Amazonプライムデー目玉商品まとめ【クリック】

レビュー撮影ミニスタンド!物を綺麗に撮れるおすすめセットはこれだ

最近はメルカリなどで自分の物を売るという機会も増えています。

また私のようにブロフを書いている方や、カメラや物が好きな方は自分が購入した物の新品の状態を写真に残したいという方も多いのではないでしょうか。

そして物を撮る時に最も大切なのは生活感を出さないことです!

背景に関係ない物が写っていると一気に素人感が出てしまいます。しかし、そうは言っても部屋が広い訳でもないし中々何も映らない場所って無いんですよね。

私は毎回机の上の物をのけて壁をバックに撮影していました。

毎回机の物を退けるは大変なんですよね。特にパソコンを置いていたらせっかくセットしていたケーブル関係も外さないといけないので本当に大変なんです。

そこでおすすめなのが簡単に設置できる撮影スタンドです。

撮影スタンドがあれば一気にクオリティの高い写真を撮ることができるようになります。

周りの物を退ける手間が省けるだけでなく、一気に素人感が無くなりクオリティの高い写真になりました。

是非参考にしてください!

おすすめ撮影スタンド

私が今回購入した商品は「撮影ミニスタンド」と「PVC背景布定番2枚セット」です。

こちらが「撮影ミニスタンド」です。組み立てが簡単で背景布をクリップで止めるだけなので設置も素早くできるのが特徴です。
こちらが「PVC背景布定番2枚セット」です。

定番の白と黒がセットに硬い画用紙のような感じですが、PVCという素材の特性上織り目がつきにくく、光で透けて背景が写りこむことがありません。

防水仕様なので水拭きができるのもポイントです。

以前布の背景布を使ったことがあるのですが、厚みが薄く光で透けて背景が見えるということがありました。

また、埃が付着して写りこむということもありました。

PVC背景布は水拭きが可能で、プラスチック素材の画用紙という感じでかなり丈夫なので写りこみもなく、綺麗な写真を撮ることができます。

スタンドは大きさが幅70cm;高さ:40cm〜70cm調整可能なので、大きすぎず、小さすぎない絶妙なサイズ感なので幅広い物を撮影できました。

大きさはこのサイズがベストです!

撮影スタンドセットレビュー

それでは早速レビューしていきます!

購入するときはスタンドと背景布を同時に購入されると思いますが、外箱はこのような感じです。

上のダンボールが「PVC背景布定番2枚セット」下側が「撮影ミニスタンド」です。

物を買うと梱包材を捨てるのが面倒ですが、撮影ミニスタンドはしっかり目の梱包なので少し時間が掛かりました。

撮影スタンドを全部でこのような感じです。組み立ては数分あれば完了します。

スタンドの脚の部分はこのように広げて使用できます。

使わない時は折りたたむことができるのが良いポイントです!

脚の部分は机や床に傷が入らないようにクッション材が取り付けられています。

おそらく接着剤で付けられていますが、しっかりと付いているので簡単に外れるということはありませんでした。

スタンドはネジで固定します。くぼみがあるのでそれに合わせて取り付けを行います。

ネジ式なので緩みなくしっかりと固定できました。

グラグラと揺れることはなく、かなり丈夫な作りとなっています。

スタンドの伸縮は40〜70cmの間で調整可能です。

調整はポールの蝶ネジを緩めて伸縮が可能。

寝かせて真上から撮影

組み立てるとこのような感じです。

簡単ネジをとめるだけなので、数分で組み立てが完了します。使わない時はコンパクトに収納が可能なので場所も取りません。

ライター
撮影ボックスより簡単に組み立てれるのが良いです

背景布をクリップでとめるのも手軽で使いやすいポイントです!

続いて「PVC背景布定番2枚セット」についてレビューしていきます。

ダンボールから取り出すと、白と黒2枚セットになった状態で梱包されていました。ポスターをイメージするとわかりやすいです。

横から見るとこのような感じで、厚さは一般的な画用紙程です。

先ほど紹介したように質感はプラスチックで濡れた手で触っても問題ありません。

PVC背景布定番2枚セット」はお手入れ方法についてと、マイクロファイバー・クロスが付属しています。

紙や布の背景紙とは違い、手入れが簡単ということも魅力的なポイントです。

背景布が汚れてしまうと写真の撮影にも大きく影響するので手入れ方法とマイクロファイバー・クロスが付属しているのはありがたいですね。

これもおすすめのポイントです!

しっかりした厚みのある素材なので簡単に折れ曲がることもありません。

梱包されていたダンボールは収納にピッタリのサイズなので取っておくのがおすすめです。

ライター
背景布は埃が被らないようにする為にも、使用後はダンボールに入れて保管するようにしています。

撮影ミニスタンドに取り付けるとこんな感じです。

クリップ式なので簡単に取り付けることができます。

クリップの力が強く背景布に跡が残りますが、背景布の長さが140cmと長く撮る時には写らないので問題ありません。

撮影ミニスタンドを使って撮影

まずはレンズキャップから!

白の背景布に黒の物は映えます!

撮影ボックスのようにライトはありませんが、ストロボを使ってバウンス撮影することで更に綺麗に撮影することができます。

MEMO

バウンス撮影とは

天井や壁に向かってストロボを発光し、反射する光で撮影する方法

室内でも太陽下のようなキリッとした写真を撮ることが可能

天井バウンスイメージ図

このように外部ストロボを使えば撮影用のライトが無くても綺麗に撮影することが可能です。

ワンランクを上の写真を撮りたい方はぜひストロボを利用してみてください。

私が愛用しているのはこちらのストロボです。

フィギュアの撮影にもかなり向いているので、メルカリやオークションに出品する商品も綺麗に撮影することができます。

こちらはAirPodsのケースですが、白の背景布だと同化してしまいます。

光の加減を上手く変えることで目立たせることもできますが、白の商品は黒の背景布で撮った方が簡単です。

iPhoneもこのように被写体を目立てせることができます。

黒の背景布を使うことこんな感じです!

黒の背景布を使った方が重厚感を表現することができます。

同じ被写体でも印象がガラッと変わります。その時に目的に合わせて使い分けるのも楽しいです。

撮影スタンドレビューまとめ

撮影スタンドを使うことでこのようなメディアっぽい写真を撮ることができるようになりました。

家だとどうしても生活感ある物が写ってしまうので、撮影スタンドがあれば部屋の物を動かす必要も無くなります。

物撮りがかなり快適になるので、物を撮るのが好きな人はぜひ利用してみてください!

ライター
やっぱり撮影スタンドがあった方が締まりますね!

この価格でこれだけ品質が良い撮影スタンドがあるのは嬉しいです。

物撮りが好きな人、メルカリ等で出品をよくする人、レビューブロガーにおすすめです。

以上。『レビュー撮影ミニスタンド!物を綺麗に撮れるおすすめセットはこれだ』でした。

【2019最新】初心者・カメラ女子におすすめの人気ミラーレス一眼まとめ 2019年最新!初心者におすすめの人気一眼レフカメラと失敗しない選び方を徹底紹介 初めてのカメラと一緒に買いたいアクセサリー!必要なモノ・欲しいモノまとめ カメラのレンタルはどう?おすすめサービスを徹底紹介【ミラーレス・一眼レフカメラ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です