MacBookにマウスは必要か!?トラックパッドだけで快適Mac生活

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

MacBookを購入する際に『マウス』が必要かどうか気になりますよね。MacBookにはマウスが付属されていない為必要であれば購入する必要があります。

しかし、Apple純正の『Magic Mouse 2』は税別8,800円と安くはありません。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥8,030 (2018/11/18 21:20:08時点 Amazon調べ-詳細)

この記事では初めてMacBookを購入する人向けにMacBookにマウスは必要か!?ということを私の実経験を交えて紹介します。

気になる方はぜひ参考にしてください。

おすすめMacBookと選び方はこちら
【2018最新版!】MacBookの選び方!必要なスペックと比較・おすすめはどれか!?

MacBookにマウスは必要ない

MacBook Proを購入してから2年以上が経過していますが、いまだにMacでマウスを使ったことがありません。

購入した当初はある程度使ったらMagic Mouse 2を購入するつもりでいましたが、結局購入せずに2年以上ほぼ毎日MacBook Proを使用しています。

私自身が普段からMacBook Proでしていることはこちらです。

Macで普段していること

  • iMovieで動画編集
  • Photoshopで画像編集
  • ネットサーフィン
  • Numbersで文章作成
  • ブログ記事作成

動画編集やPhotoshopでの画像編集などの作業系や、ネットサーフィン、ブログ記事作成などMacBook Proの使い方としては一通りやっている方なのではないでしょうか。

ここまで使用してマウスを必要としていないということは、私はMacBookにマウスは必要ないと言い切れます。

MacBookにマウスが必要ない理由

ライター

MacBookにマウスが必要ない理由を紹介します(๑• ̀д•́ )✧

トラックパッドが広い

Windowsを搭載したノートパソコンはトラックパッドがおまけ程度の広さしかありませんが、MacBookのトラックパッドはかなり大きく、トラックパッドをメインで使用することが想定されています。

iPhone史上最も大きい『iPhone XS Max』と比べてもMacBook Pro 15インチのトラックパッドの方が1.2倍ほど大きいです。

トラックパッドの操作がマウスより快適

MacBookのトラックパッドの凄さは大きさだけではありません。

普通のパソコンのトラックパッドは滑りが悪くクリックも重たいですよね。しかしMacBookのトラックパッドはiPhoneをタップしているような感覚で使うことができるのです!

トラックパッドの魅力

  • 直感的な操作ができる
  • 拡大も縮小もスマホのような操作
  • 反応が早い
  • マウスのコロコロを回すより早く画面を展開できる。

文章で説明するのは難しいですが、とにかくスマホのような直感的な操作が可能です!

クリックは実際にトラックパッドを押し込むのではなく、押し込む操作をするとトラックパッドから振動が伝わり、まるで本当にクリックしているかのような感覚になります。

これが本当に快適でマウスのクリックよりも指に力を入れなくてもクリックすることができるので非常に楽です。

さらにアルミ素材で指を滑らかに動かすことができ、快適に操作することが可能です。

マウスだと机の材質によって、滑りが悪かったり、そもそもマウス自体に重量があるので長い時間使っていると腕がだるくなりますよね。

トラックパッドだと自分の指を動かすだけなので疲れを軽減することができます。

ライター
ジェスチャーは指の本数で代わり、例えば右クリックだと指2本でクリック、スクロールは指2本で滑らすなどという感じに決められています。

指の本数によって多くのジェスチャーが可能なので面白いですよ!

トラックパッドのジャスチャー 一覧はこちら

support.apple.com

必要ない理由まとめ

ここまでトラックパッドの魅力を紹介しました。

MacBookにマウスが必要ない理由をまとめるとこのようになります。

マウスが必要ない理由

  • トラックパッド操作前提で設計されているのでトラックパッドの質が高い
  • マウスを持つ必要がないので腕に疲れを軽減できる
  • 広いトラックパッドでジェスチャー操作ができるのでマウスより速い
  • マウスを置く場所が必要ないので場所を選ばない
  • 指滑りが滑らかでマウスより快適

MacBook Proを購入してから今までトラックパッドのみで操作してきましたが、マウスの方が便利だと感じるポイントが1つもなかったです。

トラックパッドが広いのでカーソールを画面の端まで簡単に届かすことができますし、ドラッグ操作するときにトラックパッドからはみ出てしまいそうな時は、そのまま違う指に入れ替えるだけで良く、マウスを持ち上げるということもしなくて済みます。

トラックパッドはキーボードのすぐ下に設置されているので、キーボードをタイピングしてからの動作線もマウスより短いのでスムーズです。

トラックパッドを使い始めると逆にマウスが不便に感じます!

システム環境設定で自分好みに調整・変更可能

トラックパッドもマウス同様にカーソル移動速度を変更することができたり、自分好みにカスタマイズすることが可能です。

割り当てられているジャスチャーを変更することが可能で、設定画面を開くとジェスチャー操作を動画で確認することもできます。

ジェスチャー操作は図で見るより実際の動きを見た方がわかりやすいので、ほんとさすがAppleさんです。

設定変更方法

①歯車のアイコン『設定変更画面をクリックする』

設定画面のトラックパッドをクリックする!
こちらの画面で設定変更が可能です。

トラックパッdpと画面が表示されているところで実際の動作を確認することも可能です。

ライター
この設定画面でジャスチャーの動作を見れるので、初めてのMacBookを使う方でどんなジェスチャーがあるかわからない場合は、ここで確認すると動画付きでかなりわかりやすいです!初めての人は一度見てみるのがオススメです。

まとめ

MacBookはマウスが付属されていなくて不安でしたが、トラックパッドだけで十分でした。

純正マウスは高いですし、トラックパッドの方が快適で慣れると作業効率もアップするのでマウスは必要ありません。

またトラックパッドなら電池切れの心配もないですし、キーボードの下にあるのでキーボードへのアクセスも素早くできます。

マウスがなくて不安な方もぜひ安心してMacBookを検討してください!

以上。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です