iPhone 13発売日・スペックまとめ 

Apple純正iPhoneレザーケースレビュー!価格は高いが質感と満足度が最高

iPhoneにケースを付ける方も多いと思いますが、ちょっと贅沢したケースが欲しいと思った時におすすめのケースがあります。

それがApple純正のレザーケースで価格は高いですが、質感と満足感が高くかなりおすすめです。

この記事ではApple純正のiPhoneレザーケースをレビューします。

実際にどんな感じなのかや、細かい部分がどうなっているのかが気になっている方はぜひ参考にしてください。

Apple純正iPhoneレザーケースの特徴

まずは簡単に純正レザーケースの特徴を紹介します。

Appleの純正レザーケース以外にもレザーケースはありますが、そのほとんどが合成皮革です。

なので自然な風合いを楽しむという概念がそもそもありませんが、Apple純正のレザーケースは特殊ななめし加工と仕上げが施された本格的なレザーです。

Apple公式サイトの「時とともに自然な風格が加わります。」というのが良いですよね。

この記事でレビューするのはiPhone 13 Pro用です。

特徴
  • 手入れも楽しめる本格レザー
  • シワやムラなど経年劣化を楽しめる
  • Appleマークが付いている
  • MagSafeに対応しているのでケースを付けたままMagSafe充電器が使える
  • Qi規格のワイヤレス充電にも対応
  • 裏面は柔らかなマイクロファイバーの裏地
  • MagSafeアクセサリを使うと少し跡が残るので注意
    →僕は気にならなかったです

特徴をまとめるとこんな感じで、レザーケースなのに最新の機能はしっかりと搭載されており、便利なMagSafeアクセサリーが使えるのもポイント。

Apple純正なので安心感もあり、Appleマークが入っているのも純正ケースにしかない大きな特徴です。

Apple純正iPhoneレザーケースの外観レビュー

まずは1番気になる外観からレビューしていきます。

この記事でレビューしているのはiPhone 13 Pro用のミッドナイトです。

まずパッケージはこんな感じで、Apple製品らしいシンプルながらも印象的なデザインで捨てるのが勿体なく感じます。

梱包も最小限ながらしっかりしているので、製品に傷付くこともなく開ける時のドキドキ感が楽しいです。

iPhone 13 Proはカメラがかなり出っ張っているので、それに合わせてケースもカメラユニット部分にフレームが取り付けられています。

これがあることでカメラを汚れや傷から守ってくるのでありがたいです。

机の上に平に置いてもカメラが付くことがありません。

ケースには新品ですが微妙な傷やムラがあり自然なレザーの風合いが感じられます。

実は純正レザーケースを使うのは2回目で前に使った時は全く手入れをしていなかったので、今回はレザーのメンテナンス用品を購入しました。

手入れも楽しんでより愛着のあるケースにしていこうと思います。

ボタン部分はレザーによく合う少し光沢感のある独立したボタンになっています。

ボタンの素材は金属?

押しやすいだけでなく、全体的なデザインのワンポイントになっていて高級感があります!

Apple純正のレザーケースは裏側にも特徴があり、最初見た時はこの部分に驚かされると思います。

裏側はマイクロファイバーとなっており、本体が傷つかないように配慮されているようです。

Apple純正のレザーケースは価格が7,480円なので、最初はちょっと高いなって思うのですが、この裏側を見た瞬間に納得してします。

ケーブルとスピーカー部分は切り抜かれた形になっており、Lightningケーブルを挿し込んだ状態でもぴったりのサイズです。

この辺りのサイズ感は純正らしい安心感があります。

Apple純正iPhoneレザーケースの良かったところ

続いてApple純正レザーケースの良かったところを紹介していきます。

このケースで2つ目なので1年以上は使っており、大体の良いところはわかったと思うので参考にしてください。

手触りが良い

Appleの純正ケースはレザーの他にシリコンとクリアケースがありますが、レザーケースの手触りが1番良いです。

少し柔らかさを感じるのと、滑りにくいので持ちやすく触っていて気持ちいいの良いなと感じました。

特に横向き片手で写真を撮る時に使いやすいのが良かったです。

まつりくん
iPhoneは毎日長時間持つので手触りが良いのは大事なポイントです。

机の上に置いた時にカメラが当たらない

最近のiPhoneはカメラ性能が向上する度に出っ張ってきています。

机の上に置くとガタガタして安定しないだけでなく、汚れの付着なども気になりますが、

Apple純正のレザーケースはカメラユニット周辺にフレームがあり、カメラを汚れから守ってくれます!

写真が好きな方であればこのフレームの存在は大きく、レザーのケースがカメラケースにも似ているので特におすすめです。

ディスプレイ側もケースの縁が僅かに高くなっているので、ディスプレイ面を下に置いてもディスプレイが机に付かないようになっています。

他のケースにはない高級感

既に十分伝わっていると思いますが、やはりレザーケースの大きな魅力はレザーの高級感です。

そして、このApple純正レザーケースが他の本革レザーケースとは違うのはAppleのブランド品ということです。

革製品と言えばエルメスなどのブランドを思い浮かべると思いますが、Apple好きとしてはAppleも名だたる高級ブランドと同等以上のブランド力があります。

そんなブランドのレザー製品を7,480円で買えるのならむしろ安く感じるかも。

MagSafe対応の純正ならではの安心感

このレザーケースは主に見た目が気になるポイントではありますが、MagSafe対応というのも大きなポイントです。

MagSafeは磁石の力を使って様々なアクセサリーが使えるのですが、粗悪なケースだと磁力が弱い場合もありますし、きちんとMagSafe充電ができるのかも不安に感じる部分があります。

その点Appleの純正品であればMagSafeも何も気にせず快適に使えます。

純正品は高いイメージがありますが、これだけ質感が良く更に安心感もあるのが良かったと感じるところです。

Apple純正iPhoneレザーケースの気になったところ

続いて気になったところ(デメリット)についても紹介します。

汚れは目立つ

この記事で所々登場する茶色のレザーケースがこれまで使っていたケースですが、1年使うとやはりそれなりに汚れました。

新品のレザーケースとこんな感じ。

Appleマークの上の黒ずみが気になるのと、ほぼ毎日MagSafe充電をしていたので、うっすらですがMagSafeの丸い跡が残っています。

MagSafeの跡は特に気にしませんが、黒くなっているのは気になります。

前回購入したレザーケースが汚れが目立つ色だったのも関係あると思うので、今回購入したミッドナイトは色が黒く、手入れもしていこうと思っているのでどんな感じになるのか楽しみです。

縁の部分もほぼ全周で色が変わっています。

経年劣化を楽しめるとはいえ、汚れには変わりないので気になる方は注意です。

前回は1回も手入れをしていないので、手入れするとどんな感じになるのかも今後レビューします。

水があるところでは使えない

レザーケースの気になるところは、せっかくの耐水性能を活かせないところです。

レザーは水に弱くシミができたり、耐久性が落ちることもあるので水には注意が必要。

風呂で使うなんて使い方は絶対にNGです。

水に濡れる時だけケースを外せば良いのですが、ケースはある程度の固さで取り付けられる物なので、手軽に付け外しができる物ではありません。

湯船に浸かりながらiPhoneを使うということができないので注意してください。

溝部分に埃が溜まりやすい

純正のシリコンケースとは違い、レザーケースはスピーカー部分が丸々くり抜かれた形になっているので、この部分にゴミが溜まりやすいです。

完全に溜まってしまうと中々取れなくなるので、定期的に清掃するのがおすすめです。

ずっと放置しているとiPhone本体側にも汚れが染み付いてしまいます。

レビューまとめ

この記事ではApple純正のiPhoneレザーケースをレビューしました。

最初の1年は試しに使ってみようという感じでしたが、本格的にハマってしまいできれば毎年購入したいと思っています。

この満足感は他のケースでは絶対に味わえないので気になっている方は買うことをおすすめします。

また、毎日使う物を手入れするという新たな趣味ができそうな予感もしているので、手入れがどんな感じなのかも今後紹介していきます。

以上。「Apple純正iPhoneレザーケースレビュー!価格は高いが質感と満足度が最高」でした。

Apple純正ケースに関する関連記事も宜しければチェックしてみてください。

Apple純正iPhoneケースはシリコンとレザーどっちが良い?両方買って比較してみた これはおすすめしない!Apple純正のiPhoneクリアケースをレビュー Apple純正MagSafe対応シリコンケースレビュー!質感と満足度はかなり高い 質感最高のApple純正カードケース!MagSafe対応iPhoneレザーウォレットをレビュー 何がある?iPhoneのMagSafe対応おすすめアクセサリーまとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。