アクションカメラだからできる便利な使い方とアイデアまとめ

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

アクションカメラは体験をしながら撮影できる小型のカメラでアウトドアや旅行にも最適なビデオカメラです。

最近使っている人をよく見かける便利なカメラですがどんな使い方ができるのか気になりますよね!

この記事ではアクションカメラの便利な使い方を紹介します!気になる方はぜひチャックしてみてください!

アクションカメラ特徴

まずはアクションカメラの特徴について紹介します!

特徴
  •  小型で身につけれる大きさ
  • 軽量で身につけても気にならない
  • 広角レンズで爽快な映像を撮影できる
  • ズームはできない
  • 防水・耐衝撃性に優れている

アクションカメラの特徴は何と言っても小型であることです。

身につけられるカメラとして最適で広角レンズなので撮影漏れを防ぎ手ブレにも強いです。

スマホでも十分綺麗な動画を撮ることができますが、運動中でも身につけられ、広角レンズ独特な動画を撮ることができるのはアクションカメラならではの特徴です。

他のカメラとは全く違う使い方をすることができるのでスマホとも差別化することができます。1台あると体験を重視した良い思い出を残すことができるのでアウトドアによく出かける人や旅行を考えている人におすすめです。

アクションカメラ使用用途紹介

主な使用シーン
  • サイクリング
  • バイクのツーリング
  • ドライブ
  • 登山
  • マリンスポーツ
  • スキー・スノボー
  • 旅行

小型・軽量で防水機能も付いているアクションカメラでは様々なシーンのアウトドアにもってこいのカメラです!!

特に水中カメラの代わりになるというのが普通のビデオカメラと差別化できるので、すでにビデオカメラを持っている人も買う価値が十分あります。

動画撮影の使用例


様々なシーンで使えるのがわかります。何気ない散歩の風景でもお洒落な動画になります。


こんなオシャレな撮り方をして旅行の思い出にすると最高ですね!

小型で荷物にならずスイッチ1つで撮影ができるアクションカメラならではの使い方です。


防水なので水上・水中でも思う存分使用することができます。カメラなどの光学製品は壊れやすいですが、そんな心配なく気軽にどこでも持っていけるのが良いです!

写真を撮るカメラとしても大活躍

アクションカメラは動画を撮るカメラだと思われがちですが、写真を撮るカメラとしても大活躍できます。

最近は自撮りで撮るのが当たり前になっています。アクションカメラは広角レンズを搭載しているので自撮りでも顔だけでなく、背景までバッチリと写すことができるのです。

アクションカメラを使用している人のツイートを紹介します!

自撮りもバッチリ背景まで写っています!


動画向けのカメラですが写真を撮っても十分綺麗です!

特別カメラに興味がない方でも写真を撮るのは好きだと思います。

アクションカメラはスマホとは全く違う写真を撮ることができ、荷物にもならないので日頃スマホで写真を撮っている方に特におすすめです。

アクションカメラで撮った動画、写真をSNSにアップしている人も多いので、たくさんのアイデアをもらえることもメリットの1つです。

おすすめのアクションカメラはこれ!

アクションカメラはさまざまなメーカーから発売されており、種類も多くなっていますが、王道はやはり『GoPro』と『ソニー』です。

安いアクションカメラもありますが、質が悪かったり思うように撮れないこともあるので注意しましょう!

『GoPro』と『ソニー』のアクションカメラは性能も良くおすすめです。

GoPro HERO6 Black

GoPro HERO6 Black特徴
  • 圧倒的なアクセサリー
  • デザインがオシャレ
  • ディスプレイで映像を確認できる(HERO6 Black )
  • ケースなしで防水

GoPro初心者必見!「HERO6」と「HERO」の違いを比較・解説

ソニー HDR-AS300

そしてソニーのアクションカメラも優れた手ブレ補正と安心の日本ブランドで人気があります。

ソニHDR-AS300特徴
  •  空間光学手ぶれ補正
  • 本体のみで防滴可能
  • 60m防水のケース付属
  • フルハイビジョン撮影
  • 高音質ステレオマイク
  • タイムプラス撮影可能
  • 約1200万画素の静止画撮影

レビュー! ソニーアクションカメラ HDR-AS300

ソニーかGoProこのどちらかを選ぶと間違いないです!

空間光学手ブレ補正

空間光学補正は『ソニー』が誇る最高の手ブレ補正技術です。イメージとはレンズとセンサーが宙に浮いている感じになっていて、カメラ本体が動いても手ブレを抑えた安定した映像が撮影できます。

GoProとの違いは?

アクションカメラといえばGoProを思い浮かべる人も多いと思います。なんかおしゃれでかっこいいですよね。私もアクションカメラを購入する時にとても迷いましたが、ソニーHDR-AS300を選びました。

GoProより優れている点
  • 手ブレ補正機能
  • アフターサポート
  • 三脚ネジ穴搭載

手ブレ補正に関しては空間光学手ブレ補正を搭載しているHDR-AS300の方がかなり優れています。

アクションカメラは動くことに価値があるカメラなので手ブレ補正機能は重視したいポイントです。

また、日本人には馴染みの深い安心のソニー製です。万が一不良品に当たってしまっても、十分なサポートを受けることができます。

一方GoProはサポートに関してあまり良い評判を聞きません。また、経営も少し不安定なので万が一不良品だった場合に苦労することになりそうです。安い買い物ではないのである程度のサポートは必要ですよね。

最後に三脚ネジ穴についてですが、GoProには三脚ネジ穴がついていません。専用の部品を使ってアクセサリーと接続するので必要なアクセサリーを買う必要があります。

アクセサリー数は豊富ですが一通り買い揃えるとなる結構な金額がかかってきます。

HDR-AS300には三脚ネジ穴があるので一般的な三脚やアクセサリーも問題なく装着することができます。

HDR-AS300上位機種との違い

HDR-AS300にはFDR-X3000という上位機種があります。

見た目や大きさもほとんど同じですが、大きな違いは値段とFDR-X3000は4K撮影ができるということです。

価格は約1万円の差で以下の通りです。

  • HDR-AS300 39,880円
  • FDR-X3000 49,880円

4Kは確かに綺麗ですが、データ容量が半端なく大きいのでまだまだ家庭で扱うには少し荷が重いです。

また、4Kで撮るような動画はわざわざアクションカメラで撮る必要はないとも思います。ハイビジョン画質でもかなり鮮明に写りますし、せっかくのアクションカメラではデータも身軽な動画を撮影したいですね。

4Kが必要ない方は1万円安いHDR-AS300がオススメです!浮いた1万円でアクセサリーも買うことができます。

まとめ

アクションカメラの便利な使い方を紹介しました!

撮影場所を選ばないアクションカメラはアイデア1つでさまざまな撮り方が可能です。

素敵な旅のひとときをストレスなく記録できるので『最強の旅カメラ』とも言えます。動画と写真の二刀流も可能なので邪魔になることは本当にないです。

ぜひアクションカメラで素敵な思い出を記録してください。

以上。最後までお読みいただきありがとうございました。

大好きなディズニーリゾートでも大活躍でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です