神アップデート!iOS 12発表!最大の魅力はこれだ!

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

日本時間6月5日よりAppleの開発者向け発表会『WWDC 2018』が開催されました。

残念ながら噂されていた、iPadなどのハードウェアの発表はありませんでしたが、iPhoneを使っているユーザーにはかなりの朗報となりました。

今回は新たに発表された『iOS 12』の魅力について私の目線で紹介します。

興味のある方はぜひご覧ください。

iOS 12のここがすごい

出典:https://www.apple.com/jp/ios/ios-12/

iOS 12の最大の魅力は古い機種の救済措置が取られたことです。

普通iOSのアップデートは新機種向けの機能が満載で、古い機種には関係ないことが多かったのですが、今回のは違います。

iPhone 5S以降が対応ということで、対応機種はiOS 11と変わっていません、そしてiOS 11.4とiOS 12のiPhone 6 Plusで比較した場合、カメラの起動速度は70%速くなり、アプリの起動は2倍速く文字入力のキーボード表示は50%高速になったということです。

普通企業というのは、新しい製品を買ってもらわないといけない訳ですから、旧機種についてこのような改善を行うことは少ないです。

そして改善のレベルが違うくないですか!?

旧機種をこんなに高速にしてしまっては、新しいiPhoneを見送る人も出てくると思います。

今までは新しいOSにアップデートすると遅くなったという意見が多かったですが、今回はめちゃくちゃ早くなるという究極のサプライズでした!

さすがAppleさんです。

  • iPhone 5S以降が対応
  • 対応機種はiOS 11と同じ
  • カメラの起動速度は最大70%速く
  • アプリの起動は最大2倍速く
  • 文字入力のキーボード表示は50%高速
  • パフォーマンス改善は全てのiOS 12対応機種が対象

AR機能の向上

まだまだ使うことが少ないAR機能ですが、iOS 12ではこの機能についても進化しています。

一つのAR環境に複数のデバイスが接続できるようになりました。

今回の進化したAR機能の特徴は『ARの共有』ということですね。

今後ARがさらに浸透してゲームや生活が変わることに期待ですね!

AR機能を使った純正定規アプリ

『Measure 』という純正アプリの登場が発表されました。

このアプリを使えばカメラで写した物の始点をタップし、別の場所をタップすれば距離が測ることが可能です。

さらに発表会のデモでは、スタンド付きのARギターを配置して現実でのサイズ感を見ることが紹介されていました。

これを使えば、部屋の模様替えをする際にモノと配置する場所のサイズ感を、実際に移動させなくても、iPhoneで確認することができます。

模様替えをするときにこんな便利な機能があれば苦労しなくて済みますよね。

AR技術は今後さらに活躍の場を広げそうです。

使い方を制限できるスクリーンタイム

スクリーンタイムを使用すると使用しているアプリの使用時間やiPhoneを使っている時間などを把握することができます。

子供のゲームしすぎやネットの閲覧時間を把握することが可能です。よく子供の時に「ゲームは1時間まで」というよう言われましたが、それをiPhoneが管理してくれるということです。

制限を設定すると使用するアプリを時間制限することができます。例えば私の場合は、SNSアプリの使いすぎでブログ作業に集中できないときはSNSアプリの使用可能時間制限をかけることで、強制的に使いすぎを予防することができます。

上手く活用すると勉強や日々の生活の効率アップを実現することができます!

まとめ

引用:https://www.apple.com/jp/ios/ios-12/

iOS 12に対応しているデバイスは上の写真です。

これに9月に発売されるであろう新iPhoneを含めると過去最大の対応数ですね。

また、今回紹介した以外にも、アニ文字に舌の動きが追加されたり、Siriにショートカット機能が追加されたりなどの機能アップもしています。

私はSiriを使用していないのであまりわかりませんが、ショートカット機能を使用すると、例えば「いつもの」というように言うと、登録したアプリや動作をしてくれるように設定できるようです。

Siriを多用する方にはかなり便利な機能になるのではないでしょうか。

まとめですが、やはり旧機種のパフォーマンス向上は衝撃的でした。

そうでなくても、新製品の販売台数が伸び悩み、2年周期で買い換えていた人が3年周期などに伸ばすなど、買い換え周期が伸びてきている中、このようなアップデートがなさればさらにiPhoneを長く使えます。

これこそが完全にユーザー目線のアップデートですね!

残念ながら新製品の発表はなかったですが、本来開発者向けの発表会であることを考えればかなり良い発表会だったと思います。

ますますAppleさんが好きになりそうですね!

以上。最後までお読みいただきありがとうございました。

新型iPhoneの予約はオンラインショップがおすすめです!

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iOS 12の新機能はこちらで全て確認できます

iOS 12で利用できる新機能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です