新型iPhoneの情報 

M2搭載の新型MacBook Airはいつ発売?スペックとデザインを紹介

新しいプロセッサ「M2」を搭載したMacBook Airが日本時間6月7日に発表されました。

事前の噂通りデザインが変わっており、魅力的な進化をしていますが価格が大幅に値上がりしているのが悩ましいところ。

この記事ではM2搭載の新型MacBook Airの発売日・スペック・デザインについて紹介します。

新型モデルの購入を考えている方は参考にしてください。

新型MacBook Aiまとめ
  • M2チップを搭載(GPU性能が向上)
  • 4色のカラーラインナップ
  • デザインがフラットになった
  • 発売は2022年7月15日(金)
  • 予約は2022年7月8日(金) 午後9時から
  • MagSafeを搭載
  • ディスプレイサイズが13.3→13.6にアップ
  • 僅かに軽くなった
  • スピーカーが4つになり音質向上
  • カメラが1080pにアップ

M2 MacBook Airのレビュー記事はこちら

M2 MacBook Airレビュー!使ってわかったメリットとデメリットまとめ

新型MacBook Airの発売日

2022年新型のMacBook Airは7月7日に予約日と発売日が明らかになりました。

  • 予約開始:2022年7月8日(金)午後21時から
  • 発売日:2022年7月15日(金)

いつも通り予約の1週間後に発売の流れです。

春に発売されたMac Studioはあっという間に発売日には届かないようになったので、MacBook Airも発売日に入手したい場合は予約開始直後に予約するのがおすすめです。

新型MacBook Airは何が変わった?

次のMacBook Airはどう変わるのか。

デザインやスペックに関する情報を紹介します。

新型MacBook Aiまとめ
  • M2チップを搭載(GPU性能が向上)
  • 4色のカラーラインナップ
  • デザインがフラットになった
  • 発売は2022年7月
  • MagSafeを搭載
  • ディスプレイサイズが13.3→13.6にアップ
  • 僅かに軽くなった
  • スピーカーが4つになり音質向上
  • カメラが1080pにアップ

M2チップ搭載でGPU性能が向上

MacBook AirはAppleのM1チップによって大きく性能が向上しましたが、新型のMacBook Airには新プロセッサM2チップが搭載されています。

CPUのコア数はM1チップと同じですが、GPUコアが最大10コアに増加。

ビデオ編集は1.4倍パフォーマンスが向上しているとのことです。

M1搭載MacBook Airとの比較
  • ビデオ編集:1.4倍アップ
  • イメージフィルタとエフェクト:1.2倍アップ
  • ゲーム:1.3倍アップ
  • シーン編集の検出:1.6倍アップ
  • 写真の合成:1.4倍アップ
  • 画像のアップスケーリング:1.2倍アップ

カラーラインナップが増える

24インチiMacは薄いデザインにも驚きましたが、カラーの豊富さが1番驚きました。

そしてMacBook Airもカラーバリエーションが追加され、新たにスターライトとミッドナイトが追加されています。

予想されていたよりもバリエーションは少なく、24インチiMacのような豊富なカラー展開ではありませんでしたが、バリエーションが増えたのは良いですね。

まつりくん
ミッドナイトかっこいい

デザインがフラットで薄くなった

新型のMacBook Airはフルモデルチェンジでデザインも変わっています。

デザインは14インチMacBook Proのようになっており、カメラ部分を残してベゼルが薄くなり、

MacBook Airの特徴だった奥に向かって厚くなるデザインからフラットなデザインへと変更されています。

M1 MacBook AirM2 MacBook Air
高さ0.41〜1.61cm1.13cm
30.41cm30.41cm
奥行き21.24cm21.5cm
重量1.29kg1.24kg

フラットになることで、厚みが全体的に薄くなっているのが特徴。

好みが分かれるかもしれませんが、僕はM2 MacBook Airのデザインが好きです。

また、僅かですが重量が軽くなっているのも良いですね。

デザインが変わることでディスプレイサイズも13.3インチから13.6インチにサイズアップしています。

MagSafe充電に対応

2021年10月に登場した14インチと16インチのMacBook Proは充電がMagSafeになって登場しました。

同様にM2 MacBook AirもMagSafe充電に対応。

Thunderboltポートは2つのままですが、充電用に1つのポートが取られることがないので、フルで2つのポートを使うことができます。

ポートが左側にのみ搭載されているのは残念ところですが、拡張性が向上したのは嬉しいポイントです。

価格は大幅に値上がりした

M2チップ搭載のMacBook Airは残念ながら値上がりしています。

円安の影響で今回の発表でMac全体が値上がりしているので、仕方ない部分はありますがMacBook Airとしてはかなり高額です。

価格をまとめると以下の通り。

M1 MacBook Air
・8コアCPU
・7コアGPU
・8GBメモリ
・256GBストレージ
M2 MacBook Air
・8コアCPU
・8コアGPU
・8GBメモリ
・256GBストレージ
M2 MacBook Air
・8コアCPU
・10コアGPU
・8GBメモリ
・512GBストレージ
134,800円(税込)164,800円(税込)208,800円(税込)

M2チップ搭載のMacBook Airの最低価格が164,800円とMacBook Pro並みの価格になっています。

M1チップ搭載MacBook Airも今回の発表で115,280円から134,800円と19,520円も値上がりしており、円安の影響がかなり大きいです。

12万円ぐらいかなーと予想していただけに16万円台の価格は財布の紐が締まってしまいそうです。

新型MacBook Airの発売を待つべき?

M2チップでデザインのフルモデルチェンジされた新型のMacBook Airですが、待つべきかM1 MacBook Airを購入するべきか迷うところだと思います。

現在、Macやパソコンの代わりになるデバイスを持っていない場合は、待つのは大変だと思いますが新たに買い替える場合は待った方が良いです。

僕自身も新型のMacBook Airを待っている人の一人で、やはり持ち運びには軽くてコンパクトなMacBook Airが最適です。

待つべき理由をまとめると

  • デザインが変わった
  • 性能が進化したM2チップを搭載
  • MagSafeに対応し充電時に使えるポート数が増えた
  • M1 MacBook Airが値上げされた

などなど、新型のMacBook AirはこれまでのMacBook Airの改善されて欲しいところがほぼ全て克服されるスペックです。

今購入するのであればM2チップを搭載したMacBook Airをおすすめします!

まとめ

この記事では2022年に発売される新型MacBook Airについて紹介しました。

スペック的には大満足の内容でしたが、あまりにも大幅な値上げにちょっと躊躇してしまいます。

この様子だと新型iPhoneもかなり高額になりそうですね。

以上。「M2搭載のMacBook Airはいつ発売?スペックとデザインの噂を紹介」でした。

2021年新型MacBook Proはいつ発売?予想されるスペックなど最新情報まとめ 全モデルからおすすめのMacを紹介!ノート型とデスクトップ型を合わせて比較 iMacの27インチ後継モデルはいつ出るの?24インチとの比較と噂まとめ MacBook AirとMacBook Proはどっちが良い?違いを比較しておすすめを紹介 【2022年最新】MacBookの選び方!必要なスペックと比較・おすすめはどれか!? iMacとMacBook Proどっちを選ぶ!?メリット・デメリットを徹底比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。