iPhone 13発売日・スペックまとめ 

3ヶ月使ってわかったiPhone 11 ProからiPhone 12 Proに乗り換えて変わったこと

Apple StoreではiPhone 11 Proを買うことはできませんが、キャリアでは割引になったiPhone 11 Proをまだ購入することができます。

また、iPhone 11 Proを使っている場合は、iPhone 12 Proに乗り換えるべきかも気になると思います。

この記事ではiPhone 11 Proを使ったあと、iPhone 12 Proを3ヶ月使ってわかった乗り換えて変わったことを紹介します。

実際に使って変わったことを紹介しているので、宜しければ参考にしてください。

iPhone 11 ProとiPhone 12 Proを比較

左:iPhone 12 Pro、右:iPhone 11 Pro

まずは簡単にiPhone 12 ProとiPhone 11 Proの違いをおさらいします。

違いのポイント

違うポイントのみを抜粋すると以下の通り。

MEMO
  • サイズが5.8インチから6.1インチにアップ
  • 5Gに対応
  • 全カメラでナイトモード使用可能になった
  • HDRビデオ撮影に対応した
  • LiDARスキャナを新たに搭載
  • A14 Bionicで処理速度アップ
  • デザインの変更(角ばった)
  • 耐水性能が水深4メートルから6メートルにアップ
  • MagSafeに対応
  • 最小ストレージが64GBから128GBにアップ
  • Apple ProRAWに対応
  • ナイトモードを使ったポートレートに対応

こうして書き出して見るとめっちゃ変わってますよね。

スペック表で比較

iPhone 12 Pro
iPhone 11 Pro
ディスプレイ有機EL
6.1インチ
有機EL
6.1インチ
デザイン角ばったフレーム丸いフレーム
ストレージ128・256・512GB64・256・512GB
サイズ大きい小さい
発売時価格同じ同じ
処理性能20%向上
通信5G対応4G
画質勝ち負け
ナイトモード全てのカメラ広角のみ
耐水6m4m
ワイヤレス充電MagSafe対応従来通り

スペック表で比較してみてもiPhone 12 Proは発売時の価格は同じなので全体的にコスパが向上しています。

最低容量が128GBと多少多めに使っても安心できるストレージ容量になっているのは特にコスパの高さを感じました。

【iPhone 12 Pro レビュー】カメラが更に進化!実際に使った評価と評判・口コミも紹介 iPhone 11 Pro レビュー!高級感あるデザインとカメラが最高。実際に使った評価を紹介

公式サイトをチェック

ドコモはこちら

公式サイトへ

auはこちら

公式サイトへ

SoftBankはこちら

公式サイトへ

iPhone 12取扱開始

低容量プランがおすすめ

iPhone 12取扱開始

低容量プランがおすすめ

iPhone 13取扱

公式サイトへ

iPhone 11 ProからiPhone 12 Proに乗り換えて変わったこと

本当はiPhone 11 ProとiPhone 12 Proの違いが全て変わったことになると良いのですが、3ヶ月使っても実際にはほとんど使わない機能も多くありました。

乗り換えて変わったことのみをまとめると以下の通りです。

変わったこと
  • サイズアップでちょうど良い大きさになった
  • 角ばったデザインは満足度が高い
  • 超広角カメラでナイトモードが使える安心感
  • MagSafe対応でアクセサリーを使うようになった
  • AppleProRAWが楽しい
  • ナイトモードでポートレート撮影できるのも良い

買い替える価値があるかどうかは人によって意見が異なると思いますが、思った以上に実際に使っている変わったことがあったので、僕は買い替えて良かったと思いました。

たった1年でこれだけ変わるのは楽しさを含めて良い買い物で、iPhone 11 Proを下取りに出せば半額ぐらいで購入することができます。

iPhone 12 Proはよく売れているのも納得できる仕上がりです!

在庫状況から見るiPhone 12シリーズの人気機種を解説!やっぱりProが1番?

変わったことについて詳しく紹介します。

サイズアップで大きさがちょうど良い

iPhone 12シリーズはiPhone 12 miniの販売が不振であるようですが、確かに1台持ちということであれば、iPhone 12iPhone 12 Proの6.1インチが丁度いいサイズだと思います。

iPhoneに限らず他のAndroidスマホも6インチ程のサイズが主流になっており、電子書籍や動画を楽しむにも小さ過ぎず、持ち運びをする時も邪魔にならないサイズ感なので、バランスが良いです。

iPhone 11 Proの5.8インチと比べると僅かな差ではありますが、iPhone 12 Proに乗り換えて良いと感じました。

一応サイズを表にまとめると以下の通りです。

iPhone 12 ProiPhone 11 Pro
高さ146.7mm144mm
71,5mm71.4mm
厚さ7.4mm8.1mm
重量187g188g

角ばったデザインは満足度が高い

iPhone 12シリーズは久しぶりに角ばったデザインへと回帰しました。

フレームが丸みを帯びたデザインが良いのか、角ばったデザインが良いのかについては意見が別れるところですが、僕はiPhone 4が初めて使ったiPhoneなので角ばったデザインが良いです。

角ばったデザインの方が指に引っ掛かる感じして持ちやすく、デザインもカッコいいので満足度が高くなります。

iPhone 12 Proに乗り換えることによってiPhoneを手にするたびに嬉しくなるように変わりました。

超広角カメラでナイトモードが使える安心感

上の写真はiPhone 12 Pro Maxで撮影した写真ですが、iPhone 12シリーズでは超広角カメラでもナイトモードが使えるようになったので、積極的に超広角カメラを使っています。

今までは超広角カメラはレンズが暗く、少しでも暗い場所だとかなりのっぺりした画質の悪い写真になるので、あまり使っていませんでした。

ナイトモードが超広角カメラでも使えるようになったのは乗り換えて大きく変わったことの一つです。

MagSafe対応でアクセサリーを使うようになった

iPhone 12シリーズには新たにMagSafeが搭載。

僕は今まではiPhoneのアクセサリーを使うことがあまりなかったのですが、MagSafeは磁力で様々なアクセサリーを簡単に付け替える楽しさがあるので、アクセサリーを見るのも使うのも好きになりました。

おすすめのMagSafeアクセサリーについては別記事にまとめていますが、アクセサリーで楽しく使えるのもiPhone 12 Proに乗り換えて変わったことの一つです。

何がある?iPhoneのMagSafe対応おすすめアクセサリーまとめ!

Apple ProRAWで本格的な写真撮影を楽しめる

上の写真はiPhone 12 Pro MaxでRAW撮影した写真を現像した写真です。

カメラに興味がないとRAWという言葉は聞き慣れないと思いますが、簡単に説明するとRAW(ロウ)は撮影された色や明るさの情報が全て入った画像データです。

何ができるかと言うと、撮影時の情報が全て入っているので後から色味の調整などが細かく調整でき、実際に自分が見た色や雰囲気に調整することができます。

RAWで撮った写真を後から編集すると今までとは違う雰囲気の写真に仕上げることができるので、趣味のカメラとしても使えるように変わりました。

Apple ProRAWは記事執筆時点でiPhone 12のProモデルでしか使えない機能なので特別感も良いですよ!

ナイトモードでポートレート撮影できるのも良い

iPhone 12のProモデルにはLiDARスキャナが新たに搭載されました。

LiDARスキャナを使うことで計測アプリが瞬時に使えるようになった他にナイトモードを使ったポートレート撮影ができるようになりました。

暗い場所でも背景をボカした写真を撮ることができるので、写真のクオリティーがかなり向上します。

僕のように写真を撮るのが好きな方は一眼カメラを持っていかなくても、手軽に満足度の高い写真を撮れるので、iPhoneがしっかりとしたサブカメラに変わりました。

近年のiPhoneの中ではiPhone 12 Proは特に乗り換えて大きく変わったiPhoneと言えます。

iPhoneのLiDARスキャナとは?何ができるのかをわかりやすく解説

iPhone 12 Proに乗り換えても変わらなかったこと

最後に変わらなかったことについても紹介します。

乗り換えても変わらない
  • 処理速度の変化は感じない
  • 5Gは使ったことがない
  • 耐水性能の恩恵は感じていない
  • 耐久性の変化もわからない

処理速度はiPhone 11 Proでもかなりのハイスペックなので、この領域になると普通に使っていて変化を感じることはありません。

もうCPUスペックは気にしなくて良いです。

iPhone 12シリーズは5Gに対応したのも大きなポイントですが、都会のど真ん中でない限り5Gが使えるところはほぼないので現状では意味がないですね。

もう少しすると対応エリアも広がると思うので、それまでは5G通信ができることで変化は感じないです。

あとは耐水性能と耐久性が向上しているとのことですが、普通にガラスフィルムは必須ですし、あくまでも耐水なので水の中では使いません。

このあたりは乗り換えても特に変わらないのでスペックを見比べて喜ぶぐらいです。

まとめ:iPhone 11 Proより12 Proがおすすめ

この記事では簡単にiPhone 12 ProとiPhone 11 Proを比較。

乗り換えて変わったことについても紹介しました。

iPhone 12 Proは最近のiPhoneの中でも乗り換えた変わる画期的なiPhoneと言えるので今購入するのであればやはりiPhone 11 ProよりiPhone 12 Proの方がおすすめです。

iPhone 11 Proはキャリアなどでは大幅に安くなっていますが、長く使うことを考えるとiPhone 12 Proの方が満足度が高いと思うので、ぜひ参考にしてください。

また、購入する場合は待ち時間がなく、キャリアによっては事務手数料無料のオンラインショップがおすすめです。

ぜひチェックしてみてください。

以上。「3ヶ月使ってわかったiPhone 11 ProからiPhone 12 Proに乗り換えて変わったこと」でした。

公式オンラインショップについて紹介した記事はこちら

スマホがネットでカエル!ドコモオンラインがお得な7つの理由を徹底紹介 auの機種変更はオンラインショップが安い!メリットとポイントを徹底解説 ソフトバンクはオンラインショップがお得!特徴・限定キャンペーンを紹介

公式サイトをチェック

ドコモはこちら

公式サイトへ

auはこちら

公式サイトへ

SoftBankはこちら

公式サイトへ

iPhone 12取扱開始

低容量プランがおすすめ

iPhone 12取扱開始

低容量プランがおすすめ

iPhone 13取扱

公式サイトへ

【2021年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較 iPhone 12とiPhone 12 Proはどっちがおすすめ?デザイン・スペック・価格の違いを比較 iPhone 12とiPhone 12 miniはどっちが良い?両方使った感想を比較 どっちを買うべき?iPhone 12 miniとiPhone SEの違いを比較 iPhone 12シリーズが安いのはどこ?各社の料金を比較してみた【ドコモ・au・ソフトバンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。