iPhone 11登場!新型iPhoneについてはこちら

MacBook AirとMacBook Proはどっちが良い?違いを比較しておすすめを紹介

オシャレで高性能なパソコンとして大人気の「MacBookシリーズ」

その中でも『MacBook Air』と『MacBook Pro』はAppleを代表する人気のノートパソコンです。

見た目も性能も似ているこの2つですが、どちらを購入するのが良いのか、迷う方も多いのではないでしょうか。

この記事ではMacBook AirとMacBook Proを比較して違いを紹介します!

Macの購入を考えている方は是非参考にしてください!

この記事でわかること
  • 価格・スペックの違い
  • 持ち運びやすさの違い
  • 使い方に応じたおすすめ

MacBook AirとMacBook Proを比較した結論

まずはそれぞれの特徴を比較した結論から紹介します。

MacBook AirMacBook Pro
価格119,800円(税別)から139,800円(税別)から
カラー・シルバー
・スペースグレイ
・ゴールド
・シルバー
・スペースグレイ
デザインスリム
重量1.25kg1.37kg/13インチ
1.83kg/15インチ
ディスプレイRetinaディスプレイRetinaディスプレイ
バッテリーネット閲覧最大12時間ネット閲覧最大10時間
処理性能約2倍の性能
音質ステレオスピーカーハイダイナミックレンジ
ステレオスピーカー
ポート数最大USB-Cポート×2最大USB-Cポート×4
サイズ13インチのみ13/15インチ

優れている方が赤文字です。

Proというだけあって性能はMacBook Proがぶっち切りなのかと思いきや、MacBook Airもなかなか健闘しています。

MacBook ProのCPUスペックは約2倍以上と素晴らしいですが、動画編集などの重たい作業をする予定がないのであればMacBook Airはかなりいい選択です。

ライター
通常のパソコンとして使うならMacBook Airが最適!

それでは詳しく紹介していきます!

MacBook AirとMacBook Proのラインナップ

MacBook Air
    • 13インチ USB-Cポート×2
      1.6GHzデュアルコア
      128GB/256GB
MacBook Pro
  • 13インチ USB-Cポート×2
    1.4GHzクアッドコア
    128GB/256GB
  • 13インチ USB-Cポート×4
    2.4GHzクアッドコア
    256GB/512GB
  • 15インチ USB-Cポート×4
    2.6GHz 6コア
    256GB
  • 15インチ USB-Cポート×4
    2.3GHz 8コア
    512GB

ラインナップは以上です。

MacBook Airは選択肢が少なくストレージを選ぶだけですが、

MacBook Proは「サイズ」「ポート数」「CPU」「ストレージ」と選ぶ項目が多いのが特徴です。

MacBook AirとMacBook Proの価格比較

パソコンを購入する上で価格は一番と言っても過言ではない程重要なポイントです。

それぞれのモデルの価格を比較します。

モデル価格
13インチ MacBook Air
1.6GHzデュアルコア・128GBストレージ・Touch ID
¥119,800 (税別)
13インチ MacBook Air
1.6GHzデュアルコア・256GBストレージ・Touch ID
¥139,800 (税別)
13インチ MacBook Pro
1.4GHzクアッドコア・128GBストレージ・Touch BarとTouch ID・USB-Cポート×2
¥139,800 (税別)
13インチ MacBook Pro
1.4GHzクアッドコア・256GBストレージ・Touch BarとTouch ID・USB-Cポート×2
¥159,800 (税別)
13インチ MacBook Pro
2.4GHzクアッドコア・256GBストレージ・Touch BarとTouch ID・USB-Cポート×4
¥198,800 (税別)
13インチ MacBook Pro
2.4GHzクアッドコア・512GBストレージ・Touch BarとTouch ID・USB-Cポート×4
¥220,800 (税別)
15インチ MacBook Pro
2.6GHz 6コア
・256GBストレージ・Touch BarとTouch ID・USB-Cポート×4
¥258,800 (税別)
15インチ MacBook Pro
2.3GHz 8コア
・512GBストレージ・Touch BarとTouch ID・USB-Cポート×4
¥302,800 (税別)

やはり迷うとすると『13インチ MacBook Air』か『13インチ MacBook Pro』ですよね。

15インチのMacBook Proは「CPU」「メモリ」「GPU」が大きく変わるので用途がかなり変わってきます。

そもそも15インチのMacBook Proを選ぶ方は、MacBook Airは眼中にないレベルなので、この記事では『13インチ MacBook Air』と『13インチ MacBook Pro』を比較します。

13インチMacBook AirとMacBook Proのスペック比較

迷うところである13インチのMacBook Airと13インチMacBook Proの各項目を比較します。

パソコン選びで大事なポイントは以下の通りです。

ポイント
  • CPU
  • GPU
  • メモリ
  • サイズ・重量
  • USBなどのインターフェース
  • バッテリー
  • ストレージ
  • 価格

もちろんこれだけじゃないと思う方もいると思いますが、あくまで私の経験上ではこれだけ比べておけば良いと思います。

それぞれの項目を比較していきます!

CPUを比較

モデル

CPU

MacBook Air

第8世代の1.6GHzデュアルコアIntel Core i5

MacBook Pro 13インチ
2つのポート

第8世代の1.4GHzクアッドコアIntel Core i5

MacBook Pro 13インチ
4つのポート

第8世代の2.4GHzクアッドコアIntel Core i5

CPU性能はやはり重視したいポイントですね!

比較した表をまとめましたが、違いはわかりませんよね!簡単にまとめたポイントがこちらです。

CPUのポイント
  • 〇〇GHzは数字が高い方が高スペック
  • クアッドコア>デュアルコア(CPUが4つがクアッドコア、2つがデュアルコア)
  • Core i9>Core i7>Core i5>Core m3

そしてベンチマークというCPUスペックを数字で表した順位はこちら!

CPUスペック順位

1位 MacBook Pro 13インチ 4つのポート

2位 MacBook Pro 13インチ 2つのポート

3位 MacBook Air


このようになっています。

13インチMacBook Proは搭載しているポート数によってCPUも違うのがポイントです。

CPUスペックまとめ

メインPCとして動画編集もバリバリ行うなら『MacBook Pro 15インチ』

それなりの写真編集やメインPCとして使いたいなら『MacBook Pro 13インチ』

あとはネットサーフィンや音楽管理、写真管理などがメインであれば『MacBook Air』でも十分すぎるスペックです。

GPUを比較

モデルGPU
MacBook AirIntel UHD Graphics 617
MacBook Pro 13インチ
2つのポート
Intel Iris Plus Graphics 645
MacBook Pro 13インチ
4つのポート
Intel Iris Plus Graphics 655

パソコンの性能を決めるのはCPUだけではありません!

特に最近は高画質な映像を扱うことが多い為、サクサク動作させるにはCPUよりGPUが重要であることも多いです。

簡単に言うと、画像に関する処理を専門に担当するのがCPUで、これにより綺麗な画像や映像をモニターに写すことができています。

パソコンでゲームをする方や動画編集をする方がGPUのスペックを特に気にしており、高画質な処理が多い現在はCPUよりも重きを置かれる場合があります。

MacのGPUの特徴としてはMacBook Proの15インチのみ独立GPUが搭載されています。

通常はCPUとGPUがセットになった統合GPUというものが使われているのですが、当然独立したGPUはそれらと比べ大きく性能が違います!

たくさんの高画素モニターを並べたいというかたもGPUは意識する必要があり独立GPUを搭載したMacBook Proは2台の5Kディスプレイを同時に使用できるというパワフルなパワーを持っています。

しかし、ゲームや重たい動画編集を頻繁にしないという方は通常のGPUでも十分満足することができます。

一般的な使い方であればそこまで気にしないで良いでしょう。

GPUに関してもMacBook AirよりMacBook Proが優れています。

メモリを比較

モデルGPU
MacBook Air8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
MacBook Pro 13インチ
2つのポート
8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
MacBook Pro 13インチ
4つのポート
8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ

よく机の広さと例えられるメモリですが、こちらはこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。

複数のアプリを使用する際にメモリの大きさは大事です。

時代とともにより高度なアプリが登場するため長く使うのであればメモリは大きい方が良いです。

こちらが私のMacBook Proのアクティビティモニタで確認した結果です。使用済メモリは8.64GBとなっています。

そこまで大きなアプリを開いている訳ではありませんが、メモリは簡単に埋まってしまうのです。

Macのメモリを見てみると標準で搭載されているものはMacBook Pro以外は8GB。他のメーカーのパソコンと比べても小さく少し物足りないところですね。

どのMacもオプションで16GBに変更することも可能ですが+22,000(税別)と少し割高になってしまいます。

この点は少し注意すべきところです。

ライター
MacBook Pro15インチはオプションで32GBのメモリを搭載することが可能。

MacBook AirとMacBook Proのメモリの差はありません。

サイズ・重量を比較

※写真は15インチ MacBook Pro

モデル薄さ重量
MacBook Air1.56cm30.41cm21.24cm1.25kg
MacBook Pro 13インチ
2つのポート
1.49cm30.41cm21.24cm1.37kg
MacBook Pro 13インチ
4つのポート
1.49cm30.41cm21.24cm1.37kg

持ち運ぶ際に重要なサイズと重さはこのようになっています。

薄くて軽いイメージの強いMacBook Airですが、こうして比較してみるとMacBook Proと大きく差はありません。

重量は僅かにMacBook Airが優っているものの、サイズで選ぶメリットはほぼ無いと言えます。

MacBook Proの進化を感じることができますね。

ただしMacBook Airの最薄部はかなり薄く、0.41cmとMacBookシリーズで最薄となっています。

スタイリッシュなMacを使いたいという方は、フォルム的にMacBook Airがオシャレでおすすめです。

ちなみに12インチと15インチを比べるとこんな感じ。

左が『MacBook』右が『MacBook Pro 15インチ』です。

横から見るとこのような感じで12インチと15インチの差はかなりあるなという感じです。

 インターフェースを比較

モデルポート
MacBook AirThunderbolt 3(USB-C)ポート x 2
MacBook Pro 13インチ
2つのポート
Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 2
MacBook Pro 13インチ
4つのポート
Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 4

パソコン選びではインターフェースも大切なポイントです。

MacBook Airのポート数は2つ。

13インチMacBook Proはポート数が違う2種類のMacBook Proがあります。

ポートの数は他のMacと差がつけられているポイントで、2つだと充電用に1本使った場合、もう一つしかポートが無いので少し少ないと感じます。

また、外付けHDDや外部機器を多数接続する際などに2つでは別途アダプターを購入する必要があります。

特にMacBook Proを購入する時は自分の用途を考えてポートの数が2つで足りるのかを検討するようにしましょう。

POINT
  • MacBook Airは端子が2つ
  • 13インチMacBook Proは端子が2つのモデルと4つのモデルがある
  • 15インチMacBook Proは4つのモデルのみ
ライター
僕は外付けHDD外部ディスプレイ、カメラを接続することがあるので2つでは足りません。

バッテリーを比較

モデルバッテリー
MacBook Air最大12時間のネット閲覧
49.9Whリチウムポリマーバッテリー
30W USB-C電源アダプタ
MacBook Pro 13インチ
2つのポート
最大10時間のネット閲覧
58.2Whリチウムポリマーバッテリー
61W USB-C電源アダプタ
MacBook Pro 13インチ
4つのポート
最大10時間のネット閲覧
58.0Whリチウムポリマーバッテリー
61W USB-C電源アダプタ

バッテリー持ちに関してはCPU不可の少ないMacBook Airのほうが長持ちします。

しかし、MacBook ProはクアッドコアのCPUを搭載していながら、ワイヤレスによるネット閲覧が10時間可能とかなり省電力に力が入れられています。

実際の駆動時間で比較した場合は、

1位 MacBook Air

2位 MacBook Pro 13インチ 2つのポート

3位 MacBook Pro 13インチ 4つのポート

以上の順位で各1時間〜3時間程電池持ちに開きが出ると思われます。

ただし、MacBook ProやMacBook AirはPD対応のモバイルバッテリーでの充電も可能なので、その点ではバッテリー持ちによる差はほとんどないと言えます。

どちらにせよ10時間も持てば十分だと思うのでバッテリー性能は気にせず選んで問題なしです。

ポイント

13インチMacBook Proは公称では同じ使用可能時間となっていますが、2つのポートモデルは「58.2Whリチウムポリマーバッテリー内蔵」、4つのポートモデルは「58.0Whリチウムポリマーバッテリー内蔵」と僅かに差があります。

また、CPUにも差があるので実際には2つのポートのモデルの方がバッテリー持ちが良いです。

そして、付属する電源アダプタにも違いあり、MacBook Airは30Wの電源アダプタが付属し、MacBook Proには61Wの電源アダプタが付属します。

61W電源アダプタのほうが早く充電を完了させることが可能です。

ライター
バッテリー持ちと軽さを重視すると持ち運びに最適なのはMacBook Airです!

ストレージを比較

モデルストレージ
MacBook Air128GB/256GB
カスタマイズで最大1TB
MacBook Pro 13インチ
2つのポート
128GB/256GB
カスタマイズで最大2TB
MacBook Pro 13インチ
4つのポート
256GB/512GB
カスタマイズで最大2TB

Macノートを選ぶ上でストレージ容量もやはり迷うポイントです。

MacノートのストレージはSSDが基本で容量は少ない替わりにかなり高速です。そして音もしないため快適に使用することができます。

カスタマイズを行えば、MacBook Airは最大1TBまで、13インチMacBook Proは最大2TBまで容量アップすることが可能。

ただしカスタマイズによる増量は割高で金額が驚くほど高いので現実的ではありません。

人によって用途が違うので一概には言えませんが、結局512GBや1TBでも足りないのではないでしょうか?

SSDは容量が少ないので外付けHDDと合わせて使用するのがおすすめ。なので256GBあれば十分だと思います。

128GBだと元々のOSデータやアプリケーションのデータでかなり一杯になるのであまりおすすめできません。

普段使わないデータや大きいデータは外付けHDDに保存しておき、作業する時やよく使うデータのみを読み込みの早いMac内のSSDに保存するのがおすすめです!

ライター
多少予算オーバーとなっても256GBモデルの購入をおすすめします
Macにオススメ!デザイン・性能良しの外付けHDDまとめ!!

MacBook AirとMacBook Proどちらがおすすめか

パソコンは自分の使い方にあったスペックの物を選ぶのが最適です!

おすすめまとめ

  • 価格を抑えたい→MacBook Air
  • 性能と価格を重視→13インチ MacBook Pro(ポート×2)
  • モバイル最強→13インチ MacBook Pro(ポート×4)
  • デスクトップ以上→15インチ MacBook Pro

以上です。

とりあえずMacを使ってみたいという人はMacBook Airが価格的にも手頃で、ネットや動画閲覧、書類作成を楽々行えます。

Photoshopで画像編集をしたいなという方は13インチ MacBook Pro(ポート×2)がおすすめで、動画も少し編集したい人は13インチ MacBook Pro(ポート×4)がおすすめです。

さらに、デスクトップ並みの重たい作業をやりたいという方は迷わず15インチのMacBook Proを選ぶべきです。

私はMacBook Pro 15インチを使用していますが、どこでもデスクトップ並みの作業ができるのでかなり使いやすいです。

また、自宅では外部ディスプレイに繋いでデスクトップパソコンと同じ使い方ができるので、デスクトップとノートを迷っている方も15インチ MacBook Proを選べると安心できると思います。

iMacとMacBook Proどっちを選ぶ!?メリット・デメリットを徹底比較!
ライター
ただし、15インチはカフェに持ち運ぶには少し大きく、重たいのでカフェで使いたい人は13インチがおすすめです

最後にそれぞれの特徴をまとめます!

MacBook Air 2019

2019年7月9日に発売されたMacBook Airの最新モデルです。

前モデルからはマイナーアップデートですが、金額が大幅に下がっています。

旧型(2018年モデル以前)のMacBook Airと比べるとスペックも進化しており、より薄型化・軽量化されています。そして注目ポイントとして電源ボタンにTouch IDを搭載しました。

Touch IDはTouch Barを搭載しているMacBook Proにしか搭載されていませんでしたが、今回Touch BarのないMacBook Airに搭載され嬉しいという声が多いです。

ポートはUSB-Cポートが2つのみですが、特別な作業をする予定でなければ2つあれば十分です。

安価でコンパクトなMacノートが欲しいという方におすすめです。

こんな人におすすめ
  • 負荷の高い作業をしない方
  • ネットーサーフィン、書類作成がメインの方
  • 持ち運びの良さと基本性能を重視したい方

MacBook Pro 13インチ 2つのポート

USB-C ×2でも良いという方におすすめです。

ポートは2つしかありませんが、価格が安く、家でじっくりというよりは持ち運び重視の方におすすめです。

MacBook Pro 13インチはスペックと大きさ、重さのバランスがよく本当に使いやすいノートパソコンです。価格を抑えたいという方は2つのポートモデルを選ぶのがおすすめです。

こんな人におすすめ
  • スペック、大きさ、価格のバランスを重視する方
  • 普段使い用のMacをお探しの方
  • 持ち運びすることがある方
  • Touch Barが不要な方
  • USB-C端子が2つで良い方

MacBook Pro 13インチ 4つのポート

13インチMacBook Proにより性能を求める方は4つのポートを搭載したモデルがおすすめです。

スペックやUSB-C端子の数などで差別化されるのが嫌という方にはこちらのMacBook Proを選ぶべきで、やはりMacBook Pro級のパソコンになるとUSB-C端子が2つでは不便に感じることもあるのではないでしょうか。

予算に余裕があるのならこちらのモデルがオススメです。

こんな人におすすめ
  • スペック、大きさ、価格のバランスを重視する方
  • 普段使い用のMacをお探しの方
  • 持ち運びすることがある方
  • Touch Barが必要な方
  • USB-C端子が4つ欲しい方

MacBook Pro 15インチ

f:id:maturikun:20180227165855p:plain

ノートパソコンながらデスクトップ以上にパワフルなプロスペックのMacBook Proです。

動画編集やゲームをしたい方におすすめで、13インチモデルと比べると6コアもしくは8コアであることや独自GPU、メモリが標準で16GBなどコスパが良い部分もあります。

というのも、MacBook Pro 13インチモデルのメモリを変えるなど、カスタマイズを行うとすぐにMacBook Pro 15インチモデルが買える金額になること。

13インチがクアッドコアに対して15インチは6コア、Core i5に対してCore i7、独自GPUなど価格差の割に性能がかなり上です。

更に上位モデルだと8コアIntel Core i9プロセッサにアップします。

私的にはメモリが標準で16GBとというのが本当にポイントで長い期間使用することを考えている方には少し大きめのメモリを購入するのが大事です。

デスクトップパソコン並みの作業をするが、家の中や外での移動があるという方やスペックに妥協したく無いという方は、15インチMacBook Proを選んでおけば間違いないです。

こんな人におすすめ
  • スペックの高さ求める方
  • デスクトップとしても使いたい方
  • カスタマイズをする気がない方
  • Touch Barが必要な方
  • USB-C端子が4つ欲しい方

以上。MacBook AirとMacBook Proの違いと比較、どちらがおすすめかについて紹介しました。

これからMacの購入を考えている方の参考になれば幸いです。

ぜひ自分の使用用途にあったMacを選んで快適な生活を送ってください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Macは本当に使いやすくて楽しいです!ぜひ体験してみてください
容量が少ないMacにおすすめ!簡単・快適データ保存方法まとめ 2019年最新MacBook Proと一緒に買いたいおすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ【MacBook Air】 iMacとMacBook Proどっちを選ぶ!?メリット・デメリットを徹底比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です