フルサイズミラーレスという選択肢

f:id:maturikun:20170602084545j:plain

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

この記事では、フルサイズミラーレスという選択肢について私になりに思うことを紹介します。

まず一眼レフカメラは素晴らしい写真を撮らせてくれる素晴らしいカメラなのですが、やっぱり重たいくないですか。

そんな時に気になり始めたのがフルサイズミラーレスという選択肢です。

 

【一眼レフカメラ】重量が気になれば読む記事 身近な物と重さ比較

 

 

ミラーレス機とは

f:id:maturikun:20170525150420j:plain

 

ミラーレスカメラとは内部の鏡を省くことで、小型化・軽量化されたカメラのことです。

ファインダーは電子ファインダーとって言ってファインダーを覗くと小さな液晶に写された映像を確認することができます。

一眼レフカメラに搭載されている光学ファインダーは、内部の鏡を通して写されてた風景を見ることができようになっています。

簡単にいうと電子ファインダーはレンズの向こうの風景を映像として見ているということです。逆に光学ファインダーはレンズの向こうの風景を鏡で見ているということです。

少し前までは電子ファインダーは見ている映像と実際の風景とのタイムラグが目立っていましたが、最近は性能の向上によってタイムラグもほとんど感じなくなっています。それよりも小型・軽量等のミラーレスならではに魅力の方が多くなってきています。

確かにレンズの向こうの景色をリアルタイムに確認できる一眼レフの光学ファインダーはカメラとして、ともて大事なのですが、重さのデメリットの方が目立ってきているのが現状です。

また、映像として見るミラーレスの電子ファインダーはカメラ側の設定もそのまま映像として現れるので、設定ミスをしていてもファインダーを覗くと気づくことができます。光学ファインダーだと明るさなどの設定を変更してもその変化に気づくのは写真を撮った後になります。ファインダーを覗きながら写真の仕上がりがわかるのが電子ファンダーのメリットということですね。

 

ミラーレスカメラと言えば?

f:id:maturikun:20170623105508j:plain

 

ミラーレスカメラ界のドンはやはりSONYです!

ミラーレスカメラ業界で常に最先端を行っており、カメラ界の時代を引っ張っている存在です。

f:id:maturikun:20170623105720j:plain

SONY α7

こちらが世界で初めてフルサイズのセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラです。きっとカメラ界に衝撃が走ったのだと思います。

一般的にフルサイズのカメラと言えばプロが使うレベルのカメラで、フルサイズ一眼レフカメラで1番軽いカメラでも755gもあります。週刊少年ジャンプ1冊以上の重さです。でもこのα7は416g 

f:id:maturikun:20170622215317j:plain

350mlの缶ジュース1缶分の差があります。実際に持ってみると結構な差があると思います。

 

そんなSONYのフルサイズミラーレスカメラですが、順調に進化を続けて今やCanonやニコンが誇るハイスペック一眼レフカメラと並ぶ性能を小型・軽量ボディで実現しています。数年前は性能が劣るイメージのあったミラーレスカメラですが、今はプロでも通用するレベルのカメラと進化しているのです。

 

ミラーレスカメラはこんなに凄い!

 

では実際に今のミラーレスカメラはどれくらいの性能があるのかを、キヤノンの代表的なカメラEOS 5Dシリーズの最新モデル『EOS 5D Mark Ⅳ』と比較して見ましょう!

 

f:id:maturikun:20170623111807j:plain

 

EOS 5D Mark Ⅳ

α7R Ⅱ

メーカー

Canon

SONY

ファインダー

光学式

電子式

有効画素数

3040万画素

4240万画素

センサーサイズ

フルサイズ

フルサイズ

常用ISO感度

100-32000

100-25600

連写速度

約7コマ/秒

約5コマ/秒

シャッター

スピード

1/8000秒

1/8000秒

液晶

バリアングル非対応

チルト式

視野率

100%

100%

測距点

61点

25点

(コントラスト検出方式)

カードスロット

デュアル

シングル

4K動画

Wi-Fi

GPS

タッチパネル

重量

約890g

約625g

バッテリー

(撮影可能枚数)

・ファインダー撮影 900枚

・ライブビュー撮影 300枚

・ファインダー撮影 290枚

・ライブビュー撮影 340枚

価格

369,228円(掲載当時)

312,750円(掲載当時)

 

α7R ⅡはCanonユーザー憧れのEOS 5D Mark Ⅳと比べても引けを取らない性能です。しかも重さは約250gも軽いです。りんご1個分の違いです。りんご1個分でも肩にずっと掛けているとジワジワと肩がやられてきます。

 

メリット・デメリット

 

最近のミラーレスカメラが十分一眼レフカメラと戦えることがわかった所で改めてメリット・デメリットをまとめたいと思います。

 

メリット 

 

  • 小型・軽量
  • ファインダーで写真の仕上がりを確認しながら撮影できる
  • シャッター音が静か

 

やはり最大の魅力は小型・軽量ということです。一眼レフカメラは構造上ミラーレス程の小型・軽量化ができないのでこれはミラーレスならではの特徴です。

そして、レンズの向こうの風景が映像として見える電子ファインダーは設定が反映されているので写真の仕上がりを確認しながら撮影できるのも魅力的なポイントですね。また、鏡がないのでシャッターを切る時に鏡を動かす必要がないので音が静かです。無音シャッターという機能を搭載しているモデルもあります。

 

デメリット

 

  • 操作性が悪い
  • 若干のタイムラグがある
  • バッテリーの消費早い

 

小型はとても良いことなのですが、より高度な撮影技術が身についてくると、シャッタースピード、絞り、ISO感度などの設定を触ることも多くなってきます。そんな時に大型のボディだとボタン一つ一つに割り当てられていますが、小型ボディだと設定画面で変更しなければならいので、操作性が悪くなります。ボタンの方が設定変更のアクセスが早いですからね。

あと、ほとんど差はありませんが、レンズ越しの風景が光の速さで伝わる光学ファインダーと違って電子ファインダーは一度センサーで処理された映像が写されるので若干のタイムラグはあります。

そして、鏡でみる光学ファインダーと違って小さい液晶をつけっぱなしで見る電子ファインダーはバッテリー消費が早いです。これは予備バッテリーを用意すれば良いだけですけどね。

 

 まとめ

 

一眼レフカメラの重さに悩む人は多いと思います。そんな人にフルサイズミラーレスという選択肢についてまとめました。

スペックの高いカメラを持ちたいけど、重たいのは嫌という人にはベストな選択だと思います。

興味のある人は参考にして見てください!

 

最後までお読み頂きありがとうございます!