Appleを趣味として楽しむのに必要なお金まとめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

数多くあるガジェット製品の中でもっとも人気があるのがApple製品です。

細部までこだわった性能・機能はもちろんですが、やはり高級感があり所有欲が満たされるデザインの良さが最大の魅力だと思います。

しかし、Apple製品は決して安いとは言えません。

また、ある程度決まった周期・時期に新型が発売されるので、定期的に新型を持ちたい場合は結構お金が掛かることでも有名です。

そこでこの記事ではAppleを趣味として楽しむのに必要なお金をまとめます。

よろしければ参考にしてください。

まつりくん
まつりくん

僕のような裕福ではない普通のサラリーマンが趣味として楽しむという目線で紹介します。


公式サイトをチェック

iPhone 15は9/15予約開始!予約は便利でお得なオンラインがおすすめです

お得情報
楽天リーベイツを経由することでApple公式ストアの対象商品が1%ポイントバックされます!
Apple Store(オンライン)で購入する場合は絶対にお得なのでぜひチェックしてみてください。
Rakuten Rebatesをチェックする

どのApple製品を購入するかが大事

現在の主なApple製品は「Mac」「iPad」「iPhone」「Watch」「Vision」の5つです。

もちろん全ての製品を購入できれば最高なのですが、趣味として継続的に買い替えていくにはある程度の妥協も必要です。

おすすめの買い方をまとめると以下の通り。

おすすめの買い方
  1. 全ての製品を安いモデルで購入する
  2. 買う製品を絞る代わりにハイスペックモデルを買う

例えば、iPadの中でも安いモデルもあれば、高いモデルもあります。

1番安いiPadと1番高いiPadの価格差は3倍以上なので、安いモデルを満遍なく買うというのもおすすめ。

Apple製品は安くてもある程度以上の性能は確保されているので、実は安いモデルが一番コスパが良いと言えます。

ただし、最新機能を楽しめるのはハイスペックモデルの特権なので、定期的に購入するならやはり価格の高いハイスペックモデルが良いですね。僕は。

まつりくん
まつりくん

僕は高いモデルを買って新機能を楽しみたいです!

Appleを趣味として楽しむのに必要なお金

どの製品を買うのかによって必要なお金は大きく違ってきます。

また、Apple製品で何を重視するのかによっても欲しい製品は変わってきます。

ということで、あくまで僕の目線でAppleを楽しむのに必要なお金になることはご了承ください。

Apple製品の買い替えスタンス

僕の買い替えスタンスをまとめると以下の通り。

製品買い替えスタンス
Mac性能に限界を感じれば買い替え
iPad性能に限界を感じれば買い替え
iPhone毎年、Proモデルを買う
Watchデザインが大きく変わった時に買い替え
Vision高すぎるので普及機が登場するのを待つ

Macは作業を行うのに必須ですが、金額がかなり高いので今使っている物が壊れたり、性能に限界が見えたら買い替えます。

iPadも同様です。

iPhoneはやはりAppleの主力製品で、一番変化がある製品です。

話題性も高く毎日使う物なので、できれば毎年のProモデルに買い替えたいです。

Apple Watchは最近だとほぼ変わっていないので、大きく変わった時に買い替え。

Vision Proは今もっとも話題のApple製品ですが、さすがに価格が高すぎるので、一般的に普及し始めたら購入したいです。

必要なお金

続いて、このスタンスを継続するのに必要なお金をまとめます。

製品名価格使用年数年間の費用
Mac Studio328,800円5年65,760円
Studio Display219,800円10年21,980円
iPad Pro168,800円5年33,760円
Apple Pencil Pro21,800円5年4,360円
Magic Keyboard49,800円5年9,960円
iPhone 15 Pro Max189,800円1年約70,000円
(売ることを想定)
Apple Watch Series 9
(ステンレス)
109,800年3年36,600円
価格は執筆時(2024年7月)の金額

すべて合わせると年間242,420円です。

一般的なサラリーマンの小遣いが月3万円とすると、ギリギリ趣味として成立する金額です。

また、Apple製品はリーセルバリューが高いので、買い換える時に下取りなどに出せばもう少し金額は抑えられます。

(iPhone以外は売らない試算なので、下取りに出せば費用はかなり抑えられる)

まつりくん
まつりくん

結構、贅沢な構成なので下げようと思えば更に下がります。

別構成での必要なお金

違う構成での必要なお金も紹介します。

個人的にはこっちの構成も好きです。

製品名価格使用年数年間の費用
MacBook Pro308,800円5年61,760円
Studio Display219,800円10年21,980円
iPad Air98,800円5年19,760円
Apple Pencil Pro21,800円5年4,360円
iPhone 15 Pro Max189,800円1年約70,000円
(売ることを想定)
Apple Watch Ultra 2128,800円3年42,933円
価格は執筆時(2024年7月)の金額

Mac枠をMacBook Proにすることで、iPad用のMagic Keyboardを買わないパターンです。

また、iPad ProをAirにすることでも大幅に必要なお金を減らすことができ、合計は年間220,793円

Apple Watchはステンレスにするなら、Ultraと大きな金額差はないので、Ultraを選ぶ選択にしています。

Appleを趣味にする為に購入する製品

実際に僕が使用しているおすすめの構成を最新モデルで紹介します。

選んだ理由など、よろしければ参考にしてください。

Mac Studio

最近ではiPadをMacの代わりとして使うことはできますが、やはりMacは必須です。

家で過ごす時間の大半をMacを使っているので、頻繁に買い替える必要はないですが、購入する際には妥協したくないApple製品です。

僕がMac Studioを選ぶ理由
  • デスクトップは熱を気にしなくて良い
  • バッテリーが劣化することもない
  • 拡張性が高い
  • コンパクトで場所を取らない
  • メインマシンとして使える性能の高さ
  • 欲しい構成のMacBook Proより7万円以上安く買える

MacBook Proでも良いのですが、家ではデスクトップとして使いたいのでMac Studioの方が安く快適に使えます。

以前、MacBook Proをクラムシェルモードで使っていましたが、熱が気になるのとバッテリーが膨らんだので、やはり家でしか使わないならデスクトップの方が安心です。

最近だとiPadが持ち運び用のパソコンとして使えるので、僕はMacはMac Studioが良いです。

Mac Studioレビュー!iMac 27インチから乗り換えた満足度と評価まとめ

Studio Display

Mac Studioを使う前まではiMac 27インチを使っていましたが、Mac StudioとStudio Displayが発表されてすぐに買い替えました。

やはりApple純正ディスプレイのデザインは最高です。

画質面でもRetinaディスプレイの綺麗さを一度味わってしまうと、他のディスプレイでは物足りなくなるんですよね。

スピーカーの音質もびっくりするぐらい良いので、Macのディスプレイとしては本当におすすめです。

ただ、Apple製品以外で使うときは微妙すぎるので、次買い替える時に選ぶかは今のところ不明です。

Studio Displayレビュー!Mac専用ディスプレイに約20万円の価値はあるのか

iPad Pro

今回の構成で価格を落とすならiPadです。

今使っているのは2018年のiPad Pro 11インチなのですが、次、買い替えるならやはりProが良いということで、一応これを価格に算入しました。

薄くなった本体と、トラックパッドも触角フィードバックに進化したiPad Pro用のMagic Keyboardが魅力的です。

正直、僕の用途ならiPad Airでも十分すぎますが、妥協すると趣味としては寂しくなるので、できればiPad Proを買いたいですね…

最新iPhoneのProモデル

常に持ち歩くiPhoneは出来る限り毎年Proモデルを買いたいです。

特に僕はカメラが好きなので、iPhoneのカメラの進化は毎年の楽しみです。

iPadやMacは毎年出来ることが大幅に変わることはないですが、iPhoneは毎年何かしらの新機能は追加されています。

新製品発表会が1番盛り上がるのもiPhoneなので、やはりiPhoneは買い続けたいですね。

リセールバリューが良いので、新型を買って、翌年売るという流れだと、思ったより安くサイクルを回せます。

【ずっと最新機種】iPhoneを毎年買い替えるのはどう?コストとメリットを紹介

Apple Watch

Apple Watchも購入優先度の高いApple製品ですが、最近は変化の幅が少ないので、

デザインが大きく変わる時に買い替えれば良いかなと思っています。

ただし、ケースの素材は見た目が大きく変わるので、できればアルミ以外のApple Watchが欲しいです。

今だとステンレスのApple Watchがありますが、ステンレスモデルがかなり高くなっており、Apple Watch Ultraとの価格差があまりありません。

次、買い替えたい時に変化が少なければApple Watch Ultraを買うかもしれません。

Apple Watchのアルミとステンレスの違いを比較!高級感で選ぶならステンレスモデルがおすすめ

まとめ:Appleを趣味にするのは最高

この記事ではAppleを趣味にする為に必要なお金をまとめました。

安いモデルで買い揃えれば、もっと価格を抑えることができるんのでAppleを趣味にするのは良いと思います。

具体的におすすめの使い方は以下の通り。

Apple製品を使った具体的な趣味
  • iPhoneで写真・動画撮影
  • Macで編集、ブログやYouTubeに投稿
  • iPadでイラストや家計簿管理、漫画や映画を楽しむ
  • Apple Watchで日々の運動を管理

一通りApple製品で揃えると様々なことに活用できるので、日々の生活が充実したものになります。

特に僕はApple製品を使う為に、ブログとYouTubeを始めた結果、お金を稼ぎながら趣味ができるという最高の環境になりました。

Apple製品を趣味にするのは最高なので、よろしければ参考にしてください。

以上。「Appleを趣味として楽しむのに必要なお金まとめ」でした。

【2024年最新】Apple製品を安く買う方法!お得なおすすめの購入方法を解説 Apple製品は一番安いモデルを買うのがおすすめだと思う5つの理由 購入したApple製品を返品する方法!送料は無料?条件は何がある? 一度は訪れたい日本のApple Storeおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です