iPhone 13発売日・スペックまとめ 

iPhone 13 Proのリフレッシュレートを60Hzに固定する方法

iPhone 13 Proでは待望のリフレッシュレート120Hzに対応。

スクロールした時などにヌルヌルと動くので、少しマニアックな機能だとは思いますが動作が早くなったように感じるので快適です。

また、リフレッシュレート120Hzは1秒間に120回画面が更新されるのでその分バッテリーを多く消費してしまうのですが、

iPhone 13 Proは10-120Hzに自動的に可変してくれるので、特にバッテリー持ちが悪くなる訳でもなく、設定で60Hzに固定する必要性はないです。

しかし、動作を比較したい場合や、早く動く画面が酔うという場合に60Hzに固定することもできるので、その設定方法について紹介します。

iPhoneのリフレッシュレートを設定する方法

早速設定方法を紹介します。

MEMO
  1. 設定アプリを開く
  2. 少し下にスクロールしてアクセシビリティを開く
  3. 動作を開く
  4. フレームレート制限をONにする

設定する場所が分かりにくく、知らないと見つけるのは難しいですが上記手順でリフレッシュレートを60Hzに固定することができます。

写真だとこんな感じです。

すぐに設定できるので興味のある方は試してみてください。

設定画面の検索画面で「ビデオ再生」と入力してもこの設定画面にたどり着くことができます。

iPhoneのリフレッシュレートを60Hzに固定するメリット

iPhoneのリフレッシュレートを60Hzに固定するメリットはあるのかについて考えたので紹介します。

メリット
  • 目のチカチカを防止できる
  • 画面酔いが軽減される

使って違和感がなければ特に60Hzに固定する必要はないですが、webサイトをスクロールしている時などに高速で文字が流れると目がチカチカしたり、画面酔いしそうになる場合は60Hzに固定するメリットがあります。

リフレッシュレート120Hzは確かに滑らかですが、僕は少しチカチカする感じがするので60Hzでも良いかなと思っています。

バッテリー持ちに関してはほぼ差がないので、好みの問題にはなりますが参考にしてください。

まとめ

この記事ではリフレッシュレート120Hzに対応しているiPhoneのリフレッシュレートを60Hzに固定する方法を紹介しました。

なかなか設定を見つけることができなかったので、最初は変えられないのかなと思っていましたが、きちんと変えられるみたいです。

よろしけば参考にしてください。

iPhone 13 Proレビュー!カメラが大きく進化したProモデルの評価と口コミまとめ iPhoneのフォトグラフスタイルを解説!設定方法や使い方まとめ iPhone 13と合わせて購入するべき物まとめ!おすすめアクセサリーはこれ iPhone 13レビュー!評価はどう?カメラが進化した最強スタンダードモデル 知らないと損するiPhoneの便利技・小技をまとめて紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。