年末・年始にスマホ料金を見直しましょう!

キヤノンEOS Rにエントリーモデルが登場?スペックの噂をチェック

2018年はフルサイズミラーレス元年と呼ばれていますが、キヤノンの新マウント『RFマウント』は大きな話題を呼びました。

今までミラーレスに躊躇していた人も多くの人がミラーレスに惹かれるようになったと思います。

そして2019年はRFマウントのカメラが増えるということで期待している人も多いのではないでしょうか。

そんな中、2019年にRFマウントで最も早く登場していると言われているのがEOS Rのエントリーモデルです。

この記事では噂されているスペックを早速チェックしていきたいと思います。EOS Rを見送った方など、エントリーモデルのEOS Rが気になる方はぜひ一緒に発表まで盛り上がりましょう!

EOS R高画素機に関する噂はこちら

最新フルサイズミラーレスの発売状況

メーカーキヤノンニコンソニー
プロモデルα9
高画素モデルZ7α7R III
α7R II
ベーシックモデルEOS RZ6α7 III
α7 II
高感度モデルα7S II

フルサイズミラーレスの3大メーカーとなると思われる3社のラインアップをまとめました。

先行するソニーは流石のラインナップですね。

キヤノンに関してはまだまだラインナップに乏しくまさにこれからという状況です。

仮にエントリーモデルが発売されると他のメーカーにはないラインナップとなり、カメラをこれから始める方にも注目されるかもしれません。

ミラーレスのコスパの良さを活かし『いきなりフルサイズ』という時代が来るかもしれません。

次期RFシステムがエントリーモデルになる噂

EOS Rの次に登場するのがエントリーモデルになるという噂は『ImagingResource 』にキヤノンのICB製品事業部長のインタビューが掲載されている為です。

そのインタビューで「いずれプロ機は登場するが、多くの人にフルサイズを楽しんでもらうためにアマチュア用のモデルを発売したい」というようなことを言われています。

技術的な面でもプロ機の開発にはもう少し時間を掛けたいのかもしれません。

現状では次期モデルがエントリーモデルということだけで、詳細のスペックは一切わかっていません。

EOS Rのエントリーモデルに期待すること

EOS Rのエントリーモデルに期待することをまとめます。

期待すること
  • 小型化を追求したボディ
  • 10万円台前半の低価格
  • 小型レンズの拡充

小型化を追求したボディということで、EOS Rはベーシックモデルとしてかなりの高性能ですが、価格は20万円程と今までの常識で考えれば価格的にフルサイズエントリーモデルです。

EOS RのエントリーモデルのポイントはEOS Rとの差別化だと思います。

その為には他のカメラのサブ機としても使える小型化か圧倒的な低価格が重要で期待することです。

実際に小型化と低価格を重視するユーザーが多いです。

またエントリーモデルよりSONY α7Rのような高画素機を発売して欲しいという方も多いです。

ボディ内手ブレ補正についてはエントリーモデルということもあり、新搭載を期待する人は少ないようですね。

単純にEOS Rから価格を落として機能を省いただけで、面白味にかけますし、それならコスパが良いEOS Rで良いと感じる方が多いように思います。

圧倒的な低価格か、サブ機としても使える小型軽量化。このどちらかを叶えたカメラになることを期待します。

EOS Rのスペック

最後にEOS Rのスペックを参考に紹介します。

サイズ・重量

モデルEOS R
サイズ135.8 × 98.3 × 84.4 mm
重量
(撮影時)
約660g

イメージセンサー・レンズマウント

※左から『キヤノン RFマウント』『ニコン Zマウント』『ソニー Eマウント』

モデルEOS R
イメージセンサー約36.0×24.0mm ピクセル CMOS
有効画素数約3170万画素
手ぶれ補正レンズ内手ぶれ補正
デュアルセンシングIS
マウントRF
内径54mm
フランジバック20mm

シャッター・露出・オートフォーカス

モデルEOS R
AF測距点最大5655点 像面位相差検出
エリア分割数(143分割)
低照度AFEV-6.0
瞳AF
ISOISO100~40000
(拡張ISO:50/102400)
連写機能最高約8.0コマ/秒
シャッター速度1/8000~30秒
ストロボ同調速度1/200秒

液晶画面・EVF

モデルEOS R
モニター種別バリアングル
画面サイズ3.15型
画面解像度約210万ドット
タッチパネル
ファインダー0.5型有機EL
369万ドット
倍率:0.76

記録方式

モデルEOS R
記録媒体
SD
SDHC(UHS-I /II)
SDXC(UHS-I /II)
スロット数シングル

エントリーモデルなので少なくともEOS Rのこのスペックよりは低くなります。

スペックが低くなるのがわかっている以上、サイズと価格が気になるところですね。

まとめ

初めはキヤノンがフルサイズミラーレス一眼で新マウントを採用することに否定的な意見も多かったですが、機能を付帯した数種類のマウントアダプターを発売するなど、EFマウントユーザーを置き去りにしない姿勢などが好評でEOS Rシリーズに期待する声がとても多いです。

その第一弾となるカメラ本体がどのようなカメラで登場するのかはかなり気になるところです。

これからどんどん情報が出てくると思うので、新しい情報が追加されれば追記していきたいと思います。

以上。キヤノンEOS Rにエントリーモデルが登場?スペックの噂をチェックでした。

関連記事
キヤノンEOS Rの後継機はどうなるのか?高画素機のスペックまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です