iPhone 11登場!新型iPhoneについてはこちら

【レビューLG 27UL550-W】MacBookで使える安価で高性能なおすすめ4Kディスプレイ

MacBook ProやMacBook AirをメインPCにしている人は多いと思いますが、家では大きな画面で使いたいと思うのではないでしょうか。

また、ディスプレイがあれば机でPS4やNintendo Switchなどプロゲーマーさながらプレイを楽しむことも可能で、パソコン生活が更に快適になります。

しかし、ディスプレイって高いんじゃないの?と思ってしまう方も多いと思います。

そんな方におすすめなのがこの記事で紹介する『LG 27UL550-W』です!

この記事では実際に『LG 27UL550-W』を購入したのでレビューします。興味のある方はぜひ参考にしてください。

こんな人におすすめ

  • 安い4Kディスプレイが欲しい
  • Macとゲームで使いたい
  • デザイン性が高いディスプレイが欲しい
  • 予算5万円以下

LG 27UL550-Wのスペック・特徴

LG 27UL550-W』は韓国の総合家電メーカーLGエレクトロニクスの4Kモニターです。

LGエレクトロニクスはApple公式ストアにもMac向けディスプレイを提供しており、Apple製品を彷彿とさせるシンプルなデザインのディスプレイを販売しています。

Macを使っている人にとってデザインも大切なポイントの一つだと思います。

たくさんの外付けディスプレイを調べましたがApple純正の外付けディスプレイが無い今はLGを越えるデザインの外付けディスプレイはありません。

性能も高いですがデザインで選ぶなら間違いなLG製です!

27UL550-Wスペック

27UL550-W』には兄弟機として27UL500-Wがあります。この2つの違いはスタンドにあり、角度調整、高さ調整、ピボット表示(縦画面)ができるのが『27UL550-W』です。

550が調整可能なスタンド、500が調整ができないスタンドのディスプレイです。

サイズ27インチ
解像度4K(3840×2160)60Hz
入力端子DisplayPort
HDMI×2
スピーカー
ヘッドフォンジャック有
パネルIPS
表面加工ノングレア
ピボット
(縦画面表示)
可能
高さ調節可能
角度調節可能
コントラスト比1,000:1
応答時間(ms)5ms(GTG High)

正直ディスプレイのスペックを見てもわからないですよね。

ゲームに必要なスペックを参考にどれぐらいのスペックなのかを紹介します。今回はPS4のゲームを楽しむ前提で『27UL550-W』のスペックはどんな感じなのかを見ます。

ゲームをするモニタースペックでチェックすべき項目は以下のようになっています。

ポイント
  • リフレッシュレート・・・1秒あたりに表示できる映像の枚数
  • 応答速度・・・フレームを切替える速度
  • パネルの種類・・・「TN」「IPS」「VA」の3種類
  • 表面加工・・・グレア or ノングレア

リフレッシュレートについて

まずリフレッシュレートですが60Hz(ヘルツ)なら1秒間に60回映像を表示できます。

フレームレート(fps)と似たような感じですが、フレームレートはグラフィックボードが処理している枚数で、リフレッシュレートは実際にモニターが表示できる枚数のことです。

たくさんの枚数を出力できたとしても、ディスプレイに表示できなければ意味がないですよね。ディスプレイは選ぶ際はリフレッシュレートを気にする必要があります。

ちなみに『PS4』や『Nintendo Switch』の最大フレームレートは60なのでリフレッシュレート60Hzがあれば十分だと言えます。

27UL550-W』は4K,60Hzなので十分なスペックを有しています。

応答速度について

応答速度に関してはリフレッシュレートによって必要な速度が変わってきますがリフレッシュレート60Hzがあれば必要な応答速度は16ミリ秒です。

27UL550-W』の応答速度は5ミリ秒なのでこれも必要以上の応答速度があるので問題ありません。

パネルの特徴はこちら

TN・コストが安い主流パネル
・応答速度が速い
・色再現性能は少し劣る
IPS・キレイな色彩が特徴
・見る角度による映像の差を抑えている
・ゲームではなく映像向けディスプレイ
VA・「黒」を表現できる
・高コントラストが可能
・高画質なテレビに採用されている

ゲーム向きなら『TN』、パソコンの外付けディスプレイ用なら『IPS』が主流。

IPSパネルを搭載しUltra HD Blu-ray(UHD BD/4Kブルーレイ)で採用されている「HDR10」にも対応しています。HDR10の色深度は10bit(明暗差1024段階)で、SDRの8bit(256段階)に比べると、明暗差を4倍きめ細やかに表現できます。

暗い部分も鮮やかに明るく表示されるので暗いシーンが多いゲームでも快適です。

表面加工についてはこちら

グレア・光沢型
・色がハッキリ表示される
・クリエイター向き
ノングレア・非光沢型
・写り込みが少ない
・目への負担が小さくゲーム向き

27UL550-W』はノングレアが採用されています。

目の負担が小さくゲームにも最適です。Macはグレアを採用しているので若干見え方が違いますが実際に使用してみて外付けディスプレイはノングレアで良いかなと思いました。

私は写真をよく撮るのですが、写真の編集など色を細かく調整するときはMacBook Proの画面を使えば良いので問題ありません。

27UL550-W』は文句なしのスペックです!

機能も盛りだくさんなので普通に使っていて困ることはまずありません。

LG 27UL550-W レビュー

それでは早速レビューしていきます!

ライター
控えめに言ってもかなり良いディスプレイでした!

開封

外箱はこのようになっています。頑張って手で持って帰りましたが絶対にネットで購入した方が良いです。

それなりに重たいので持ち帰るのは疲れます。

箱を開けると緩衝材がありその下にディスプレイが収納されています。

梱包はきっちりされており余程のことが無い限り持ち帰る間に破損することはありません。開封後に出るゴミの量は多め。

スタンドや付属品はこのように収納されています。LGのディスプレイはスタンドがカッコイイですね!

付属品はこちら

付属品
  • 電源コード
  • AC-DCアダプタ
  • HDMIケーブル
  • DisplayPortケーブル
  • CD-ROM(取扱説明書/ソフトウェア収録)
  • 簡単セットアップガイド
  • ケーブルホルダー

ケーブル一式が付属しているので買い足す必要がありません。CD-ROMが付属していますがホームページからダウンロードすることができるので使用する必要はありません。

最近はCDドライブを搭載していないパソコンが多いのであまり使うことがないかと思います。

組み立て

ディスプレイの組み立ても数分で完了します。

STEP.1
ポールを設置

ポールをはめ込みスタンド下のネジを使って固定します。つまみが取り付けられているので工具やコインなしで取り付けが可能です。

STEP.2
ディスプレイを設置

ポールとディスプレイはワンタッチで取り付け可能。

写真のように斜めに挿入し、取り付けるだけです。説明書の図にしたがって取り付けるだけだったので簡単でした。

ディスプレイは重たいイメージでしたが力を入れなくても取り付けることができるので一人でも簡単に組み立てができます。

STEP.3
完了

たったこれだけで組み立ては完了です。あとはケーブルを使うだけで設定も必要ありません。

HDMI2つ搭載がかなり便利

27UL550-W』はHDMI入力端子を2つ搭載しています。

2つあればHUBなしでゲームをパソコンを接続することができ切替も簡単に行えるのでかなり便利です。

切替はディスプレイ下にあるボタンで行い、電源の入切もこのボタンで行えます。

このボタンは十字方向に動かすことができるので、これだけでディスプレイの設定や音量設定などを変更することも可能です。もちろん設定はパソコンに専用ソフトをインストールすることでも可能なので、状況によって使い分けることができます。

操作ボタンが1つに統一されているのと、操作がしやすい画面下に設置されているが良いです。

ディスプレイの裏に手を回すことなくHDMIの切替が可能です。

高さ・角度調節が便利

高さ調整

一番低くした状態が左の写真。一番高くした状態が右の写真です。

高さは段階的でなくディスプレイを動かすことで直感的に調整が可能です。決めた位置でしっかりホールドされるので調節可能範囲であれば好きな位置で位置決めを行うことができます。

また、ワンタッチで調整ができるので使い方に応じて逐一変更が可能です。
角度調整

左の写真が一番傾けた状態。右の写真が一番起こした状態です。

調整範囲はあまり大きくないですがモニターアームがなくても十分好みの角度・高さに調整することができます。

ピボット

縦向き表示にも対応しています。こちらも画面を動かすだけでこの状態にできるので簡単です。

映像が綺麗

ノングレアなので映り込みもなく4Kなので表示領域が大きく使いやすいです。

正直映像は人の目では違いがわかりにくく本当に綺麗なのかわからない部分がありますが、普段MacBook ProのRetinaディスプレイで慣れている自分でも『27UL550-W』のディスプレイ画質は全く不満がありません。

Macのディスプレイはかなり綺麗ですが、それと比べて不満がないのであれば十分なのではないでしょうか。

ゲームプレイもしてみましたが、暗所も黒く潰れることなくしっかりと表示されています。画質に関しても文句がないです。

LG 27UL550-W良かった点・気になった点

使用して良かったところ、気になったところについて紹介します。

良かったところ

  • 高さの調整幅が丁度いい
  • ゲームプレイでも美しいグラフィックで遅延がない
  • デザイン性が良いのでMacと合う

 

気になっていた高さの調整も程よく、特別なスイッチなしでワンタッチで調整できるのが良いです。

写真のMacBook Proは15インチですが画面が隠れることがないので、上下のデュアルディスプレイとして使用できます。

作業領域が広がったのでブログ記事執筆もかなり楽になりました。

MacBook Proで記事を作成し、上のディスプレイで調べ物をするような使い方をしています。

また、PS4でゲームをプレイしてみましたが遅延がなく、視認性が良いので対戦成績がかなりアップしました。今まではMacBook Proのリモートプレイでオンライン対戦を行なっていたのでやはり遅延があり、オンライン対戦では厳しい戦いを繰り広げていました。

このMacBook Proのリモートプレイでオンラインをしているときは、対戦成績後ろから3位が定位置だったですが、このディスプレイを使用すると上位3位以内に入れることもしばしばあります。

やはり遅延がないって素晴らしいですね。視認性が高まったのも成績アップに繋がっていると思います。

ケーブルホルダーがあるので散らかりがちなケーブルを束ねることができるのも良いです。

このような小さいポイントが後々の使い勝手に大きく影響してきます。このような気配りは嬉しいですね。

気になったところ

  • 見た目以上に奥行きがある

これだけ大きいディスプレイなので画面サイズは薄いですがスタンはかなり大き目です。

上の写真の机は奥行きが55cmなのですが半分以上はディスプレイに占領されています。思ったより奥行きがあるので机の奥行きは70cm以上が望ましいと感じました。

購入するときにはこの辺りの確認をしっかりする必要があります。

まとめ

これまでのレビューをまとめると

  • 4Kディスプレイの中ではかなり価格が安い
  • 映像は申し分ないほど綺麗
  • 遅延はなくゲームもスムーズ
  • 高さ調整範囲が110mmと広い
  • 満足度の高いデザイン性

外付けディスプレイの中にはヘッドホン(ステレオミニジャック)の出力端子がついていない物もありますが、『27UL550-W』はステレオミニジャックに加えHDMI×2と必要な端子が全て揃っています。

ディスプレイ性能以外も優れているので安く4Kディスプレイを買いたいという方には間違いのない製品だと言えます。

メーカー保証が3年と長いのも良いですね。

ぜひチェックしてみてください。

こんな人におすすめ

  • 安い4Kディスプレイが欲しい
  • Macとゲームで使いたい
  • デザイン性が高いディスプレイが欲しい
  • 予算5万円以下

関連Macを快適に!人気のおすすめ外付けディスプレイ徹底紹介【ゲームにも最適】

2019年最新MacBook Proと一緒に買いたいおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ【MacBook Air】 Macを快適に!人気のおすすめ外付けディスプレイ徹底紹介【ゲームにも最適】 【2019最新版!】MacBookの選び方!必要なスペックと比較・おすすめはどれか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です