【通信料節約】iPhoneで使える格安SIMはこちら

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhoneを使う為の情報まとめ!大手キャリアとの料金も比較

大手キャリアよりも料金が安いが、格安SIMのように通信速度が遅くないと話題のワイモバイル。

スマホの料金を安くしたい方には魅力的ですよね。

この記事ではワイモバイルでiPhoneを利用する為に知っておきたい情報を紹介します。

興味のある方はぜひ参考にしてください。

ライター
2019年10月1日から契約期間の縛りと違約金が無くなります!
この記事でわかること
  • ワイモバイルでiPhoneを使う方法
  • ワイモバイルのメリット・デメリット
  • ワイモバイルの料金プラン
  • 大手キャリアとの料金の比較
ライター
実店舗が多いので他の格安SIMより気軽に使えます

ワイモバイルでiPhoneを使う3つの方法

ワイモバイルでiPhoneを使う方法は3つあります。

ワイモバイルでiPhoneを使う方法
  • ワイモバイルでiPhoneとSIMを契約
  • SIMフリーのiPhoneを購入し、ワイモバイルでSIMのみ契約
  • SIMロックを解除したiPhoneを持ち込み、ワイモバイルでSIMのみ契約
  • ワイモバイルでセット購入する場合のおすすめiPhone

それぞれのメリットとデメリットはこんな感じ。

メリットデメリット
ワイモバイルで
セット購入
・端末割引がある
・店舗に行くだけで簡単
・購入できるiPhoneが古い
SIMフリー
iPhone
・SIMフリーが手に入る
・最新のiPhoneが使える
・自分で購入する必要がある
・通信料金で別になる
SIMロック解除
iPhone
・持っているiPhoneが使える
・キャリアからの乗換に最適
・SIMロック解除の手間が掛かる

ワイモバイルでセット購入すると、手間が掛からず便利ですが、最新のiPhoneを取り扱っていないというのがポイントです。

最新のiPhoneを高いので、旧端末を使うと料金を安くできるという効果はありますが、最新のiPhoneを使いたい方は他の格安SIM同様にSIMフリーのiPhoneをApple Storeで購入するのがおすすめです。

公式サイトをチェック

・iPhoneをお得に使える
・通信速度が安定していて快適

ライター
SIMロック解除の方法は自分が使っているキャリアの公式サイトを見ると分かるよ!持ち込むと手数料が掛かるからオンラインでの解除がおすすめです。
ソフトバンクのiPhoneもSIMロック解除が必要

ワイモバイルはソフトバンクが運営しているので、SIMロック解除が不要と思ってしまいますが、ワイモバイルは独自の通信回線も使用しているので、ソフトバンクのiPhoneを使う場合でもSIMロック解除が必要です。

ソフトバンクで使っていたiPhoneを使う方は忘れずにSIMロック解除をするようにしましょう。

ワイモバイルのメリットとデメリット

ワイモバイルを使う前にメリットとデメリットは知っておきたいですよね。

「大手キャリアと比べると価格が安いので何か不便なことがあるのかも」という心配もあります。

ワイモバイルを利用する前にぜひ参考にしてくだいさい。

ワイモバイルのメリット

まずはメリットから紹介します。メリットをまとめるとこんな感じ!

ワイモバイルのメリット
  • 格安SIMの中で最速の通信速度
  • 格安SIMの中では珍しく実店舗がかなり多い
  • ソフトバンクのWi-Fiスポットが無料
  • Yahoo!プレミアムの特典が使える
  • 国内通話料無料(1回10分以内)

格安SIMの最大の弱点は通信速度が遅いということです。

これは大手キャリアから通信設備の一部を借りている為、通信回線が混雑する時間帯や場所では通信速度が著しく低下します。

車の車線を例にするとこんな感じ。

格安SIMは1車線しかないので混雑する場所や時間帯は渋滞してしまいます。
一方大手キャリアは車線が多いので渋滞が起こることが少なくスムーズに走ることができます。

しかし、ワイモバイルはソフトバンクと同じ回線を自社回線として使用しているので、他の格安SIMと比べても圧倒的に通信速度が速いのです!

ライター
スマホ料金は抑えたいけど、通信速度にはこだわりたいという方におすすです!

ワイモバイルのデメリット

続いて、使う前に必ず知っておきたいワイモバイルのデメリットを紹介します。

格安SIMの中で通信速度が速いワイモバイルですが、他の格安SIMと比べても大きなデメリットが3つあります。

ワイモバイルのデメリット
  • 余ったデータを翌月に繰越せない
  • キャンペーンが終わると月額料金が高い
  • 最低利用期間が長い(2年)

多くの格安SIM会社は余ったデータを翌月に持ち越すことができるので、少し多く使う月があっても持ち越し分でなんとかなる場合が多いです。

しかし、ワイモバイルは余ったデータを翌月に持ち越すことができません。

データ持ち越し分があると保険的に意味合いで安心感があるのですが、それが無いのはかなり不便です。

また、ワイモバイルはキャンペーンが適用される1年目は通信料金が安いですが、キャンペーンが終わると月額料金が一気に上がります。契約時にはキャンペーン終了後の金額も把握するようにしてください。

そして、ワイモバイルは他のキャリア同様に最低利用期間が2年と長いです。(他の格安SIMは1年ほど)

他の格安SIMは最低利用期間が過ぎると、いつ解約しても違約金が掛からない場合が多いですが、ワイモバイルは契約更新期間以外に解約すると契約解除料9,500円が必要です。

ライター
この辺りのデメリットはよく把握しておくべきところです

公式サイトをチェック

・iPhoneをお得に使える
・通信速度が安定していて快適

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルの通信プランはシンプルで3つのプランから選ぶだけです!

総額はプランの基本使用料に端末料金が加わった価格です。

プランSプランMプランL
月額料金
(キャンペーン無)
2,980円3,980円5,980円
月額料金
(1年目)
ワンキュッパ割
1,980円2,980円4,980円
データ量
(2年間増量)
月々2GB
(→3GB)
月々6GB
(→9GB)
月々14GB
(→21GB)
通話料1回10分以内無料
20円/30秒(10分超過分のみ)

この他の割引には『おうち割光セット』と『家族割引サービス』があります。

おうち割光セット

SoftBank 光またはSoftBank Airとセットで利用するとワイモバイルの基本使用料がずっと割引

  • プランS -500円/月
  • プランM -700円/月
  • プランL -1,000円/月

※家族割引サービスと併用はできません

家族割引サービス

2回線目以降の基本使用料が毎月500円割引。(最大9回線まで)

  • プランS -500円/月
  • プランM -500円/月
  • プランL -500円/月

※家族割引サービスと併用はできません

ライター
おうち割光セットがあるとかなり安くなりますね!プランは自分の毎月のデータ使用量に近いプランを選んでください!

料金プランをチェック

・iPhoneをお得に使える
・通信速度が安定していて快適

ワイモバイルの料金を大手キャリアと比較

ワイモバイルの料金をドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアと比較してどうなのかを紹介します。

大手キャリアとの違いを簡単に紹介するとこんな感じ。

大手キャリアとの違い
  • 実店舗数が少ない
  • 大容量のデータ通信プランが無い
  • 通信速度は若干遅い
  • スマホのラインナップが少ない

大手と比べると少しデメリットはありますが、その分価格が安いのが特徴です。

それでは実際の通信料金を比較します!

比較の条件
  • プラン料金のみ比較
  • 月々2GBのデータ通信量で比較

比較条件は以上です。

大手キャリアも端末代と通信プランを分離する分離プランが主流なので、プラン料金のみで比較したいと思います。

ドコモauソフトバンクワイモバイル
プラン名ギガライト新au
ピタットプラン
ミニモンスタースマホプランS
データ量2GB2GB2GB2GB
基本料金3,980円4,480円5,980円2,980円
通話料20円/30秒20円/30秒20円/30秒10分まで無料
20円/30秒
(10分超過分のみ)
5分通話無料
オプション
700円700円500円
国内通話無料
オプション
1,700円1,700円1,500円

ワイモバイルが最も安く、10分までの通話がオプションではなく無料で付帯されるのは凄いですね。

また、大手キャリアはデータ量に応じて段階的に価格が上がっていくプランです。

その為ついつい使ってしまって料金が高くなってしまうこともあるので、2GBを使い切ってしまうと通信制限になるワイモバイルは安心です。

ライター
どうしても足りなくなったら500MB/500円で追加購入することが可能

今なら月々のデータ量が2年間増量中なのでお得です!

料金プランをチェック

・iPhoneをお得に使える
・通信速度が安定していて快適

大手キャリアの通信プランについてはこちら

最新版!携帯キャリア安いのはどこ?料金プランを徹底比較【ドコモ ・au・ソフトバンク】

ワイモバイルでセット購入する場合のおすすめiPhone

最後にワイモバイルでiPhoneとセットで契約する方向けに、ワイモバイルでセット購入する場合のおすすめiPhoneを紹介します。

2019年8月現在、ワイモバイルで取り扱っているiPhoneは以下の3種類です。

ワイモバイルのiPhone
  • iPhone 7
  • iPhone 6S
  • iPhone SE

この中で最もおすすめなのがiPhone 7です!

iPhone 6sと比較した場合の大きな違いはiPhone 7から防水になったこと、そしてApple Payを利用してSuicaを使うことが可能です。

防水とSuicaが使えるのは日常生活でかなり大きなポイントになるのるので、絶対にiPhone 7の購入がおすすめです。

また、主要機能はしっかりと抑えたiPhoneなので、バランスがかなりよく、コスパの高いiPhoneとも言えます。

iPhone 7の次モデルiPhone 8と比較しても、ワイヤレス充電と高速充電に対応していないことを除けば、大きな違いは無いので価格を抑えたい方はiPhone 7を選ぶと良いです。

 

ワイモバイルでiPhoneを購入

・iPhoneをお得に使える
・通信速度が安定していて快適

まとめ

ワイモバイルでiPhoneを使うときに知っておきたい情報について紹介しました。

iPhoneを使いたいけど、価格はできる限り抑えたいと考える方は多いです。

ワイモバイルは通信速度が早く、大手キャリアと比較して料金が安いので、できる限り品質を落としたくないという方におすすめです。

ワイモバイルの契約はオンラインが便利

ワイモバイルには実店舗も多くありますが、混雑していることが多く待ち時間が発生します。

オンラインストアのメリットはこんな感じ。

オンラインストアのメリット
  • 24時間いつでも・どこでも申込可能
  • 待ち時間なし
  • 画面の指示に従うだけで簡単
  • プランをじっくり検討できる
  • 送料無料

メリットが多いですね!

もし、わからないことがあればチャットサポートがあるので気軽に質問することができます。

MEMO

チャットサポートについて

  • 24時間受付
  • オペレータ対応(10時〜24時)

AIではなく、オペレータによる人とのチャットも可能なので安心です。

ぜひ利用を検討してみてください!

公式サイトをチェック

・iPhoneをお得に使える
・通信速度が安定していて快適

以上。「Y!mobile(ワイモバイル)でiPhoneを使う為の情報まとめ!大手キャリアとの料金も比較」でした。

おすすめの格安SIMはこちら

【最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較【11 Pro/11/XR/8】

iPhoneの比較とおすすめはこちら

【2019年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!スペックの比較と選び方【11 Pro/11/XS/XR/X/8/7】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です