おすすめクリマスギフトはこちら!

WiMAX2は固定回線の代わりになる?使ってわかった事と固定回線との比較

自宅のインターネット回線は光回線などの固定回線が一般的ですが、最近はWiMAXを利用する方も多くなっています。

固定回線は開通するまでの期間が長く、引っ越し時の手続きも面倒です。

実際に私も引っ越し時にWiMAXを契約し利用しました。

この記事ではWiMAXはは固定回線の代わりになるのかを実際に使用したわかったことと、固定回線との比較をします。

WiMAXと固定回線を迷っている方はぜひ参考にしてください。

WiMAX2+を固定回線として使った感想

まずは実際にWiMAX2+を固定回線として使用してわかったことを紹介します。

結論から言うと私はWiMAX2+を固定回線として使うには無理があった為現在はNURO光を使用しています。

WiMAX2+の契約内容

WiMAX2+の契約内容
  • 回線:WiMAX2+
  • ルーター:W04
  • プロバイダー:GMOとくとくBB
  • 月額料金:4,952円(サポート込み)

契約内容は以上のようになっています。月額料金が高いですがキャッシュバックがあるので実際は月額3,000円ほどとなっています。

WiMAX2+の使用状況

固定回線の役割を担っていた時のWiMAX2+の使用状況は、自宅でのインターネットと外出先でのインターネットで使用に使っていました。

内訳としては、主にサイトの閲覧とブログ記事投稿に使う程度で、動画を頻繁に見ることもありませんが速度制限には頻繁に掛かっていました。

WiMAX2+のギガ放題プランは容量制限がないのですが、3日間で10GB以上使用すると速度制限がかかってしまいます。

通信速度制限にかかる要因

出典:https://www.uqwimax.jp/plan/wimax/note/gigahodai_speedlimit_10/

UQ WiMAXの公式ホームページによるとデータ通信量の目安は以上のようになっています。

ただし速度制限は3日間で10GBなので1日あたり3GBが目安です。

5分間の高画質動画なら1日あたり4時間が目安になります。

このように聞くと全然問題がなさそうに感じるのですが、アプリやOSのアップデートがあれば簡単に1GBほどの通信量が発生しますし、動画も流し見のように再生し続けることができません。

また、家族がいる場合はOSのアップデートだけで速度制限量に達してしまうこともあります。

そして、家の中でまで通信量を気にしながら過ごすネット生活は思った以上にストレスを感じます。

速度制限にかかりやすい要因
  • アプリのダウンロード
  • OS・アプリのアップデート
  • クラウドでのデータ共有

3日間で10GBは割と簡単に達してしまうのです。特にテレビよりYouTubeを見ることが多いという方にはおすすめできません。

通信制限後は『概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)』とありますが、感覚的にはYahoo!のトップページを開くだけで8秒程かかり、YouTubeの標準画質でも満足に見ることはできませんでした。

WiMAX2+・固定回線比較

私自身はWiMAX2+を固定回線として使用することはできませんでしたが、固定回線との比較をします。

この記事で比較する固定回線は現在私が使用しているNURO光と比較したいと思います。

プラン名ギガ放題プランNURO 光G2V
月額料金4,263円4,743円
キャンペーン1ヶ月目〜2ヶ月目
3,609円
1年間
2,980円
通信速度下り最大440Mbps下り最大 2Gbps
速度制限直近3日間で10GB以上なし

基本事項を表にまとめました。

月額料金は固定回線の方が少し高いですが、大きくは変わりません。固定回線は速度制限がないので通信量を気にすることなく使用することができます。

そして1番のポイントは通信速度の大きな違いがあります。

WiMAX2+の通信速度もストレスを感じることはないのですが、NURO光に変えた時は流石に早いなと感じました。

理論通信速度も大切ですが結局は体感で感じるスピードが大切だと思います。感覚的には動画のダウンロード時間など2倍は早く感じるようになりました。

もう一度言いますが、WiMAX2+も十分速いです。しかしそれ以上に早く感じるのが光回線ということです。

解約料金の違い

月額料金は大きな差がありませんが、解約料金の差がくはどれくらいなのか比較します。

WiMAXの場合は端末料金、固定回線の場合は工事料金が大きな金額として必要ですが、どちらも定められた期間契約を続けることで実質無料となります。

実質無料の怖いポイントは定められた期間使用しないと解約料金がかなり高くなるという点です。

その点も含めて比較します。

GMOとくとくBB解約料(WiMAX2+)
  • 契約期間:3年間
  • 契約更新月以外の解約(25ヶ月目以降):9,500円(税抜)
  • 端末発送月の翌月を1ヶ月目とした1ヶ月目~24ヶ月目までの解約:24,800円(税抜)
NURO 光G2V
  • 契約期間:2年間
  • 契約更新月以外の解約:9,500円(税抜)
  • 工事費:40,000円(30ヶ月の分割)

仮に1年後に解約した場合の解約料金は下記のようになります。

(40,000/30)×(30−12)+9,500 = 33,499円

GMOとくとくBBは24ヶ月目まではいつ解約しても金額が変わりませんが、NURO 光G2Vは毎月工事費が減っていくという考え方なので工事費が0円になる30ヶ月目までは長く使うほど解約料金が安くなります。

どちらも解約料金がめちゃくちゃ高いという訳ではないので、2年以上使うという確証があればそれほど気にする必要はありません。

WiMAX2+の契約はこちら

GMOとくとくBB

お得なキャッシュバック実施中

光回線の契約はこちら

お得な月額料金キャンペーン実施中

WiMAX2+のメリット

WiMAX2+のメリットを紹介します。

工事が必要なく契約後すぐに使用できる

WiMAX2+のメリットは何と言っても、その手頃さです。

契約後すぐに端末が自宅へと届けられその日からネットを使用することができます。引っ越し後も手続きが不要なので対応エリアであればどこでも使用できるのが強みです。

固定回線は工事が必要な為申し込みから開通まで最低でも1ヶ月以上はかかってしまいます。

外出先での通信量が気にならない

3日で10GBを越えると速度制限がありますが、外出先での利用を考えると十分すぎる通信量です。

外出先で動画を見たり、パソコンやタブレットを接続できるので、自宅と同じ通信環境を外出先でも構築できるのはかなりプラスです。

固定回線は自宅でしか使用できないので、場所を選ばないWiMAX2+は心強いです。

対応エリアが広い

日本全国ほとんどの場所で対応しています。特に首都圏にお住いの方は通信できない場所はほとんどないです。

端末も小さく持ち運んでも邪魔にならないので、スマホの通信を使用することなくネットを使用することが可能です。

また、スマホは常にWi-Fiに接続された状態となるのでバッテリー持ちもよくなります。

スマホの月額料金を抑えることができる

WiMAX2+を持ち運べは通信量を気にすることなくネットを使用できるので、スマホ側の通信費用をかなり抑えることができます。

通信する量がほとんどない訳なので、格安SIMなどを使って最低のプランで運用することが可能です。

関連記事
2018年最新!iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介・価格・プランで比較!

WiMAX2+のデメリット

続いてデメリットを紹介します。

固定回線に比べると通信速度が劣る

デメリットにあげるべきかは微妙ですが、光回線に比べると通信速度は落ちます。

WiMAX2+のスピードでも十分早いと感じるのでデメリットには感じないですが、オンラインゲームなど通信速度がとにかく重要という場合には不向きです。

また、WiMAX2+は電波での通信となるので周りの環境に影響を受けやすいです。コンクリートの建物など場所によっては通信が安定しない場合もあります。

速度制限が存在する

WiMAX2+の最大のデメリットで、これさえなければ最強なのですがWiMAX2+には速度制限があります。

速度制限
  • 制限に達する通信量:直近3日間で10GB以上
  • 制限時間:制限通信量を超えた日の翌日の18時頃~翌2時頃
  • 制限後の最大通信速度:概ね1Mbps

冒頭でもお伝えしましたが、1日家にいる時やOSのアップデートがあった時などは意外と簡単に超えます。

そして超えてしまうと、概ね1Mbpsの通信速度になり、一見1Mbpsもあれば十分な気がするのですが、体感だと結構遅いです。

画像の多い重たいサイトなどは完全に表示されるまで15秒程かかりますし、YouTubeの動画を見ようという気にならない体感スピードです。

最大通信速度はあくまで理論値なのでこの値が出ることは稀です。

固定回線のメリット

固定回線のメリットについて紹介します。

通信速度が早く安定している

光回線は理論速度が『下り最大 2Gbps』とモバイル回線と比べるととんでもないくらい速いです。

もちろん理論速度なので常にこのスピードにはなりませんが、WiMAX2+と比べると体感ではっきりとわかるほど通信速度が速いです。

また、ケーブルによる通信の為周囲の環境による影響を受けにくく、通信が安定しています。

しっかりとネット環境と整えたいという方はやはり固定回線が最強です。

通信量を気にすることなく利用できる

何かと話題になる『通信量』ですが固定回線はその概念がありません。

いくら使っても同じ料金なので1日中動画を流し続けることもできます。

通信量を気にしなくていいのは想像以上にストレスフリーで快適にネットライフを送ることができます。

ネットが好きな方は多少金額が高くでも固定回線にすることをおすすめします。

WiMAX2は固定回線の代わりになる?のまとめ

WiMAX2+は固定回線としての能力はあるがストレスが掛かる。

WiMAX2+は速度制限がありますが、外出先でも使えるという大きなメリットがあります。

しかし、WiMAX2+を外で使用するようなユーザーは比較的使用する通信量も多いので、自宅でも併用ということになれば簡単に制限量に達すると思います。

また、3日で10GBの速度制限も「ヘビーユーザーなどでない限り気にならない」とよく言われていますが、最近はYouTubeを見る方も多く、SNSに写真や動画をアップする方も多いです。

それに加えてゲームアプリのアップデートやOSのアップデートを考えると案外普通に使っているだけでもかなりの通信量に達している場合が多いです。

固定回線だと通信制限に気にすることなく、通信速度も速いのでネットを快適に利用することが可能です。

確かに外出先で使用できることや、引っ越し時の手続きがないことは魅力的ですが、やはり固定回線がおすすめです。

WiMAX2+がおすすめの方

WiMAX2+がおすすめ

  • 動画をほとんど見ない方
  • 手続きの手軽さを重視する方
  • 通信速度が気にならない方
  • とにかく通信費用を抑えたい方
  • 一人暮らしの方

WiMAX2+の契約は私も使用しているGMOとくとくBBがキャッシュバックなど費用面でお得です。

WiMAX2+の契約はこちら

GMOとくとくBB

お得なキャッシュバック実施中

固定回線がおすすめの方

固定回線がおすすめ

  • 動画を見ることが多い方
  • 快適にネットを利用したいと思う方
  • オンラインゲームをする方
  • 一人暮らしではない方

光回線の契約は今話題のNURO光がおすすめです!

特に大きなマンション以外にお住いの方は断然NURO光がおすすめです。

光回線はNURO光がおすすめ!小規模マンションのインターネット回線はこれで決まり

私自身も戸数が少ないマンションに住んでいる為、月額料金が安いマンションタイプの契約ができない為迷っていましたが、NURO光は一戸建てや戸数が少ないマンションでも安い月額料金で使用することが可能です。

光回線の契約はこちら

お得な月額料金キャンペーン実施中

 

以上。『WiMAX2は固定回線の代わりになる?使ってわかった事と比較!!』でした。

ぜひ参考にしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です