【厳選購入】ジュラシックワールド 炎の王国グッズ紹介!

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

大人気シリーズ『ジュラシックワールド』の最新作『ジュラシック・ワールド /炎の王国』が2018年7月13日(金)より公開されました。

映画の内容はもちろんですが、映画が公開されるとファンにとって楽しみなのがグッズ発売です。

今回の『ジュラシックワールド /炎の王国』も公開に合わせて数多くのグッズが発売されています。そこでジュラシックパークシリーズ大好きな私がショップで悩みに悩んで購入したグッズをレビューします。

興味のある方はぜひご覧ください。

ジュラシック・ワールド/炎の王国

出典:http://www.jurassicworld.jp

あらすじ

前作『ジュラシックワールド 』の事件から3年後が舞台。

パーク崩壊後のイスラ・ヌブラル島では恐竜達自然に暮らしていたが、島北部のシボ山で火山活動が活発化し、火山噴火により恐竜達は絶滅の危機にさらされる。

アメリカ政府は協議の結果恐竜の保護はせず、自然のままを受け入れることを決定した。しかし元ジュラシックワールド 運営管理者の『クレア・ディアリング』が設立した恐竜保護を目的とした団体「Dinosaur Protection Group」はイスラ・ヌブラル島の恐竜を救出するため、故ジョン・ハモンド(ジュラシックパーク創始者)の元ビジネスパートナーであった『ベンジャミン・ロックウッド』を訪ね、彼の支援・サポートを取り付ける。

また、ベンジャミンに全てを託されたロックウッド財団の経営者イーライ・ミルズの依頼で『ヴェロキラプトルのブルー』を捜索するため、クレアはジュラシックワールドの元恐竜監視員『オーウェン・グレイディ』に同行を依頼し、彼ら探検隊がイスラ・ヌブラル島に向かった。


登場人物

●オーウェン・グレイディ(クリス・プラット)

元「ジュラシック・ワールド 」の恐竜監視員。

●クレア・ディアリング(ブライス・ダラス・ハワード)

「ジュラシック・ワールド」元運用管理責任者。

前作の事件を経て、恐竜を「展示物」としか見ない商売主義者から改心し、恐竜保護グループ「Dinosaur Protection Group」を設立

●フランクリン・ウェブ(ジャスティス・スミス)

恐竜保護グループ「DPG」に所属する若い黒人男性。コンピュータに関して極めて高度な技術を持っている。

●ジア・ロドリゲス(ダニエラ・ピネダ)

「DPG」に所属する若い女性。獣医として高度な技術を持ち気が強い。

●ベンジャミン・ロックウッド(ジェームズ・クロムウェル)

ロックウッド財団の設立者。ジュラシックパークを作った『ジョン・ハモンド』のビジネスパートナーでハモンドと共に最初の恐竜のDNA抽出を行った。その後ハモンドとは考えの違いで決別することになった。

●イーライ・ミルズ(レイフ・スポール)

ベンジェミンに託され実質的なロックウッド財団の運営者。

恐竜を救出し売りさばくことが真の目的だった。

●メイシー・ロックウッド(イザベラ・サーモン)

ベンジャミン・ロックウッドの10歳の孫娘。今回の作品のキーマンで好奇心旺盛・恐竜好き。

●アイリス(ジェラルディン・チャップリン)

ロックウッド家の家政婦。

●ヘンリー・ウー(B・D・ウォン)

ジュラシックパークシリーズを含めシリーズ最多出演。元「ジュラシック・ワールド」の研究チームのリーダーを務めた遺伝学者で、前作でハイブリット種『インドミナス・レックス』を創りだした。

今回は『イーライ・ミルズ』との取引で『インドラプトル』を創り出す。

●グンナー・エヴァーソル(トビー・ジョーンズ)

ミルズと手を組んでいる兵器密売人。今作のヒール役である。

●ケン・ウィートリー(テッド・レヴィン)

ミルズに雇われた傭兵の隊長。最初はオーウェンらと協力していたが早々に裏切る。

●イアン・マルコム(ジェフ・ゴールドブラム)

カオス理論でおなじみの数学者。『ジュラシックパーク』『ロストワールド』に登場するシリーズお馴染みの登場人物で今作では次章に繋がる名言を発する。

映画館で販売されているグッズ

出典:https://www.toho.co.jp/goods/cjura2.html

全国の映画館で販売されている『劇場限定グッズ』です。

映画公開日より発売されており定番のグッズから少し変わったグッズまで全27種類が発売されています。

このようなグッズはファンには堪らないと思うのでぜひチェックしてみてください。

その他に様々な企業がコラボ商品を販売しています。公式サイトに纏められていますので詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

参考 ジュラシック・ワールド /炎の王国:商品情報公式サイト

ジュラシックワールド グッズレビュー

それでは今回私が厳選して購入した『ジュラシック・ワールド /炎の王国』のグッズを紹介します。

マフラータオル

POINT
  • 価格:1,080円(税込)
  • 長さ:約120cm

ジュラシックパークでおなじみのティラノサウルスの骨格とジュラシックワールド のロゴがプリントされたマフラータオルです。

マフラータオルなので通常のタオルより長くなっています。

全体を広げるとこのような感じです。

思っている以上に薄く作りとしては少し安っぽい感じがします。価格が税抜き1,000円と映画グッズにしては安いので仕方ないですが。実用性を考えるともう少し価格が高くていいので「しっかりとした作りにして欲しかった」というのが正直な感想です。

デザインはファンには堪らないいいデザインで気に入っています!

Amazonなどでも取り扱っているようなので買いそびれた人はぜひチェックして見てください。

ラバーコースター

POINT
  • 価格:810円(税込)
  • サイズ:約H9.5×W12.5cm

これが今回の本命でもありました!お馴染みのロゴのラバーコースターです。

ジュラシックパークシリーズといえばこのロゴで、このロゴが大好きな方は本当に多いのではないでしょうか。

台座もカッコいいのでそのまま飾ることもできますし、もちろんコースターとして使うのもおすすめです。

サイズは幅が約12.5cmと実際に見てみるとかなり大きく感じます。

しかし実際にコップを載せてみると丁度いい大きさで普段使いにも最適です。

このラバーコースターを使って好みのドリンク片手に映画を見るのは最高ですね!!

大好きな『カルピス』も数倍美味しく感じます。

こちらが台座です。裏面には注意事項が書かれていますがコースターとしての普通の使い方なら全く問題ありません。

コースターの裏側です。材質上滑りにくくなっていますが、手で触ると指紋がガッツリついてしまいます。

長時間同じ場所に置いておくと引っ付いてしまうタイプの素材です。

Amazonなどでも取り扱っているようなので買いそびれた人はぜひチェックして見てください。

メタコレ ジュラシックワールド

劇場限定グッズではありませんが、たまたま売られていたので購入しました!

価格は税込1,080円でした。

メタコレとは

手のひらサイズのずっしりと重いフィギュアです。

ロゴコレクションというのがあり様々なフィギュアが販売されています。

本当に手のひらサイズですが作りが重厚な作りで高級感があります。

開封するとこのように頑丈に梱包されており製品の質の高さが伺えます。

取り出すとこのような感じです、まさにジュラシックワールド !!

ジュラシックワールドの入り口に飾られてそうな置物です。

この傾き具合が素晴らしく、どんな場所に置いても『ジュラシックワールド 』に変えてくれます。またずっと触っていたくなるようなずっしりと思い金属で高級感が素晴らしいです。

価格は1,000円と大きさを考えると高く感じてしまうかもしれませんが、これで1,000円なら安いです。

重さは89g。単二電池が69gなのでそれよりも20g重たいです。1円玉は1枚1gなので89枚分の重さです。

わかりにくいと思いますが文鎮の代わりになるくらいは重たいです。

これは本当におすすめのグッズです!

まとめ

今年で25周年を迎える「ジュラシックパーク」幅広い年代に支持され続ける大人気作品です。

シリーズ5作目となる『ジュラシックワールド /炎の王国』の公開を記念した様々な催しやグッズの販売がされているのでぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

以上、『ジュラシックワールド /炎の王国』グッズの紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。


ジュラシックワールドグッズをAmazonで探す


次章も楽しみです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です