どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

【格安SIM】iPhoneはキャリア版とSIMフリーどっちがお得?違いと価格を徹底比較

iPhoneは大きく分けてキャリア版とSIMフリー版のどちらかを選ぶことができます。

キャリア版はドコモやauなどのキャリアで購入することができ、SIMロックが掛かったiPhone。

SIMフリー版はアップルストアで購入できるSIMロックが掛かっていないSIMフリーのiPhoneです。

この記事ではどちらのiPhoneがお得なのかを、価格と使い易さで比較します。

格安SIMを使って月々の料金を下げたい方はぜひ参考にしてください。

結論から先に紹介するとiPhoneはSIMフリーを購入して格安SIMを利用するのが最もお得です。

また、キャリア版を購入する場合はオンラインショップがお得です。

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

購入後ahamoへのプラン変更も可能

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

キャリア版とSIMフリー版の違いを比較

キャリア版もSIMフリー版もiPhoneとしての機能や性能は全く変わりません。

この2つの違いは料金とSIMロックが掛かっているかいないかの違いだけです。

違いを表にまとめるとこんな感じ。

キャリア版SIMフリー版
購入場所・ドコモショップ
・ドコモオンラインショップ等
(大手キャリアで購入)
・Apple Store
・一部の家電量販店
SIMロック購入したキャリアのみ使用可能どこのキャリアでも使用可能
SIMロック解除条件を満たせば解除可能解除不要
(ロックなし)
通信回線契約購入と同時に契約自分で別途契約
割引各キャリアの特典あり割引なし

ドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップで、通信プランと一緒に契約するiPhoneがキャリア版のiPhoneです。

キャリアで行う機種変更もキャリア版のiPhoneとなります。

一方でApple Store等で直接購入できるiPhoneはSIMロックが掛かっていないSIMフリーと呼ばれるiPhoneです。

機能に違いはありませんが、SIMフリー版であればどのキャリアでもSIMロック解除せずに使えるので、好きな格安SIM会社を選ぶこともできます。

キャリア版のメリットとデメリット

メリット
  • キャリアの割引がある
  • 通信料金と同時支払
  • 設定が不要
デメリット
  • 端末価格が高い
  • SIMロックが掛かっている

キャリア版iPhoneのメリットとデメリットは以上です。

キャリアだと半額サポート等の数年後にスマホを返却することによって安く利用できるサポートがあり、端末代金の負担を減らすことが可能です。

また、設定が不要なので端末を受け取ればすぐに通信を利用することが可能。

何も考えなくても良いのが特徴です。

一方でSIMロックが掛かっているので、キャリアを乗り換える時や、違う通信回線を使っている格安SIMを使うときはSIMロック解除の手続きが必要です。

SIMロック解除についてはこちら

今使っているiPhoneをそのまま使う!SIMロック解除の条件と方法を紹介【格安SIM】

購入は各キャリア公式オンラインショップが待ち時間もなく、キャリアによっては手数料が不要なのでお得です。

オンライン限定のキャンペーンが開催されていることもあります。

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

購入後ahamoへのプラン変更も可能

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SIMフリー版のメリットとデメリット

メリット
  • 好きな回線を契約できる
  • 料金が安い
  • 売却価格が高い
デメリット
  • 自分で通信回線を契約
  • 初期設定は自分で行う

SIMフリー版は自由に好きなところの回線を契約することができます。

購入から契約まで全て自分で行うので、本当に自由ですが、どこで契約するかなど自分自身で決めなければなりません。

また、簡単ですが初期設定も自分で行う必要があるので、今まで店員さんに任せっきりにしていた人は少し不便に感じるかもしれないです。

しかし、格安SIMを使うことによって通信料金を節約することが可能。

さらにキャリア版と比べて端末料金が安いので一括で購入する人もSIMフリー版がお得です。

キャリア版とSIMフリーの価格を比較

この記事では最新モデルのiPhone 12シリーズで料金を比較します。

iPhone 12は重量が軽くなり、カメラ性能も大幅にアップしているのでかなりおすすめです。

端末価格を比較した結果は以下の通り

下取りに出す場合
  • 2年で機種変ならキャリアがお得
  • 1年で機種変ならSIMフリーがお得
下取りに出さない場合
  • SIMフリーが最安
  • キャリアならドコモが安い

SIMフリー版(Apple Store)の価格

税込み

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
64GB82,280円94,380円
128GB87,780円99,880円117,480円129,580円
256GB90,800円11,980円129,580円141,680円
512GB153,780円165,880円

下取りするiPhoneがあれば上記金額から更に価格差が下がります。

MEMO

【参考】各モデルの最大下取り価格

  • iPhone 11 Pro Max 66,000円
  • iPhone 11 Pro 62,000円
  • iPhone 11 41,000円
  • iPhone XS Max 47,000円
  • iPhone XS 37,000円
  • iPhone XR 31,000円
  • iPhone X 30,000円
  • iPhone 8 Plus 26,000円
  • iPhone 8 17,000円

ドコモのiPhone 12シリーズ価格

税込

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
64GB87,912円101,376円
128GB95,832円109,296円129,096円142,560円
256GB110,088円123,552円142,560円156,024円
512GB169,488円182,952円

スマホおかえしプログラム利用時(税込)

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
64GB58,608円67,584円
128GB63,888円72,864円86,064円95,040円
256GB73,392円82,368円95,040円104,016円
512GB112,992円121,968円

MNP(他社からの乗り換え)の場合は5G WELCOM割があるので22,000円の割引があります。

MNPで乗り換えるのならドコモがおすすめです。

MEMO

【参考】おかえしプログラムの概要

  • 36回の分割払いで申し込み
  • 24ヶ月後にスマホを返却
  • 残り12ヵ月分の支払いが不要に

公式docomoオンラインショップ

【2021最新】ドコモオンラインショップのセール・キャンペーン情報を紹介!スマホの購入はオンラインがお得 ドコモのおすすめ料金プランは?月額料金を安くする方法を徹底解説

auのiPhone 12シリーズ価格

販売価格(税込)

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
64GB90,065円103,430円
128GB95,240円108,260円127,495円141,900円
256GB10,305円122,435円140,750円155,150円
512GB168,170円181,540円

かえトクプログラム利用時(税込)

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
64GB48,185円
2,095円×23回
55,430円
2,410円×23回
128GB50,600円
2,200円×23回
57,500円
2,500円×23回
67,735円
2,945円×23回
75,900円
3,300円×23回
256GB58,305円
2,535円×23回
65,435円
2,845円×23回
74,750円
3,250円×23回
83,030円
3,610円×23回
512GB89,930円
3,910円×23回
97,060円
4,220円×23回

オンラインショップで機種変更する場合は5,500円の割引があります!(受付期間2020年10月15日〜2020年11月30日)

ただし、端末割引ではなく12月下旬以降にau PAY残高にキャッシュバック。

注意
割引には対象条件があるので詳細は公式サイトでチェックしてください

その他、MNPであれば22,000円の割引、新規であれば11,000円の割引があります。

MEMO

【参考】かえトクプログラムの概要

  • 24回の分割払いで申し込み
  • 13ヶ月〜25ヶ月後にスマホを返却
  • 設定された残り分の支払いが不要に

公式auオンラインショップ

2021年最新!auオンラインショップのセール・お得情報まとめ【機種変更・MNP・新規におすすめ】 auのiPhone販売価格まとめ!新機種を含めたシリーズ別の料金を比較

ソフトバンクのiPhone 12シリーズ価格

税込

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
64GB96,480円
2,010円×48回
110,880円
2,310円×48回
128GB102,960円
2,145円×48回
116,640円
2,430円×48回
137,520円
2,865円×48回
137,520円
3,165円×48回
256GB116,640円
2,430円×48回
131,040円
2,730円×48回
151,920円
3,165円×48回
151,920円
3,465円×48回
512GB180,000円
3,750円×48回
180,000円
4,050円×48回

Softbankでの価格は以上となっています。

トクするサポート+を使うことで上記金額が半額になります。

MEMO

【参考】トクするサポート+の概要

  • 48回の分割払いで申し込み
  • 24ヶ月後にスマホを返却+新たな対象機種を購入
  • 残り24ヵ月分の支払いが不要に

公式SoftBankオンラインショップ

まつりくん
一括で購入するのであればApple公式ストアが最安。キャリアだとドコモが最も安いです。
iPhone 12シリーズが安いのはどこ?各社の料金を比較してみた【ドコモ・au・ソフトバンク】

キャリア版とSIMフリー版はどっちがお得?

冒頭でも紹介しましたが、キャリア版とSIMフリー版のどちらがお得かを詳しく紹介します。

iPhoneはSIMフリー版を購入して格安SIMを使うのがお得

iPhoneはSIMフリー版を購入して、格安SIMを契約するのが最もお得です。

格安SIMがお得な理由
  • 手頃なデータ量の料金安い
  • プランがシンプルで理解しやすい
  • 乗換が簡単

多くの人が最も使う1ヶ月あたりデータ量が3GB〜10GBです。

しかし、大手キャリアはこのデータ量の価格が高く、かなり割高となってしまうのです。

格安SIMは1番使うデータ量の価格が安く、通信費用を大きく節約することが可能です。

おすすめの格安SIMはこちら

格安SIMを選ぶポイントは?

格安SIMは種類が多く、どれが良いのかなり迷います。

でも、本当に使いやすくてお得な格安SIMは僅かしかないのです。

格安SIMを選ぶポイント
  • 通信速度が速い
  • 混雑時にも繋がりやすい

格安SIMは会社によって通信速度と繋がりやすさが大きく変わります。

格安SIMに乗り換えて失敗したと後悔する人のほとんどが、通信速度が遅く、肝心な時に繋がらない経験をしたからなのです。

逆に通信速度が速くて、混雑時にもしっかり繋がる格安SIMを選ぶば失敗することなく快適に節約することが可能です。

速度が速いおすすめ格安SIM

通信速度が速くて混雑時にも繋がりやすいおすすめの格安SIMは「サブブランド」と呼ばれるこの2つです。

UQ mobileはauのサブブランド、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドです。

この2つのどちらかを選んでおくと失敗することはありません。

格安SIMの注意点は?

初めてSIMフリー版を購入したり、格安SIMを契約するのは「難しくないか」など不安なことも多いですよね。

まず、格安SIMの注意点をまとめるとこんな感じ。

格安SIMのデメリット
  • 選ぶ格安SIMによっては速度が遅くなる
  • LINEのID検索が使えない
  • 通話のかけ放題オプションが無い格安SIMもある
  • 実店舗が大手より少ない
  • 初期設定は自分で行う
  • キャリアメールが使えない
  • キャリアのサービスが使えない
  • SIMロックが掛かったスマホは使えない場合がある

格安SIMのデメリットについてはこちら記事で詳しく紹介していますが、通信速度が速い格安SIMを選べばその他のデメリットは気にする必要がありません。

SIMフリーのiPhoneであれば、SIMロックを気にすることなく、好きな格安SIMを選べます。

初期設定も申し込みも手順に沿って行うので何も難しいことはありません。

5分もあれば完了するので本当に難しく考える必要はないです。

こちらの記事でMNP乗換から初期設定まで、僕自身が実際に契約した時のことをまとめているのでぜひ参考にしてください。

【2021年最新】UQモバイルは後悔しない!使った感想・口コミ・評判を徹底紹介!

毎月のデータ量が多い場合はどっちがお得?

毎月の通信量が14GBを超えるようであればキャリアで契約するのがお得です。

キャリアのプランはデータ量が多くなるにつれて、割安になるようになっています。

また、対象のサービスは「データ量カウントなし」というサービスもあるので、毎月の通信量がかなり多い方はキャリアがお得になります。

2021年最新!20GB以下のスマホ料金プランはどこがお得?わかりやすく比較してみた 1番安いのはどこ?各社の5Gプランをわかりやすく比較【ドコモ・au・ソフトバンク・楽天】

おすすめの格安SIMはこちら

まとめ

この記事では「iPhoneはキャリア版とSIMフリーどっちがお得?違いと価格を徹底比較」について紹介しました。

最近は端末割引の上限があるので以前ほど端末割引額が大きくありません。

スマホ代を節約する為には、安く端末を購入して、自分に適した安いプランを選ぶことが大切です。

iPhoneはAndroidスマホと違って簡単にSIMフリー版を買うことができるので、格安SIMとの相性も良いです。

もし、キャリアを使う場合は持ち込みも可能なのでぜひチェックしてみてください。

iPhoneのおすすめ機種と比較はこちら

【2021年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較

キャリアで購入する場合は各キャリア公式オンラインショップが待ち時間もなく、キャリアによっては手数料が不要なのでお得です。

オンライン限定のキャンペーンが開催されていることもあります。

キャリアで購入する場合は少しでもお得なオンラインショップをぜひチェックしてみてください。

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

購入後ahamoへのプラン変更も可能

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

以上。「【格安SIM】iPhoneはキャリア版とSIMフリーどっちがお得?違いと価格を徹底比較」でした。

おすすめの格安SIMはこちら

2021最新!おすすめの格安SIMはどれ?比較してわかった迷わず選べるMVNOを厳選

iPhoneにおすすめ格安SIMはこちら

【2021年最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較

SIMフリーiPhoneのおすすめはこちら

【2021年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較

UQモバイルでiPhoneを使う方法まとめ

UQモバイルでiPhone 11を使う方法と乗り換え手順徹底紹介!料金が安くお得に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。