どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

【エレコム液晶用クリーナーレビュー】画面の汚れをこれ一つで解決できる専用ウェットティッシュ

iPhoneやスマホの画面の汚れは気にしても仕方ない部分がありますが、パソコンやテレビの画面汚れはかなり気になります。

しかし、パソコンのディスプレイの画面清掃って水分が残ったり、ムラがでたりと綺麗に掃除するのがかなり難しいです。

僕の場合はMacBook Proの画面汚れが特に気になるのですが、少し水分を含ませて拭いても、余計に汚れが広がったりと苦労していました。

そこで購入してみたのが「エレコム液晶用クリーナー」なのですが、これがかなり良かったのでレビューします。

パソコンやテレビなどの汚れが気になっている方はぜひ参考にしてください。

エレコム液晶用クリーナーとは

エレコム液晶用クリーナーはノンアルコールの液晶用ウェットティッシュです。

ノンアルコールなので液晶を拭くのも安心で、液晶を拭くのに最適な機能を複数備えています。

ポイント
  • 液晶ディスプレイに優しいノンアルコール
  • 水滴による拭き後が残りにくい
  • メッシュ加工で軽く拭くだけで汚れが取れる
  • 一応帯電防止加工で拭いた後に埃が付着しにくいらいし(あんまりわからなかった)

液晶の汚れは水拭きだけでは、全然綺麗にならないのでこれ一つ買っておくとかなり便利です。

価格も高くないのでとりあえず購入するのがおすすめ。

この後に使った感想を詳しく紹介するので宜しければ参考にしてください。

まつりくん
枚数が多くなるにつれてコスパが良くなります。僕は150枚入りを購入しました。

エレコム液晶用クリーナーをレビュー

早速、レビューしていきます。

注意点や使用方法については商品パッケージに詳しく書かれています。

プラズマテレビには使用できないので注意が必要。一般的に液晶だとほとんどが問題ありません。

外観は普通のウェットティッシュと同じ

外観や蓋の感じなどは普通のウェットティッシュと同じです。

最初は枚数が多いので取り出しにくいですが、何枚か取り出すとスムーズに取り出せるようになりました。

この辺りも普通のウェットティッシュと同じです。

丁度いいウェット感で拭き跡が残らない

実際にシートを取り出すと、想像以上に乾いていて驚きました。

普通のウェットシートだとかなりベッタリ濡れている感じがありますが、この液晶用ウェットシートはちょっと湿っているなという感じ。

おそらく、この湿り具合がディスプレイに拭き跡を残さないポイントなのだと思います。

水の跡は拭いた後にムラができて、かなり汚く見えるのですが、このシートであれば乾拭きの必要もありませんでした。

良くわからないですが、三菱ケミカルの超極細分割繊維をメッシュ状に加工した不織布ということで、説明通りさっと拭くだけで汚れは取れます。

上の写真が拭き取り前の画面でキムワイプに軽く水を含ませて拭いていたのですが、余計に汚れが目立ってしまっています。

まつりくん
拭いても綺麗にならないので苦労していました。

エレコム液晶用クリーナーで拭いた後が上の写真です。

カメラにピントが合わないぐらいピカピカに仕上がりました。

特に力も入れずにさっと拭くだけで、ここまで綺麗になったのでもっと早く買えば良かったです。

まつりくん
丁度いい湿り具合なので水跡が残ることもなく、さっと服だけで写真の仕上がりになります。

iPhoneの画面を拭いた感じも載せておきます。

上の写真が拭く前、下の写真が拭いた後です。

サイズは大きすぎず小さすぎないサイズ

シートのサイズも丁度よく、1枚でノートパソコンとiPhone、テレビを拭くことができました。

写真はiPhone 12 Pro Maxと並べているので大きさの参考にしてください。

半分に折って使うぐらいが丁度良かったです。

まとめ:とりあえず1つは今すぐ買うべき

レビュー記事にするほどの物なのか迷いましたが、生活がかなり改善されたので紹介しました。

使って良かったところ、気になったところをまとめると以下の通り。

良かったところ
  • さっと拭くだけで綺麗になる
  • 拭き後が残らない
  • 価格が手頃(150枚入りで1枚あたり5.7円)
気になったところ
  • 取り出すのが固くて破れることがある

宜しければ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。