iPhone 13発売日・スペックまとめ 

iMacとMacBook Proどっちを選ぶ!?メリット・デメリットを徹底比較!

オシャレなデザインと優れた機能で人気のAppleのパソコン『Mac』

近年はパソコンを購入するならMacを選ぶという方も多いですが、ノートにするかデスクトップにするか迷う方も多いのではないでしょうか。

パソコン買うならMac→じゃあMac買うなら?

ここすごく迷います!

僕も初めてMacを購入するときに1ヶ月は迷いました。

デスクトップとノートなんだから迷う必要がない気がしますが、ここで迷う人は基本的に持ち運ばないのが前提の人なんです。

持ち運ぶ可能性があるならMacBookシリーズ一択なので、家で使うのがメインの場合どちらが良いのか非常に悩ましいポイントですよね。

この記事ではiMacとMacBook Proそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

iMacとMacBook Proどっちにするかで迷っている人のお役に立てればなと思います。

ぜひ参考にしてください。

まつりくん
僕自身は結局MacBook Proを購入しましたが、MacBook Proを選んで良かったと思っています。しかし、4年後にMacBook Proが不調になった為今度はiMacを購入しました。

MacBook Proは性能が良いので4Kディスプレイを接続することで、自宅ではiMacのように使うことが可能ですが、iMacを使うようになってからはiMacが好きです。

iMacとMacBook性能でのコスパ対決

まずはコスパで考えて見ましょう!

値段の割にどちらの性能が良いかを比較してみます。

気になる両者の性能差ですが、価格が高いMacBook Proの方がが性能も良い気がしますが、果てしてどうなのでしょう!?

1番高いモデルで価格帯の近いモデルで比較してみます。

1番 高いモデルで比較

比較モデル

iMac 27インチ

3.8GHz プロセッサ

Retina 5K ディスプレイ

MacBook Pro

16インチ(1TBモデル)

ディスプレイ

27インチ Retina 5Kディスプレイ

16インチLiquid Retina XDRディスプレイ

プロセッサ

3.8GHz 8コアIntel Core i5

Turbo Boost使用時最大5.0GHz

Apple M1 Pro
10コアCPU,16コアGPU

ストレージ

512GB SSD

1TB SSD

メモリ

8GB(4GB x 2)2,666MHz DDR4メモリ
ユーザーがアクセスできるSO-DIMMスロット x 4

16GBユニファイドメモリ

グラフィック

Radeon Pro 5500X

(8GB GDDR6メモリ搭載)

Apple M1 Pro

価格

274,780円(税込)

321,800円(税込)

簡単な比較表を作りました。

MacBook Pro 16インチは2021年10月26日の新モデル登場によってcぷもApple製になっています。

今後を考えるとメモリは16GBでも良いですがiMacもオプションで16GBに変更することが可能で、価格差が3万円もあるのでメモリの増設ぐらいは価格的に簡単にできます。

まつりくん
iMacは自分でメモリを増設できるのもポイント。自分で増設するとかなり安くできます。

どっちがコスパが良い?

この2機種を比較した場合コスパが良いのはiMacです。

理由は27インチ5Kディスプレイを買おうとすればディスプレイだけで簡単に10万円以上のお金がかかってしまいます。

iMacの場合だと精度の良い27インチ5Kディスプレイ+コンピュータでの価格なのでかなりコスパが良いです。

また、標準でMagic keyboardとMagic Mouse 2が付属しているのも魅力的です。

MacBook Proの付属品は電源ケーブルと電源アダプタだけなのでiMacはかなりお得感があります。

ただし、16インチMacBook ProもLiquid Retina XDRディスプレイを搭載しているので一概に比較するのが難しいです。

下位モデル程 コスパ差が顕著!

一般的にパソコンで仕事をしている人でもない限りMacの最高モデルは高すぎて中々買えません。

一般の人が買う価格帯だとMacBook Proの13インチやiMacの24インチモデルが購入候補として気になると思います。

次はiMacとMacBook Proの一番価格が安いモデルで比較します。(iMacに関しては24インチモデルの下位モデル、MacBook ProはTouch Bar搭載モデルの下位モデルで比較)

低価格帯モデルで比較

比較モデル

24インチ

Retina 4K ディスプレイ

MacBook Pro

13インチ(256GBモデル)

Touch Bar搭載モデル

ディスプレイ

24インチ4.5K
Retinaディスプレイ

True Tone搭載13インチRetinaディスプレイ

プロセッサ

8コア M1チップ

8コア M1チップ

ストレージ

256GB SSD

256GB SSD

メモリ

8GBユニファイドメモリ

8GBユニファイドメモリ

グラフィック

7コアGPU

8コアGPU

価格

154,800円(税込)

148,280円(税込)

以前はMacBook Proは価格が高くコスパが悪かったですが、Apple純正のCPU「M1チップ」が搭載されてからは、価格が安くなっています。

iMacの下位モデルと比べると、MacBook Proの方が価格と性能が安く、以前よりもコスパに差はありません。

ただ、iMacは24インチの4Kディスプレイも手に入ることを考えると、持ち運びはできませんが、体感的なコスパはかなり高くなります。

iMacクラスのディスプレイを購入しようとすると、それだけで10万円近くの金額が必要になるので、大きいディスプレイで快適に使いたい場合はiMacがおすすめです。

比較のポイント
  • 下位モデルで性能が良いのはMacBook Pro
  • 価格差はほとんどない
  • iMacは高性能ディスプレイが一体型なのでお得

MacBook Proの魅力を語る

f:id:maturikun:20170729084433j:plain

次はMacBook Proをゴリ押しで褒めます。

MacBook Proの良いところを紹介するので参考にしてください。

圧倒的な所有感

持っていて、見るたびに目につくのは絶対MacBook Proです。

Apple Storeに行った時に最初に触りたくなるのはMacBook Proではないでしょうか?

MacBook Proはパソコンとは思えない程のブランド力があります。パソコンに触れるだけでこんなにも嬉しくなれるのはMacBook Proだけが持つ魅力です。

持ち運び自由

 

f:id:maturikun:20170729084927j:plain

フォトグラファーやトラベラーの愛用はやはりMacBook Proです。

これほどまで高性能なパソコンを手軽に持ち運ぶことができるので、どこでも素晴らしいワークステーションを構築することができます。

停電があっても心配ない

もし大事なデータの保存作業を行なっている時に停電になってしまったら…

僕は写真が趣味なので画像データは宝物です。

家に帰るとすぐにHDDにバックアップをとっているのですが、もしデータ移行中にデータが消えてしまったらと思うと不安で仕方がありません。

特にiMacのようなデスクトップだと、家族の誰かが電源ケーブルに躓いた(つまずいた)時点で終了です。

そう思うと停電の要素って結構身近にあると思うんですよね。

MacBook Proならバッテリー搭載で安心

10時間も持つバッテリーが搭載されているので、万が一の停電の際も安心して使用できます。

iMacとは違って部品も小型化しないといけないし、バッテリーも搭載しているので、MacBook Proの方がコスパが良いと考えることもできますね。

デスクトップにもなる

f:id:maturikun:20170729090028j:plain

MacBook Pro程の性能があれば外部ディスプレイと繋いでデスクトップとして使用することもできます。

正直この時点でMacBook Pro一択では?

と思いますよね。

Apple公式サイトでもこんな使用例が紹介されています。

15インチのMacBook Proだと2台の5Kディスプレイを同時に使用できるという驚異的なパワーを持っています。

最新のM1 Maxを搭載したディスプレイなら4台のディスプレイに出力可能とのこと。

これで自分の部屋ではデスクトップとして、リビングや外出先ではノートパソコンとして使用することができます。

僕はこんな感じで自宅ではMacBook Proをデスクトップ化して使用していました。

これはかなり便利なのですが熱問題には注意が必要です。

iMacを買ってわかったMacBook Proの6つのデメリット

デスクトップ化で使用した物

MacBook Proの使用環境を快適に!BoYataノートパソコンスタンドレビュー Magic Trackpad 2レビュー!デスクトップでもマウスが必要なくなる最強の操作性 Magic Keyboardレビュー!MacBook Proのデスクトップ化に必須アイテム 【レビューLG 27UL550-W】MacBookで使える安価で高性能なおすすめ4Kディスプレイ

iMacの魅力を語る

f:id:maturikun:20170729090907j:plain

次はiMacゴリ押しで魅力を語ります!

MacBook ProにはないiMacの魅力を紹介するので参考にしてください。

僕はずっとMacBook Proを使い続けると思っていましたが、現在のメインパソコンはiMacです。

使ってみるとMacBook Pro+外付けディスプレイよりも、iMac単体の方が動作が滑らかで快適でした。やはりデスクトップならではの安定感があるので、持ち運ばない人はiMacが良いです。

作業スペースが広い

iMacは作業スペースが圧倒的に広いのでMacBook Proみたいに、ちまちまデスクトップを切り替える必要がありません。

大きい画面ならではの使い方ができ、例えばYouTubeの画面を開いて、ながら作業することだってできます。

MacBook Proなら16インチでも一つのウインドウで画面がいっぱいになってしまいます。

またMacBook Proで外部ディスプレイに接続すると、どうしても本体が熱くなりバッテリーに与える負担が大きくなります。

まつりくん
MacBook Proは外部ディスプレイを繋げることができますが、どうしても本体が熱くなるので気になるんですよね。

iMacは本体が熱くなることもなく、大画面の高画質ディスプレイが使えるので作業は快適です!

ポートの種類が多い

f:id:maturikun:20170729091527j:plain

MacBook Proは1番ポート数が多いモデルでもUSB-Cポートが4つしかありませんが、iMacは搭載されているポート数が多いです。

27インチiMacに搭載されているポートは以下の通り。

iMacポート種類
  • ヘッドフォン
  • SDXCカードスロット
  • USB 3.0 ×4
  • USB-C ×2
  • ギガビットEthernet

iMacのポートをまとめると、これだけのポートがあります。

MacBook Proも14インチと16インチはSDXCカードスロットとHDMIポートが復活しているので今は大きな差はありませんが、iMacのポートの多さは魅力だと思います。

ただし、最新のiMac 24インチはポートの数が減っているので、MacBook Proとの差は無くなっています。

iMac 24インチは価格帯によってポートが2つのモデルと4つのモデルがあります。

iMac 24インチ 下位モデルiMac 24インチ 上位モデル
CPUM1(8コアCPU/7コアGPU)M1(8コアCPU/8コアGPU)
メモリ8GB8GB
ストレージ256GB256GB512GB
Touch IDなしあり
カラー4色7色
ポートThunderbolt / USB 4ポート×2Thunderbolt / USB 4ポート×2
USB 3ポート×2
価格154,800円(税込)177,800円(税込)199,800円(税込)

デスクトップならではの安心感

f:id:maturikun:20170729213147j:plain

パソコンで重たい作業をするのであれば、いくらMacBook Proが高い性能を誇っているとはいえ、排熱の問題からしてもiMacの方が優れています。

重度の重たい作業をする方でメインPCでの使用を考えているのなら、iMacの方が良いですね。

iMacはデスクトップ仕様なので動画の書き出し時間もiMacの方が速く、同じ価格で性能が良いのは断然iMacです。

コスパが良い

iMac並みの高精度な外付けディスプレイを購入しようとすると、ディスプレイだけで軽く10万円は超えます。

iMacは5Kディスプレイに高性能なCPUまで積んでのこの価格なのでかなりコスパが良いです。

よくMacはコスパが悪いと言われていますが、Office同等のソフトも付属していますし、Mac純正の優秀なソフトが初めからインストールされています。

購入した後に新たにソフトを入れなくても大抵のことは純正ソフトでできてしまうのがMacのすごいところで、それにRetinaディスプレイが高品質で凄すぎるので実はコスパが良いのです!

その中でもコスパ抜群のiMacは最強のMacと言えます。

結局MacBook ProとiMacどっちを選ぶ?

f:id:maturikun:20170729214112j:plain

僕は散々迷った結果MacBook Proを選びました!

僕は家でしかパソコンを使わないのに、iMacを買わずにMacBook Pro 15インチを購入しました。

MacBook Proを選んだ理由
  • バッテリー搭載で万が一のバックアップになる。iMacだとコンセント抜けたら悲惨な結果になるかも!?
  • 必ず移動しないとは限らない。部屋からリビングに移動することもあるし、引越しの時のiMacの配送料見たら高すぎてビックリした。
  • やっぱMacはノートパソコン型がオシャレ。
  • Proの名前が欲しかった。
  • iMacはポートが後ろにあって不便

以上がMacBook Proを買うことの決め手になったことです。

iMacのコスパが良いことは間違いありませんが、その価格差を埋めるほどMacBook Proに魅力があったと感じたのでMacBook Proを購入しました。

追記

遂にMacBook Proを外出先で使用する機会がありました。外出先でもガンガン使えるので、持ち運べるメインPCと呼ばれる由縁をつくづく感じました。

あと、MacBook Proを半年以上使って思ったことですが、家の中で動く機会は多いです。例えば家族と写真を見たり、見積もりなどの計算を行う時などに部屋からMacBook Proを持ち出す機会が多かったです。

サブPCを持っている人はiMacでも良いような気はしますが、メインPCでガッツリゲームをしない人(Macでゲームする人は少ないけど)はMacBook Proがオススメです!

追記2

MacBook ProをメインPCとして4年使いましたが、バッテリーが膨れてしまった為、iMacに買い替えました。

MacBook Proを購入しようと思ったのですが、iMacを選んだ理由は以下の通り。

結果的にデスクトップの魅力をかなり感じているので、動画編集をガッツリやりたい方はiMacがおすすめです。

iMacを選んだ理由
  • 今まで使っていたMacBook Proをサブ機にできる
  • 作業頻度が増え新たに机を購入しデスクトップ環境を構築した為
  • 外部ディスプレイを使うようになり、MacBook Proのファンが常時回るようになった。寿命を早めた原因になったかも?
  • iMacレベルのスペックが必要になった(動画編集を本格的に始めた)
  • 外部ディスプレイを使うようになり、大きい画面の便利さに気づいた

最初はMacBook Proで良いと思っていましたが、一度大きい画面の作業効率を知ってしまうと、小さい画面には戻れませんでした。

MacBook Proを外部ディスプレイに繋いでデスクトップパソコンとして使っていましたが、熱々になりすぎるのと、寿命を早めている気がしたので、やはりデスクトップの方が安心です。

僕の場合は外出先で作業をすることがほぼないので、画面の広いiMacの方が圧倒的に使いやすかったです。

また、使用する時間も長いのでMacBook Proを外部ディスプレイに接続し続けるのはバッテリー寿命を早めてしまいそうなぐらい熱くなっていたのが気になりました。

日頃からデスクトップメインでの使い方を考えている方はiMacがおすすめです!

iMacのレビュー記事はこちら

以上。『iMacとMacBook Proどっちを選ぶ!?メリット・デメリットを徹底比較!』でした。

悩んでいる人の参考になれば幸いです。お気に入りのMacを選んで最高のパソコンライフを送りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます!

iMacを買ってわかったMacBook Proの6つのデメリット 【2021年最新】MacBook Pro/Airと一緒に買いたいおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ Macを快適に!人気のおすすめ外付けディスプレイ徹底紹介【ゲームにも最適】 【2021年最新】MacBookの選び方!必要なスペックと比較・おすすめはどれか!? MacBook AirとMacBook Proはどっちが良い?違いを比較しておすすめを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。