どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

DIESELのiPhoneケースレビュー!特徴的なデザインで質感はかなり良い

イタリアのファッションブランドとして有名なDIESELのiPhoneケースを実際に使用してみたのでレビューします。

質感やデザインが気になるという方はぜひ参考にしていただけるとありがたいです。

この記事ではハンドストラップが付いたケースと、刺繍が入ったケースをレビューします。

DIESEL iPhoneケースの特徴

DIESEL(ディーゼル)のiPhoneケースの特徴から紹介します。

DIESELのケースはiPhone 11やiPhone 12シリーズなどiPhoneのサイズに合わせて専用のケースがあるタイプで、数多くあるケースの中でも価格帯は高めです。

その分、デザイン性がよく、質感も良いので他のケースと比べるとかなり高級感があります。

特徴
  • DIESELブランドのケース
  • iPhone 12のMagSafeには対応していない
  • ケースによってはワイヤレス充電が不可能
  • ピッタリサイズで取り付けは固め
  • 高さ1.5メートルからの落下衝撃テストをクリア
  • ケースの縁の高さを出してディスプレイを保護
  • 価格は5,000円ほど

機能性に関してはApple純正ケースのようにMagSafeに対応していないなど、イマイチな部分もありますがデザイン性はさすがファッションブランドという感じです。

デザインに関しては好みによって変わりますが、機能性よりデザインを重視したい方向けのケースです。

DIESEL iPhoneケースの良かったところ

まずは良かったところから紹介します。

価格はモデルによって異なりますが約5,000円ということで、iPhoneのケースとしては高い部類になります。

そのため質感などは特に気になる部分ですが、質感は価格に見合うと感じました。

質感はかなり高い

質感はAppleの純正ケースと比較しても遜色なく、厚みもあり、かなりしっかりしていると感じました。

少し厚みが出るのは気になりますが、手に持った感じも良いのでちょっと良いケースが欲しい場合にも最適です。

デザインは好き嫌いによるが特徴的

この記事では2種類のDIESEL iPhoneケースを紹介していますが、DIESELはイケイケ感のあるデザインなので好みはハッキリ別れると思います。

僕は割とシンプルなデザインが好きなので、正直、Apple純正ケースの方が好きですが、他の人とは被らない特徴的なデザインのケースが欲しい場合にはかなり良いです。

iPhoneのケースは被りがちなので、プレゼントなどにも良いかもしれないですね。

ハンドストラップ付きケースは機能的で使いやすい

DIESELのケースで良いなと思ったのはハンドストラップ付きのケースです。

ハンドストラップを使うことで、片手操作もしやすくなり、固定することでスタンドしても使えます。

上の写真が手を入れて状態です。

ホールド感が増すので持った時の安心感が増し、操作もしやすくなります。

落下防止対策としても効果的です。

そしてハンドストラップを手前に引くと、溝に固定されるようになっています。

ハンドストラップの溝にはめこむとこんな感じ。

固定することで上の写真のようにiPhoneのスタンドとして利用可能です。

ハンドストラップがあるとワイヤレス充電はできなくなりますが、持つ時と動画を見るときはかなり便利です。

ストラップの取り付け箇所がある

この記事で紹介している2つのケースにはどちらもストラップを取り付ける用の穴がありました。

最近はiPhoneにストラップを付けている人はほとんど見かけなくなりましたが、細かい心遣いがありがたいですね。

DIESEL iPhoneケースの気になったところ

続いては気になったところを紹介します。

ワイヤレス充電はイマイチ

ハンドストラップが付いたケースはワイヤレス充電が全くできず、刺繍が入ったケースもできなくはないですが、反応が悪かったです。

また、iPhone 12シリーズでは磁力を使ったMagSafeを使うことができますが、DIESELのiPhoneケースはMagSafeには非対応。

全体的に厚みもあるのでワイヤレス充電をよく使うという場合はイマイチです。

ケースの内側は普通

写真ではわかりにくいですが、Apple純正ケース(写真はシリコンケース)には裏面がマイクロファイバーになっており、本体をしっかり傷から守れるようになっています。

DIESELのケースはただのプラスチックなので、価格帯を考えるとマイクロファイバーだと良かったのかなと思いました。

電源ボタンと音量がボタンが硬くて押しにくい

使って1番イマイチだったのが、電源ボタンと音量ボタンが硬くて押しにくいです。

このケース自体が割としっかり取り付ける感じなので、ケース自体が硬いのだと思います。

頻繁に音量ボタンを触る場合は押しにくさが気になると思うので注意が必要です。

また、この記事で紹介しているどちらのケースでも硬かったので、そういう仕様なのだと思います。

まとめ

この記事ではDIESELのiPhoneケースをレビューしました。

僕自身、ファッションブランドのケースを使うのは初めてだったので、やはりケース一つで印象が大きく変わるなと思いました。

特にDIESELのケースはデザインが好きな方ではればAppleの純正ケース並に所有欲が満たされるので、ファッションブランドが好きな方のプレゼントにも最適です。

価格は高めですが買うと満足できる仕上がりなので、ぜひ参考にしてください。

以上。「DIESELのiPhoneケースレビュー!特徴的なデザインで質感はかなり良い」でした。

iPhoneにケースは必要?ケース無しで使って傷ついた状態を解説 Apple純正iPhoneケースはシリコンとレザーどっちが良い?両方買って比較してみた 【結局どれが良い?】iPhoneにおすすめのガラスフィルムまとめ【厳選紹介】 【高速充電対応】絶対に買うべきiPhoneのUSB充電器おすすめ10選 【2021最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。