どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

デスク周りをオシャレに!キングジムの収納スタンドペギーをレビュー

デスク周りを綺麗にしたいけど、よく使う物はデスク上に出しておきたいですよね。

僕の場合だとパソコンで使うケーブル関係やSDカードリーダーがそれにあたります。

デスクを少しでもオシャレにしつつ快適に使えるようにしたいと色々検討した結果、文具メーカーのキングジムが発売している「PEGGY(ペギー)」が良いと思い購入しました。

こちらが完成したデスクですが、写真中央にある卓上収納スタンドがペギーです。

この記事ではデスク周りをオシャレに収納できるペグボード「ペギー」を紹介します。

デスク周りの収納に困っている方はぜひ参考にしてください。

使用しているスタンディングデスクについてはこちら

キングジムの卓上収納ペギーとは

キングジムのペギーは日用品売り場によくあるペグボードを使った卓上収納です。

一般的なペグボードと同じですがサイズ感が机にぴったりで、オプション品を組み合わせることでオシャレな外観に仕上げることが可能。

別売のオプション品には「ペンスタンド」「ミニコンテナ」「ミニシェルフ」などがあります。

それぞれ400円〜700円と手軽な価格で販売されているのもポイント。

組み合わせるとこのような感じになります。

複数の穴が空いているので、好きな場所にフック等を通すことで使い方に合う自由な配置が可能。

用途に合わせてカスタマイズできるのが魅力です。

まつりくん
工具も不要でスタンドで自立できるのが良いです!
ペギーの特徴
  • ただのペグボードよりオシャレ
  • 工具不要で自立可能
  • 純正オプション品と組み合わせが可能
  • レイアウトを自由に変えられる

卓上収納ボード「ペギー」を使った感想

まず外箱はこのようになっており、段ボールの外装からしてオシャレですよね。

ペギーの通常セットはペグボードとスタンド、スタンドに固定する為のスペーサー、フックが8個付属しています。

セット内容
  • ペグボード×1枚
  • スタンド×1個
  • スペーサー×4個
  • フック×8個

こちらがペギー本体のセット。

これだけでは寂しいのでペギーの魅力はオシャレなオプションなのだと思いました。

組み立てはスペーサーの位置をチェック

本体セットの段ボール裏側に説明が記載されています。

組み立て方は簡単ですが、スペーサーを取り付ける位置を細かく書いてくれているので、その部分はチェックした方が良いです。

それ以外は特に説明を見なくても組み立てることができます。

まつりくん
スペーサーを取り付けることでガタつきが一切無くなります。

オプション品は必須

ペギーの本体だけのセット内容では使い道が限られてしまうので、オプション品は必須です。

僕が追加で購入したのはミニコンテナとペンスタンド、ミニシャルフの3つです。

ペギー純正のオプション品はこの3つが全てです。

特に使い勝手の良い「ペンスタンド」とオシャレな「ミニシェルフ」がおすすめ。

オプション品も箱の裏側に説明と使い方の例が記載されています。

個人的にはミニシェルフの金具だけ販売して欲しいです。

全てを取り出すとこのような感じです。

ミニコンテナとペンスタンドの取り付け部分が貧弱そうなので、あまり重たい物は入れない方が良さそうです。

それ以外は特に気になった点はありませんでした。

まつりくん
ミニシェルフはかなりオシャレです!

ケーブルの目隠しとして使える

とりあえず使用しているデスク周りはこんな感じになりました。

パソコンデスクに設置することで、小物が収納できるのは良かったのですが、それ以外にもペギーが配線の目隠しに使えるのが良かったです。

ペギーの後ろ側はこのように長さが余ったケーブルと、外付けディスプレイを使用する為のアダプターが隠れています。

また両面どちらともフックを掛けることができるので、写真ではわかりにくいですが背面にもフックを取り付けて外付けSSDを引っ掛けています。

パソコン周りはどうしてもケーブル関係が乱雑になってしまうので、ケーブルラックの役割も果たしてくれています。

まつりくん
小物スタンドよりケーブルラック&目隠しとして大活躍

学習机や小売店のディスプレイラックとしてだけでなく、パソコンデスクにも大活躍です。

卓上収納スタンドペギーのレビューまとめ

この記事では卓上収納スタンドのペギーをレビューしました。

デスク周りをオシャレにする為には極力物を置かないようにするのは大切ですが、やはり実用性も大切ですよね。

ペギーを使うとオシャレと使いやすさを両立することが可能。

満足できるデスクを完成させることができました。

良かったところ
  • 自由に配置できる
  • 他のペグボードよりオシャレ
  • デスクで使うのに丁度良いサイズ
  • オプション品(収納パーツ)が使いやすい
  • スタンドでしっかり自立できる
気になったところ
  • 別売りパーツを含めると価格が高くなる(全セットで約6,000円)

興味のある方はぜひ検討してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。