【カメラ】ニコンとキヤノンの違いを撮影シーン別に比較

こんにちは!この記事にお越し頂きありがとうございます。

カメラを購入する際に迷うのがメーカー選ぶですよね!?

そして、カメラを買おうと思って最初に思い付くメーカーは『キヤノン』と『ニコン』ではないですか?

一眼レフカメラの2大メーカーといえば『キヤノン』と『ニコン』です。

この2社が一眼レフカメラのシェア1位と2位です。

一眼レフカメラの購入にあたり、どちらのメーカーにするか迷いますよね。この記事では、一般的に言われている2大メーカーの比較を撮りたい撮影シーン別に、カメラ以外のことも含めて比較を行います。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

『Nikon』『Canon』基本情報

創立年

Nikon  1917年

光学兵器の国産化を目的とされ設立

Canon 1933年

カメラ製造を目的とした研究所立ち上げがルーツ

正式名称はキャノンではなくキヤノン

ルーツ

Nikon   光学兵器の生産(スコープ等) 三菱グループの一員

Canon  カメラなどの映像機器

一眼レフカメラ以外の製造品

Nikon

双眼鏡、顕微鏡、望遠鏡、メガネ等

Canon

ビデオカメラ等の映像機器、プリンタ、事務機器

2社ともに、カメラで有名なメーカーですが、カメラ以外の製品にはしっかりとルーツが関わっているのがわかると思います。

Canonは映像機器が始まりなので、今もプリンタ等の製造をしています。Nikonはルーツの光学関係(顕微鏡など)の製品を製造しています。

一眼レフカメラ 『Nikon』『Canon』比較

はじめに

NikonとCanonについて一般的に言われている事を比較しますが、あくまで世間で言われていることの比較です。

一概に『Nikon』『Canon』と言ってもそれぞれの機種により得意分野、不得意分野もありますし、全てのカメラがこの特徴に一致するとも限りません。

個人的にはどちらも性能差はほとんどないと思っているので、ブランドイメージとして見ていただければなと思います。

風景撮影

 出典:http://imgsv.nikon-image.com/products/slr/lineup/d750/img/sample/pic_01_l.jpg

風景撮影はNikonがオススメ

 

カメラの記録画素数やダイナミックレンジなどの機械的スペックがNikonに方が高いです。同じ価格帯で比較してもNikonの方がスペックが良いので、風景撮影はNikonが優れています。

Nikonの写真は暗い部分が非常に美しく、写真の色の幅が広いです。色味が深くでることや、黒に強いということで星空や夜景に適しています。

また、天体撮影専用の機種も出ていることからNikonの風景への力の入れようが読み取れます。

D810A – 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

 スポーツ撮影

スポーツ撮影はCanonがオススメ

 

Canonはピントを合わす速さ『AF(オートフォーカス)』の速さが優れています。その為動いている物の撮影はCanonがオススメです。

Canonと言えばAFの速さが有名でプロスポーツカメラマンもCanonユーザーが多いです。

スポーツ中継を見ていると、特徴的なCanonの白い望遠レンズを使っているカメラマンが多いことがわかると思います。

一方NikonはAFの精度が優れていると言われています。

スポーツのように一瞬のシャッターチャンスを必要とするシーンではCanonが良いですが、風景のようにじっくり撮影するシーンではNikonが良さそうですね。

  • もたついて大事なシャッターチャンス逃してどうするの?がキヤノンさん
  • ダメな写真量産してどうするの?一球入魂でしょ!がニコンさん

人物撮影

出典:http://cweb.canon.jp/eos/lineup/5dmk4/image-sample.html

人物撮影はCanonがオススメ 

 

創立当時から映像機器を製造しているからなのでしょうか。

Canonの写真は人を美しく写します。撮った写真を人が見た際Canonの写真のほうがが綺麗に見えると言う方が多いそうです。

具体的にいうと、撮って出しの写真(編集していない写真)はキヤノンの方が美しく見えます。

Nikonは見たままを写す写真になる

Nikonは見たままの色をそのまま写すと言われています。そして。カメラの基本スペックがNikonの方が優れているので、スタジオ写真の撮影はNikonがオススメです。

写真の見え方は結局好み!?

映像は人が目で見るものなので結局は好みの問題になってきます。

また最終的にパソコンで好みの色合いに編集をするなら、どっちが優れているということは関係なくなります。

編集をしない人や、撮ってすぐにデータを渡したいという人は、人が綺麗に見えると感じやすい設定がされているCanonがオススメです。

故障の低さ

丈夫さで選ぶならNikon

 

NikonはあのNASAの公式カメラにもなっています。宇宙で使われているカメラってだけで丈夫さが伝わりますよね。

実際の口コミでもNikonのカメラは壊れないとの口コミが多くあります。ルーツが軍用というのも頷けるポイントですね。

家電量販店の人に聞いてもNikonのカメラが修理に持ち込まれていることはあまり見かけないそうです。

f:id:maturikun:20170407153928j:plain

日本のメーカーである以上Canonも安心

Nikonの方が丈夫とはいえ、Canonのカメラが脆い訳ではありません。最悪壊れたとしても安心・安定のCanonです。修理に困ることはないでしょう。

メーカー保証も充実していますし、修理センターに持ち込めばしっかりと修理してもらえます。

一眼レフ落下!!点検は必要?費用と対応まとめ

見た目

ここまで来るとどっちも変わらない!?

ここまで来るとどっちを選んでも構わないと思うようになってきます。

それは結局は見た目で決めてしまっても構わないと思う程、どちらのメーカーも優れているからです。

見た目に関してはどちらもかっこいいですが比較します。

ここでのポイント
  • 価格が高くなるほどカッコいい
  • だいたい同じ価格帯で比較
※ここでは高価格帯の製品を比較します。

Nikon カメラ本体

出典 D810 – 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d810/

Nikon愛用者の憧れのカメラでしょう。Nikonのカメラはシャター部分に赤いラインがあるのが特徴的です。

Nikon レンズ

出典 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR – 概要 | レンズ | ニコンイメージング

http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/af-s_nikkor_24-70mm_f28e_ed_vr/

こちらはNikon愛用者憧れのレンズです。Nikonの高グレードレンズは文字やレンズ先端のラインが金色という特徴があります。とても豪華な雰囲気を漂わせています。

Canon カメラ本体

 出典 http://cweb.canon.jp/eos/lineup/5dmk4/index.html

Canonの憧れのカメラで代表的なカメラと言えばこのEOS 5Dシリーズです。Canonのカメラの上位機種はだいたい同じような見た目をしていますが、本体右の方に書かれている『5D』というのが、かっこよくて憧れます。まぁ一種のブランド価値というものですね。

Canon レンズ

出典 http://cweb.canon.jp/ef/lineup/standard-zoom/ef24-70-f28l-ii/spec.html

Canonの上位機種は『Lレンズ』と呼ばれています。『Lレンズ』のLはluxuryのLでまさに高級レンズです。

その見た目の特徴はレンズ先端の赤い帯!これがLレンズの象徴でもあり、めちゃくちゃかっこいいです!!

コスパ

コスパで選ぶならNikon

 

カメラを選ぶうえで、知っておきたいコスパに関することですがコスパはニコンの方が良いです。

風景撮影のところでも少し触れましたが、同じ価格帯で比較した場合ニコンのカメラの方がスペック、機能は高い傾向にあります。

写真に大きな差があるわけではないですが、同価格帯のカメラなら機能が上の方が良いですよね。

スペックを重視するなら、後々後悔しない為にもニコンを選ぶのが吉かもしれません。

それでも私はキヤノンが好き!

この話で一気にニコンが良いと思った方もいると思うので補足です。私は性能にこだわる方なので、ニコンの方が向いている気がしますが、キヤノンさん一筋です。

カメラは趣味性の高いモノなので、使って楽しいと思える事が大事です。

例えば、キヤノンのLレンズは望遠が白色だったりと、他にはない魅力があります。白レンズや赤帯のLレンズなど使う喜びがあるのはキヤノンだと思います。

キヤノンの赤帯に白レンズ!最高にクールです!!

それでも迷う方へ

迷ってる方への最速手引
  • スポーツ(動く物)を撮るならCanon
  • 風景を撮るならNikon
  • 赤が好きならCanon
  • 金色が好きならNikon

※紹介した機材はかなり高いのでいきなり買うことは困難だと思います。まずは入門機の価格の安い機種の購入がオススメです。

※入門機ではほとんど差はありませんが、一般的に異なるメーカーのレンズを異なるメーカーのカメラでは使用できません。将来付き合うメーカーを最初から選ぶと良いでしょう。

オススメのカメラ

キヤノン EOS Kiss X7

世界最小・最軽量の一眼レフカメラ

本当に一眼レフカメラと思ってしまう程の軽さとコンパクトさで人気となった一眼レフカメラです。

ボディは約370gでミラーレスカメラとほぼ同じです。サイズもコンパクトですが、基本性能は十分でプロのサブカメラとして使用されることもあります。

操作も簡単で何よりコンパクトなので、初めての一眼レフカメラに最適な1台です。

  • 有効画素数 1800万画素
  • 連続撮影速度 約4コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント EF-Sレンズ・EFレンズ
  • バリアングル液晶 無
  • Wi-Fi機能 無
  • 価格 52,165円(掲載当時)

キヤノン EOS 9000D

長く使える本格一眼レフカメラ

どうせ一眼レフカメラを買うならそこそこのカメラが欲しいと言う方におすすめの1台でサブモニターも搭載している中級機顔負けのカメラです。

一眼レフカメラにのめり込んでしまうと割と短期間で上位機種を買ってしまう人が多いのですが、このカメラなら本格機能が十分搭載されているので、買い替えることがなく長く使えます。

  • 有効画素数 2420万画素
  • 連続撮影速度 約6コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント EF-Sレンズ・EFレンズ
  • バリアングル液晶 有
  • Wi-Fi 有
  • 価格 121,761円(掲載当時)

キヤノン EOS Kiss X9

人気の小型ボディ・バリアングル液晶搭載一眼レフカメラ

キヤノンの人気初心者向け一眼レフカメラの最新機種です。

小型ボディで大人気となった『EOS Kiss X7』の後継機種で新たにバリアングル液晶の搭載とWi-Fiの搭載、画素数のアップなど正統進化をしています。

これからカメラを始める方に最適な一眼レフカメラです!

  • 有効画素数 2420万画素
  • 連続撮影速度 約5コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント EF-Sレンズ・EFレンズ
  • バリアングル液晶 有
  • Wi-Fi 有
  • 価格 69,228円(掲載当時)

ニコン D5600

ニコンの初心者向けカメラ

一眼レフカメラの中では比較的コンパクトなカメラですが、機能は中級機に迫るスペックを有しているコンパクトさと機能を両立しているカメラです。

無難に一眼レフカメラを始めたい方におすすめで、ニコンを選びたいと思っている方には最適な1台です。

個人的に思うのが、ニコンのカメラは初心者向けのカメラも作り込みがしっかりしていて安っぽく見えないです。

  • 有効画素数 2416万画素
  • 連続撮影速度 約5コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント ニコンFマウント
  • バリアングル液晶 有
  • Wi-Fi 有
  • 価格 99,800円(掲載当時)

ニコン D7500

ニコンの代表的中級カメラ!

ニコンの中級カメラの位置するカメラで、初めて一眼レフカメラを買う人にも人気のカメラです。

上級カメラ並みのスペックで本格的に一眼レフカメラをはじめたい方に最適です。 また、このカメラの特徴は高画素と高速撮影を兼ね備えており、動きモノの撮影にも強いカメラとなっています。

  • 有効画素数 2088万画素
  • 連続撮影速度 約8コマ/秒
  • センサーサイズ APS-C
  • 対応マウント ニコンFマウント
  • バリアングル液晶 チルト式
  • Wi-Fi 有
  • 価格 156,490円(掲載当時)

まとめ

Nikonとキヤノンのイメージの違いを撮影シーン別に比較しました。

カメラ上級者からすると、そんなブランドイメージ関係ないっと思うかもしれませんが、最初に選ぶ理由には十分なると思います。

性能云々ももちろん大切ですが、好きなブランドイメージというのも必ずあるはずなので、ぜひ気に入ったカメラを選んで楽しいカメラライフを送ってください。

以上。最後までお読みいただきありがとうございました。

さらにおすすめのカメラが知りたい方はこちらをご覧ください。

2018年最新版!初心者におすすめ人気の一眼レフ・ミラーレスカメラまとめ

身近な人に合わせるのも、操作について教えてもらったり、レンズを貸してもらえてたりするのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です