iPhoneユーザー必見!便利な機能・小技・テクニック20選!!

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

操作が簡単なことで評価されているiPhoneですが、実はさらに便利に使用できる機能や小技がたくさんあります!

普段から使っている方も多いと思いますが、意外と知らないテクニックも多いはず。

今回はiPhoneユーザー必見の便利な裏ワザ的機能20選を紹介します。

iPhoneを使っている方はぜひチェックしてみてください!

入力ミスの取り消しと入力方法

文字の入力中に入力ミスで入力した文字を消したい時には、iPhoneを振ってください。

「取り消す−入力」の画面が出てきて、「取り消す」を押すと最後に入力した文が消えます。

間違って消してしまったときには、もう1度iPhoneを振ってください。

「取り消す−入力」の画面が出てくるので、「やり直す−入力」を押すと取り消ししていた文が戻ります。

また、この機能は不要だ!と思う方はオフにできます。(iOS9以降)

設定→「一般」→「アクセシビリティ」→「シェイクでの取り消し」→オフにしてください。

オフにすると振っても「取り消す−入力」の画面が出なくなります。

     

 

    

一瞬で画面の一番上に戻る方法

メールやWeb上で文章を読んでいる際、最後まで読んで一番上にもどりたいときに、

スクロールして一番上まで戻るのは結構面倒ですよね。

そんなときにおすすめの機能がこの機能です。

iPhone画面上に表示されている時計をポンと押してください。それだけで一瞬にして画面の一番上まで戻ります。

App Storeやメモでも使用できます。

電話の着信音を瞬時に消す方法

 

会議中など電話に出れず、音が鳴ると周りに迷惑をかけてしまうことがありますよね。

そんなときには「音量のボタン」または「電源のボタン」を押すと着信音とバイブもオフになります。

この状態では着信拒否になったのでは?と心配する方もいると思いますが安心してください。相手側にはそのまま呼出が続いています。

また、電源ボタンを2回押すと、すぐに留守番電話に転送されます。

電話をかけてきた相手側も待つ時間が減り便利な機能です。

Safariのタブを一括削除する方法

ページを閲覧していると、気づかないうちに大量のタブになっていて消すのが面倒と思ったことがあると思います。

通常ですと、Safariを開き四角が2つ重なったところを押すと、開いているタブがでできます。そこで左上の「×」を押していきます。が1つづつしか消えないので面倒です。

一括削除するには、まずSafariを開きます。四角が2つ重なったところを長押しすると「すべての〇〇個のタブを閉じる」と表示が出るのでそこを押します。すると簡単にすべてのタブが消えます。

ブルーライトカットの方法

多くの方が寝る前にiPhoneを触っていると思いますが、寝ようと思っても寝れない、目がだるい…その原因はiPhoneのブルーライトかもしれません。

iPhoneにはブルーライトをカットする設定があります。簡単にできるのでぜひやってみて下さい。

開始・終了時間の設定

設定→画面表示と明るさ→Night Shift→時間指定オン→開始・終了時間を設定します。

   

手動でのオン/オフ設定

設定→画面表示と明るさ→Night Shift→手動で明日まで有効にするをオンにします。

時間帯がバラバラの人でも簡単に使用できます。

日の入り/日の出時間に合わせて設定

設定→プライバシー→位置情報サービスをオンに→システムサービス→時間帯の設定をオンにし一度戻ります。

      

設定→画面表示と明るさ→Night Shift→時間指定オン→開始・終了→日の入りから日の出までにチェックを入れます。

寝る前だけではなく、日の入りで暗くなる時間帯から使いたい人にはおすすめの機能です。

スクリーンショットを無音で撮る方法

スクリーンショット(スクショ)は電源ボタンとホームボタンを同時に押すと画面を撮ることができる便利な機能です。

しかし、撮ると「カシャ」と音がなってしまい、電車に乗っているときにスクショしていると、盗撮しているのかと勘違いされかねません。

そんなときには、サイレントモード(マナーモード)にすることで無音でスクショを撮ることができます。

画面上のQRコードの読み込み方法

QRコードといえば、カメラで読み込む方法が通常の使い方ですよね。

ですが、Web閲覧中にQRコードが出てきたりすることがあります。そのときに便利な機能です。

方法はとても簡単です!

画面上のQRコードを長押しするだけで読み込みができます。(iOS11からの機能)

バッテリーを長持ち!フェイスダウンモードの方法

フェイスダウンモードにするだけでバッテリーが長持ちします。

設定など面倒なことは1つもありません!

iPhoneを机などの上に置くときに画面を下に向けて置くだけです。

通知があっても画面が点灯しません。着信音やバイブはいつも通り鳴りますので、通知には気付くことができます。

メモリ空き容量を一気に増やす方法

多くのアプリを開いていると、動きが遅いとなと思ったときにアプリを上にスワイプして消さなくてもできる簡単な方法です。

電源のボタンを押して、「電源オフの画面」が表示されたら電源は切らず、ホームボタンを5秒ほど長押しします。これだけで終了です。

アプリをまとめて休止状態にしてくれメモリ空き容量が増えます。

カギ括弧をすぐに表示させる方法

よく使用するカギ括弧「」ですが日本語のかな入力をしていると、入力切替をして、カギ括弧を選択している方は多いかと思います。

実は日本語のかな入力のままでもカギ括弧の表示ができます。

表示させる方法はや』 を長押しすると左側と右側に「」が表示されます

あとは指を動かし選択してください。

LINEを既読を付けずに読む方法

相手のメッセージは読みたいけど、既読はつけたくないそんな時におすすめの機能です。

トークの画面から読みたいトークを軽くタップします。

指をはなすと既読をつけることなく読むことができ、元のトーク画面に戻ります。

※あまり強く押してしまうと画面が開いてしまい既読がついてしまいますので、注意が必要です。

(iPhone6s以降の機能になります。)

自分の居場所を相手に伝える方法

今の居場所を相手に伝えようと思っても、うまく伝わらないことって結構ありますよね。そんな時にとても便利な機能です。

  • STEP.1
    iPhoneのマップを開く
    iPhoneのマップを使います。

  • STEP.2
    メッセージを選択
    マップ→矢印マーク→青い丸をおす→現在地で共有→メールやメッセージを選択
      

     


  • STEP.3
    完了
    この方法で相手に自分の居場所を送ることができます。

文章の入力登録方法

よく使う文章を登録しておくと、毎回文書を入力しなくても簡単に入力できます!

変換に面倒な漢字や、アドレスを登録しておくのも便利かもしれませんね。

  • STEP.1
    設定アプリを開く
    設定アプリを開きます。
  • STEP.2
    一般
  • STEP.3
    キーボード
  • STEP.4
    ユーザー辞書
  • STEP.5
    右上の「+」
     
  • STEP.6
    単語・よみを入力
  • STEP.7
    保存
    最後に保存して完了です!
MEMO
  • 単語:よく使う文章
  • よみ:文章を予測変換で出すための文字

iPhoneのカメラでQRコードを読み込む方法

今までは、QRコード読み込み用で専用のアプリを使っていたと思います。

しかし『iOS11』からの新機能でアプリを使わなくても読み込むことができるようになりました。

やり方はとても簡単で、QRコードをiPhoneのカメラでかざすだけです。

自動で読み込みされ上に通知が表示されるのでタップすると開くことができます。

Safariページ内の検索方法

これについて調べたい!という時にとても便利です。

検索した文字は黄色く色がつくのでわかりやすいです。

Safari→下の「アクション」アイコン→ページを検索→検索したい文字を入力

     

カメラを音量ボタンで撮る方法

カメラのシャッターは画面上の丸いところを押せば撮ることができますが、横の音量のボタンでも撮ることができます。

横向きの写真を撮るときに使いやすいかと思います。

イヤホンでの撮影も可能

また、自撮りを楽しむ時にはイヤホンを繋げてイヤホンの音量のボタンを押すと写真を撮ることができます。

iPhone自体のボタンでは撮影しにくいなんてこともよくあると思いますのでおすすめの機能です。

WebページをPDF化する方法

Webページを保存するのに全てをスクリーンショットしていくのは面倒ですよね。

この方法なら一括ですることができとても楽にできます。

  • STEP.1
    アクションアイコンを押す
    画面下のアクションアイコンをタップします。

  • STEP.2
    PDFを作成
  • STEP.3
    完了
    完了をタップ!
  • STEP.4
    ファイルを保存
  • STEP.5
    追加

これでファイルの中に入りいつでも簡単に確認することができます。

また、PDFを作成後右上のペンを押すとマーカーを引いたりすることもできます。

子供が親のiPhone使用時などに!アプリ操作ソフトの制限方法

1つのアプリ以外は使えないように制限する方法です。

設定→一般→アクセシビリティ→アクセスガイドをオンに→パスコード設定

   

一度ホーム画面に戻ります。

アプリを起動して3回ホームボタンを押します。右上の開始を押すと制限がかかります。解除方法は3回ホームボタンを押し→パスコードを入力→左上の終了を押します。

写真の一括添付方法

たくさんの写真をメールで送りたいけど、1枚ずつ添付していくのは面倒で嫌になりますよね。そんなときにおすすめの機能です。

カメラロール→選択→送りたい写真を選択→左下の「アクションアイコン」→コピー

      

1度戻って、メールアプリを開きメッセージを作成→本文中をポンと押す→ペースト

これで選択した写真が添付されます。

iPhoneのLEDライトの明るさ調節方法

何かと便利なiPhoneのLEDライトですが、明るさの調節ができます!

画面の下から上にスワイプ→ライトのアイコンを強く押す→明るさが選択できます。

    

まとめ

今回は「iPhoneの便利な機能20選」について紹介しました。

毎日使うものだからこそ、便利に使えるのはとても魅力的ですよね。必ず使える機能があると思うのでぜひ使ってみてください!

以上。最後までお読みいただきありがとうございました。

改めてiOSはすごいの一言につきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です