iPhone 11登場!新型iPhoneについてはこちら

iPhoneでIIJmioを4年使った感想!評判やデメリットを徹底紹介【格安SIMレビュー】

スマホの料金を節約したいと思ったら気になるのが『格安SIM』ですよね。

しかし、格安SIMはキャリアのメールが使えなくなったり、通信速度が遅くなったりなど、デメリットも存在します。

そこでこの記事では

  • IIjmioを4年間使った感想
  • メリットとデメリットは?
  • 通信速度はどれくらい違う?

この3つの疑問について、わかりやすく解説していきますので、少しでも気になっている方や、格安SIMの利用を考えている方はぜひ参考にしてください。

IIjmioの概要

IIjmioは信頼と実績豊富な老舗ブランドです。初めての格安SIMにおすすめでプランもシンプルでわかりやすく通信速度も安定しています。

聞きなれない名前だと思いますが創業は1992年と古く、東証一部の大企業です。

SIM契約回線数がシェアNo.1になるなど人気の格安SIM会社です。

初期費用について

初期費用3,000円
SIMカード発行手数料
ドコモタイプ
394円
SIMカード発行手数料
auタイプ
406円

初期費用は3,000円ですがキャンペーンでほぼ無料となっていることも多いです。

契約するときにキャンペーン中ならラッキーぐらいに思うのが良いかと思います。

また、SIMカード発行手数料はドコモとauどちらの回線を使うかで手数料が変わります。どちらを利用しても問題なので好きな方を選びましょう。

プラント月額料金について

プラン名データ通信量月額料金通信回線
ミニマムスタートプラン タイプD3GB1,600円docomo
ライトスタートプラン タイプD6GB2,220円docomo
ファミリーシェアプラン タイプD10GB3,260円docomo
ミニマムスタートプラン タイプA3GB1,600円au
ライトスタートプラン タイプA6GB2,220円au
ファミリーシェアプラン タイプA10GB3,260円au

料金プランは『ミニマム』『ライト』『ファミリー』の3種類があります。

通信回線により金額の差はなく、内訳は音声通話機能付帯料700円+月額料金になっています。

格安SIMを利用するなら金額を抑えるためにも3GBのプランがおすすめです。自宅にWi-Fi環境が整っていれば3GBでも全く問題ありません。

解約手数料について

IIJmioは大手キャリアと違い更新月以外に解約すると違約金が発生するということがありません。

データ専用SIMであれば解約料は不要で、音声通話機能付きのSIMでも最低利用期間を過ぎればいつ解約しても手数料が掛かりません。

 

IIJmioを使った感想

私はIIjmioを利用して4年以上が経過しました。

格安SIMを使う前は「通信速度が遅くなるのではないか?」などの不安がありましたが結果としてIIjmio(格安SIM)を使って良かったです。

その感想を紹介します。

通信速度は遅いが我慢できる範囲

格安SIMで1番気になるポイントは通信速度についてではないでしょうか。

私は通信速度の低下が最も心配なポイントでした。

格安SIMは確かに通信速度が遅いと感じることがありますが、通信速度が遅くのなるのは

  • 平日12:00〜13:00
  • 混雑するイベント会場
  • 満員に近い通勤時間の電車

以上のような通信回線が混雑する時間のみです。

その他はキャリアの通信速度と比べても遜色なく利用することができます。

確かに通信速度が遅いのは不便だと感じますが、キャリアの半額で利用できることを考えれば我慢できる範囲です。また、キャリアでも上記のような混雑する場所や時間帯では通信速度が遅くなります。

友人の通信速度が遅かったので「格安SIM使ってるの?」と聞いたところ大手キャリアを使用していました。

つまり、格安SIMだから遅いと思い込んでしまってる部分もあるのです。

大手キャリアでも遅いときは遅いということを思うと格安SIMで十分だと感じます。

参考動画


IIJmioはスタンダート格安SIM

今は様々な格安SIM会社があり、選択肢も多いですが4年前はそう多くありませんでした。

IIJmioは格安SIMの老舗のような存在で、他の格安SIM会社と差別化するような目立った特徴はありませんが、基本をしっかり抑えた安心できる格安SIMと言えます。

顧客満足度も高く、日本人が好む『普通』というのがマッチしているのかもしれません。

私自身もなんとなく使い心地が良いので様々な格安SIM会社が登場した後もIIJmioを使い続けています。

人は変化を好まない傾向にあるようなので、なるべく面倒なことは考えたくない方におすすめの格安SIMです。

IIJmioのシンプルな特徴が便利

私が使っていて便利だと思う特徴は

  • クーポンのオン/オフを切替できる
  • 専用アプリで通信量が半額

この2つです。特に珍しいサービスではないのですが、専用アプリで簡単に利用できるのがお気に入りのポイントです。

この2つのアプリが便利な機能を備えているアプリなのですが『みおダイアル』で電話を掛けると通話料が半額になります。

もちろん相手に表示される電話番号は通常の自分の電話番号で通話の品質が落ちるということもありません。

『みおぽん』では使用している通信量を簡単に把握することができ、クーポンのオン/オフも一瞬で切替が可能です。

余ったクーポンは翌月に持ち越すことができるので3GBプランだと最大で6GBも所有することができるのです。

これならクーポンが足りなくなるということもほとんどなく、快適に使用することができます。

IIJmioのデメリット

IIJmioを4年間使っていますが、特別デメリットに感じたことはありません。

IIJmioだから不便な事ということは一つもなく、格安SIMのデメリット

  • 混雑する場所・時間で通信速度が遅くなる
  • キャリアのメールアドレスが使えない

主にこの2つを理解していれば困ることはないです。

比較的最近登場した格安SIMですがその中で老舗であるIIJmioは安心して使える格安SIMの一つです。

最新端末の動作確認も早く、無難に使いたい方にこそおすすめできる格安SIMです。

関連2019年最新MVNO!おすすめ格安SIMを紹介・価格・プランで比較

IIJmioの評判と口コミ

IIJmioの評判と口コミをTwitterから集めてみました。私自身もIIJmioのヘビーユーザーですが、人によってメリット、デメリットも変わります。たくさんの方の意見を見るのもかなり参考になりますよ!


あまり意識したことがなかったですが、クレジットカード払いしかできないのは確かにデメリットかもしれません。

ただし、他の格安SIM会社も支払いはクレジットカードが基本です。


今ままで気づきませんでしたが、月末は通信速度が早くなる傾向があるようです。他にも似たツイートがありました。

まとめ

チェックポイント
  • 無難に使える格安SIM
  • 初期費用は3,000円
  • SIM発行料394円(ドコモ)or 406円(au)
  • 音声通話プラン1,600円〜

格安SIM会社の中でも速度が安定して早く、価格とのバランスが良いので無難に選べる格安SIMです。シンプルに使えるのが魅力的ですね。

選び方に迷ったらIIJmioがおすすめです!

 

関連2019年最新MVNO!おすすめ格安SIMを紹介・価格・プランで比較

高級時計がレンタルできるサービスを比較!価格や内容おすすめを紹介

関連おすすめ格安SIM。使い方とこだわりで選ぶ最適なMVNOを徹底紹介

iPhoneにおすすめ格安SIM。使い方とこだわりで選ぶ最適なMVNOを徹底紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です