新型iPhone SEについてはこちら

どっちがおすすめ?UQモバイルとワイモバイルの料金・特典・速度を徹底比較

格安SIMの中でも断トツで人気のある「UQ mobile(ユーキューモバイル)」と

Y!mobile(ワイモバイル)」。

どっちを選べば良いのか迷いますよね。

どちらも大手キャリのサブブランドなので安心感もあり、CMも多いので知名度も抜群です。

この記事ではUQ mobileとY!mobileを料金や特典など様々な視点から比較します。

情報が古くなっている記事をよく見かけますが、この記事は随時更新していますので安心してチェックしてみてください。

この記事を読み終わる頃にはそれぞれの特徴がしっかりとわかるはずです。

ぜひ参考にしてください。

UQモバイルとワイモバイルはどっちがおすすめ?

まずは結論から紹介します!

UQ mobileとY!mobileを比較した結果「UQ mobile」がおすすめです。

UQ mobileがおすすめの理由

  • UQ mobileは余ったデータを翌月に持ち越せる
  • 特典が少ない代わりに料金が安い
  • 節約モードで通信量を増やさずネットができる(速度は遅くなります)
  • プランがシンプルでわかりやすい

Y!mobileはYahooプレミアム会員が利用できたり、1回10分以内の無料通話がプランに組み込まれたりと特典は多いのですが、余ったデータを翌月に持ち越すことはできません。

また、電話をしない人にはその分割高になってしますので、UQ mobileがおすすめ。

UQ mobileも別途オプションに加入することで、通話し放題にすることが可能です。

しかし、Yahooを多く利用する人や電話をする人はY!mobileがおすすめです。

UQ mobileの速度・評価・乗り換える方法はこちら

【2020年最新】UQモバイルは後悔しない!使った感想・口コミ・評判を徹底紹介!
まつりくん
僕はUQ mobileを使用していますが、使い方によってどっちがおすすめかは変わります。

UQ mobileがおすすめですが、それぞれ比較していくのでぜひチェックしてみてください。

UQモバイルとワイモバイルの料金・特典を比較

UQ mobileとY!mobileの料金・割引を比較します。

UQ mobileは2つのプラン、Y!mobileは3つのプランがあります。

料金比較
UQ mobileY!mobile
プランS

1,980円

データ量3GB

2,680円

データ量3GB
1回10分以内の国内通話無料
・データ増量1GB(1年間)

 プランR /プランM

2,980円

データ量10GB
制限後1Mbps

3,680円

データ量9GB
1回10分以内の国内通話無料
・データ増量3GB(1年間)

プランR

4,680円

データ量14GB
1回10分以内の国内通話無料
・データ増量3GB(1年間)

割引

500円/月(永久)

・家族割 2台目以降 -500円

最大1,400円/月(6ヶ月間)

・新規割 -700円(6ヶ月間)
・おうち割 -500円
・家族割 2台目以降 -500円
※おうち割と家族割の併用不可

通話オプション
・24時間かけ放題 1,700円
・10分かけ放題 700円
・月60分かけ放題 500円
・24時間かけ放題 1,000円

料金はY!mobileの方が高いですが、期間限定のキャンペーンや、1回10分以内の通話無料特典など、内容に違いがあります。

通話が多い方はY!mobileがお得

通話をすることが多い方はY!mobileがおすすめ。

プラン内に1回10分以内の無料通話が含まれており、24時間国内通話かけ放題オプションがUQ mobileより安いです。

通話オプション比較UQ mobileY!mobile
1回10分以内700円無料
(プランに含まれる)
月60分かけ放題500円なし
24時間かけ放題1,700円1,000円

データ量がお得なのはUQ mobile

プランもデータ量はどちらも同じですが、大きく違うのはデータの繰越です。

UQ mobileは余ったデータを翌月に繰り越すことが可能。

契約したデータ量を無駄なく使えるのでデータ量がお得なのはUQ mobileです。

まつりくん
Y!mobileは1年間データ増量があるけど、長期的に見ればUQ mobileがお得。

UQ mobileも通話オプション加入+au IDの登録でデータ容量が13ヶ月間増量されるキャンペーンを開催中です。

UQ mobileは節約モードがある

UQ mobileはデータ残量確認アプリが使いやすく、アプリで簡単に追加データを購入することも可能。

さらにアプリで節約モードに切り替えることができます。

UQモバイルはターボ切替機能があり、アプリ等で簡単に切り替えることができます。

MEMO
  • 高速モード(ターボON)→データ消費・最大225Mbps
  • 節約モード(ターボOFF)→データ消費なし・最大300Kbps

節約モードだと画像の読み込みは遅いですが、データ量を消費しません!

テキストのみのSNSなどにおすすめ

Y!mobileはYahooプレミアムが無料

Y!mobileは料金にYahooプレミアムが含まれているので、Yahoo関連の様々なサービスを受けることができます。

Yahooプレミアム特典

  • 雑誌・漫画が読み放題
  • お得なクーポンが毎月使い放題
  • 電子書籍ストアebookjapanがお得に
  • Yahooショッピングでポイント還元が大きい

以上の特典を受けることができます。

Yahooプレミアムは月額462円(税抜)必要なので、それが料金に含まれているのはかなりお得です。

割引の差はほぼ無し

割引に関してはどちらも継続的な割引が月500円と差がありません。

料金を少しでも安くしたい方は「UQ mobile」がおすすめ。

通話が多いのであれば無料通話付きでかけ放題オプションが安い「Y!mobile」がおすすめです。

2年縛りはどちらも無し

2019年10月からの「電気事業法改正」によってUQ mobileもY!mobileも「2年縛り」がありません。

さらに違約金も無料です!!

今までは格安SIMの中でも2年縛りがキツかったこの2社ですが、それが完全に撤廃されかなり魅力的となりました。

格安SIMはこの2社のどちらかを選んでおくと間違いありません。

さらに違約金がないので、どうしても元の会社に戻りたいと思えば簡単に戻ることも可能。

ぜひチェックしてみてください。

>>UQ mobileをチェック

>>Y!mobileをチェック

UQモバイルとワイモバイルの通信速度を比較

格安SIMで最も大切なのは通信速度です。

格安SIM会社はキャリアから通信回線を借りている為、混雑する時間帯や場所で通信速度が遅くなります。

通信が遅くなる時間・場所
  • 平日の12時〜13時
  • 夕方の17時〜18時
  • 混雑するイベント会場
  • テーマパーク
  • 駅周辺

また、格安SIMに乗り換えて後悔した人のほとんどが通信速度に不満があったからです。

まつりくん
僕自身、花火大会など小さいエリアにたくさんの人が集まる時に全くと言っていいほど通信ができなくなった経験があります。

格安SIMの最大のデメリットは混雑する時間や場所で通信速度が遅くなることですが、UQ mobileとY!mobileは安心です。

混雑する平日昼間に測定したデータはこちら

回線下り速度上り速度
UQ mobile80.14Mbps17.26Mbps
IIJmio0.50Mbps3.66Mbps
LINEモバイル0.59Mbps7.12Mbps

目を疑うレベルで速度差があります。

両社とも大手キャリア同等の通信速度なのでどちらを選んでも問題ありません。

Y!mobileの方が通信速度が速いとの口コミが多いですが、僕自身UQ mobileを使っていますが、速度に不満を感じたことはありません。

どちらも快適に通信できるので通信速度に大きな差はないです。

UQモバイルとワイモバイルの実店舗を比較


UQ mobileもY!mobileも格安SIMの中では珍しく実店舗があります。

どちらも申し込みが簡単でネットだけで自宅から1歩も出ずにスマホの購入・契約を行うことが可能ですが、やはり実店舗があると安心ですよね。

実店舗には大きく2種類がある

UQ mobileもY!mobileも実店舗には大きく分けて2種類あります。

店舗の種類
  • 専門ショップ
  • 取扱店

UQ mobileの専門ショップは「UQスポット」と呼ばれており、新規受付だけでなく、修理受付、契約情報変更などのサービスを行っています。

Y!mobileの専門ショップは「ワイモバイルショップ」と呼ばれており、UQ mobile同様に新規受付以外のサービスも行っています。

家電量販店などで見かけるショップは「取扱店」と呼ばれており、サービスは「新規・機種変更」のみです。

契約の変更なども全てネットできるので実店舗は不要ですが、実店舗がある方が安心という方は取扱店ではなく、それぞれの専門ショップをチェックしましょう。

専門ショップの数はY!mobileが多い

新規受付だけでなく、修理受付、契約情報変更などのサービスを行っている専門ショップはY!mobileの方が多いです。

UQ mobileはauのサブブランドで、Y!mobileはSoftBankのサブブランドですが、ソフトバンクショップとワイモバイルショップがセットになっていることも多いです。

ライター
専門ショップはY!mobileの方が多いです。

しかし、待ち時間もあるので申し込みはネットがおすすめです。

どちらもネットでのサポートが充実しているので、わからないこともすぐに解決できます。

MNP乗り換えも全て自宅で完結することができるので、ぜひチェックしてみてください。

関連UQ mobileの口コミとMNP乗り換え方法

UQモバイルとワイモバイルで使えるスマホを比較

格安SIMは今使っているスマホをそのまま使うことができます。

スマホを新たに購入するとお金が掛かるので、まだ使えるスマホがあるのであれば「SIMのみ」契約するのがおすすめ。

しかし、今持っているスマホをそのまま使う場合はSIMロックに注意て必要です。

例えばUQ mobileはauの通信回線を使っている格安SIMなのでauのスマホはそのまま使うことができますが、それ以外のキャリアのスマホだとSIMロック解除が必要です。

他のキャリアのスマホを使っている方でUQ mobileに乗り換える場合はSIMロックを解除しましょう。

UQ mobileとY!mobileは使用している電波が違うので使えるスマホが異なります。

使えるスマホを比較するとこんな感じ。

使えるスマホを比較
UQ mobileY!mobile
SIMフリースマホ

使える

対応機種をチェック

使える

対応機種をチェック

契約とセットで購入

使える

iPhone 7などを購入可能

使える

iPhone 7などを購入可能

ドコモで買ったスマホ

使用不可

SIMロック解除で使用可能

使用不可

SIMロック解除で使用可能

auで買ったスマホ

使用可能

SIMロック解除不要

使用不可

SIMロック解除で使用可能

SoftBankで買ったスマホ

使用不可

SIMロック解除で使用可能

使用可能

SIMロック解除不要

SIMロック解除が面倒であれば、今使っているスマホがauで買ったスマホであればUQ mobile。

SoftBankであればY!mobileという感じで選ぶのも良いかもしれません。

まつりくん
どちらもiPhoneは対応していますよ!

関連UQモバイルでiPhone 11を使う方法と乗り換え手順徹底紹介

UQモバイルとワイモバイル比較まとめ

この記事では格安SIMの中でも断トツで人気のある「UQ mobile(ユーキューモバイル)」と「Y!mobile(ワイモバイル)」を比較しました。

比較した結果「UQ mobile」がおすすめですが、大きな差はなく使い方によってはY!mobileの方がお得な場合もあります。

しかし、格安SIMを申し込むのであれば、この2社が絶対におすすめなので自分に合う方を選んでください。

UQ mobileがおすすめ
  • 少しでも料金を安くしたい
  • データを多く使いたい
  • 電話はほとんどしない
Y!mobileがおすすめ
  • 電話をよくする
  • 実店舗が多い方が安心
  • Yahooのサービスをよく使う

おすすめを分けるとこんな感じです。ぜひ自分に合う方をチェックしてみてください。

CHECK NOW

最大6,000円キャッシュバック

CHECK NOW

登録は5分で完了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です