電時間3.5時間で60分使用可能であることや、新しいゴミ捨て機構を搭載しているなど最新モデルに匹敵するスペックです。

このセットはダイソン公式オンラインストアのみで購入できる限定セットなのですが、既にV8を持っている私が買い替えたいと思うほど魅力的なセットなっています。

というのも、ダイソンのコードレスクリーナーには多くの便利なアタッチメントが付属しているのですが、それを上手く収納する場所がありません。

いざ使おうと思っても「どこに置いたっけ?」となることが多く、せっかくオシャレな家電なので綺麗に片付けたいと思うのです。

そんな要望を叶えてくれるのがこのセットです。

全ての付属品が備えられており、一つの場所で全てを保管できる優れもの。

メーカー以外からも様々なスタンドが販売されていますが、これほど完成されたスタンドは他にありません。

ダイソンのアタッチメントは本当に便利なものが多く、掃除場所によって使い分ける楽しみがあるので、このようなスタンドがあれば嫌な掃除がますます楽しくなります。

Dyson Cyclone V10
重さ2.58kg
充電時間3.5時間
最長使用時間60分
ミニモーターヘッド
フトンツール

公式ダイソン公式オンラインストア

ライター
価格と機能のバランスが良い満足度の高いセットです。
ダイソンコードレス掃除機V11とV10の違いは?進化した機能やポイントを徹底比較

4. Dyson V7

とにかく安いダイソン掃除機が安いという方には「Dyson V7」がおすすめ。

付属品もシンプルで、必要最低限の物しかセットに含まれていませんが、ダイソン公式オンラインストアの価格は30,800円(税込)と、「Dyson V8 Fluffy」と比べて約2万円も安いです。

ミニモーターヘッドが含まれていないのは少し残念なポイントですが、ミニモーターヘッドが付属するセットだと1万円以上も金額が高くなります。

使用頻度から考えると絶対に必要な物でもないので、価格の安さを重視する方は「Dyson V7」がおすすめです!

Dyson V7
重さ2.47kg
充電時間3.5時間
最長使用時間30分
ミニモーターヘッド
フトンツール
ダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FF
Dyson(ダイソン)

5. Dyson Ball Fluffy

キャニスター型の掃除機が欲しい方は「Dyson Ball Fluffy」がおすすめです。

Dyson Ball Fluffy」は思い通りにコントロールできる最新のBallテクノロジーを搭載。コンパクトで重量も2.72kgと軽量なのでスムーズな取り回しが可能です。

キャニスター型ならではの吸引力の高さと、4万円代の手頃な価格。

そしてフトンツールが付属しているので、吸引力の高さを活かした布団クリーナーとしても利用可能です。

ライター
コードレス掃除機が主流になりつつありますが、キャニスター型の安心感と、取り回しの良さがおすすめポイントです。

ダイソンおすすめ掃除機まとめ

この記事では「失敗しないダイソン掃除機のおすすめ5選!人気モデルを比較」について紹介しました。

用途別に紹介したので、自分に合う掃除機が見つかると幸いです。

この記事で紹介した掃除機をまとめるとこんな感じ。

ダイソンおすすめ掃除機

以上です!ぜひ参考にしてください!

ライター
ダイソンの掃除機は使いやすいだけでなく、使っていて楽しいので掃除が楽しくなりますよ!

ダイソンを選ぶべき理由はこちら

ダイソン公式オンラインショップがお得な場合が多いです。

他のメーカーだと公式オンラインショップは割高なイメージがありますが、ダイソンは公式オンラインショップの方が安いということが多々あります。

期間限定の割引セールを開催していることもあるのでぜひチェックしてみてください。

公式サイトはこちら

・オンラインは価格が安い!
・オンライン限定のセットあり!

コードレス掃除機のおすすめはこちら

【2020最新】おすすめのコードレス掃除機6選!使いやすい物を厳選紹介【人気モデル比較】

コードレス掃除機のメリット・デメリットはこちら

コードレス掃除機は実際にどう?メリット・デメリットを徹底紹介【コードレスクリーナー】

ダイソンコードレスのおすすめ紹介と比較はこちら

【2020年最新】ダイソンコードレス掃除機のおすすめは?全モデルの違いを徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。