どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

RAVPower RP-PC144レビュー!2台充電できる30W出力の小型充電器

最近のスマホは充電器が付属されていない物が多く、iPhoneもiPhone 12シリーズからは充電器が付属されなくなりました。

そうなると充電器選びも大切になってきます。

充電器は出力の違いによって充電速度が変わったり、複数のポートを搭載している物もあります。

RAVPower RP-PC144は小型で持ち運びやすく、30W出力なのでiPhoneを高速充電することも可能。

この記事では「RAVPower RP-PC144」をレビューするのでぜひ参考にしてください。

RAVPower 30W速充電器 RP-PC144
RAVPOWER
ご提供品
メーカー様から商品を提供頂き記事を作成しています。

RAVPower RP-PC144の特徴

RAVPower RP-PC144は「小型」「30W」「USB-CとUSB-Aの2ポート」の3つが大きな特徴です。

USB PDに対応しているUSB-CポートでiPhoneやAndroidスマホを高速充電して、もう1つのUSB-AポートでワイヤレスイヤホンやApple Watchなどのスマートウォッチを充電するという使い方が可能。

小型なボディに2つのポートが搭載されているので便利です。

最大出力30W
サイズ約4.9 x 4.9 x 2.9cm
重さ80g
ポートUSB-C×1
USB-A×1
単ポート使用時最大30W(USB-C)
2ポート使用時合計30W
USB-C 20W
USB-A 10W
付属品本体・説明書
良かったところ
  • サイズがコンパクト
  • 丁度いい30W
  • iPhoneと周辺機器を1台で充電できる
  • 持ち運びに最適
気になったところ

価格も出力の割りに安く特に気になった点はありませんでした。

付属品は本体と説明書、サンクスカードとなっています。

サンクスカードにはサポート情報などが書かれていました。

RAVPower 30W速充電器 RP-PC144
RAVPOWER

RAVPower RP-PC144レビュー

RAVPower RP-PC144を実際に使った感じをレビューしていきます。

USB-CとUSB-Aの2ポートが使いやすい

iPhoneを高速充電にする為にはUSB PDに対応したUSB-Cポートが必要。

最近はUSB-Cのポートがスタンダードになりつつありますが、やはり従来のUSB-Aポートを使う機会もあります。

USB-Cポートが2つになれば出力の大きさに伴ってサイズ感も大きくなるので、携帯性と充電性能を考えると、USB-CとUSB-Aはバランスが良い組み合わせです。

おすすめの組み合わせ
  • iPhone
  • Apple Watch

特にApple Watchを使っている場合は、これ1つでiPhoneとApple Watchを同時充電できるので持ち運び用の充電器として最適。

2台使用時でもUSB-Cポートは最大20Wの出力となっているので、iPhoneだけでなく、iPadもできるだけ速く充電することができます。

携帯性に優れたサイズ感

RAVPower RP-PC144は2ポートで最大30Wの出力に対応しているのに小型というのもポイントです。

上の写真は他の充電器とサイズを比較した写真です。

左から「RAVPower RP-PC144」「Anker PowerPort III mini」「Apple 18W USB-C電源アダプタ」「Apple 5W USB充電器」です。

この中で2ポートに搭載しているのは 「RAVPower RP-PC144」だけ。

Anker PowerPort III miniは30Wの出力がありますが、USB-Cポートが一つしかありません。

RAVPower RP-PC144は若干サイズが大きくなりますが、このサイズで2ポート搭載しているのを考えるとかなりコンパクトであることがわかります。

出掛ける時は極力荷物を少ないしたいので、このサイズ感で「30W」「2ポート」をかなりありがたいです。

上から並べてみるとこんな感じ。

サイズはほとんど同じなのでこのサイズで2ポート使えて最大30Wの出力ができるのはかなり良いです。

コンセントに差しても他の口に干渉しない大きさなので幅広タイプの電源タップを使う必要も無いです。

他の充電器と重さを比較

持ち運ぶ際は重量も気になると思うので他の充電器と重量を比較してみました。

表にまとめると以下の通り。

名前重さ
RAVPower RP-PC14484g
Anker PowerPort III mini64g
Apple 18W USB-C電源アダプタ61g
Apple 5W USB充電器25g

RAVPower RP-PC144の比較に対象になるのは「Anker PowerPort III mini」だと思いますが、20gでUSB-Aポートが追加されているということになるので、重さに対しての利便性が高いです。

まつりくん
RAVPower RP-PC144は重量も良い感じですね!

プラグが折り畳めるのが便利

充電器を選ぶ際に気にしたいとのはプラグが折り畳めるかどうか。

プラグが折り畳めないとカバンの中で嵩張ってしまいますし、電気を通す部分は極力クリーンな状態に保ちたいと思います。

RAVPower RP-PC144はプラグを収納できるようになっている点も便利でした。

まとめ:とりあえず買いたい充電器

持ち運びに適した便利な充電器が欲しい方はRAVPower RP-PC144を選ぶのがおすすめです。

最近はワイヤレス充電も主流になりつつあり、iPhoneなどでも今まで以上に充電器の出力が求められるようになりました。

MagSafeデュアル充電パッドも求められる出力が20W以上なので、これまでiPhoneに付属していた充電器を使っていた方も結局、別で充電器を買う必要があります。

30Wクラスの充電器を1台持っておくと、モバイルバッテリーへの高速充電も可能になるなど何かと便利なのでぜひこれから充電器を買おうと持っている方はチェックしてみてください。

RAVPower 30W速充電器 RP-PC144
RAVPOWER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。