MacBook Pro 2018発表!!2017年モデルとの違い・買うべきかまとめ

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

2018年7月12日にいきなり『新型MacBook Pro』が発表されました。6月のWWDCで発表されなかったこともあり、新型はもう少し後になると言われていたので、完全にサプライズです。

今回の新型は基本的にマイナーアップデートですが、かなり魅力的な性能となって登場しました。

今回は『MacBook Pro 2018』と先代にあたる『MacBook Pro 2017年』を比較しながら紹介していきたいと思います。

ぜひご覧ください。

新型MacBook Pro ポイント

今回発表された『MacBook Pro』以下の4種類です。

MacBook Pro 2018
  • 13インチモデル 256GB
  • 13インチモデル 512GB
  • 15インチモデル 256GB
  • 15インチモデル 512GB

ラインアップはいつもと同じで13インチ15インチのそれぞれ256GBモデルと512GBモデルの合計4種類です。今回は全て『Touch Bar』搭載モデルでTouch Barなしのモデルはアップデートされませんでした。

Touch Barが不要と思っている方には少し残念な結果かもしれません。私自身はTouch Barを使用することもあるので、このままTouch Bar搭載モデルだけになっても良いかなと思っています。

あとで詳しく紹介しますが、とにかく進化したポイントは以下の通りです。

進化したPOINT
  • 13インチ基本モデルがクアッドコアに!
  • 15インチ基本モデルが6コアにアップ!
  • True Toneディスプレイ採用
  • 第3世代バタフライキーボード
  • カスタマイズできる性能が大幅アップ

性能面がかなり強化されています。価格は据え置きなので2017年モデルを買った方は「あと1年待てば良かったー」と思う方も多いのではと思います。

個人的に残念だったのが13インチの基本モデルのメモリが8GBだったことです。標準で16GBあれば最高だったのですが、流石にそこまでの進化はしませんでした。

それぞれの機能について紹介します。

True Toneディスプレイ採用

iPad ProやiPhone Xに採用されている『True Toneディスプレイ』が採用されました。

このディスプレイは周辺光の色や明るさを測定して、画面の色が暖かくなったり、冷たくなったりする自動カラーシステムで、目の疲れを軽減したり、ディスプレイをより自然で美しい色を表示できるようになっています。

バタフライキーボードが第3世代に進化

2017年のMacBook Proは第2世代バタフライキーボードを搭載していましたが、今回のMacBook Proは第3世代へと進化しています。

今までの問題点
  • キーボードの反応が悪い
  • タイピング音が大きくうるさい
  • 自動連打してしまう不具合があった

第2世代は以上の問題点があったのでこの辺りが改善されると言われています。実際に試してみる価値がありそうです。

CPUスペックアップ

今回のアップデートの目玉とも言えるのがCPUのアップですが、標準モデルの13インチがクアッドコアに15インチが6コアにアップしています。

13インチは持ち運べるMacBook Proとしてはかなりのスペックで、15インチもよりプロ仕様に近づいた性能となっています。

これで2017年モデルから価格が据え置きなので『神アップデート』と言えるでしょう。

Apple T2チップ搭載

2017年モデルのMacBook Pro13インチと15インチのタッチバー搭載モデルには『Apple T1チップ』というカスタムチップが搭載されていました。

今回の2018年モデルは『Apple T2チップ』にアップデートしています。

これによりMacBook Proでも『Hey!Siri』による音声アシスタント機能を使うことができるようになります。またその他にもこのチップがアップしたことによりMacBook Proのセキュリティーがより強固なモノとなっています。

カスタマイズできる性能がアップ

Appleのオンライショップで標準モデルをカスタマイズして性能アップをすることができますが、できることもかなり自由度がアップしています。

15インチモデルを参考にすると2017年モデルではできなかった以下のことができるようになっています。

POINT
  • Core i9が選択可能
  • 搭載できるメモリが32GBにアップ
  • 搭載できる最大のSSD容量が2TBから4TBにアップ

ここまで進化しています。フルカスタマイズにするとかなりのモンスタースペックとなりますが、価格は約73万円と、とてもじゃないけど買えませんΣ(-᷅_-᷄๑)

MacBook Pro2017と比較

気になる2017年モデルとの比較ですが、本当に2018年モデルは『買い』のアップデートがなされています。

13インチモデル比較

モデル

13インチMacBook Pro タッチバー搭載

2018

2017

CPU

8世代
Intel Core i5-8259U
2.3GHz 4コア
Turbo Boost 最大3.8GHz
TDP 28W

7世代
Intel Core i5-7267U
3.1GHz 2コア
Turbo Boost 最大3.5GHz
TDP 28W

GPU

Intel Iris PlusGraphics 655
eDRAM 128MB

Intel Iris Plus Graphics 650
eDRAM 64MB

メモリ

8GB 2,133MHz LPDDR3
オプション:16GB

SSDストレージ

256GB
512GB1TB2TB

256GB
512GB1TB

価格

198,800

198,800

よく使用する有名ソフトを使用した性能の比較がApple公式サイトで紹介されています。

比較
  • Adobe Photoshop CC:フィルタ処理が85%高速に
  • Adobe Lightroom Classic CC:RAW画像の読み込みが2倍高速に

スペック表での差もかなりのモノですが、実際に使用することがあるソフトの比較結果は驚きです。

これが同じ価格というのが信じられないですよね。2018年モデルを待ち望んでいた人は本当におめでとうございますと言いたいです。

15インチモデル比較

モデル

15インチMacBook Pro タッチバーあり

2018

2017

CPU

8世代
Intel Core i7-8750H
2.2GHz 6コア
Turbo Boost 最大4.1GHz
TDP 45W

7世代
Intel Core i7-7700HQ
2.8GHz 4コア
Turbo Boost 最大3.8GHz
TDP 45W

GPU

Radeon Pro 555X4GB GDDR5
Intel UHD Graphics 630

Radeon Pro 5552GB GDDR5
Intel HD Graphics 630

メモリ

16GB 2,400MHz LPDDR4
オプション:32GB

16GB 2,133MHz LPDDR3

SSDストレージ

256GB
512GB1TB2TB4TB

256GB
512GB1TB2TB

価格

258,800〜

258,800〜

13インチに比べると上げ幅は少ないですが、それでも十分な性能アップがなされています。

比較
  • Adobe Photoshop CC:フィルタ処理が40%高速に
  • Adobe Lightroom Classic CC:RAW画像の読み込みが30%高速に

13インチ同様に同じ価格というのが信じられないほど性能がアップしています。15インチモデルに関しても待って良かったと思える仕上がりぶりですね。

MacBook Pro 2018は買いか?

MacBook Proの2018年モデルは買いか?ということについてですが、

間違いなく買いです!

 

過去のMacBook Proのアップデートと比べても今回のアップデートは『神アップデート』と呼ぶにふさわしい性能アップです。

何よりも価格が据え置きなのが素晴らしい。

また、第3世代のバタフライキーボードを新たに搭載し、TrueToneディスプレイの採用などマイナーアップデートを呼ぶには申し訳ないほどの拡張ぶりです。

待ち望む声が多かったオプションでの32GBのメモリ搭載も実現するなどのカスタマイズの幅が広がったのも今回の大きな特徴です。

購入がおすすめの方
  • 2015年モデル以前を使っている方
  • これから新たにMacを購入しようと思っている方

かなりの性能アップですが流石に2016年モデルや2017年モデルを使っている方は、まだまだ使えると思うので買い替えの必要はないですが、これからMacを購入しようと思っている方は間違いなく買いです!!

Apple製品に共通して言えることですが、時間がたっても価格が落ちない為発売後すぐに購入するのが一番お得です。

次期MacBook Proを期待する人もいると思いますが、これだけの性能アップがなされて2018年モデルは見逃す要素がありません。

現在のMacBook Proは2016年にフルモデルチェンジがされていますが、それから2年たっている2018年モデルは、脂ののったいい時期とも言えます。それでこれだけの性能アップなので本当に素晴らしいと言えます。

迷っている方はぜひ前向きに購入を考えてみてください。

まとめ

突如として発表された『MacBook Pro 2018』で久しぶりに熱い日となりました!

やはりAppleの新製品発表はいいものですね。

私自身は2016年モデルのMacBook Proを使っているので、まだ買い替えは検討していませんが買い替えたくなる程の性能で驚いています。

そして2018年モデルの登場にも心トキメキましたが、eGPUが公式で取り扱い開始されたのも胸が熱くなりました!

ノートパソコンの持ち運びの良さは捨てがたいですが、家ではがっつり作業したいという贅沢な悩みを解決してくれる『外付けGPU』で家ではデスクトップクラスのグラフィックス性能を出すことが可能です。

iMac 5Kでも採用されているRadeon Pro 580(8GB GDDR5)が搭載されており、デザインもMacにめちゃくちゃ合うカッコイイデザインなので机に並べても違和感がありません。

価格は96,984円(税込)と高めですが、ぜひ手に入れたいです。

Apple公式サイトはこちら

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

MacBook Proサイコー!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です