どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

購入検討者必見!ロードバイクより電動自転車をおすすめする5つの理由

通勤やサイクリングをしたいと思うと気になるのはロードバイクではないでしょうか。

ロードバイクは自転車の王様と言われており、自転車で最も速く走る為に作られています。

ロードバイクで軽快に走っている様子は気持ち良さそうですよね。

しかし、通勤で使う方や、気軽にサイクリングがしたいと考えている方は電動自転車がおすすめです。

この記事では23万円のロードバイクを乗らなくなった私が、ロードバイクより電動自転車をおすすめする理由を紹介します。

購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

ロードバイクに乗らなくなった理由はこちら

自転車大好きな私が23万円のロードバイクに乗らなくなった理由

ロードバイクより電動自転車をおすすめする理由

早速、ロードバイクより電動自転車をおすすめする理由を紹介します。

電動自転車をおすすめする理由
  • ロードバイクは使用用途が限られる
  • 爽快感は電動自転車で十分
  • 荷物を載せられる
  • 気を使わず自由度が高い
  • 電動自転車の方がコスパが良い

それぞれについて解説します。

ロードバイクは使用用途が限られる

颯爽と走れるイメージのあるロードバイクですが、使用用途はかなり限られます。

特に通勤や街乗りでの使用を考えている方は要注意です!

ロードバイクの注意点
  • 段差に弱い
  • 空気圧など乗る前にメンテナンスが必要
  • 振動が大きい(手が痺れる)
  • お尻が痛い
  • 姿勢がきつい

お尻が痛いと姿勢がきついに関しては乗っているうちに慣れて来るのですが、ロードバイクは基本的に車道を走る自転車なので段差に弱いです。

自転車専用道が整備されている場所だと良いのですが、日本は車最優先の認識が強く、路側帯も狭い道路が多いのが現状。

路上に停車している車があると危ないですし、交通量が多い通勤に使用するにはかなり不向きです。

空気圧の確認も普通の自転車以上に気を使う必要がありますし、ロードバイクはあくまでスポーツ用と割り切った方が良いです。

ライター
ここを勘違いするとあとで後悔します。ロードバイクは確かに速く走れますが、普通の自転車以上に疲れます。

爽快感は電動自転車で十分

週末サイクリングで風に当たると気持ち良いですよね。

ロードバイクなら速く走れるのでもっと気持ちいいのでは?と思うかもしれませんが、爽快感を味わうなら電動自転車で十分です。

むしろロードバイクは前傾姿勢が辛くて、姿勢が楽な電動自転車の方がサイクリングを楽しめます。

向かい風でも快適に走れる電動自転車はリフレッシュ目的のサイクリングに最適です!

ライター
電動自転車の加速を味わうと普通の自転車に戻れません。

電動自転車は荷物を載せられる

ロードバイクは走る為に無駄な物は全て削ぎ落とされています。

当然、鞄を収納するようなカゴはありません。

しかし、通勤やサイクリングを楽しむ時は上着を脱いだり、必要最低限の荷物を持ったりと何かと荷物がでます。

そんな時にカゴがあれば便利ですが、荷物を全く収納できないロードバイクは不便です。

荷物は基本的にリュックサックになるのですが、自転車で汗をかくと背中とリュックサックの間で蒸れて不快な気持ちになります。

気を使わず自由度が高い

電動自転車は普通のママチャリのように使用できます。

僕自身ロードバイクを乗っていた時に特に気を使っていたのが以下の2点。

特に気を使ったこと
  • 車道を走ること
  • 盗難の心配

自転車なので基本的に車道を走るのですが、日本の道路の路側帯は本当に狭く、横から迷惑そうにどんどん車に抜かれていきます。

少しでも横に逸れると車に追突される危険があるので、普段の数倍気を使いながら走る必要があります。

また、途中で本屋などに寄りたくなっても、盗難の心配があるので気軽に立ち寄れません。

というのもロードバイクには鍵がないので、ワイヤーの鍵を使用します。

f:id:maturikun:20170523162059j:plain

これがいちいち取り出して近くの柱に巻きつけるのが面倒です。

また、ロードバイクにはスタンドがないので止める場所も限られてしまい、重量が軽いのでその気になれば簡単に盗られるんですよね。

ロードバイクはとことん街乗りには向いていない自転車なのです。

その点、電動自転車は鍵が備わっており、スタンドも付いているので気軽に扱えます。

ライター
ロードバイクはスポーツ用です!

電動自転車の方がコスパが良い

ロードバイクは経済的に余裕がある人や、時間的に余裕がある人の趣味の自転車です。

というのも、10万円以下のロードバイクはロードバイク風ママチャリと言われており、それなりのロードバイクは20万円ほどします。

電動自転車であればデザインが良く、趣味にも日常生活にも使えるモデルが10万円〜15万円で購入可能。

使える用途・快適さを考えると電動自転車のコスパは良いです!

最近の電動自転車は外観も良い

画像出典:https://cycle.panasonic.com/products/elz/

電動自転車ってダサいでしょ?と思うかもしれませんが、最近はファッション性を重視した電動自転車も多いです。

上の写真はパナソニックの「EZ」と言う電動自転車ですが、流行りのBMXスタイルでオシャレを楽しむ人の自転車として人気です。

画像出典:https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/ypj/ypj-ec/

ロードバイクやクロスバイク、MTBなどのスポーツサイクルに電動アシスト機能を搭載した「e-BIKE(イーバイク)」も人気があります。

電動自転車にもママチャリ風の自転車、子供を乗せるのに特化した自転車、ファッション性を重視した自転車など様々な種類があるので、ぜひチェックしてみてください。

電動自転車をチェック

※公式サイトへのリンクです

電動自転車のデメリット

電動自転車のデメリットについても紹介します。

電動自転車のデメリット
  • 車体重量は重たい
  • 最高速度は遅い
  • 充電が必要

電動自転車はバッテリーとアシストユニットを搭載しているので、コンパクトな形の自転車でも車体重量は重たいです。

その為、バッテリーが切れるとかなりしんどい自転車になります。

また、日本の電動自転車規制が厳しく、アシスト比率が細かく定められています。

MEMO

アシスト比率とは

日本の電動自転車は時速10kmまでは漕ぐ力を1とすると、最大2倍までモータがアシストしてくれます。

その後24kmまで徐々にアシスト力が弱くなり、時速24kmを超えると完全にアシストが停止します。

アシスト比率が細かく決められているので、スピードが出ないのが特徴です。

時速24kmを超えると重たい車体が足かせとなって通常の自転車よりスピードを出すことができません。

バッテリー持ちはパワーモードでも30km以上と全く問題ないですが、充電をする必要があることも忘れてはいけません。

ポイント
  • 電動自転車はスピードが出ない
  • 定期的な充電が必要
ライター
時速24kmだと十分速いですがめちゃくちゃ速く走りたい人は注意が必要です。

まとめ

この記事ではロードバイクより電動自転車をおすすめする理由を紹介しました。

僕自身、ロードバイクを買ったもののほとんど使わなかった経験があるので、購入を迷っている方は良く考えて欲しいです。

安い買い物ではないので、しっかりと検討してみてください。

また、今は電動自転車に乗ることが多いですが、電動自転車は本当に快適で一度乗ると普通の自転車には戻れなくなるレベルです。

普段自転車を乗っている方は、電動自転車に乗り換えることで、日常生活が大きく変わるのでおすすめ!

ぜひチェックしてみてください。

最近はネットでも自転車を購入することが可能なので、年間売り上げNo.1のネット自転車専門店「cyma-サイマ-」も要チェックです。

電動自転車をチェック

※公式サイトへのリンクです

以上。「購入検討者必見!ロードバイクより電動自転車をおすすめする5つの理由」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。