新型iPhone SEについてはこちら

iMac 27インチ(2020)レビュー!Macのデスクトップはどんな人におすすめなのかを解説

2020年8月に2020年モデルのiMacが登場。

僕は今までMacBook Pro一筋でしたが初めてiMacを購入しました。

2020年モデルのiMacはデザインは変わりませんでしたが、プロセッサ関係が最新のものにアップデート。さらに全モデルSSDを搭載するなど意外と進化している点は多いです。

正直、僕はMacBook Proが好きだったのでiMacを買うことになるとは全く思っていませんでしたが、実際に使ってみるとMacBook Proよりも良かった点が多かったです。

この記事ではデスクトップ型であるiMacはどんな人におすすめなのかも紹介しつつ、iMacをレビューしていきます。

購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2020)の特徴

まずはiMac 27インチ 2020の特徴について紹介します。

2020年モデルはデザインのフルモデルチェンジが期待されていましたが、デザインに関しては今まのiMacと全く同じ。

ディスプレイのベゼルが薄くなることもなく、従来と同じ縁が存在します。

まつりくん
デザインが変わっていないのは賛否両論ありましたが、結局これが完成された形なんですね。

デザインについてはあとで紹介しますが、僕自身もディスプレイ周りの大きな縁が気になっていましたが、サイズが大きいiMacでは画面の隅から隅まで視界に入ることはないので、実際に使っていると気にならないです。

この一見無意味そうに見える縁は意外と使う側を考えられているのでは?と感じるほどでした。

2019年モデルからの進化点

iMac 27インチ 2020年の前モデルは2019年モデル。今回の進化点はデザインが変わっていないのもあって、地味に感じるかもしれませんが、意外と進化しています。

進化ポイント
  • CPUプロセッサの進化
  • グラフィック性能の進化
  • 全モデルでSSDを搭載(以前はカスタムで可能)
  • オプションでNano-textureガラスを選択可能
  • FaceTimeカメラが1080pに進化
  • True Toneに対応
  • Apple T2チップを搭載(Hey Siriが利用可能に)
  • SDカードスロットがUHS-Ⅱに対応
  • 6Kディスプレイを接続可能

こうして書き起こしてみると大幅に進化していることがわかりますね。

iMacに関してはすぐに新モデルが登場するのでは?と言われていたり、このタイミングで買って良いものなのか僕自身も迷いましたが、こうして進化ポイントを見ると十分に買う価値はあったと感じています。

iMac 5Kモデルのみメモリを交換可能

iMacの特徴としてもう一つ大事なポイントは、自分でメモリを変えることができる点です。

絶対に中を触らせてくれないAppleが、iMacの5Kモデルに限ってメモリスロットのカバーを開けることができるようになっているのです。

その為、通常は購入時にオプションでメモリの容量アップが必要ですが、後からメモリを変更することが可能。

さらに自分でメモリを入手すると正規価格の半額ぐらいで済むのでかなりお得です。

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2020)のデザイン

Apple製品を購入する魅力の一つは間違いなく、洗練されたオシャレなデザインだと思います。

iMacはベゼルの縁が太く、どちらかと言うと流行りのデザインと比べると旧世代感がありますが、Appleマークが入ると急にオシャレに感じるんですよね。

ということで、代わり映えはしませんがiMac 27インチ 2020のデザインをチェックします。

まずiMac 27インチはApple Storeで見ると大きくは感じませんが、自宅に持ち帰るとかなり大きいです。

というより箱を見ただけでも重さを実感できます。

せっかくだったので体ごと記念撮影をしましたが、上半身がスッポリ収まるほどのサイズ感。

僕はとにかく早く使いたかったので、Apple Storeから頑張って持ち帰りましたが、周りの目が気になるのと、かなり重たかったのでネットでの購入をおすすめします。

また、僕自身iMacを購入するのが初めてだったので、詳しくはわかりませんがiMacの外箱のデザインは長らく変わっていないようです。

箱の裏面はこんな感じ。僕はApple製品が大好きなので今まで購入したApple製品の箱は全て捨てずに置いてあります。

iMacの場合はしっかりと梱包がされているので、引越しの予定がある方は箱を全て置いておいた方が良いかもしれないですね。

サイドからチェックするとこんな感じ。

上の向かって細くなっており、下側は約20cmの奥行きがあります。

まつりくん
箱なんかどうでも良いと思うかもしれませんが、Apple製品の箱は本当に良いですよ!

ちなみに箱を開けるとiMacはこんな感じで収納されています。

分厚めでピッタリサイズの梱包材を使って、しっかりとiMacを保護しているようです。

全て取り出すとこのようになっており、布カバーの下にはディスプレイシートが取り付けられています。

デザインに関しては特に記載することはなく、お馴染みのiMacという感じですね。

裏面には中央部分に電源コードの差込口があり、向かって右側に電源ボタン、左側にポート類が集まっています。

ポート部分を拡大するとこんな感じ。

ポート類
  • 3.5mmヘッドフォンジャック
  • SDXCカードスロット(UHS-Ⅱ)
  • USB-Aポート×4
  • Thunderbolt 3(USB-C)ポート×2

iMacは昔から言われていますが、ポート類が全て後ろに配置されている為かなり使い勝手は悪いです。

もはや慣れの問題ではあるのですが、USBハブはあまり使いたくないという人には結構なデメリットなんですよね。

頻繁にポート類を使う方は注意したいポイントです。

Apple Storeでカスタマイズなし購入する場合の付属品は写真の通りです。

LightningケーブルとMagic Mouse 2、Magic Keyboardが付属しています。

iMacの性能をレビュー

それではiMacの性能をレビューしていきます。

細かいベンチマークなどは省き、今までメインで使っていたMacBook Pro 15インチ(2016年モデル)と比較した感想などを紹介します。

まつりくん
ベンチマークより体感で感じる快適度が大切です

プロセッサ性能は65%の向上

Apple公式サイトではLogic Pro X使用時のプロセッサ性能が前モデルと比べて65%アップしているとのこと。

CPUスペックに関してはもはやこれ以上必要なのかってレベルですね。

僕はブログの記事作成とYouTube用の動画作成が主な使い方ですが、この程度であれば2016年に発売されたMacBook Proでも十分対応できていました。

iMacを使うようになって、まだ一度もファンが回っている音は聞いたことがないですし、ブログの記事作成はもちろん。動画編集も快適にサクサク行えています。

グラフィック性能は最大55%向上

こちらもApple公式サイトによると前モデルより最大55%もグラフィック性能が向上しているとのこと。

以前使っていたMacBook Proは外付け4Kディスプレイを使っていましたが、僅かにもたつきを感じることがありました。

今回購入したiMacでは大きい画面をサクサク使えるので、一体型による効果なのか、グラフィック性能が高いからなのかはわかりませんが、使いやすさはかなり向上しました。

MEMO

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2020)は新たに6Kの外部ディスプレイが使用可能に。

まつりくん
MacBook Proと外部ディスプレイの組み合わせも良かったですが、iMacの方が快適です!

メモリは自分で取り付け可能

僕はとにかくメモリをよく使います。

Safariのタブは何個も開きますし、ブログを書くChrome、動画編集のFinal Cut Pro X、画像編集のPhotoshop、keynoteと最低でもこれぐらいのソフトを同時に立ち上げて使っています。

なのでメモリ容量は特にこだわりたいポイントの1つです。

iMac 27インチは自分でメモリを増設できるのが大きな特徴。

購入したiMacのメモリは8GBだったので、さっそく「Crucial PC4-21300(DDR4-2666) 16GB×2」を購入して32GBのメモリで使っています。

iMacのメモリスロットは4つあるので、本来であれば購入した16GBのメモリ2枚と元々備わっている4GBのメモリ2枚で40GBのメモリ容量となるはずでしたが、2020年モデルはなぜか異なるメモリだと、クロック数が2133MHzにダウンしています。

40GB 2133MHzとなっている

そこまでスペックにこだわりがある訳ではありませんが、なんとなく気になるので純正のメモリを取り外し、購入した16GBメモリ2枚をスロットに挿入し、32GBのメモリとして使うことにしました。

今で使っていたMacBook Proは16GBメモリだったのですが、iMacの8GBメモリでも十分快適に使えていました。

メモリ容量が多い方が良いとは思いますが、そこまで気にしなくて良いです。

また、Appleでカスタマイズするより自分でメモリを買って取り付ける方が倍以上安くなるので、メモリ容量が気になる方は自分で取り付けるのがおすすめです。

全モデルSSD搭載は最高に快適

以前のiMacのメインストレージはSSDがオプション扱いになっていましたが、2020年モデルは全モデルSSDを搭載。

これはMacBook Proを使っていたのでよくわかりますが、メインストレージはSSD以外ありえないです。

SSDは静音性に優れているだけでなく、とにかく高速。HDDの約2倍のスピードがあります。

CPUやGPUの性能差は肌で感じにくいですが、HDDとSSDの違いは雲泥の差なので、SSDを搭載したiMacは音が全くなく、速度も速いので快適。

2020年モデルで1番大きな進化点と言えそうです。

ディスプレイは新たにTrue Tone搭載

iMacの大きな魅力の一つは超高画質のRetina 5Kディスプレイです。

このディスプレイの価格を考えるとiMacはMacの中でも最もコスパが高いと言われており、MacBook Proで外部ディスプレイを使う場合はどうしても本体のMacよりディスプレイの画質が劣るのが不満でした。

しかし、iMacを使えば外部ディスプレイは必要なく、Macならではの高画質のまま大画面で快適に作業が可能。

2020年モデルには新たにTrue Tone搭載を搭載しているので、周囲の色や明るさに合わせて、自動でマックの色と明るさを自動調節してくれます。

写真の編集をする場合は色が変わってしまうと不便なので必要ありませんが、普段使いには最適。

まつりくん
iMacと同じレベルの外付けディスプレイを買おうとすると約14万円必要です。大画面派は絶対にiMacがおすすめ

また、僕はオプションの選択をしませんでしたが2020年モデルのiMacはナノテクスチャーガラスを選択できます。

価格はプラス5万円もしますが、画面の写り込みを防止する効果があるようです。

iMacの音とマイクは超高音質

初めてMacBook Proを購入した時も音の良さに驚きましたが、iMacはその上を行っていました。

音質・カメラのポイント
  • 新たに1080p FaceTime HDカメラを搭載
  • スタジオ品質の3マイクアレイ搭載
  • 新搭載のT2チップがスピーカーと連携
  • Hey Siriが使えるようになった

iMacのカメラ・音質関係のポイントをまとめると以上です。

iMacは内蔵カメラとマイクが本当に進化しており、動画のアフレコで使ってみましたが一瞬外部マイクかと思うぐらいしっかり撮れていました。

iMacだけでYouTubeの自撮り動画が撮れるレベルで凄いです。

さらに、新たに搭載したApple T2 Securityチップによって、スピーカーの低音域のレスポンスが向上しているとのこと。

僕は音楽にそれほどこだわりがある訳ではありませんが、コンポで聞いているような迫力がありました。

正直、MacBook Proとここまでの差があるとは思っていなかったです。iMacの超高画質なディスプレイと透き通るよるな高音質スピーカーで映画を見ると最高だと思います。

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2020)の不満点

続いてiMacの不満点についても紹介します。

僕はもともとモバイル派だったので、iMacはあまり好きではありませんでした。

しかし、思った以上に快適ですっかりiMacのファンになってしまいましたが、不満点があるのも事実。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

USB-Cポートが全く足りてない

iMacは2つしかUSB-Cポートがありません。今はこれだけUSB-Cが普及している訳ですから2つというのは真面目に足りてないです。

従来のUSB-Aは1つか2つあれば十分なので、その分をUSB-Cにして欲しかった。

僕の場合は周辺機器のほとんどをUSB-Cに移行していたので、USB-Aに変換して使うという逆転現象になっています。

ライター
UAB-Aを増やすハブは多いですが、USB-Cを増やすハブって無いんですよね。

あと、デザイン的に仕方ない部分があると思いますが、ポート類が全て後ろなのも不便です。

これは前々から言われていることなのでデザインを優先すると仕方ないのだとは思いますが、せっかく高速のSDカードスロットを搭載しても、挿入する時間が上回ってしまいます。

縁が分厚いは気になったが意外と慣れる

最初iMacを買う時にどうしても気になっていたのが、何年も変わらないデザインと、今の時代に古臭く感じるディスプレイの分厚い縁です。

Appleのスタイリッシュなデザインが好きなのに、分厚い縁はスタイリッシュじゃないと気になっていましたが、意外と使っていると気にならないです。

逆に27インチという大きなディスプレイだと、全てが視界に入る訳ではないので縁があるぐらいが丁度良いです。

まつりくん
古く感じる分厚い縁ですが使いやすの面で良い効果があるのかもしれないですね

Macのデスクトップはかなりおすすめ

僕は生粋のモバイル派でデスクトップパソコンを買うつもりはありませんでした。

しかし、今までメインで使っていたMacBook Proのバッテリーが膨れてしまったのをきっかけに買い替えを決意。

ちょうど新型のiMacが発売されたばかりだったのでiMacを購入しました。

実際にiMacを使うと「動作の安定性」「価格の安さ」「バッテリー膨れない」「大画面高画質」などiMacの魅力を感じます。

僕はMacBook Proを使っていましたが、実家に帰る時ぐらいにしか持ち出しておらず、スタバなどのカフェで作業もしたことがありません。

基本的に家で作業するのが好きなので、外だと落ち着かないんですよね。

結果的に持ち出さないならiMacが最適との結論に至りました。家でしか使わないという方はiMacがおすすめです!

iMacがおすすめ
  • 大画面で作業をしたい
  • コスパの良いMacが欲しい
  • 動画を編集したい
  • バッテリー交換を気にせず使いたい

家でしか使わないのでバッテリーは不要でしたが、使っていると劣化するので長時間使う方はiMacの方が長寿命です。あとでメモリを増設することもできますし。

まとめ:良かったところ・気になったところ

iMacの説明書類、シールと画面を拭く布が付属

この記事ではiMac (Retina 5K, 27-inch, 2020)をレビューしました。

ずっと15インチの小さい画面で作業をしていましたが、少し前から外部ディスプレイを使うようになったということもあり、iMacは快適そのものでした。

最初からメインのパソコンはiMacにすれば良かったと感じるレベルです。

ただし、iMacは場所を取るのでどうしてもパソコンデスクは用意したいところ。

自分専用のパソコンデスクがある状態でiMacを使うと、作業が早くなるだけでなく、ストレスが無くなります!

最後に良かったところと気になったところをまとめます。

良かったところ
  • 大きいディスプレイが快適
  • 外部ディスプレイと比べて遅延がゼロ
  • Retina 5Kの画質が半端ない
  • コンポかと思うぐらい音質が良い
  • メモリを自分で変えれるので安い
  • 動画編集してもファンが回らなかった(余裕ってこと)
  • MacBook Proと比べるとコスパがかなり良い
気になったところ
  • USB-Cポート少ない(2つしかないので4つは欲しい)
  • ポートが後ろにあるのでアクセスが悪い
  • デザインが変わっていない(次は新しくなるかも)
  • 使わないマウスとキーボードが必ずついてくる

僕はMacBook Proを外部ディスプレイで使うときにMagic KeyboardMagic Trackpad 2を購入しました。その為iMacに付属してくるキーボードとマウスは全く使いません。

マウスとキーボードは別売りにしてその分価格を下げてもらえると良いですね。

以上。「iMac 27インチ(2020)レビュー!MacBook Proから乗り換え、Macのデスクトップはかなりおすすめ」でした。

MacBookシリーズのおすすめと比較

【2020年最新】MacBookの選び方!必要なスペックと比較・おすすめはどれか!?

MacBook AirとMacBook Proの比較

MacBook AirとMacBook Proはどっちが良い?違いを比較しておすすめを紹介

MacBook ProとiMacはどちらがおすすめか?

iMacとMacBook Proどっちを選ぶ!?メリット・デメリットを徹底比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。